「『ウクライナ戦争の次の段階は?』イギリスの軍事専門家ニコラス・ドラモンド氏はウクライナが勝利する可能…」たぶん大佐のスレッド

4127112022-04-28 00:33:43

『ウクライナ戦争の次の段階は?』 イギリスの軍事専門家ニコラス・ドラモンド氏はウクライナが勝利する可能性を論じつつ、プーチンによる大量破壊兵器使用の危険性を避けるため、今後の戦争の展望に現実的(ある意味で残酷な)分析をしています。 以下に翻訳していきます(ちょっと長いよ) https://t.co/720EpNTWlJ

WHAT NEXT FOR UKRAINE? Blinken & Austin’s meeting with Zelensky shows that US commitment to Ukraine is unwavering. As western military aid arrives in country, Ukrainian forces continue to repel the renewed Russian offensive in the East despite limited territorial gains. 1 of 20

2022-04-28 00:33:43

西側の軍事援助によりウクライナ軍は東部におけるロシア軍の攻勢を撃退するだろう。このことは戦争が長い消耗戦に入る可能性を示している。ロシアは東部に80個大隊戦術群を擁しているが、その多くがキエフ攻防戦で消耗しており、そのため宇露両軍の戦力バランスは拮抗しつつある。

2022-04-28 00:33:44

今後8~10週間でロシア侵攻軍が完全に消耗すると考えるのは合理的だ。専門家はロシアの第2撃は無く、ウクライナ勝利の観測が高まっている。ウクライナはクリミアとドンバスの失地を回復できるだろうか? 確実なことは、彼らが挑戦するということだ。そのために戦車と火砲を西側に要求している。

2022-04-28 00:33:45

専門家たちは言う。軍事目標奪取に失敗した侵攻第1週でロシアの勝機は失われた。そして誤った計画を立て直すことができなかったことで、ウクライナ軍がロシアの大軍を打ち破ることを許した。

2022-04-28 00:33:45

この状況はプーチンとロシアによって完全な屈辱となった。プーチンの権力基盤が揺らいでおり、彼は状況を好転させる必要に迫られている。彼にとって唯一の戦争からの“出口”は何らかの勝利だが、完全征服は露と消え、ハリコフ-ドニプロ線以東の東部併合という希望も雲散霧消したように思われる。

2022-04-28 00:33:45

これまでのところ、プーチン体制はメディア支配と情報統制で以前として強化されているが、続々と帰国する死体袋の流れは隠すことができない。彼はますます劣勢に立たされると思われる。

2022-04-28 00:33:46

状況を一変するため、プーチンはナラティブ(物語)を変えた。 ウクライナの侵略者たちを封じ込める戦いではなく、巨大なNATOの軍事的野望から“母なる大ロシア”を防衛する聖戦となった。プーチンは西側の軍事支援を“NATOによる代理戦争”の証拠として使っている。

2022-04-28 00:42:34

この転換により、プーチンは広範囲な国民動員を正当化できるようになった。そして、NATOが手を引くことを強いるため、核兵器を含む大量破壊兵器に手を出す可能性が高まっている。

2022-04-28 00:42:34

心配されるのはロシアが“限定的核使用”論を信奉していることだ。もしプーチンが戦術核を使用したら、我々はどう対応すべきか? 何もしなければ、プーチンの拡大主義的路線に通行証を与えるようなものだ。 一方で、同様の手段で対応すれば、ハルマゲドンの可能性すらある。

2022-04-28 00:42:34

私たちは現在の状況が極めて深刻であることを間違えてはならない。我々のリーダーには賢明な判断が求められている。現時点で最良の選択は、中国にロシア支援を諦めさせることかもしれない。世界的大破局を回避するためには、これは極めて重要なことだ。

2022-04-28 00:50:56

長期的に、ウクライナが勝利しロシアを完全に駆逐することが望ましく、我々はウクライナ軍の支援を続けなければならない。 同時に、劇的な勝利は望まない。ロシア軍の急速な崩壊は、プーチンに屈辱を与え大量破壊兵器にエスカレートする恐れがあるからだ。

2022-04-28 00:50:57

これは軍事支援に、ある種の抑制が必要であることを意味する。 ウクライナ軍がロシア軍を苦しめるために軍事支援は必要だ。しかし、プーチンにエスカレートの正当性を与えることは避けなければならない。 私たちは彼の危険性を過小評価してはいけない。彼の手にはまだ充分な軍事力があるのだ。 …以上

2022-04-28 00:50:57
シェア

スタァライトされたアカウント。凜明館推し。本の編集とか軍事・銃器監修してるらしい。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1532522022-06-29 15:26:31

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター 今年2022年2月24日、ロシアは ❶ウクライナの非ナチス化 ❷ウクライナの非NATO化 という二つの明確な目的を挙げてウクライナに軍事介入しました。 あれから4ヶ月、今、ウクライナはどうなっているのでしょうか?

1/ 「キエフじゃなくてドンバス、最初も今もこの後も。」 これがロシアの一貫した戦略で、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています。 しかし、西側メディアのプロパガンダのせいで 現実が見えにくいので、この戦略をまとめてみます。 正義、悪とか関係なく、あくまで戦略の話です。

たられば @tarareba722
3819492022-03-10 15:18:42

イズムィコ先生による昨日の日本記者クラブ講演、執筆論文から読み解くプーチンの思想信条や国際情勢の捉え方の予測、ウクライナ情勢分析と今後の見通し、最後の「日本にできること」。個人的に特に感銘を受けた点を書き残しておきます。 「ウクライナ」小泉悠・東京大学… https://t.co/pF7NGHvXji

戦車 @MoterSensha
1852382022-09-21 16:56:04

プーチン大統領、ロシアで部分的な動員を発表 大統領の演説の完全な書き起こしと演説のビデオ https://t.co/OTg6BeCdbu

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1322082022-07-27 19:12:07

ダグラス・マクグレゴー大佐のウクライナ・アップデート  アメリカ(NATO)が戦争して、勝てる見込みは百万分の1もない Col. Douglas Macgregor - Russia Ukraine latest/ Judge Napolitano - Judging Freedom (全訳)

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

John Sasaki @JohnSasaki6
951562022-04-12 09:26:03

ベテランズトゥデイの記事より。 証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器 (DeepL翻訳利用)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
46732022-04-04 18:48:10

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 2/7

yumi ゆみ @ygjumi
25272022-03-28 20:59:28

プーチンの残酷さを知る元オリガルヒの訴え「次はバルト三国かポーランドが犠牲になるだろう」(クーリエ・ジャポン) #Yahooニュース https://t.co/PSOvpSvx0r

kemofure @kemohure
821852022-03-27 09:23:16

NHK 日曜討論 小泉悠「最初はロシアの方が圧倒的に強いと思われていたがそうはなっていない。ウクライナの政権を打倒して傀儡政権を作る目標が全く達成できない。国家主権を具現する首都キエフを落とせていない」

MSFS教授の解説(1/n) ウは今まで健闘してきたが、今後の戦闘は悲観的なものになる。露軍は東部でのウ軍の抵抗を予想せず、開放者として歓迎されると期待していた。さらにウは露の予想よりも良い装備品を持っていた。露は未だ航空優勢を確保できておらず、地上戦が主力。特にウ軍のTB2が貢献。

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

ハル・ブランズ氏は、ロシアのウクライナにおける核使用が戦争に与える影響を分析。核使用そのものが戦況に与える影響は期待されるほどではないが、仮にロシアが核を使用した場合、報復オプションは限られていると指摘。詳細は以下のとおり。

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

kemofure @kemohure
2933110492022-03-18 21:05:40

タモリステーション 小泉悠「戦争が始まる前はゼレンスキーは支持率20%。大統領としては上手くやれてなかった。有事になったら急に上手く演じるようになった。大統領として有能というより、有事のリーダーとしての演技を役者として見事に演じている人物」 ゼレンスキーは小泉悠さんの仰る通りだね

一昨日に続き、ウクライナ情勢をめぐって夜の安保理緊急会合が開かれます。 国連の事務総長が「即興で」スピーチをするほか、理事国15カ国、ウクライナの外相が演説します。 全員分、ライブで訳してお伝えします。 写真は中国とロシアの国連大使が話す様子。