「プーチンの戦争とか、ロシアの国民を全部免責するようなことを言う人がいるが、ロシアの戦争犯罪は組織的で…」buveryのスレッド

621182022-05-29 20:48:03

プーチンの戦争とか、ロシアの国民を全部免責するようなことを言う人がいるが、ロシアの戦争犯罪は組織的であり、ロシアが全責任を負うべきものだ。戦争犯罪そのものはどの戦場にもある。だが、近代的な軍隊はROEがあり軍法があり、犯罪者を処罰する仕組みがある。

2022-05-29 20:48:03

軍法は平時の法とは違う。例えば、仮に民間人を射殺したとしても、ある一定の規則を守れば、免責となる。例えば、攻撃された場合は、たとえ民間人や友軍であっても攻撃して良い。これを交戦規定、ROEという。だが、ブチャでは武装していない民間人の処刑死体がウクライナが反攻するまで放置されており

2022-05-29 20:48:03

公然と処刑していたことが分かる。これは、ロシア軍が組織として処刑していたことを意味し、少数の軍の犯罪者が行ったものではない。民間施設の攻撃や、略奪も無数に行われており、これはプーチン『だけ』の戦争ではない。

2022-05-29 20:48:04

さらに、何十万のウクライナ人を拉致連行している。この処理は少数の人間で管理できるものではない。何万人の関係者がロシア全土にいる。

2022-05-29 20:48:04

ちなみに、ロシア国内への強制連行を西側メディアが知っている理由は、ロシア国内の報道を集めて集計しているわけだから、ロシア国民はロシア政府の犯罪を容認していると結論付ける他ない。

2022-05-29 20:48:04
シェア

6年ほどお付き合いのある、写真家の高井潤さんが、新設サイトでportfolioを公開されているので、紹介します。https://t.co/HBoKXKiLXz

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

高野遼 / Ryo Takano @takano_r
90520592022-04-05 02:50:53

米国防総省の戦況分析1 【キーウ情勢】 ・キーウ北部・北西部に集結していた部隊(約20BTG)のうち3分の2は撤退。ベラルーシに向かい、一部は到着済 ・東部スーミ方面の部隊もロシアに戻る動き ・撤退した部隊は再補給・装備を受け、東部ドンバスに向かうとみられる。まだ実際の再配置の動きはない

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

ちなみにロシア軍が撤退した後のブチャで虐殺の惨状が明るみなったように、ドイツ軍が撤退した後のアウシュビッツなどでの惨状が明るみに。だがその前の時期には、ドイツが悪くはない、英仏に戦争の原因だという議論もありました(ヴェルサイユ体制批判論含む)。今回の戦争とも似ています。

pepe @pe_garden
232022-03-19 19:09:32

「ウクライナの富豪がいかにして ハンターバイデン、ゼレンスキー、ネオナチ・アゾフ大隊に資金提供したか」 *写真左から ●ハンターバイデン(バイデン息子) ●コロモイスキー(ウクライナ富豪) ●ゼレンスキー(パペット) 長いけどまとまってる濃い記事・・!  https://t.co/yx42dhO9xs

仮蔵 @karizo2022
99713512022-04-05 22:36:23

計画された大量虐殺:集団墓地の国家技術基準 ロシアの「集団墓地の国家技術基準」制定のタイミングから、ウクライナでの大量虐殺が計画されていたという論考をご紹介。筆者はSergej Sumlenny氏。「ロシア兵の故郷」に関する優れたスレッドを書かれていた方です。10連ツイ https://t.co/rpGrkJ0UtW

戦車 @MoterSensha
1852382022-09-21 16:56:04

プーチン大統領、ロシアで部分的な動員を発表 大統領の演説の完全な書き起こしと演説のビデオ https://t.co/OTg6BeCdbu

buvery @buvery
16272022-04-13 11:06:55

ロシアの毒電波ゆんゆんに当てられた人も多いと思いますが、あれを日本人の文脈で読んではいけない、と思う。

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
3454712022-04-13 19:11:33

緊急 またまたツィッターアカウントを凍結されたスコット・リッターが、ブッカ虐殺についてツィートしたかった重要ポイント☝️ ザ・ジミー・ドー・ショー/2022年4月13日 (11:07~16:23全訳) Twitter CENSORING Ukraine War Coverage/ Scott Ritter on The Jimmy Dore Show 2022/04/13 (11:07~16:23)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1221812022-05-05 16:50:58

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) アーニャ・パーレムピル(ザ・グレイゾーン) 7/7(最終回)

buvery @buvery
1071222022-04-11 11:16:22

この記事は、ロシア国営メディア、RIAに2022年4月3日付けで載ったものです。ロシアも『同じ』人間だから、日本人と『同じ』ように考える筈、という根拠のない幻想を抱いている人がまだいるので、ロシア語から英語に機械翻訳したものを全文日本語にします。 https://t.co/TEGgH0sSRK

今読ませてもらっているが、音楽関係者の方のようだがものっすごい読み応えのある記事。これは一読の価値があると思う。今半分くらいまで読んだ。 https://t.co/nWF6pKMI5J #アメブロ @ameba_officialより

南京灯篭祭 @azukiglg
12102022-09-23 05:17:25

ロシアが「当初目的を達成できずに特殊作戦を終了する」という戦後があるとした場合。 1)戦後ロシアの指導者は引き続きプーチンのまま 2)プーチンの逆振り(西側に宥和的)指導者が支持されてプーチンが追放、処刑、暗殺される

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

たられば @tarareba722
4404138682022-04-11 22:11:10

BS日テレ『深層NEWS』(英ジョンソン首相がキーウを電撃訪問しゼレンスキー大統領と街中を歩いたことに関して)鶴岡先生「意図したかどうかはわからないが、ロシアと周辺国へ強烈なメッセージになっている。というのもプーチン大統領はモスクワであっても、決して街中を歩き市民と交流はできない。」

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8