「5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?:現時点で出ているコメントは下記の通り。:可能性あり:ばかげて…」仮蔵のスレッド

6551,2672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

May 9, the Victory Day is a crucial symbolic date. We should expect the Victory Parade and Putin's speech to the nation on that day. What is he gonna say? Many are pondering whether he will: 1. Declare war on Ukraine 2. Declare mass mobilisation in Russia Let's discuss both🧵

2022-05-08 13:17:03

要約: ・「動員」が行われていない現在、兵士は戦争に行きたくなければ辞めることができる。多くの兵が逃げていないのは「主体性」がないから→主体性を身につけるためロシアは解体すべき ・「動員」が行われた場合「戦争を止めたい大量の若者」に武器を渡すことになる→1917年のロシア革命の二の舞に

2022-05-08 13:17:19

1/70 5月9日の戦勝記念日は象徴的で重要な日だ。この日は戦勝記念パレードとプーチンの国民への演説が行われるはずだ。何を言うのだろう?多くの人が、次のように考えている。 1. ウクライナへの宣戦布告 2. ロシアでの大量動員を宣言する この2つについて考えてみよう。 https://t.co/SHZEGy74fB

May 9, the Victory Day is a crucial symbolic date. We should expect the Victory Parade and Putin's speech to the nation on that day. What is he gonna say? Many are pondering whether he will: 1. Declare war on Ukraine 2. Declare mass mobilisation in Russia Let's discuss both🧵

2022-05-08 13:17:32

2/70 まず質問 - なぜプーチンはまだウクライナに宣戦布告してないのか?多分、激しい抵抗を予期していなかったからだろう。クレムリンは1968年のチェコスロバキアの再来を計画したが、それが実現しなかったので非常に驚いた。だから「特別作戦」という用語が使われている。 https://t.co/YHxcp3TYL6

Let's start with the question - why Putin didn't declare the war on Ukraine yet? Well, probably because he didn't expect any serious resistance. Kremlin planned for another Czechoslovakia 1968 and was very much surprised it didn't happen. Hence the "Special Operation" terminology

2022-05-08 13:17:45

3/70 東欧の衛星国家の新たな平和化を計画したことで、モスクワは予想外に大きな戦争に巻き込まれた。戦争の準備をしていなかったので、戦争も戒厳令も宣言していない。このことが、この戦争の行方に大きな影響を与えることになった。 https://t.co/OsTeuZOr1u

Planning for another pacification of an East European satellite state, Moscow unexpectedly got into a major war it didn't prepare for. Since they didn't prepare for a war, they declared neither a war, nor a martial law. Which had major consequences for the course of this war

2022-05-08 13:17:59

4/70 ロシアの国策は合法ではないかもしれない。しかし国内は完全に手続き的だ。それはアルゴリズムに従って行動する機械だ。具体的には、戦争と戒厳令は2002年1月30日に記載されたアルゴリズム「No.1-FKZ」によって規制されている。これはまだ発動されていない。 https://t.co/ADv98D2HhP

Russian state policies may not be legal. But they absolutely are procedural. It is a machine acting according to an algorithm. More specifically, the war and the martial law are largely regulated by the algorithm described in 30.01.2002 г. № 1-ФКЗ. Which has not been activated

2022-05-08 13:18:11

5/70 参考情報:「No.1-FKZ」の日本語訳

2022-05-08 13:18:40

6/70 戒厳令アルゴリズムが発動されなかったため、手続き上、ロシアは現在平和な状態にある。従って平時の手続きはすべて有効だ。実際に、軍隊や国家警備隊などの契約社員は、ただ仕事を辞めることができる。ストレルコフの嘆きを参照。 https://t.co/D439OEVb1r

As the martial law algorithm was not activated, procedurally speaking Russia is now in peace. Thus all the peace time procedures are still valid. In practical terms, it means that the army, the National Guard and other contractors can just leave their job. See Strelkov's lament:

2022-05-08 13:18:59

7/70 参考情報:「ストレルコフの嘆き」 インタビュー動画の字幕の日本語訳

2022-05-08 13:19:26

8/70 多くが仕事を辞めるか戦争に行くことを拒否している。ロシアのメディアによるとクラスノダールOMON、クリミア海兵隊、プスコフ空挺部隊、南オセチアからの兵士、ハカス国家警備隊など、数10〜数100名が戦闘を拒否したという。国家警備隊の上司と部下の対話をご覧あれ https://t.co/vImEcPfG6H

Many either leave their jobs or refuse to go to war. According to Russian media, dozens or hundreds of Krasnodar OMON, Crimean marines, Pskov airborne, soldiers from South Ossetia, Hakas National Guard refused to fight. Watch a dialogue of a National Guard boss with his fighters:

2022-05-08 13:19:44

9/70 参考情報:「辞職したい兵士を引き止める上司の話」 録音の字幕の日本語訳

2022-05-08 13:20:05

10/70 言い換えれば、ロシア軍からの脱走は今のところ合法だ。有給の契約者である限りは。もちろん、陸軍や国家警備隊の上司は脱走を阻止する。「特別な目標が達成されるまで」軍人が仕事を辞めることを禁止する幹部命令を出す者もいる。 https://t.co/Ok8bVjmhg5

In other words, desertion from the Russian military is now legal as long as you are a paid contractor. Ofc army and National Guard bosses try to prevent that. Some issue executive orders forbidding the military to quite their jobs until "their special goals are completed"

2022-05-08 13:20:24

11/70 辞めた軍人の記録をダメにしようとする指揮官もいる。軍隊の身分証や人事簿などに特別な注意書きやスタンプを押すのだ。しかし、それはあなたの将来にほとんど影響を与えない。あなたが国のために働くつもりでない限りは。それに、あなたは彼らを訴えることができる。 https://t.co/l3PtpQmplV

Some commanders try to destroy the record of the military who quit, putting a special notes or stamps into their military IDs (военный билет), personnel files, etc. That however has little effect on your future unless you plan to work for the state. Besides, you can sue them

2022-05-08 13:20:37

12/70 すでに出征し、その後帰還した部隊は、再び出征することを拒んでいる。例えば、ウクライナでVDV(*)が大敗した後、ベラルーシから帰国したプスコフ出身の空挺部隊約100名は、再び戦争に行くことを拒否した。 (*)VDV:ロシアの空挺軍 https://t.co/P8Ksowau5o

Those troops who already departed to war and were later returned, refused to go again. For example, after the VDV were massacred in Ukraine, around 100 airborne from Pskov who were returned home from Belarus, refused to go to the war again https://t.co/hv7tg0LI0w

2022-05-08 13:20:49

13/70 現実的には、それはロシアの再編成能力を意味する。北部(キエフ)から軍を撤退させ、東部(ドンバス)に全員を送り込むというのは、おそらく誇張されていたのだろう。すでにウクライナに行ってロシアに戻された人たちの多くは、もう行かないだろう。 https://t.co/J87LlMEZQw

In practical terms that means that the ability of Russia to regroup, withdrawing its forces from the North (Kyiv) in order to send everyone to the East (Donbass) was probably exaggerated. Many of those who already been to Ukraine and were returned to Russia simply won't go again.

2022-05-08 13:21:01

14/70 徴集兵の状況は少し違う。厳密には、ウクライナに徴集兵を送ることは違法だ。それなのに、彼らは当然のようにそれを行った。ロシア政府は基本的にそれを認め、プーチンは軍検察に「この件を調査する」よう命じた。私の予想:軍のボスは誰も罰せられないだろう。https://t.co/AbD30G2dlD

Situation with conscripts is a bit different. Technically sending conscripts to Ukraine is illegal. And yet, they did it ofc. Russian state basically admitted it, and Putin ordered the military prosecutors to "investigate the case". My prediction: no army boss will be punished

2022-05-08 13:21:12

15/70 プーチンが外国の戦争に徴集兵を投入することは予想できた。少なくとも新年から、「兵士の母」のNGOには、徴兵された息子がウクライナ国境に移送されたことを心配する親たちから大量の電話がかかってきていた。あまりの数の多さに、単なる演習とは思えないほどだ。 https://t.co/mg10ptTRiy

Putin using conscripts in a foreign war was very predictable. Since at least the New Year, the Soldiers mothers NGO was getting tons of calls from concerned parents whose conscripted sons were transferred to the Ukrainian border. There were so many of them, it couldn't be a drill

2022-05-08 13:21:28

16/70 「兵士の母の会」の秘書は言った。「国境に行って、そこから連れ出しなさい」あるいは「どこかに逃げて隠れなさい。軍の検察当局に告訴状を書きなさい」「しかし、一人のバカ娘も、一人のバカ息子も、どこにも逃げなかった」 と、彼女は結論づけた。 https://t.co/6Ywmm8LM8K

"Go and take them from there" a secretary of the Soldiers' mothers would tell. "Or just tell them to run away, hide somewhere and write complaints to the military prosecutors" "But not a single daughter of a bitch, not a single son of a bitch didn't go anywhere" concludes she

2022-05-08 13:21:53

17/70 参考情報:「兵士の母の会」秘書の話:誰もどこにも逃げなかった 動画の字幕の日本語訳

2022-05-08 13:22:14

18/70 言い換えれば、徴集兵の親は、ロシアの手続き的性質を利用して、息子がウクライナに送られるのを完全に阻止することができた。だが誰もそれをしなかった。なぜか?理由の一つは主体性の欠如だ。ロシア国家は何世紀にもわたり、あらゆる形態の主体性を駆逐してきたのだ。 https://t.co/fEns4rwyns

In other words, parents of conscripted soldiers could totally use the procedural nature of the Russian state to prevent their sons from being sent to Ukraine. Nobody did. Why? Partly because of the lack of agency. Russian state extirpated any forms of agency for centuries

2022-05-08 13:22:28

19/70 主体性と個人的責任感の根絶は「部屋の中の象」だ。この戦争の後、ロシア人は再びそれらを取り戻すためのリハビリを必要とするだろう。しかし、そのようなリハビリは、ロシア国家の存在とは相容れないものだ。そもそも主体性を根絶やしにしたのがロシア国家だからだ。 https://t.co/BhcivZp8mx

Uprooted sense of agency & personal responsibility is an elephant in the room. After this war Russians will need a rehabilitation course to regain them again. But such a rehabilitation is incompatible with the existence of the Russian state which uprooted them in the first place

2022-05-08 13:22:41

20/70 ロシア国家の解体が必要なのだ。帝国の復活と大規模な軍事衝突を防止するためだけではなく。主体性と個人的な責任感を回復させるリハビリのための必要条件として。 https://t.co/C25kz1FfWx

Dismantling of the Russian state is necessary not only for preventing further attempts of imperial restoration and thus large military conficts but as a necessary condition for a rehabilitation which would restore the sense of agency and personal responsibility

2022-05-08 13:22:54

21/70 ロシア国民の大多数は、自分は何もできないと思っている。個人の行動には何の影響もなく、できることは服従だけだ。これは間違ってはいない。巨大な帝国では、彼らの声には重みがなく影響力もない。従って、帝国は解体され、より小さな政治体にならなければならない。 https://t.co/eW155o1Fav

Majority of the Russian population believe they can't do anything, their personal actions have no impact and the best they can do is submit. Which is not wrong. In such massive empire their voice has no weight and no impact. Thus the empire must be dismantled to smaller polities

2022-05-08 13:23:07

22/70 皇帝、共産主義者、プーチン、すべてが個人の主体性を根絶やしにしようと奮闘してきた。ナワリヌイとその一派も権力を握れば、さらに努力するだろう。帝国の解体は、政治を縮小することであり、人々が自分の行動が重要であるという感覚を取り戻すための必要条件である。https://t.co/MtiXHR7uPW

Tsars, Communists, Putin, all worked hard to uproot the personal agency in Russia. Navalny & Co. will work even harder, should they take power. Dismantling the empire will scale the politics down which is a prerequisite for people regaining the feeling that their actions matter

2022-05-08 13:23:19

23/70 ロシアの政治を「プーチンvsロシア人」の二項対立で解釈するのは、ひどいやり方だ。なぜか?プーチンは主体であるが、「ロシア人」はそうではないからだ。彼らは、独裁者と取り巻きが自分たちの支配を正当化するための抽象的な存在にすぎない。 https://t.co/GMqHzQhoaz

Interpreting Russian politics in terms of "Putin vs Russian people" dichotomy is an awful approach. Why? Because Putin is a subject while the "Russian people" are not. They are merely an abstraction that allows an autocrat and a gang of courtiers to legitimise their rule

2022-05-08 13:23:32

24/70 「ロシア人」は主体として存在しない。独裁政治を正当化するための道具だ。今、プーチンは主体性のない「ロシア国民」を代表するふりをすることで、自分の権力を正当化している。政権交代が実現すれば、ナワリヌイとその取り巻きも同じことをするだろう。 https://t.co/IuKc8k89Zn

"Russian people" doesn't exist as a subject, it's a tool for the legitimisation of an autocracy. Right now Putin legitimised his power by pretending to represent the "Russian people" with no agency. Should the regime change happen, Navalny and his courtiers will do the same

2022-05-08 13:23:46

25/70 なぜ、モスクワでは独裁者は「誰であっても」その取り巻きたちと「ロシア国民」を代表し、その名のもとに何でもする権利を有するのだろう。むしろロシア国民に自分たちを代表させよう。そして、政治構造全体を完全に縮小するべきだ。国民が自分たちを代表できるように。https://t.co/FlS7NEusgu

Why should * any* autocrat and his gang of courtiers in Moscow have the right to represent the "Russian people" and do whatever by their name? Let them represent themselves. And the entire political structure should be scaled down exactly so they could represent themselves

2022-05-08 13:24:14

26/70 欧米のメディアで気に入らないのは「ロシアの声」を代弁する際、非常に奇妙なバイアスがかかっていることだ。ナワルニー、ホドルコフスキー、カシンといった人物をほとんど独占的に取り上げているのだ。モスクワの「リベラル」(=民族主義者)の支配者層として。 https://t.co/svpinUbsuA

What I don't like about the Western media is that they have a very weird bias when representing the "Russian voices". They almost exclusively give word to such figures as Navalny, Khodorkovsky, Kashin etc. To the "liberal" (=nationalist) establishment of Moscow

2022-05-08 13:24:28

27/70 ナワリヌイ、ホドルコフスキー、カシンなどの問題は、多様化する国の中で、彼らがみなロシア民族であるということだけではない。問題は、彼ら一人一人がロシア民族主義者であることを公言していることだけでもない。問題は、彼らがすべてモスクワ出身者であることだ。 https://t.co/WGkIRl4Q7L

The problem with Navalny, Khodorkovsky, Kashin etc is not only that they r all ethnic Russians in an increasingly diverse country. The problem is not only that every single of them publicly proclaimed himself as a Russian nationalist. The problem is that they are all from Moscow

2022-05-08 13:24:41

28/70 西側のメディアや文化的支配者層は、ほとんどモスクワの「リベラル」(=民族主義)な支配者層の声しか拾わない。この事実は、他のすべての声を事実上排除し、モスクワだけが声を上げるべきだという考えを強化することを意味している。 https://t.co/8xwnGR13WV

The fact that the Western media and the cultural establishment almost exclusively gives the word to the "liberal" (=nationalist) establishment of Moscow means that they're effectively deplatforming all other voices and reinforcing the idea that only the Moscow should have a voice

2022-05-08 13:24:54

29/70 モスクワの権威の声だけを拾うという方針は理にかなっている。ただし、それはモスクワが本当にこの国唯一の主体であり、それ以外のものは指導され躾けられる家畜である場合のみだ。自分自身の意見を持たず、もし持っていたとしても、それはどうでもよいことなのだ。 https://t.co/PR4hhCTOO7

This policy of exclusively giving the word to the Moscow establishment makes sense only if Moscow is truly the only subject in this country and all others are a cattle to be guided and disciplined. Who have no opinion of their own and if they do, it doesn't matter anyway

2022-05-08 13:25:09

30/70 私が言いたい事:この前提を疑ってみよう。この国のすべての人々が重要な声を持っていると仮定しよう。もし我々が彼らの声を聞かないとしたら、それは彼らがロシアと西側双方のメディアや支配者層によって組織的に無視されたり、排除されたりしていることが主な理由だ。 https://t.co/4GGot2moRO

My point is: let's question this assumption. Let's assume that people all around the country have voices which matter. And if we don't hear them, it's largely because they're being systematically ignored or deplatformed by both Russian and Western media and cultural establishment

2022-05-08 13:25:45

31/70 モスクワの「リベラル」な政治家に100回目のインタビューをする代わりに、ハバロフスクやエカテリンブルグの人々にインタビューしたらどうだろう。次のツァーリやその取り巻きを目指している政治家よりも。人々が何を考えているか、聞こうとさえしなかったのでは?https://t.co/insYsiWBGN

Instead of taking a 100th interview from a "liberal" politician from Moscow, who's liberalism consists in aspiring to become yet another Tsar or a courtier, why don't you interview people from Khabarovsk or Yekaterinburg? Have you even tried to ask what they think?

2022-05-08 13:28:11

32/70 最近もドイツ人ジャーナリストが「我々」はロシアに広範な不満がある証拠は見出せないと語った。問題は「我々」とは誰かということだ。どうやら「我々」とは、多くの時間と労力を費やして、地域の独自性、主体性、行動といった形態に気づけなかった人たちのようだ。 https://t.co/GUUiL2HmUm

Like recently a German journalist told me that "we" don't see any evidence of wide discontent in Russia. The question is - who are "we" here. Apparently those who invested a lot of time and effort in not noticing any form of regions identity, agency or action

2022-05-08 13:28:24

33/70 この地域の主体性を無視する決断は、ロシアの崩壊と解体の可能性を論じるとき、西側諸国のアナリストがほとんど少数民族と民族共和国にしか焦点を当てないという事実にも表れている。彼らは、非民族的な地域主義を完全に無視している。 https://t.co/RF1EYQFmAC

This determination to ignore the regional agency is reflected in the fact that when discussing the possible collapse and dismantling of Russia, Western analysts almost exclusively focus on ethnic minorities and ethnic republics. They completely ignore the non-ethnic regionalism

2022-05-08 13:28:39

34/70 プーチンを打ち負かしても、次のツァーリに壊されるような弱い平和を確立するよりは、我々はロシアの人々の権利を再び獲得することに取り組まなければならない。まず、今まで声を聞いてこなかった人々、特に極東、シベリア、ウラルの地域主義的な運動に声を与えることだ https://t.co/KiT3U6U5Po

Apart from defeating Putin and establishing a weak peace to be broken by the next Tsar, we must work on re-enfranchising the Russian population. The first thing to do is to give voice to the unheard, especially from the regionalist movements, in the Far East, in Siberia, in Urals

2022-05-08 13:28:53

35/70 私がなぜモスクワのリベラル派に反対するのか、そしてロシアの未来の国家分裂シナリオについては、別スレッドで詳述する。今はただ、メディアがロシアからのモスクワ以外の声を無視し、排除することにどれほどの労力を費やしているかについて、驚きを表明するだけだ。 https://t.co/w9giMOBwCj

I'll go into details in further threads on why I stand against the Moscow liberals and on the National Divorce scenario of the Russian future. For now I'll just express my surprise in how much effort do the media invest in ignoring and deplatforming non-Moscow voices from Russia

2022-05-08 13:29:08

36/70 さて、5月9日に宣言されるかもしれない総動員または部分動員の見通しに話を戻そう。総動員の問題は、ロシアにそれを適切に実行する能力がないことだ。ソ連はできたが、ロシアは絶対にできない。 https://t.co/3Lw7Wf45s8

Now let's return to the prospects of a total or partial mobilisation which may be declared on May 9. The problem with the total mobilisation is that Russia has no capacity to do it properly. The USSR could, while Russia absolutely can't

2022-05-08 13:29:20

37/70 ソ連の軍事ドクトリンは総動員を前提に設計されていた。実際、軍隊と軍事インフラは、迅速かつ膨大な拡張のために準備されていた。だから訓練を受けていない、あるいは訓練が不十分な徴集兵を大量に流入させることが可能だった。 https://t.co/whayMj54H7

Soviet military doctrine was designed for the total mobilisation. In practical terms it meant that the army and the military infrastructure was ready for the quick and enormous expansion of its ranks and the huge inflow of untrained or poorly trained conscripts

2022-05-08 13:29:35

38/70 ソ連軍は、平時の兵士の指導に必要な人数よりも、はるかに多くの将校を師団に抱えていた。なぜか?動員後、軍(および師団)の隊列は急速に拡大し、新兵を指揮するために余分な将校が必要になるからだ。 https://t.co/19O5fsIrRx

Soviet army had way more officers in its divisions than it needed to lead the peace time number of soldiers. Why? Because after the mobilisation the ranks of the army (and of its divisions) would expand quickly and now it would need those extra officers to command new recruits

2022-05-08 13:29:50

39/70 さらに、ソ連軍は、兵士を養成する訓練施設と将校を養成する軍事学校という高価なインフラを維持していた。 幹部将校は重傷を負う可能性もあるため、ソ連は軍事学校を通じて民間人を新しい将校に仕立て上げなければならなかった。 https://t.co/KcUg2jHnvP

Furthermore, the Soviet army maintained a costly infrastructure of training facilities (to train soldiers) and of military schools (to train officers). As the cadre officers would suffer heavy casualties, the USSR had to train new officers from civilians in those schools

2022-05-08 13:30:04

40/70 あるソ連の砲兵将校が、自分がどのように採用されたかを回想した逸話がある。第二次世界大戦中、動員されたばかりの新兵たちは、座って「синус」(正弦)を書くように言われた。「正弦」を書けた者は将校学校へ、書けなかった者は歩兵の階級へ送られた。 https://t.co/xSOngEm4RN

Anecdotally, one Soviet artillery officer recalled how he was recruited. During the WWII a group of newly mobilised recruits were told to sit down and write "синус" (sinus). Those who wrote "sin" were sent to the officer schools, while those who couldn't - to foot soldier ranks

2022-05-08 13:30:17

41/70 ソ連は世界大戦と大量動員に備え、大規模なインフラを整備した。にもかかわらず、超高コストなため、そのような戦争がない場合にはほとんど意味をなさなかった。1990年代にその多くが衰退し、残ったものもセルジュコフの改革で解体された。 https://t.co/RUDwS7pISF

Soviet Union maintained a massive infrastructure in case of the world war and mass mobilisation. And yet, it was super costly and made little sense in the absence of such a war. Much of it declined in the 1990s and whatever remained was dismantled during the Serdyukov's reforms

2022-05-08 13:30:29

42/70 セルジュコフ大臣は、紛争に常に対応できるプロフェッショナルな(請負)軍隊を作るために、賢明な改革を開始した。しかし、実際には、軍事ドクトリンが変更され、新しいドクトリンには大量動員というオプションが全く含まれていなかったのだ。 https://t.co/JQsunoURCH

Minister Serdyukov launched a sensible reform to create a professional (contractor) army always ready for a conflict. In practice however it meant that the military doctrine changed and the new one didn't include an option of a mass mobilisation at all

2022-05-08 13:30:42

43/70 膨大な数の兵士と将校を新兵から訓練するための施設は閉鎖された。それらの新兵を戦場に導く、既存の師団の余剰将校は解雇された。ロシアがまだ保有している幹部将校の多くは、現在ウクライナにおり、多くはすでにKIA(戦死者)だ。 https://t.co/VOQ9QcEmlf

Facilities to train the gargantuan number of soldiers and officers from recruits are closed. Extra officers in existing divisions who would lead those recruits into battle were fired. Many of cadre officers Russia still has are now in Ukraine and many are already KIA

2022-05-08 13:30:56

44/70 まとめると、ロシアには、大量動員を行なって膨大な数の新兵を徴兵する能力はある。だが、彼らを訓練し、必要な装備を提供し、将校の指導力を発揮させる能力はない。つまり、大量動員は実に愚かな決断だ。 https://t.co/XsfUuTlbAZ

To sum up. Russia has the capacity to draft the enormous number of recruits via a mass mobilisation. It has no capacity to train them, provide them with required equipment or with officers' leadership. Which means that a mass mobilisation would be a really dumb decision

2022-05-08 13:31:11

45/70 大量動員を宣言するのは馬鹿なことだ。しかし、だからといって、プーチンがそれをしないとは限らない。彼はできる。一般論として、指導者の決断を「常識」や「論理」で予測することは、ほとんど逆効果だ。指導者は、確かに馬鹿なことをすることができる。 https://t.co/NAz3LVqycK

Declaring a mass mobilisation would be dumb. And yet, that does *not* mean that Putin wouldn't do it. He can. As a general rule, prognosing a leader's decisions based on "common sense" or on "logic" is largely counterproductive. A leader absolutely can do something dumb

2022-05-08 13:31:25

46/70 グイチャルディーニが教えてくれたように: 「国家の仕事では、王子が何をすべきかと考えるのではなく、彼の性質や習慣から判断して、おそらく何をやりそうかに注目しなければならない」 https://t.co/DHSxscGkbb

As Guicciardini taught us "In a business of state, we must focus not on what we think a prince should do, but on what he'll probably do judging from his nature and his habits"

2022-05-08 13:31:43

47/70 プーチンの性格や習慣から判断すると、5月9日に大規模な動員を宣言する確率は20%程度だろう。彼は、PR効果と自分の正統性を高めるため、大きく賭け金を上げることができる。しかし、それはおそらく重大な過ちになる。 https://t.co/DReEFqLuvi

Judging from the Putin's nature and habits, I would estimate a probability of him declaring a mass mobilisation on May 9 at 20%. He can raise the stakes largely for the PR effect and for boosting his legitimacy. It however, will probably be a grave mistake

2022-05-08 13:31:58

48/70 以下のように考えてみよう。もし本当に大量動員が宣言されたら、ロシア軍の基地や既存の訓練施設は、やる気のない&無能な指導者のもとに、やる気のない新兵が大量に押し寄せるだろう(よりやる気と能力のある指導者はウクライナにいる) https://t.co/xqrGK6zF6L

Consider the following. If a mass mobilisation is really declared, Russian military bases and existing training facilities would be overflown with a mass of poorly motivated recruits under unmotivated & incompetent leadership (more motivated and competent leaders are in Ukraine)

2022-05-08 13:32:10

49/70 新兵をいきなり前線に送り込むのは無理がある。少なくとも「ある程度」の装備を与え、使い方の基礎訓練を行い、誰かの指揮下に置き、全員をウクライナに送る必要があるのだ。その間、どこかで分担して食料を供給する必要もある。 https://t.co/F18Sdkj1XV

You can't just send a recruit into a frontline assault. You need to at least give him *some* equipment, provide a basic training on how to use it, place him under someone's command and them ship them all to Ukraine. Meanwhile, you need to quarter and feed them somewhere

2022-05-08 13:32:24

50/70 プーチンは確かに大量動員を宣言できる。しかし、それは、そのような動員のためのインフラも組織的能力もほとんどない状況で、そのような動員の可能性を事実上排除した軍事ドクトリンの中で行われることになる。 https://t.co/3eUZYuXxm5

Putin absolutely can declare the mass mobilisation. But it will be conducted in a situation of almost no infrastructure and almost no organisational capacities for such a mobilisation and within a military doctrine that effectively excludes a possibility of such a mobilisation

2022-05-08 13:32:46

51/70 総動員された場合、弱体な指導者のもとで、やる気のない膨大な数の新兵によって、兵舎や訓練施設が過密状態になる。そして、これらの新兵は、ウクライナに送られ、そこで戦死する可能性が高いことを知っている。これは革命的な状況だ。 https://t.co/G2MTQq8UCw

In case of total mobilisation, we'll have barracks and training facilities overcrowded by the enormous number of poorly motivated recruits under a weak leadership. And these recruits know they'll be sent to Ukraine where they are likely to be KIA. That's a revolutionary situation

2022-05-08 13:32:59

52/70 一般的に、私たちは内戦において非武装の民間人の役割を過大評価し、銃を持った人々の役割を過小評価する傾向がある。それは部分的には希望的観測であり、部分的には意図的に「非暴力抗議行動」に焦点を当て、それ以外のものを無視するイデオロギーでもある。 https://t.co/qBh5dZLLp4

As a general rule, we tend to hugely exaggerate the role of unarmed civilians & underrate the role of people with guns in any civil conflict. That's partially wishful thinking and partially an ideology which deliberately focuses on "non-violent protests" and ignores anything else

2022-05-08 13:33:17

53/70 今現在、ロシアで大規模な反乱が「成功」する確率はゼロに近いと私は考えている。しかし、大衆が動員された場合、その確率は急上昇する。政権打倒に向けた切迫した利己心を持ち、武装した人々が大量に集まることになる。まさに1917年のシナリオだ。 https://t.co/9EFtDKPV1g

Right now I estimate the probability of a *successful* mass revolt in Russia as close to zero. In case of the mass mobilisation however, it gonna skyrocket. You'll have tons of armed people with an immediate self-interest in overthrowing the regime. That's the scenario of 1917

2022-05-08 13:33:32

54/70 1917年のロシア革命、あるいは成功したクーデターの連鎖の主要な(しかし過小評価されている)要因は、銃を持った人たちであった。具体的には、サンクトペテルブルク(ペトログラード)の守備隊と、首都に近いクロンシュタットを拠点とするバルト海海軍だ。 https://t.co/s562QQgqVD

The major (and underrated) ofc factor of the 1917 revolution in Russia, or rather a chain of successful coups were the people with guns. More specifically, the garrison of St Petersburg (Petrograd) and the Baltic Navy based in Kronstadt, which is very close to the capital

2022-05-08 13:33:52

55/70 ツァーリが以下のことを行わなければ、「民衆」はツァーリを打倒できなかっただろう: 1. 民衆を動員する 2. 首都に呼び寄せる 3. 訓練し、銃を持たせる 4.ツァーリの打倒に切迫した利己心を持たせる(打倒しなければ、第一次世界大戦に送られ、皆殺しになる) https://t.co/dmcLSBJYCE

"The people" would have no chance to overthrow the Tsar unless the Tsar: 1. mobilised them 2. brought to the capital 3. trained and gave them guns 4. made sure they have an immediate self-interest in his overthrow, because otherwise they would be sent to WWI and massacred there

2022-05-08 13:34:20

56/70 1917年のシナリオは予想可能だった。1916年11月の時点で、ニコライ2世は内務大臣プロトポポフが自分を陥れるのではないかと疑い、すでに他の候補者を探していた。そして、この閣僚の地位をクリジャノフスキーに渡した。クリジャノフスキーは、次のような条件を出した。 https://t.co/Xcq3yaA5Vd

1917 scenario was predictable. By November 1916 Nicholas II possibly have suspected his minister of interior Protopopov of scheming against him and was already looking for other candidatures. He offered this cabinet position to Kryzhanovsky. Kryzhanovsky sent his conditions

2022-05-08 13:34:36

57/70 1. 警備騎兵(=最も裕福で特権的な貴族連隊)を都に戻す。 2. 46万人という膨大な数の徴兵で構成された首都の守備隊の一部を警察に移す(=戦争には行かせませんよ) 3. 残りの守備隊を首都から追い出す。 https://t.co/kfWLXF81iu

1. Return the Guard Cavalry (= the richest & most privileged nobility regiments) to the capital 2. Transfer a part of gargantuan 460 000 conscripts-composed garrison on the capital to police (= hey, we won't send you to war) 3. Get the rest of the garrison out of the capital

2022-05-08 13:34:52

58/70 それは革命のリスクを減らすための、非常に現実的なプランだった。だがツァーリはそれを拒否したので、クリジャノフスキーは内務大臣になることを辞退した。それから3ヵ月もしないうちに、ツァーリは打倒された。大半は首都の守備隊によって。かくして帝国は崩壊した。 https://t.co/Tm9QKoEguT

That was a very realistic plan that aimed to reduce the revolutionary risks. Tsar rejected it and Kryzhanovsky refused to become a minister of interior. Less than three month later, the Tsar was overthrown, largely by the same garrison of the capital and the empire fell

2022-05-08 13:35:08

59/70 一般的に、学者やアナリストは、イデオロギーの重要性を誇張していると私は主張する。彼らは文筆家だ。他の誰もが自分たちと同じように著述や高尚な論理構成に取り憑かれていると思い込んでいる。しかし、そのようなことはないのだ。 https://t.co/bG61ZJBB3S

I will argue that as a general rule scholars and analysts exaggerate the importance of ideologies. They're hommes de lettres and largely presume that everyone else is just obsessed with lettres and some high-brow logical constructs as they are. But that's not the case

2022-05-08 13:35:25

60/70 学者やアナリストが過小評価しがちなのは、地方から徴集され、たまたま武装して首都に配備されていた46万人の無学な田舎者の立場だ。しかし、革命的な要因としては、このような田舎者こそ、知識人よりもはるかに重要なのだ。 https://t.co/CTSHzdwy8b

What scholars and analysts tend to underrate is the position of some conscripted uneducated bumpkins from province that just happened to be armed and quartered in capital in numbers of 460 000. But these bumpkins are way more important as a revolutionary factor than intellectuals

2022-05-08 13:35:42

61/70 徴兵された田舎者は、複雑な論理構成にほとんど興味を示さないかもしれない。しかし、彼らには確実に主体性と利己心がある。また、彼らは銃を持っている。また、彼らの数はおよそ50万人だ。ゆえに、彼らの立場がすべてを意味し、知識人の立場は何も意味しないのだ。 https://t.co/Odc8ow5Ouq

Those conscripted bumpkins may have little interest in complex logical constructs. But they absolutely do have agency and self-interest. Also they have guns. Also there is almost half a million of them. Ergo, their position means everything and that of intellectuals - nothing

2022-05-08 13:35:55

62/70 次のことを考えてみよう。レーニンは1917年4月にロシアに戻ると、戦争を直ちに停止するよう呼びかけた(4月テーゼ)。ボルシェビキ党はその狂気に衝撃を受けた。彼自身の党の同志や他のボルシェビキの指導者は彼を批判し、非難し、あるいは不信感を抱いた。 https://t.co/gbguMbEaAZ

Consider the following. When Lenin returned to Russia in April 1917 he called for stopping the war immediately (Апрельские тезисы). The Bolshevik Party was shocked by such a madness. His own party comrades, other Bolshevik leaders criticised or condemned him, or were in disbelief

2022-05-08 13:36:09

63/70 なぜボルシェビキの指導部は、臨時政府を倒して戦争を止めようという提案にショックを受けたのだろうか。それは、教育された階級、上流階級の人々のほとんどすべてが、戦争継続に賛成していたからだ。勝利の瀬戸際で止める馬鹿がどこにいる? https://t.co/rpHBg4r4A8

Why was the Bolshevik leadership shocked by the suggestion to overthrow the Provisional Government and stop the war? Largely because nearly all of the educated classes, of the high-brow people were in favour of continuing the war. What an idiot would stop on the brink of victory?

2022-05-08 13:36:25

64/70 なぜレーニンの戦争即時停止の呼びかけは他のボルシェビキに支持されなかったのか?なぜ彼らはショックを受けたのだろう?ほとんどすべての上流階級の人間は、勝利まで戦争を支持していた。だから、戦争を止めるという考えはすぐに下流階級に結びついてしまうのだ。 https://t.co/2R6FcRh6as

Why Lenin's call for stopping the war immediately wasn't supported by other Bolsheviks? Why were they shocked? Since nearly all the high-status people stood for the war till the victory, the idea to stop it would immediately be associated with the low status

2022-05-08 13:36:39

65/70 ボルシェビキの指導者の多くは、ある意味で普通の人々であり、彼らの行動や決断は、圧倒的に地位に対する思惑によって動機づけられていた。自分が参照する集団の中で自分の地位を高めるようなことをし、自分が排斥されるようなことは避ける。こういうやりかただ。 https://t.co/xMfUGMiWN0

Most Bolshevik leaders were normal people in a sense that their actions and decisions were overwhelmingly motivated by the considerations of status. You do and say what will raise your status in your reference group and avoid whatever you gonna be ostracised for. This is the way

2022-05-08 13:36:56

66/70 だからこそ(普通の)ボルシェビキは、自分たちのリーダーが低い地位に就くことにショックを受けた。彼らはレーニン(とボルシェビキ党)の地位が即座に、そして不可逆的に低下することを正しく理解していた。彼らは嘲笑され排斥される。なぜレーニンはそうしたのか? https://t.co/svIHE3xN5H

That's why (normal) Bolsheviks were shocked by their leader taking such a low status position. They correctly understood that the Lenin's (and the Bolshevik Party) status will drop immediately and irreversibly. They are gonna be mocked and ostracised. Why would Lenin do that?

2022-05-08 13:37:14

67/70 彼らは、レーニンが普通でないことを理解していなかった。地位と社会的受容は、彼らにとってはすべてだったが、彼にとっては何の意味もなかった。今も昔も、彼は(ボルシェビキの間でさえ)大不評の決定を下し、あらゆる抗議を押しのけてそれを実施したのだ。 https://t.co/lMAMQhovVf

What they didn't understand however is that Lenin wasn't normal. Status and social acceptance meant everything to them and nothing to him. Now and many more times he would take wildly unpopular (among even the Bolsheviks) decisions and enforce them crushing any protest

2022-05-08 13:37:30

68/70 多くのボルシェビキの指導者とは異なり、レーニンは現実を非常に正確に理解していた。 そして、1917年の現実は、50万人の「非常に」単純な武装した人々が、何としても戦争を止めたい(= 塹壕を避けたい)という切迫した利己心をもって首都に集中していたのだ。 https://t.co/usfv5XACKO

Unlike most Bolshevik leaders, Lenin had very accurate understanding of reality. And the reality of 1917 was half a million of *very* simple armed people concentrated in the capital with an immediate self-interest to stop the war (=avoid the trenches) at any cost

2022-05-08 13:37:50

69/70 この無学だが武装した田舎者が帝都の主要な軍事力であったために、彼らの立場が唯一重要なものとなった。一方、政治家や知識人の立場は、レーニンが完全に無視できる(そして無視すべき)雑音に過ぎなかったのである。 (スレッド終了) https://t.co/qKMilsFTgD

Since these uneducated but armed bumpkins were the main military force in the imperial capital, their position was the only one that mattered. While the position of politicians and intellectuals was merely a white noise which Lenin absolutely could (and should) ignore. End of 🧵

2022-05-08 13:38:04

70/70 著者紹介: https://t.co/FoDInigAoV

著者紹介:Kamil Galeev氏 チェブニング奨学生としてセント・アンドリュース大学で近世史の文学修士過程で勉強中。2019年7月、北京大学の円清院を卒業し、中国学と経済学の修士号を取得。また、高等経済学校(モスクワ)で歴史学の学士号を取得。 https://t.co/DPHVBm0K7Y

2022-05-08 13:38:54

参考情報: ロシア国営TV「動員では解決できません」 https://t.co/5e0BzHUGS4

ロシア国営TV「動員では解決できません」 ・動員に関して、上級軍事専門家が国営TVで冷静に分析 ・旧式の兵器は🇺🇦の手にあるNATOの兵器や装備に容易に対抗できず、ロシアの軍備を補充するには時間も手間もかかるため、動員しても大した成果は得られないと主張 https://t.co/iezwcnepaw

2022-05-08 20:18:28
シェア

ウクライナとロシアの情勢を心から心配してます。少しでも、明るい方向につながるニュースを取り上げていきたいです。 アイコン変えました(4/23)

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8

mimizukk @Mmzk_Y
78221312022-09-16 08:29:59

なぜロシア軍は敗北し、ハリコフ地方から逃亡したのですか?すべての責任は、ローカルエラーとウクライナ軍による優れた攻撃だけでなく、ウクライナのロシアグループの根本的な問題でもあります。スレッド⬇️ -- ロシア軍の内情分析スレ。 かなり核心に迫っており必読。 https://t.co/IuS0cbVovH

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1642612022-03-12 20:39:05

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 前編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

戦車 @MoterSensha
1852382022-09-21 16:56:04

プーチン大統領、ロシアで部分的な動員を発表 大統領の演説の完全な書き起こしと演説のビデオ https://t.co/OTg6BeCdbu

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1532522022-06-29 15:26:31

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター 今年2022年2月24日、ロシアは ❶ウクライナの非ナチス化 ❷ウクライナの非NATO化 という二つの明確な目的を挙げてウクライナに軍事介入しました。 あれから4ヶ月、今、ウクライナはどうなっているのでしょうか?

John Sasaki @JohnSasaki6
951562022-04-12 09:26:03

ベテランズトゥデイの記事より。 証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器 (DeepL翻訳利用)

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

直立演人 @royterek
741322022-09-28 01:23:06

Россияне бегут из страны | Казахстан, Грузия, Армения, Монголия, Финлянд... https://t.co/IVzPaEb7Fw ロシア人、自国から逃亡する:カザフスタン、ジョージア、アルメニア、モンゴル、フィンランドよありがとう!(マクシム・カッツ)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1221812022-05-05 16:50:58

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) アーニャ・パーレムピル(ザ・グレイゾーン) 7/7(最終回)

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

yumi ゆみ @ygjumi
25272022-03-28 20:59:28

プーチンの残酷さを知る元オリガルヒの訴え「次はバルト三国かポーランドが犠牲になるだろう」(クーリエ・ジャポン) #Yahooニュース https://t.co/PSOvpSvx0r

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

Priamal Fear @PriamalFear
342022-03-31 09:22:46

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ユニセフ、ウクライナ社会政策省と共同で、戦争で被害を受け経済的支援を必要とする子どものいる家庭を対象とした"現金支援プログラム"を開始した。

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
891262022-04-01 19:24:02

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 1/7

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1071912022-08-11 18:46:53

前USA海兵隊情報将校・国連兵器査察官スコット・リッターのアップデート/台湾戦争勃発の瞬間が近づいている〜アル・ザワヒリ暗殺のタイミング〜ゼレンスキーは自国民によって処刑される Scott Ritter - Biden, terrorism & foreign policy/Judge Napolitano - Judging Freedomから全訳

こゆみ2 @MbP3PO1HoMDcJJx
23972022-02-25 17:00:34

2022年2月25日GCRによる共和国復活 準備すること 軍事的な手段しかない Q ウクライナ危機 ロシアは米国とNATOに対し、「主要な要求は考慮されていない」と述べ、対策を講じなければ核ミサイル危機は避けられないと警告している。

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1932992022-07-04 22:51:00

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター シリーズ⑶なぜ、アメリカはかくもプーチンを嫌うのか。