「①本日11月19日は #ウルトラマン #ウルトラセブン で特撮美術を担当した父深田達郎の5回目の命日…」フカフカのスレッド

901842022-11-19 14:44:40

① 本日11月19日は #ウルトラマン #ウルトラセブン で特撮美術を担当した父深田達郎の5回目の命日になります。 父が亡くなる前、私は父はただ偶然に〝そこにいた人〟だと思っていました。 特撮美術を担当したのが父でなくても『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』は名作として後世に残っただろうと。

2022-11-19 14:44:40

② でも最近、当時の事を書いた本や資料、証言を聞くたびに、そうでは無かったのではないかと思うようになりました。 ここからは、身内贔屓の話になりますので、鼻で笑いながら読んでください。

2022-11-19 14:44:41

③ 私には60年代の円谷プロの話を読むのが苦痛の時代がありました。 必ず「製作費を掛け過ぎて会社が困窮し、1968年に大量の人員整理が行われた」という一文が入るからです。 この「製作費の掛け過ぎ」の一因は父にあると思っていました。特撮美術は一番予算がかかる部門だと思われたので。

2022-11-19 14:44:42

④ 当時の人たちはみな「予算が厳しかった」という。 だが、父は「円谷プロ時代は、好きなだけ金使ったなぁ。人生であれくらい何も考えずに金使ったこと無いな。本当に好き勝手やらせてもらったよ」と言っていた。

2022-11-19 14:44:42

⑤ そんな能天気な父のせいで、多くの人の人生が変わってしまった。 ひいては日本の特撮の歴史も変えてしまったのでは…と。

2022-11-19 14:44:43

⑥ 父がどんな人間だったかを端的に言うと、何かを選ぶ時、一番値段の高いものを躊躇なく手に取る人だった。 もちろん限界はあるが、可能であればそうした。こと金銭に関しては、父の頭の中に「計画的」という言葉は全く無かった。 あればあるだけ使う人だった。この資質は、家族を本当に苦しめた。

2022-11-19 14:44:43

⑦ 父が死んで、当時円谷プロで一緒に働いていた母に尋ねたり、書籍を読んだり、いろいろな人の話を聞くようになった。 その中で、少しずつ円谷プロ時代の父に対しての見方が変わってきました。

2022-11-19 14:44:44

⑧ 一番驚いたのは、成田亨さんが、父の仕事を評価していたという話だった。 以前にもツイートしたが、父と成田さんは衝突ばかりしていたと聞いていたからだ。 https://t.co/dinRFfXguZ

【成田亨さんと父の事】 今日は成田亨さんの誕生日との事。 間違いなく、私は成田さんへの悪口とまでは言わないが、不満というか、愚痴の数を、日本で2番目に聞かされた人間だろう(1番は母)。 以前にも書いたが、円谷英二氏の日記にも残されているように、円谷プロで美術をしていた父と成田さんは

2022-11-19 14:44:45

⑨ 成田さんが頭の中で描いた怪獣を高山良策さんが、メカや建物、世界観を父が三次元化した。 父が円谷時代に自信作だったと言っていたのが、ウルトラマンのビートルの発射台やマイティジャックの水中ドックで、それらは成田さんのイメージラフから設計図を起こし具現化させたものだった。

2022-11-19 14:44:47

⑩ 例えばそれらを作る時、父が金を渋る男だったらどうなっていただろうか。 成田さんや、金城哲夫さんが頭に描いたものを、実際の形にする時に「予算が厳しいから、これで妥協してよ」という人だったら、「子供番組だから、これくらいで充分じゃない」という人だったら…。

2022-11-19 14:44:49

⑪ ウルトラマンもウルトラセブンも今観ているのとは違った姿の作品になっていた可能性もある。 まあ勿論、父以外の人がやって、より良い作品になった可能性もありますし、同時代の映画界とはかけている桁が二桁少ないと言われる中での予算ですけどね。

2022-11-19 14:44:49

⑫ 父がウルトラマンを担当したのが、大卒一年目の23歳の時。 学生時代から円谷プロの仕事に参加していたとはいえ、同時代の映画の世界では、まずこのキャリア、この年齢で特撮美術の現場責任者になるなんて考えられないだろう。

2022-11-19 14:44:50

⑬ でも経験も実績も無い人間だったから、しがらみや変な悪知恵も無く、好き勝手に思う存分やれたのではないか。 そんなエネルギーに期待して、製作費を使いまくっていた父を円谷英二氏は更迭しなかったのではないだろうか。

2022-11-19 14:44:50

⑭ 当時の円谷プロ、ウルトラマンのことを「実績や経験は少ないが、若き才能が集まった作られた」みたいな書かれ方がされるが、最近は、父もその中の欠けられないピースの一つだったのかなぁ…と思うようになりました。 なんて思うのは、身内贔屓が過ぎますかね(笑)。

2022-11-19 14:44:51

⑮ まあ家族が苦しめられた父の資質が、作品造りには良く作用して、後世に残る作品になったのであれば、我々の苦しみも少しは報われますかな。 いや報われないな(泣)。

2022-11-19 14:44:51

⑯ 今年はシン・ウルトラマンが公開され、アマプラで配信も始まりました。 「親父がやったメフィラス星人の回のあのシーン、あれ長澤まさみでリメイクされたぜ。長澤まさみだぜ、長澤まさみ」 と報告しようかと思います。 #シンウルトラマン

2022-11-19 14:44:52

⑰ 御異論や同意出来ない方もいると思いますが、身内の戯言と流していただければ幸いです。 皆様の心の中で悼んでいただければ、家族としては嬉しい限りです。 長文、お付き合いいただいてありがとうございました。

2022-11-19 14:44:52
シェア

都内で働く会社員。8歳児(男)の父です。 孵らなかった脚本家の卵。 でも物語を作るのは好きです。 脚本家志望や、小説家志望の人は勝手にフォローさせていただきますのでご了承ください。 基本、映画・ドラマについてつぶやきます。 スポーツ全般。北米4大スポーツや国内ラグビーなどもつぶやきます。 プロフ写真はコンクルーダー。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

フカフカ @fukafuka_9
149732422022-04-03 21:39:22

【ウルトラマンとピアノ線】 以前に、昔の作品がリマスターされるに当たって、当時の技術では出来なかった事が、今の技術では出来るので、その部分まで修正するのは有りか無しか…という議論があった。 で、その最たるものが“ピアノ線”だと思う。 特撮にとって“ピアノ線”はどういうものか…。 →

東野さとし @sandae2356
773652022-02-18 15:10:20

#円谷英二 #中野昭慶 #特撮  円谷さんは新し物好きでもあった。当時携帯テレビを買って撮影所に持ってきた。それでオリンピックを観ながら撮影してたら、円谷さんが「ウルトラC」って言葉を聞いたんだ。すぐに円谷プロの担当者に電話して「ウルトラ」の版権を取った。ひらめきもすごい人だった

結騎 了 @slinky_dog_s11
88832192022-05-14 23:27:26

多くのウルトラオタクはなぜそうも『シン・ウルトラマン』がヒットするかを不安がるのだと思われてそうですが、ウルトラは数年前まで財政的に冬の時代で、初代マン一般映画リブートは04年に興行不振で、一方で『シン・ゴジラ』の成功体験を心中で追ってしまったりと、割とぐらついた精神状態なのです。

日本語版: 「マジンガーZ」は、原作の永井豪先生だけでなく、アニメ制作会社、玩具会社、出版社など、関係者に大きな利益をもたらしました。この関係は「グレートマジンガー」「グレンダイザー」と継続しましたが、東映動画版マジンガーシリーズは何故いかにして終了したのでしょうか?

タケダ1967 @takeda1967
13312022-05-29 17:23:32

(初代ウルトラマンの)メフィラス星人て「子供一人にOK貰ったら『地球頂きます』と解釈って無理あり過ぎだろう」とずっと思ってたけどもしかして彼らは個体/集合体の区別がない生命体なのかもしれないね。意識が共有されてるとかさ。

フカフカ @fukafuka_9
20562022-02-26 23:27:24

【金城哲夫さんと父】 本日2月26日は、金城哲夫さんの命日であり、ウルトラマン第33話『禁じられた言葉』が55年前に放映された日です。 金城さんが脚本を書き、父がその世界を作った回。 父に、「金城さんってどういう人だった?」と聞いたことがあります。→

吉村文庫 @yoshimurabunko
2564612022-05-20 14:02:32

1990年の巨大ウルトラマン対巨大バルタン星人ショー。とにかく物凄い、衝撃のロボットショーでした。 (シン・ウルトラマン大ヒットのいまこそ見て欲しい! ウルトラマンの新作がテレビ放送されていない時期の大イベント! ウルトラ人気が常に続いていた証拠ですね) https://t.co/QdLRzvP5en

タケダ1967 @takeda1967
28912022-05-30 09:02:10

少し前に「シンマンで樋口&庵野さん辺りだとスプーン掲げて変身みたいなヌルいことしないから安心」と書いたら色々ご意見頂いたので補足説明させて下さい。あとこれはファン目線の話なので映画の本質的な評価とは無関係です。なのでウルトラと距離がある人は流して下さい。本当にどうでもいい話なのでw

あまり言及してる人を見ないが、シン・ウルトラマンで滝がデスクに持ち込んでいる模型はサンダーバード、マイティジャック、スタートレック これらの共通点は怪獣の登場しない特撮であることで、シン・ゴジラ世界では円谷英二が存在せず怪獣特撮作品が無い設定が生きていると思われる

囚人番号6 @F4EJ2Phantom
2868652022-04-17 12:45:24

『シン・ウルトラマン』は『シン・ゴジラ』以上に正しくリブートだと感じている。実製作された『ウルトラマン』を下敷きにするのではなく『マン』が制作される以前にまで立ち戻り、同じ素材を用いて現代で作り上げようとしていると推測する。だから恐らく『シン』と『マン』を比較し→

囚人番号6 @F4EJ2Phantom
10312022-04-19 17:09:54

90年代「人間ウルトラマン」という言葉が界隈で広まった。ただ注意すべきは新マン以降の人間ウルトラマンと、ティガ以降の人間ウルトラマンは意味合いが異なるという点。新マン以降の昭和ウルトラヒーローは憑依された人間が未熟で成長するが、ウルトラヒーロー自身はレオを除き完成されている。→

例の炎上してる方に関してなにも言わないのが正解なのか、、、、、、? 多摩美に社会人枠で入学して作品を残さず1年で中退した方ですよね、、、 銀行員や慶應ボーイや美大の社会人枠や国会議員と色んな立場を転々としてこれたのは自分が幅広い教育を受けてきたからじゃないんですか、、

小金沢智 @koganezawas
285777822022-04-04 08:05:40

美術館で学芸員をしている同世代の友人(複数)の深刻なレベルの体調不良を見聞きします。共通しているのは組織的なサポートのなさ。非常に大規模な展覧会を、サブ担当は付けられずたった1人で担当「させられている」。しかも、美術館が好きなら、ほとんどの人が知る美術館。管理職はいったいなにを?

戦中は当然、「戦意高揚」的なものが制作されていたのが、敗戦を経て「連合国総司令部民間教育情報部(CIE)」の「要望書」があり、そこに日本映画界における左派的なものが跋扈する土壌ができたのではないでしょうか。

例のハリウッドで活躍してる日本人俳優さん、あまり良い役に恵まれず話題作にいっちょ噛みする事でしか存在感を示せないみたいだけど、そんな人を尻目に本日の午後は東京の某所でアメリカの大手配信会社の作品のオーディションに沢山の日本人俳優が参加いたします。

砂鉄 @satetu4401
67927962022-02-21 14:48:26

クリエイターが一番やっちゃいけないことは「一般人も自分と同じぐらい真剣かつ大量に作品を見ていると勘違いすること」だ 一般人と交流せず身内だけで濃縮してるプロは大体この勘違いをこじらせ「もうありきたりで豪華絢爛なのは十分ある、素朴で味わい深いものや、誰も見た事のないを作ろう」となる

オッカム @oxomckoe
2578742022-06-29 20:17:49

亡父の市役所職員のキャリアは税務次長で終わった。市長選挙で市長が交代し、旧体制の幹部は左遷。父の場合は、片道切符で宗谷消防に出向した。ちなみに父を追い出したのは僕の北大の先輩。消防は市役所の植民地で歴代消防司令は市役所で権力闘争に負けた人が就任していた。これには色々理由があった。

プログラミングに興味のある医療従事者が結構多いので、自分がどのようにして学習してきたかをまとめておきます。3年半の軌跡です。ちなみに高額なプログラミングスクールを薦めることはありませんのでご安心下さい(そもそも通ったことない) (▶︎続く)

研究経営で重要なことは2種類の研究を区別すること。研究が軌道に乗った段階と、試行錯誤で模索する段階。どちらも予算が必要なことを、政治は理解して欲しい。具体的には、運営費交付金を元に戻し、科研費の採択率を上げれば、勢いは戻る。研究者はすでに狭き門で練磨済みだから信頼して良いはずだ。

サユリ🇺🇸Miami @sayuri_t_h
7120174242022-09-20 10:48:10

日本で子供の6人に1人が1日3食食べられない貧困にあり子ども食堂が6000以上全国にあるとのこと、、、。 子ども食堂がそんなに沢山あるとはいえ知らなかった。 政府は一体何やってるんだと思って調べていたら、、 ((((((((民間に丸投げ)))))))))) ↓続く