「ロシアの偵察衛星は、解像度33センチのペルソナ(Персона:人)衛星のうち生きているのが1機、怪…」mizuki_tohruのスレッド

2735152022-08-01 21:21:09

ロシアの偵察衛星は、解像度33センチのペルソナ(Персона:人)衛星のうち生きているのが1機、怪しいのが1機、後はロシア版ALOSのバー(Барс)Mが解像度1.1mで3機、デュアルユースで解像度2.1mのカノープス(Канопус)Vが6機という構成が現状です。

2022-08-01 21:21:09

生きているペルソナ衛星も2015年打ち上げで設計寿命7年、兄弟たちが故障続きだったことを考えるとあまり長生きしそうにありません。デュアルユースで解像度が0.7mあったレスールス(Ресурс:資源)-P衛星は今年春に最後の1機が死んでいます。

2022-08-01 21:21:10

ペルソナ衛星の運用高度は700kmと高く、低軌道に降りて電気推進で高度を維持する低軌道撮像モードを持っている可能性がありますが、試されていません。どちらにせよ推進剤は既に枯渇しているでしょう。

2022-08-01 21:21:11

ペルソナ衛星の直径1.5mのミラーはソ連時代に作られた3個を流用したもので、将来型であるラズダン(Раздан)衛星では直径2.35mのミラーが採用されることになっています。これはアメリカのKH-11に匹敵する規模ですが、ソユーズ2で打ち上げられる大きさという縛りがあります。

2022-08-01 21:21:12

ラズダン衛星の開発は順調に遅延していますが、ラズダン開発遅延の繋ぎと噂されたEMKA衛星の3機目が動作しないダミーだったことを受けて、宇宙用半導体の調達困難の影響は思ったよりも大きい可能性が示唆されています。

2022-08-01 21:21:12

解像度0.6m重量450kgのEMKA衛星は先行2機が短期間で死んでおり、あまり長い寿命は期待できませんが、3機目はそもそも最初から動作しませんでした。3機目はASATのターゲットだったという噂もありましたが、単に新型打ち上げ機のダミーペイロードだった可能性もあります。

2022-08-01 21:21:13

バーMは地図製作用の衛星ですが、これは要するにICBMの標的位置を正確に測定する衛星で、しかし撮像データは様々に利用可能です。カメラは2基互いに角度を付けて光学ベンチに載っています。バーMはこの春にも1機打ち上げられており、残り3機も打ち上げられる予定です。

2022-08-01 21:21:14

バーMは何故か姿勢制御用のスラスターを12基も持っています。モーメンタムホィールのアンローディングには多すぎる数で、これはホィールを持たない可能性があります。バーMはプログレス社の初めての非与圧衛星で、レスールス-P二号機と呼ばれる設計の流用でしょう。

2022-08-01 21:21:14

もしかするとプログレスには非与圧でモーメンタムホィールを使うノウハウを当時持たなかったのかも知れません。となると推進剤が枯渇するとおしまいです。設計寿命5年ですから最初の2機は既に使えなくなっている可能性があります。つまり現状使えるのは1機だけです。

2022-08-01 21:21:15

カノープス-Vは英SSTLからの技術導入によって開発された地球観測衛星で、最大解像度2.1mの様々なセンサのほか、解像度25mの森林火災検出用熱赤外センサを持っていて、NASAのFIRMSサイトを見ている方はご存じの通りこれは戦場の戦火観察も可能で、夜間視力として貴重でしょう。

2022-08-01 21:21:16

レーダー衛星のほうは、コンドル-Eシリーズの2機がどうも打ち上げ後2年も経たずに死んだらしく、正式にはもう1機も無いことになってます。ただ、この春打ち上げられたkosmos2553がレーダー偵察衛星ではないかと推測されています。

2022-08-01 21:21:16

ロシアの偵察衛星で特徴的なのは、地表画像識別で自位置推定をしていることでしょう。輪郭強調と二値化で圧縮した特徴データと2次元IIRフィルタで一致度を得ます。姿勢推定も高精度に出来る訳です。これで撮像時姿勢を最適化します。

2022-08-01 21:21:17

レスールスP衛星のセンサは6um平方サイズの画素128x1024個のパンクロマチックCCDを焦点面に2列3個づつ並べて、幅3000ピクセルの合成画像を得るようになっていました。他の衛星も同様のセンサ構成だと思われます。つまり画像掃引幅はかなり狭くなります。

2022-08-01 21:21:18

ロシアの偵察衛星の陣容がこんな風になった原因としては、宇宙用半導体の供給問題や背伸びのし過ぎが挙げられると思いますが、ロシアの衛星システムの転換期ど真ん中で戦争をおっぱじめたのが全ての根本原因でしょう。

2022-08-01 21:21:18

ロシアの衛星は気密容器を廃する方向に転換しましたが、軽くなる代わりに熱条件が悪化し、高温や低温の悪条件に耐える耐環境半導体が重要になりました。しかしロシアの半導体産業は耐環境半導体をよく生産しているとは言い難く、また熱構造解析ツールの整備も不十分でした。

2022-08-01 21:21:19

それと、運用側の考え方の問題もあるでしょう。衛星偵察の目標選定はGRUで行われ、結果もGRUに送られる筈です。作戦前に撮影が行われ、衛星情報をもとに作戦が決定される筈ですが、ソ連時代の写真回収偵察衛星の軌道寿命は2週間、つまりターンアラウンドは2週間以上でした。

2022-08-01 21:21:20

これは以降短縮され、2014年のマレーシア17便撃墜では4日後に衛星画像を出しており、反応は明らかに速くなっています。しかし担当組織であるGRU宇宙偵察局と情報を必要としている前線との距離は明らかです。アメリカのマルチドメイン化された衛星情報利用とは大きな差があります。

2022-08-01 21:21:20

ロシア軍の頼りとするメインコンステレーションはカノープス-Vということになりそうですが、カノープス-Vは監督省庁が違うため目標選定から撮像結果取得まで更に時間がかかるでしょう。

2022-08-01 21:21:21

地上体制が対応していなければ衛星情報の迅速で効果的な利用は実現できません。マルチドメイン協調下では最新のSARイメージは意味のあるものですが、作戦が頭上の参謀本部から降ってくるだけなら優先度の高いのは明らかに高解像度の光学偵察衛星で解像度の劣るSARは不要です。

2022-08-01 21:21:22

あとロシアの偵察衛星で忘れてはならないのはELINT衛星です。日本では偵察衛星に入れていなかったりしますが、重要な衛星です。ロシアは現在5機のロトスS1衛星と1機のピオンNKSを運用しています。これらはいずれも2014年以降の打ち上げで、ピオンNKSは海洋レーダも搭載しています。

2022-08-01 21:21:22

旧ソ連ではELINT衛星と海洋レーダー衛星はウクライナで開発していたので、ロシアがノウハウを自前で獲得するまで時間がかかりました。ロシアのSAR衛星の弱さの理由の一つでしょう。これら衛星は無線とレーダ傍受に現在フルに利用されているでしょう。

2022-08-01 21:21:23

訂正:レスールスP衛星のセンサの合成画像幅は6000ピクセルになる筈です。下は一世代前のレスールス-DK1のCCDセンサアレイです。

2022-08-01 21:38:41
シェア

宇宙屋。技術史などを趣味としています。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

ZplusC1Bst (M💉x 3) @ZplusC1Bst
25572022-06-19 20:07:16

Elun MuskによるStarbaseでのStarshipの解説2022年春編 with Tim Dodd @Erdayastronaut いつも通り長い! ・Ship24にはStarlink v2の放出ドアを設置済み Starshipの初回軌道打上ではStarlink v2の放出・軌道投入の可能性も ・高頻度再使用ロケットでは推力重量比が重要 1/n https://t.co/YoN1lB2rPn

mizuki_tohru @mizuki_tohru
220954942022-03-19 21:35:40

ロシアの半導体産業について。(1/25) ロシアの半導体産業はほぼ軍需に応えるために存在しています。例えばロシア最大の半導体企業オングストローム(Ангстрем)の2018年の売り上げの96%が軍需でした。オングストロームは自前のFabを2か所、モスクワ近郊のゼレノグラードに持っています。

八重ナギ @norisio
2494182022-11-18 23:56:55

https://t.co/xcP7GPFXEz RUSIの露の航空戦力の分析の原文。露の航空戦力は当初ゆわれていたよりはるかに活動していたし、宇の戦闘機も防空網が再構築されるまでけっこう防空能力を担っていたという

dirG @Dirg_rocketdyne
3517892022-03-08 21:32:50

ロシアのインターネットがハイテク鎖国されるかもしれないんで、今のうちに、ロシア語で書かれた、ロケットの文献リンクを貼りつけて行くゾ

ロシアのウクライナ侵略、プーチンの戦争でトルコ製無人機のバイラクタルTB2がSAM:地対空ミサイルを破壊する映像が公開された。 自分含め軍オタに正規軍同士の戦いでは無人機の活躍の場は少ないと言ってたが逆に大活躍で😅 TB2はどう戦っているのか電子戦的に考察する。1/8 https://t.co/ooivH2NxHS

LH2 @LH2NHI
353954252021-11-10 21:10:36

おおおお~!ずっと謎に包まれていた宇宙打ち上げベンチャー、SpinLaunchが試験映像を公開!! https://t.co/AzXGizdK4T 「真空チャンバー内でアームをぶん回してロケットを宇宙へ投擲射出することでロケット推進薬を1/4に削減する」というなかなかぶっ飛んだアイデアで、超音速射出試験に成功。

@OKB1917
151632322022-03-11 17:52:07

流出したロシアのウクライナ侵攻軍名簿に基づいて各地からどれだけの軍人がウクライナに派遣されているかを検索できるサイト、ちょっといじってみたがなかなか面白い。https://t.co/IG6KujWMeV

学術分野を軽んじるつもりはないが、ミリオタ視点だと自衛隊は冷戦期の蓄積を食いつぶして何とか勢力を維持してる(陸については大幅減)のが現状。 正面装備以外も重要なんだというのは分かっているのに、正面装備と次代の戦闘に関わる機材を確保するのでヒイヒイ言っているので簡単に言われても…… https://t.co/H1UAhn2GLf

というわけで(どういうわけだ)、今日はNHHCの神風関連記事を訳していきます。訳した

『モスクワ』の大破 今後、注目なのはウクライナ側の戦術がどんなものだったのか。 亜音速の退艦ミサイルを、対空防御火網をぬって命中させるには、それなりの戦術があったはず。 これに関しての注目点は、『モスクワ』がムイコラーイウ建造で、ウ側はその性能・限界を熟知していたこと。

Tetsuro Miyatake @tmiyatake1
181092022-03-09 09:17:48

1994年にJeff Bezosはある数字を見てPEファンドを辞めてAmazonを始めようと思った。 その数字:インターネットが1年で2,300%成長していたこと 今現在、同じような数字があるかをまとめたスレッド↓ https://t.co/hAZbTDYzWp

ᅟ ⁠ @5fLRVU7TTzNEwM7
072022-11-04 02:56:16

#OxygenNotIncluded 前回のあらすじ ・初めてのエンディング2種 ・火力が低すぎて全然裂け目のオープンが進まず、ゲームの重さから終焉 https://t.co/c6Qd8RXRt7

https://t.co/5pPhydpQWh なぜモスクワは沈んだのか? それを解説しよう。 モスクワはロシア海軍が誇る大型防空ミサイル巡洋艦であった。 どうやって防空するかと云うと長射程のS-300F フォールト対空ミサイルを8連装リボルバー発射機8基で計64発装備して自艦はおろか艦隊全域を守り自艦の防空(続)

お砂糖wsnbn @sugar_wsnbn
137032742022-09-30 18:53:55

中国で開発中の次世代歩兵用装備。 UGVが先陣を切り、パワードスーツを装備した兵士が先頭で盾と機関銃を装備、それに拡張現実(AR)グラスを装備した兵士が続く構図。 パワードスーツは損傷による動力損失で着用者に急激な異常負荷がかからないよう無動力外骨格としてもある程度使える設計なのだとか。

北朝鮮の空軍と聞くと画像のようなイメージで止まっている人はかなり多いと思いますが、実際はそうではありません。個人的な体験を踏まえて00年代あたりから変化を極めて簡単に振り返ってみよう(以下、延々と続く

mimizukk @Mmzk_Y
78221312022-09-16 08:29:59

なぜロシア軍は敗北し、ハリコフ地方から逃亡したのですか?すべての責任は、ローカルエラーとウクライナ軍による優れた攻撃だけでなく、ウクライナのロシアグループの根本的な問題でもあります。スレッド⬇️ -- ロシア軍の内情分析スレ。 かなり核心に迫っており必読。 https://t.co/IuS0cbVovH

プログラミングに興味のある医療従事者が結構多いので、自分がどのようにして学習してきたかをまとめておきます。3年半の軌跡です。ちなみに高額なプログラミングスクールを薦めることはありませんのでご安心下さい(そもそも通ったことない) (▶︎続く)

上高地の「ニホンザル」が、ブラウントラウトなどの淡水生動物を食べている証拠が初めて発見されたよ!リプで解説するね! Alexander M. Milner, et al. "Winter diet of Japanese macaques from Chubu Sangaku National Park, Japan incorporates freshwater biota". Sci. Rep., 2021; 11, 23091.

ᅟ ⁠ @5fLRVU7TTzNEwM7
0142022-04-29 21:32:09

#OxygenNotIncluded 期間が開いて何が何だか分かんなくなったので新しいワールド始める。 https://t.co/36ILJEJpnH

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
50792022-04-25 19:51:50

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 6/7