「ソ連占領によって、リトアニアのある家族に起きた事の証言。スレッドを書かれているクラウス・リヒター氏は…」Eleni / エレニ 🌻🐱🇺🇦のスレッド

58942022-08-20 10:58:02

ソ連占領によって、リトアニアのある家族に起きた事の証言。 スレッドを書かれているクラウス・リヒター氏は、中東欧に関する歴史家です。 リヒター氏は、20世紀に「西」と「東(中東欧)」が経験した事の違いを思い起こさせる物として、証言を取り上げていますが、 1/ https://t.co/U2PwfUt8Ng https://t.co/dq7m3ZqgEh

3/17 Gabrielė had married a simple farmer in the 1920s. Under Nazi rule, a neighbour eager to seize their farm denounced her husband as a communist. He was arrested and machine-gunned at the roadside, along with their two eldest sons.

2022-08-20 10:58:02

前回少し触れたように、これはウクライナを巡る、欧州やその思想の状況を理解するのにキーになる物です。 ウクライナの状況への、独仏の徹底的な鈍感さと、リトアニアやポーランドなど、ソ連の暴力を受け続けた中東欧国家によるウクライナへの強い連帯意識との落差、 2/ https://t.co/zbuAz7GnY7

中東欧左翼による西側左翼の批判は、日本の左翼のアイデンティティを直撃する物である事。 日本の状況を幾らか変え得る位の内容は、私の中に下書きとしてあります。 だけど、もう書かないんじゃないかと思います。

2022-08-20 10:58:03

私がこの話題を通して、「左翼」に多く言及する事になるのも、私自身が(穏健)保守であるからというより、これらの状況と強く関連しています(なお内容的には、ほぼ左翼内の議論に従っています)。 《写真はリトアニアのウクライナへの連帯💕バス》 3/ https://t.co/ec5KI460o6

First time in LT in four years. Solidarity with Ukraine visibly starts at the airport. So much shared historical experience.

2022-08-20 10:58:04

まず証言は、ナチス支配下から始まります。 農場を奪おうとした隣人が、証言者ガブリエレ(仮名)の夫を共産主義者だと告発、ガブリエレの夫と長男2 人が逮捕され、道端で機関銃により銃殺されます。 4/ https://t.co/3ure5j25UJ

3/17 Gabrielė had married a simple farmer in the 1920s. Under Nazi rule, a neighbour eager to seize their farm denounced her husband as a communist. He was arrested and machine-gunned at the roadside, along with their two eldest sons.

2022-08-20 10:58:04

その後、占領者はスターリンのソ連へと移りますが、もう1人の息子も残酷に殺され川に投げ込まれる事に. ナチスとソ連の戦争が、壊滅的な形で現地を巻き込んだこうした状況は、(ユダヤ人徹底殺害も含め)ティモシー・スナイダー @timothydsnyder の著書に書かれていますが 5/ https://t.co/W1eILuWqR6

6/17 After Stalin had occupied LT at the end of WW2, the countryside continued to be ravaged by violent clashes between the Soviets and their local helpers and a forest-based resistance. Another of Gabrielė’s sons was brutally killed and thrown into the river.

2022-08-20 10:58:04

日本では(いやそれ以外でも)あまり知られていません。 6/ 参考:「ティモシー・スナイダーが私たちに投げたブイ」『ブラックアース―― ホロコーストの歴史と警告』(ティモシー・スナイダー 著、池田 年穂 訳) | 慶應義塾大学出版会 https://t.co/kyMx1HRl6R

2022-08-20 10:58:05

証言の方に戻ります。 訳: 「ソ連統治時代、リトアニア社会は恣意的な残虐行為の下で崩壊した。 『その時期、人々の中に より暗い力が生じた。憎しみと復讐。それは血塗れの死と痛み、涙、絶望、酒による酩酊、無関心を産んだ』」 7/ https://t.co/gdxLIQCnzc

5/17 Lithuanian society disintegrated under the arbitrary brutality of Soviet rule: “In those years, the darker forces of the people emerged, hatred and revenge, which then gave birth to bloody deaths, pain, tears, despair, drunkenness, indifference.”

2022-08-20 10:58:06

そしてスターリンの大粛清下、「家族から一人逮捕者を出さなければならない」という理由で、もう一人の証言者ガブリエレの娘カジミラ(仮名)を、治安警察が逮捕しにやってきます。 「服を着ろ、時計と指輪は置いていけ。向こう25年間、お前にそれは必要ない」 8/ https://t.co/9OiB7ra3Ql

8/17 One day the security police came to arrest her: ‘get dressed, leave your watch and ring, you won't need them anymore for the next 25 years.’ The reason given by the officer was that ‘one of the family had to be arrested. The mother is too old, the brother too young.’

2022-08-20 10:58:06

(なおカジミラが当時働いていた職場は、ソ連当局が容疑者に電気ショックを使って尋問を行う建物内にありました) 9/ https://t.co/c4k0fr4ea2

7/17 Gabrielė’s daughter Kazimiera found work in nearby Plungė in a building where the Soviet authorities interrogated suspects using electric shocks.

2022-08-20 10:58:07

カジミラは逮捕を二度逃れ、母の農場の地下室で3年を過ごすものの、集団農場労働者の裏切りによって、7日間尋問される事になり、「もうお前は陽の光を拝めない」と言われる事になります。 10/ https://t.co/9pDrf1B9mp

9/17 Kazimiera managed to escape arrest twice, ultimately spending three years living in a bunker below her mother’s farm for three years. After being ratted out by a collective farm worker, she was interrogated for 7 days and told “You won't see the sun anymore.”

2022-08-20 10:58:08

結局スターリンの死によって、カジミラの刑期は中断されたものの、ガブリエレの残された3人目の息子も又、1951年に、北極圏に位置するヴォルクタのグラグ(強制労働収容所)へ、石炭採掘に送られました(3年後帰還)。 11/ https://t.co/vwDhcV8G7v

10/17 Her deportation was cut short by Stalin’s death in 1953. Gabrielė’s remaining son, however, was not spared this fate – he was deported to Vorkuta in 1951 to dig coal. He returned three years later.

2022-08-20 10:58:08

こうした徹底した暴力を、ウクライナに強く連帯を示す国々は例外なく経験して来ました。 西欧諸国にはもちろんこうした経験がなく、ロシアへの緩い認識に繋がっていると思われます。 12/

2022-08-20 10:58:09

また西欧は、中東欧への根深い差別意識を持っており、EUという組織も、冷戦後に後発加盟した中東欧への差別構造を未だに抱えています。 そうした差別により、ロシアを脅威と見る中東欧諸国の警告が、西欧諸国によって軽視され、しばしば嘲られて来たというのが、「ウクライナ前」の現実でした。 13/

2022-08-20 10:58:09

今回の侵攻でそれが一気に噴き出し、ロシアの侵略行為にまともに対処出来なかったドイツ・フランスは、欧州安全保障における主導的立場を、回復不可能なまでに損なう事になりました。 14/

2022-08-20 10:58:10

その形はつまり、米国・NATOの欧州大陸への関与を求める物でもある訳です(これは、"親米" 安倍元首相への世界からの高い評価とも関連します)。 15/

2022-08-20 10:58:10

欧州には以前から、大陸安全保障から米国及びNATOを事実上締め出そうとする潮流が存在しました(以前のEU軍構想がそれに当ります) それは特に親露を意味する物ではありませんでしたが、例えばプーチンと電話会談を続けたマクロン大統領は、未だに自らが主導する幻想を捨てられていない様に見えます 16/

2022-08-20 10:58:11

西欧よりも、中東欧諸国の安全保障認識の方が遥かに正確で現実的である事は、以前から知っている人は知っていました。しかし、それは飽くまで「一部の」話でしかなかった。 17/

2022-08-20 10:58:11

例えば、トランプのポーランド訪問に関して、当時 権威主義政権の文脈として語られましたが、今になればわかるように、根本的には安全保障の文脈にありました。 18/

2022-08-20 10:58:12

ポーランドにとって、米国が民主党政権であろうが共和党政権であろうが関係なく、又ポーランドの政権が右派であれ左派であっても、対露対米スタンスは変わりません 例えトランプ自身がNATO離脱を主張していても、ポーランドやリトアニアの様な国にとって、対米関係において選択の余地はないのです 19/

2022-08-20 10:58:12

なお、ウクライナに集まった注目について、白人だから西側が肩を持つのだという人種差別非難についても、少し関連するので書いておきます。 20/

2022-08-20 10:58:13

ソ連は周辺地域に対して、歴史的にジェノサイドを繰り返して来ました(良い関連スレッドがありましたが見失いました)。 ウクライナへの民族浄化行為も、今回やホロドモールだけではなく、今回の侵攻でその歴史にやっと光が当たった形になります。 21/

2022-08-20 10:58:13

(なおバイデンの的確なロシア理解と、ロシア侵攻予測に関して、圧倒的力量を見せつけた米国 intelligence の組み合わせ、ウクライナ自身が磨き上げてきた発信力(国民的な英語教育の強化も含めて)などが、注目度に主に貢献していると思われます) 22/ https://t.co/HK7ju9lwhK

2022-08-20 10:58:13

ウクライナへのジェノサイドの歴史についても、可能なら又書きますが、レーニンが意識的に引き起こした飢餓の隠蔽などは、その後の社会主義運動の発展そのものにも直接影響しています(明け透けに書けば、バレていればソ連は社会主義勢力に影響力を持てなかった)。 23/

2022-08-20 10:58:14

関連してこれは、北カフカス全域・黒海北東岸に居住していたチェルケス人への、ロシア帝国時代のジェノサイドのスレッド。 数字は諸説あるようですが、チェルケスの大半、97%以上が殺されるか追放され、チェルケシア国家も国ごと失われました。 24/ https://t.co/axx0z1vOgp

THREAD: Today is the Circassian Day of Mourning, remembering the victims of the Circassian genocide perpetuated by the Russian Empire, which killed and displaced upwards of 97% of the indigenous Circassian population. My ancestors, like many others, were deported to Syria.

2022-08-20 10:58:14

この19世紀のカフカス征服において、チェルケスとの戦争で、ロシアは戦術として民族浄化を選択しました。 村々は飢え、焼かれ、生存者は即座に殲滅。 25/ https://t.co/fxBciUg4Ep

During the Russo-Circassian War in the 19th century, the Russian army employed ethnic cleansing as their primary tactic of war. Circassian villages were starved and burnt down, with any survivors immediately massacred.

2022-08-20 10:58:47

多くの中の一つの例として、1831年11月20日、チェルケス人の村々はロシアの大砲に包囲され、モスクや住宅が標的にされ、数百人が死亡。 1864年までに、チェルケス社会は極めて多くの人命を失った為、組織化して反撃する手段もありませんでした。 26/ https://t.co/kEdEPg7sur

One of many examples: on Nov. 20, 1831, Circassian villages were surrounded by Russian artillery weapons, targeting mosques and residential homes, killing hundreds. By 1864, Circassian society had suffered so much loss of life that they had no means to organize and fight back.

2022-08-20 11:18:28

最後まで抵抗したウビフ族は、男女が腕を組んで闘い、男性・女性・子供の全てが、目撃者曰く「血の海」の中で殺されます。 そしてウビフ語は現在絶滅。 27/ https://t.co/cPy5Tht3Hh

1864 saw the beginning of mass deportation. People of the Ubykh tribe resisted one final time. Men and women joined arm and arm to fight Russian invaders. All men, women, and children were massacred in what a witness called "a sea of blood." The Ubykh language is now extinct.

2022-08-20 11:18:29

チェルケス人達はいったんソチに連れていかれ、そこで数千人が亡くなりますが、最終的にほとんどがオスマントルコに追放されます(ツイ主の先祖もシリアへ)。 28/ https://t.co/iAUY4XXehs

Hordes of Circassian refugees were taken to Sochi for eventual deportation, where thousands died waiting to be expelled from their ancestral homeland, most to the Ottoman Empire. Recorded accounts of conditions for deportees are extremely horrific.

2022-08-20 11:18:30

彼ら追放者の状況の描写は、極端に陰惨です。 「女性、子供、高齢者の死体は、バラバラに引き裂かれ、犬に半分喰われた : 追放された人々は、飢えと病気で衰弱し、ほとんど足を動かす事ができないほど弱り、疲れ果てて倒れ、生きたまま犬の餌食になった」 29/ https://t.co/0bJlpGiDZS

Just bone-chilling: "Corpses of women, children, elderly persons, torn to pieces and half-eaten by dogs; deportees emaciated by hunger and disease, almost too weak to move their legs, collapsing from exhaustion and becoming prey to dogs while still alive."

2022-08-20 11:18:30

現在のウクライナでは、マリウポリからロシア辺境などへと、多くの人々が送られていますが、それはこうした歴史の線上にあります。 30/

2022-08-20 11:18:31

そして旧ソ連地域の中央アジアなどにおいて、ソ連の植民地主義、文化・言語的な弾圧に光を当てる試みも出てきており、(それに対するロシア・リベラル研究者らの、無自覚な差別意識や反発も現れつつ)ロシアに対する明確な意識の変化が見えます。 31/ https://t.co/cZTDfoORF5

“Time to Question Russia’s Imperial Innocence” — is one of the most important pieces I’ve co-authored with the amazing @BotakozKassymb1. The Russian war in Ukraine forced decolonial discourse into the mainstream and we are here to discuss🧵 https://t.co/d95P1Mo28u

2022-08-20 11:18:31

詳しくはスレッドやサイトも参照して欲しいのですが、つまり実際にはソビエト連邦も、人種差別と植民地主義の産物であった訳です。 なぜそれが認識されて来なかったかと言えば、やはりソ連の対西側反人種差別宣伝が関係して来ます。 関連スレッド↓ 32/ https://t.co/28w1fBZjq0

Was the USSR anti-racist? Spoiler alert: No. However, this myth still exists in some circles. A thread about racism in the USSR 🧵

2022-08-20 11:18:32

同スレッド内の、民族浄化・強制追放による、クリミアタタール、チェチェン・イングーシ、カルムイク、(韓国)など民族別死者数などのリスト。 チェルケス人の例も含め、ソ連の苛烈な人種(民族)差別が、ジェノサイドと直結していた事を示します。 33/ https://t.co/aXh8I3bqXK

These efforts could be laudable if they were not whitewashing a bleak reality. While aiming to build an image of an anti-racist state, ethnic essentialism and state-level ethnic cleansing and genocide were the norms in the USSR. Here are only some examples:

2022-08-20 11:18:32

当時、社会主義陣営はソ連のプロパガンダを繰り返す側でしかなく、植民地主義批判は事実上、西側非難のツールでした。多くの左翼人士は、それに無自覚だったでしょうが。 影響は今に至る迄強く残っており、その欺瞞的な構図は、左派の主張に見られる右派的な偏見では説明し切れる物ではありません 34/

2022-08-20 11:18:32

また、西側のウクライナ支持に人種差別を結びつける言説は、ロシアが強く扇動している物でもあります(もちろんそれが全てではありませんが、正直 真正な物の方が少ないです)。 日本国内でバズった物にも、ロシアの工作が直接的に関与した物がありました。これも可能ならば後日書きます。 35/

2022-08-20 11:18:33

元々私は健康に問題を抱えており、ここ2年ほどはネットから離れていました(コロナのことがあった為、完全にではありませんでしたが)。 昨日は、はてなの方を見ていて、やはり国内左派と世界の左派の潮流の関係性については、書かなければいけないだろうと考えていました。 36/

2022-08-20 11:18:33

ただ書かなければならない範囲は、かなり広範囲になります。 そして批判する対象は、当然思想的な物には限りません。 (ちなみに政府の対露政策批判については初期からボロカスやってます) 37/ https://t.co/ERcE9Jgvgg

安倍首相露訪問受け カーネギー・モスクワ・センター シニアフェローAlexander Gabuev氏 プーチンに北方領土交渉進める意志はないだろうが、それでも安倍首相と交渉(play)してる大きな理由は,日米同盟を壊したい為と 私はずっと同じ見方を書いてたけど,日本国内にこうした意見は見当たらなかった🙄1/ https://t.co/b6jKMtuFFu

2022-08-20 11:18:34

なお、ほとんどの左翼陣営は、フルシチョフによるスターリン批判に影響を受けているので、よくある「左翼は大粛清を批判しないのか」という非難は、単純に誤解に基づいています。 38/

2022-08-20 11:18:34

こうした誤解はあまりにも幅広く、左翼の人達は半ば諦めているようにも見えます。 しかし、これは右派側の陰謀論的世界観と直結するので、できるだけ解いておく必要があります。 39/

2022-08-20 11:18:34

私はロシアのプロパガンダ工作を追いかけるようになってから、海外の左翼(運動)内での議論・調査も一定程度フォローする様になりました。 それはこの問題に関して、無視し得ない比重を占めています。 歴史的に言えば、アナキズムとボリシェビズムの対立といった物も、そこには関係して来ます。 40/

2022-08-20 11:18:35

おそらく日本国内で、こうした議論の流れをフォローして来た人はあまりいないでしょう。 私のやろうとしている事は、本来左派の人々がやるべきだった事で、私がこの内容を書いている事自体が、日本の思想状況の無力さを表しています。 41/

2022-08-20 11:18:35

以前よりも、日本語圏ツイッターには、国際関係の研究者が増えているようで(ウクライナ関連で別に私がいなくてもいいかと思ったので)すが、色々見ていく中で、思想面では、日本には本質的な議論が届いていた事は一度もなかったのではないかと思う様になりました。 42/

2022-08-20 11:18:36

外れ値として優れた個人はいても、それ以上にはならない。 海外で目につく活動家と日本の活動家には、正直埋め難い力量の差があり、思想理解も、歴史の流れの中にあるという感覚がない為、日本では結局は、絶対的な物を崇め立てる形になってしまう。 43/

2022-08-20 11:18:36

こういう話をして、「痛み」を感じてくれる人となら、話は通じる訳ですが。 非常に長くなりましたが、最終的にどこまで書けるかはわかりません。ただ、日本人に必要な議論である事は確かだと思います。 end/

2022-08-20 11:18:36

最初のツイートに貼ったリンクが、微妙に間違ってますね… クラウス氏スレッドの冒頭のこちらを使いたかったんですが(途中のを使ってしまっている)。 https://t.co/pqvjN6c9lL

1/17 In Lithuania, solidarity with Ukraine is ubiquitous. When working on something entirely different in the archives, I came across a testimony that reminded me how different the ‘West’ and the ‘East’ experienced the 20th century. 🧵https://t.co/wD2sCisG6i

2022-08-20 16:40:53

*大国非難のツールでもありました* https://t.co/7jzmquFmQC

当時、社会主義陣営はソ連のプロパガンダを繰り返す側でしかなく、植民地主義批判は事実上、西側非難のツールでした。多くの左翼人士は、それに無自覚だったでしょうが。 影響は今に至る迄強く残っており、その欺瞞的な構図は、左派の主張に見られる右派的な偏見では説明し切れる物ではありません 34/

2022-08-20 16:42:25

なお、スレッドの中で、私が「西欧諸国」という意味を当てている "West(ern)" という単語(対比)には、実際の議論の中では、ロシアに同調する米国等の左派の一部も意味合いとして含まれています。 私も普段、その意味で使っていますが、今回のスレでは西欧諸国の意を当てる方がしっくり来たので。

2022-08-20 17:05:50

なお歴史的経緯を踏まえ、そうした親露左翼は、(主に左翼内で)揶揄的に "tankie" と呼ばれます。 これは、「プラハの春」やハンガリー動乱に対する戦車を使った武力介入に関して、盲目的にソ連を支持した左翼を揶揄した呼び名から来ています。

2022-08-20 17:10:34

要するに、ミアシャイマーやチョムスキーは歴史から勉強しろという。 https://t.co/PLCu0t96rV

アディゲ(チェルケス)系民族にとって黒海とは血の海。ロシア帝国はアディゲ系民族を追い出して、彼らがいなくなったところにスラブ系(コサック含む)を入植して植民地化していった。 https://t.co/ZMdjEIqD29

2022-08-31 13:06:59

ひとみさんが触れている、チェルケス人殲滅の後のスラブ系植民だけど、これもソ連(ロシア)の常套手段。 現在進行形で、ザポリージャ州やヘルソン州にもロシア人を連れてきてるし(ウの進攻で早々に逃げ出してるけど)、ウクライナ東部にロシア語話者が多いのもそもそもこれ。

2022-09-01 04:25:48

要するに、根本的に西側の対露融和外交は間違っている。

2022-09-01 04:25:48
シェア

I am a cat. I am watching Russian invasion of Ukraine🇺🇦 (and Western Balkans &others.) /ロシアのウクライナ侵攻や、日本に跨がる扇動工作、西バルカン等 国際情勢全般をウォッチしています/RT, Like ≠ Endorsement

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
28422022-03-20 21:22:15

ウクライナのネオナチとアメリカ合衆国の危険な関係/マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン)&アロン・マテ(ザ・リアルニュース・ネットワーク) US is Arming Neo-Nazis in Ukraine/ Max Blumenthal (The Grayzone) & Aaron Mate (The Real News Network) 2018/02/05 (全訳)

Lotzun @lotzun_DeuPol
22772022-02-26 09:39:53

僕はモッセやブルーベイカー(あとはナショナリズム研究ならスミスやジマーあたり)など誰でも参照可能な基本文献を挙げていますが、何か挙げられますか?挙げられないなら、素人さんのただの妄想です。 https://t.co/Jwrr7xzNmZ

yumi ゆみ @ygjumi
25272022-03-28 20:59:28

プーチンの残酷さを知る元オリガルヒの訴え「次はバルト三国かポーランドが犠牲になるだろう」(クーリエ・ジャポン) #Yahooニュース https://t.co/PSOvpSvx0r

北林あずみ @kitabayasiazumi
23382022-03-20 07:48:37

かくも容易に、日本の「いわゆる」リベラルと左翼と、知識と理性の体現しているはずの偉い「いわゆる」知識人が、ウクライナ戦争で一斉に「右向け、右」の号令で、右を向いてしまったのか、あれこれと考えたが、西欧近代主義が幻想として描く、人類の普遍的価値の魔力に行き着いた。以下連続ツイート①

日本人の安否に関しての質問が増え、また日本人がウクライナ軍に加担する事に纏わる議論が過熱している中、小隊公式の情報としてでなく、今回はあくまでも小隊アカウントを運営している私(イポーシュカ)として発言していきたい次第でございます。先ず何故私がウクライナ軍に加担しているのかですが、

メアリー・サロッティ教授によるケンブリッジでのオンラインでの講演がありました。サロッティ教授はいまもっとも評価が高い米国人の外交史家の一人で、ドイツ統一や冷戦終結についての優れた研究があります。そしてこの講演の中で、「NATO東方不拡大の約束はない」と名言。(1/14)

さて、今更話だが。 軽く、ウクライナとロシアの関係をツリーで話しておこう。ツイッターで初めてウクライナを知った!という人向けの、とても軽い紹介だ。 まずウクライナとロシアの地理関係はこんな感じだ。緑がロシア、オレンジがウクライナ。ウクライナ君思ったより広いな?

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
702032022-06-24 04:46:57

2014~15年、ウクライナのEU加盟など非現実的、ウクライナはロシアと一緒でなければ生きていかれない(そうあるべきだ)と主張していた専門家の発言集🧵ご本人自戒のためイニシャルだけにしておくが、ほとんどはロシア専門家、ロシア経済専門家ね🤦‍♂️ https://t.co/FqlMIi9vr3

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
169846692022-03-06 17:03:27

今日のロシア・ファシズムを生み出した要因の一つは「戦勝(Победа)」イデオロギーである。敗戦国となり仕切り直しをしたドイツ🇩🇪や日本🇯🇵とは対照的に、ソ連崩壊時🇷🇺は歴史の見直しを一切行わなかった。むしろ年々俺たちは第二次大戦、「大祖国戦争」の「勝者」だというナラティブが強まっていく。👇

(1)国際政治学を大学で教える中で薄々感じてはいたが、今回の戦争で「(欧)米こそ国際社会の問題の根源」という考え方が日本の一部に根強くあることを再認識した。「露によるウ侵略が国際法違反」という指摘をすると、「アメリカも〇〇では~」という反応がすぐに返って来るのはそのためだろう。

kakuyokusyugi @kakuyokusyugi
89818112022-03-24 08:49:29

ネオナチとはイデオロギーなのに、そのビジュアルや暴力性ばかり取り上げられている。 本質である思想やイデオロギーを説明している記事はあまり見当たらないので今回は「ネオナチのイデオロギー」を説明。 (ウクライナオンファイヤーが消えたので、やっぱりまとめることにした)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
67892022-03-27 22:03:45

ロシア人軍事専門家アンドレイ・マチヤーノフが語るロシアのウクライナ・ディナチフィケーション(非ナチス化)/エヴァ・バートレット(聞き手) Russian Military expert Andrei Martyanov on Russia's denazification operation in the Ukraine /Eva Bartlett 2022/03/17 (全訳) 2/2

橋下徹 @hashimoto_lo
382922022-03-06 22:19:57

一番重要なのは西側諸国の国民がどのような声をうねりにするかですね。反戦・プーチン非難も重要ですがそれはなかなかプーチンには届きません。民主国家においては自分たちの国の政治家に声を上げるのが効果的かと思います。細谷さんはこの戦争の止め方についてどのようなものが考えられますか? https://t.co/niEpHiFWca

RIAノーボスチ記事。特別軍事作戦で、政権幹部のみならず国民の大部分がナチスと判明。武器を取ったすべてのウクライナ人は排除されねばならない。ロシアの人々のジェノサイドに責任があるから。 https://t.co/kwep9X4bi6

バルト各国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の諜報部員が語るロシアの実態なんだけど……生々しい……SPY×FAMILY読んだ後だと更になんとも……気まぐれに抜粋、要約していきます。 https://t.co/F1gW0fzxmp

北林あずみ @kitabayasiazumi
18422022-04-20 06:50:43

日本会議は、明治維新政府が統治装置として「虚構=デッチ上げ」た一神教的国家神道の世界にしがみつく妄執を生きているが、ウクライナ戦争は、日本のリベラルと左翼と知識人が、西欧近代文明に我先にと溺れていった「脱亜入欧」の妄執を生きているのを浮かび上がらせた。西欧人への憧れと劣等感 ①

NY時間10時、国連総会緊急特別会合が始まりました。 犠牲者に1分間の黙祷が捧げられ、これから総会議長、事務総長、100カ国の代表が順次、発言していきます。 ポイントは、数日以内に採択が見込まれる決議案の文言がどうなるか、何カ国が賛成するかです。 https://t.co/ymFBtivzoM

Ryo NAKAI (中井遼) @rnakai88
179050222022-03-04 09:29:43

ゼレンスキーの「次はバルト三国」について,ある程度このあたりの地域政治・国際関係を研究してきた身として思うところの理解を簡単に整理しておきます。まず第一に,この手の言説はロシア周辺諸国との紛争が起きるたびに存在してきていました(それこそ2008年のロシア・ジョージア戦争の頃から)1/13

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1642612022-03-12 20:39:05

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 前編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

MASA👾🤍 @masa_0083
3855432022-05-01 09:01:26

財務省がこういう防衛感を持っている事に僕は驚きませんね。 現在の日本人の「コスト至上主義」を考えると、自衛官の対戦車ミサイル班がいくら死のうと、弾道ミサイルが着弾して数十万人の国民が死のうと関係無いんですよ。 「人命以外何も失っていない」から。