「「濃厚接触者の定義を見直すべきか」という最初の問いについては価値判断の問題なので、政治家としてご決断…」手を洗う救急医Takaのスレッド

7621,9182022-07-16 11:31:01

「濃厚接触者の定義を見直すべきか」という最初の問いについては価値判断の問題なので、政治家としてご決断いただくのは良いと思います。 せっかくですので、私からは「10歳未満においてコロナとインフルエンザでどれだけリスクが異なるのか」という点について、可能な限りお答えします。 https://t.co/fXM2hWBQhp

大前提としてコロナを軽視しているわけではありません。その上で10歳未満にとってオミクロン株がインフルより致死率が高いというデータをお示し下さい。これは直近の政府アドバイザリーボードの資料です。 後遺症はインフルでもありますが、10歳未満においてコロナの方が桁違いという根拠を提示下さい https://t.co/nYDHC17Mji

2022-07-16 11:31:01

まず最初に結論を書くと、 ・何のリスクを比較するのかによって異なる ・リスクの定義によってはデータがない ・どちらが脅威かを結論付けるのは難しい ・「両方脅威だ」ということも可能なので、比較に絶対的な意味があるとも思えない という感じです。 順を追って説明します。

2022-07-16 11:31:01

「10歳未満において(後遺症リスクはインフルに比較して)コロナの方が桁違い」 という議論の命題そのものを支持するデータは私の知る限りないと思います。 そして、議論を後遺症だけに絞ることもナンセンスなので、ひとまずこれはやめて話を先に進めたいと思います。

2022-07-16 11:31:02

一方で、熊谷さんが示された ・60歳未満での重症化率はインフル・オミクロン共に0.03% ・60歳未満での死亡率はインフル・オミクロン共に0.01% というこの2つのデータを元に、「インフルとコロナは(重症化・死亡の)リスクが同等」と結論づけるのも少し注意が必要です。

2022-07-16 11:31:03

提示されたデータは 「陽性となった人の中で重症化 or 死亡した人数を確定感染者数で割ったもの」になります。 つまり、ざっくり言うと「感染した時にどれぐらい重症化・死亡しやすいか」という指標を用いていることになります。

2022-07-16 11:31:03

この手の指標を感染症疫学の領域で用いる際の最大の問題点は、分母が正確であることを担保することが極めて困難であることです。 どちらの病気も無症状の場合や、病院を受診しない程度の軽症で済む場合があるからです。 この指標はその「カウントされない感染者数」の影響をモロに受けます。

2022-07-16 11:31:04

一般的にいって、2017-2020年のインフルと本年1-2月のオミクロンの受診行動を考えると、オミクロンの方が積極的に検査されていたでしょうから、未受診の感染者数は少ないだろうと予想されます。 これは何も私個人の意見ではなく、詳細な調査報告書そのものに書かれています。 https://t.co/cIlgXnzOXW

2022-07-16 11:31:05

もう1つ検討すべきことは、「そもそも感染者分の重症・死亡者数で比較して良いのか」ということがあります。 新型コロナはなお持続的に感染対策をしています。 インフルと同様のリスクと結論づけて、感染対策を緩和することで、致死率は同等でも多くの子供が重症化・死亡するという懸念もあります。

2022-07-16 11:31:05

なので、「感染者分の重症者」ではなく、「人口あたりの重症者」の方がより適切な指標であるという議論もできると思います。 もちろん「感染対策による」わけですが、感染対策を日本よりも緩和している国で、そのようなデータがあれば、比較可能性が期待できます。

2022-07-16 11:31:07

ということで、アメリカの"COVID-NET"と"FluSurv-Net"という2つのデータベースを持ってきました。 基本的には同様の方法を用いて感染者や重症者をカウントしていますので、比較可能性が高いです。 https://t.co/YcDcHHuhS2 https://t.co/eBpgHBwhbR

2022-07-16 11:31:07

これを見ると、今年1月に0-4歳のコロナ入院数は人口10万人あたり15.2人を記録しています。 一方、インフルは今年3月の高い時で10万人あたり1.6人なので、「ちょうど一桁違う」と言うことが可能です。 一方で、2020年1月は9.1人の時もあり、「元々のインフルのリスクの2倍程度だ」とも言えます。

2022-07-16 11:31:08

最後に、「インフルよりもリスクが低ければ対策は元に戻すべき」ということも自明ではないと考えます。 病院で働いていないとそこまで意識することは少ないかも知れませんが、インフルエンザ脳症で重い後遺症が残るお子さんを見るのはかなり辛いものがあります。

2022-07-16 11:31:09

もちろん、これは「疾病リスクの回避を人の生活の中で最上位におくべき」ということを言っているわけでは全くありません。 今の子供達が大変な我慢を強いられているのは事実で、早く楽しい行事なども元に戻してあげたいと私も思います。

2022-07-16 11:31:10

一番大事なことは、行動制限は最小限にしてかつ感染リスクも下げる方法を考えることです。 この観点から、やはりワクチン接種は重要です。 これはコロナに限らずインフルでもそうです。 第7波を迎えて小児のワクチン接種率が低いことは非常に大きな問題であり、是非取り組んでいただきたいです。

2022-07-16 11:31:10

また、親御さんの生活も子供によって多大な影響を受けるので、それも十分な考慮が必要です。 濃厚接触者の定義をなくせば確かに休園・休校の頻度は減るでしょうから、一概に悪いとは思いません。 一方で、お子さんの直接的な感染リスクは上がると思います。 ここは政治判断も必要です。

2022-07-16 11:31:11

私から申し上げたいのは、そうした政治判断を行う前提となる科学的な情報を正確にご理解いただきたいということに尽きます。 熊谷さんは非常に聡明で、上記の議論を誤解なくご理解いただけると思いましたので、解説させていただきました。 長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

2022-07-16 11:31:11

@mph_for_doctors ありがとうございます。保育所における濃厚接触者のあり方について議論しており、10歳未満のデータで議論する必要があります。 インフルとオミクロンの比較では10歳未満においてはインフルの方が致死率が高く、母数の関係等を考慮しても、インフルよりリスクが顕著に高いとは言えない、となります。

2022-07-16 12:03:39

@mph_for_doctors また、コロナ後の感染対策を実施している状況下でのインフルの入院率で比較しても意味がありません。屋内におけるマスク着用等を緩和する話ではないのですから。 基本的な感染対策を行った上で、保育所等で濃厚接触者として健康な児童まで自宅待機させたり、休園することを見直すと申し上げています。

2022-07-16 12:07:33

@mph_for_doctors なお、こうした見直しは既に一部の都道府県では行われており、特にその地域だけが従来と比べて人口あたりの感染者数が増えているというようなデータはありません。 疾病リスクと社会的制約とのバランスは常に見直すことが必要です。

2022-07-16 12:09:13

@kumagai_chiba 仰っしゃりたいことはわかりますが「濃厚接触者対応を見直しても感染は増えない」という前提なら、そもそもインフルと比較する必要がないと思いました。 やはり不確実性も含めて「多少のリスクを抱えて決断する」という話だと思いますので、リスク分析は必要だと思います。 いつも応援しております。

2022-07-16 12:17:36

@mph_for_doctors 有意な違いは確認できないだけで、それでも疾病リスクが重ければ、一定の社会的制約を設けても感染リスクを少しでも軽減するという政策的判断に至ることもあるので、既存の疾病との比較は必要です。 また、り患者が多数発生した場合の休園や登園自粛の考えもインフルの例が一つの参考になります

2022-07-16 12:25:36

@mph_for_doctors ありがとうございます。先生を含め、医療関係者の意見を聞き、そして保健所等が保有するデータを分析した上で、社会的な損失とのバランスを常に見直していきます。 今後もご助言下さい。

2022-07-16 12:28:55

@kumagai_chiba ありがとうございます。 潜在的にリスクが増加する可能性を考慮するなら、🇺🇸と同程度に感染が広がると平年のインフルエンザの倍ぐらいは入院する子供が出ることを前提に、特定の対策(=濃厚接触者の見直し)でどの程度感染が増えるかを検討する必要がありますね。 これは結構難しいです。

2022-07-16 12:34:00

@kumagai_chiba ただ、実は私は本件に元からかなり悲観的で、大人の行動制限が恐らく起こらないであろう第7波で、適切にマスクを付けられない未就学児は、正直に言ってどの道相当数が感染すると思っています。 ちなみに🇺🇸は抗体検査で子供の8割程度は既感染であることがわかっています。

2022-07-16 12:35:47

@kumagai_chiba 日本でも数十%とかのレベルで感染が広がるなら、やはりできるだけ重症化・死亡する子供の絶対数は減らしてあげたいです。 4歳以下はどうしようもないですが、5-11歳は本当にワクチン接種を急ぐべきです。 この点もどうぞよろしくお願いします。 (返信不要です)

2022-07-16 12:37:22
シェア

みんパピ!副代表 | CoV-Navi副代表 | 日本救急医学会・外傷学会専門医 | 2020年ハーバード公衆衛生大学院卒業賞 |医療相談はご遠慮ください | 医療情報以外も含めツイートは全て所属を代表しません | お仕事依頼→https://t.co/sNl9KdL2l6 | 木下喬弘

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

説教おじさん @partyhike
46837622022-07-29 13:28:29

コロナで42万人も死なないし、東京は2週間後にNYにならないし、子供が1000人以上死ぬこともないんだよ。日本にはもう2年半分のデータの蓄積があるんだから、日本のコロナは日本のデータで語ろうよ。

macaron @fraisst
5449382022-02-18 12:21:49

2/18 第76回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 ●死亡  1,474(18)人 コミナティ  1,402(13)人 スパイクバックス  71(5)人 バキスゼブリア  1人 ※()内3回目接種

Hiroshi Nishiura @nishiurah
972292022-03-11 21:16:04

「オミクロン株は弱毒」という刷り込みには本当に注意を要する。日本からの報告で東大の佐藤佳ちゃんらがBA.2の病原性が高いという内容も、それが欧州の観察データと齟齬があるなら理由を考えないといけなかったと反省しています。いま、BA.2が流行る香港では70歳以上の高齢者の2回接種率が50%を 1/5

昨日、8歳の娘と5歳の息子にコロナワクチンを打ちました。 小児コロナワクチンに関して、本当に接種するべきかどうかを迷う親御さんは多いと思います。 医師である親として、自分の子供に接種するかどうかを決めるために参考になったデータをここで紹介します。 (続)

倉持仁 @kuramochijin
216365122022-05-21 13:00:47

みなし陽性、感染爆発期に医師が診断するなら良いですが、保健所がみなしたり、自分で抗原検査してみなしたり、そんな事が横行。診断は医師しかできないはずですが、そんなの関係なく無症状と勝手に診断し、治療が受けられない!きちんとした統計学的データも取れず、薬ワクチン効果の検証もできない

新型コロナに罹患した小児の1/4が症状持続を認めるとの気になる研究(やや多すぎる印象あるが) 21研究80071人のデータ 多かったのは 気分障害 16.5% 倦怠感  9.66% 睡眠障害 8.42% 等 味覚・においの喪失もリスクが高かった オミクロン下そして日本のデータが待たれるが一定の注意は必要だろう

オミクロン亜型BA.2株流行期の11歳以下のコロナ感染症は,他の変異株や他のウイルスより院内致死率も集中治療室入室リスクも高かった.1147例症例対照研究(Lancet preprint 2022 Mar21) https://t.co/tsJETRLYNv 次の流行株であるBA.2、小児は要注意です。以下、詳細データをツリーで続けます

【サル痘スレッド】 サル痘の感染の報告を見て、またコロナのようなパンデミックになるかと不安になる方は多いと思います。 私達はコロナのトラウマで「新しい感染病」に敏感になっているかもしれません。しかし、海外の報告を見ると、この病気について過剰に不安になる必要は全くないと思います。

見積もりが甘い? 半減では済まなかったということですか? https://t.co/VSinn5yyaD

ワクチン接種と感染症の拡大について自己流の分析を基に「ワクチンのせいで感染が増大している」といった誤情報を発信しているのを見ます。これらの分析には大体、何らかの問題がある。 ①国ごとに比べるパターン 2か国のグラフを並べたり https://t.co/9aI4Vgvteh 相関を見せたり

私は知念さんの本名も勤務先も知りませんよ。 知る必要もないですし、当然個人情報ですから、探るのは社会人として問題のある行為ですね。 あなたはどこでその情報を得たのですか?そして、なぜ知念さんの個人情報が必要だったのでしょうか? そしてこのツイートは脅しですか? https://t.co/6FdlrB0t4M

子供達のコロナワクチンの2回目の接種をしました! 1回目の時、医師として自分の子供に接種すると決めるために参考したデータを紹介しました。 その後も最新のデータが出ていますので、またスレッドで紹介します。

私は割と本気で、もう緊急事態宣言は出さない方が良いと思っています。 理由は簡単で、少なくともハイリスク者にはワクチン接種の機会が提供されたからです。 あと、リスク認知が下がった人は、どの道行動変容しないでしょう。 結局国が決めることなのであまり深入りしない方がいいかも知れません。 https://t.co/vLxMDcdqMV

コロナ騒ぎの早期終結のため,拡散を希望します。 この訴えが実現すれば,ほとんどの感染対策は根拠を失い,また,あくまで特例として承認されているワクチンも治療薬も,承認の根拠を失います。 多くの皆さんが同じ認識を持って頂けることを切に願います。以下,リプライで続けます。→(続き)

Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
200545912022-01-08 23:58:38

「日本人は特殊な遺伝的あるいは環境の因子のおかげでコロナから守られている」という感覚は広くみられて、この2年間の言説、さらには科学研究を左右してきたと思う。しかし、そもそも日本のコロナ流行と被害がどのようなものであったかを見直してみると違う様相が見えてくると思うので、整理してみる

Kazz.MD.Ph.D. @KazBowen
96724942022-02-23 03:59:54

最近ワクチン3回目危険論を言ってる人がいるみたいなので、少し書くね。要は抗体価を上げると危険というまったくのFantasyなんで、論証する価値もないけど、少し思うことを書きます

4/13水 オミクロン株で「子どもの熱性けいれん」が増加、デルタ株の約3倍 医師「脳に影響があるのでは」 この記事は必見だと思います コロナは脳に影響を与えることがわかってきています。これは子どもも同様です。リスクは最低限知っておくことが必要 https://t.co/IiwxqYNfTg

イギリスの死者が激増中。冬のピークを超えてしまった NHKとか「イギリスはマスク外してますよー」というメディア・人がいますが、死者もかなり多いんですよ

1日100万人の感染者を超えたアメリカではオミクロンは国民全員かかっちゃうのではないかと言われています。みんなどうせかかるなら予防する必要ないんじゃ?という諦めの声も頻繁に聞きます。諦めたくなる気持ちはわかります。でも今諦めちゃダメな理由、予防する意義を説明させてください!↓

はな @aoihana1213
41622022-02-20 07:17:09

入院拒否相次ぎ「全員入院」維持できず ―野尻孝子・和歌山県技監に聞く https://t.co/01TH8S7W7m