「ミームの戦争:が占領地でロシア語教育を押し付けたり、教科書や学習指導要領での歴史を消去しようとしたり…」仮蔵のスレッド

9611,6732022-04-25 11:00:55

ミームの戦争: 🇷🇺が占領地でロシア語教育を押し付けたり、教科書や学習指導要領で🇺🇦の歴史を消去しようとしたりしていますね。このような動きの文化的背景をよく説明する論考スレッドをご紹介。著者はKamil Galeev氏。脅威の110連ツイ。要約3つ投下してから本文投稿します。 https://t.co/fe4Csf722X

War of memes: why Z-war won't end with peace Some Western analysts unfamiliar with Eastern European cultural context perceive Z-war as an accident. They presume that Russian invasion results from some sort of "misunderstanding" or mistake which can be resolved via negotiations🧵

2022-04-25 11:00:55

要約①: ・Z戦争の動機の本質はウクライナの「文化的ミームの消滅」 ・「ロシア的=正常」「ウクライナ的=劣等」という発想でZ戦争は「善意」から始まった ・Z戦争の背景にノーベル文学賞詩人ブロツキーの存在 ・ブロツキーの詩「ウクライナの独立について」はロシア社会で繰り返し取り上げられた

2022-04-25 11:01:08

要約②: ・「ウクライナの独立について」の最後の2行に登場する2人の詩人プーシキンとシェフチェンコについて深堀 ・プーシキンはロシア帝国主義の支持者(=ロシアのミーム)かつ、近代ロシア語を作った人物としてロシアの教科書に掲載 ・シェフチェンコは帝国主義の批判者(=ウクライナのミーム)

2022-04-25 11:01:39

要約③: ・中世ロシアにおける宗教的共同体としての「ロシア」を国民国家としての「ロシア」と混同して戦争を始めた馬鹿者がいる ・ウクライナの政治的思考は立憲的だった。皇帝の権力を制限し、責任を課そうとした。また司祭も選挙で選んでいた。 ・ロシアのミームとウクライナのミームは相容れない

2022-04-25 11:01:51

1/110 ミームの戦争:Z戦争が平和に終わらない理由 東欧の文化的背景をよく知らない欧米のアナリストの中には、Z戦争を偶発的なものと見なす人がいる。彼らは、ロシアの侵略はある種の「誤解」や「過ち」から生じたもので、交渉によって解決できると考えている。 https://t.co/fe4Csf722X

War of memes: why Z-war won't end with peace Some Western analysts unfamiliar with Eastern European cultural context perceive Z-war as an accident. They presume that Russian invasion results from some sort of "misunderstanding" or mistake which can be resolved via negotiations🧵

2022-04-25 11:02:02

2/110 それは希望的観測の教科書的な例だ。ルトワックのような高名なアナリストが、なぜ「戦争を続ける必要はない」と主張するのか?それは「彼」が戦争を継続する必要がないからだ。私は必要ない→誰も必要ない→平和的解決は可能である。しかしそんなことはありえない。 https://t.co/RRzkr1utYi

That's a textbook example of wishful thinking. Why would such a renowned analyst as Luttwak argue that "the war need not continue"? Because *he* doesn't need it to continue. I don't need it -> Nobody needs it -> A peaceful settlement is possible. But that's not how it works

2022-04-25 11:02:17

3/110 あなたは戦争を早急に止めたいかもしれないが、それはあなたが決めることではない。ウクライナに侵攻したロシアが決めることだ。動機はまだ残っている。プーチンやゼレンスキー、CSTOやNATO、シロビキやメールとは無関係に。政権間の戦争ではない。ミームの戦争だ。https://t.co/zLRNdlYE76

You may want to stop this war ASAP, but it's not up to you to decide. It's up to Russia which invaded Ukraine for a reason. And this reason remains irrespective of Putin or Zelensky, CSTO or NATO, Siloviki or Mail. It's not a war of regimes. It's a war of memes

2022-04-25 11:02:31

4/110 Z戦の動機は、「安全保障」でも「同盟」でも「政治的所属」でもない。誤った文化的ミームを消滅させ、正しいものを押し付ける必要があるからだ。だからこそ、Z戦争は幅広い大衆の支持を得た。ロシア人はウクライナに対する全面戦争に簡単に同意したのだ。 https://t.co/91qAZWlg2r

The motivation behind Z-war is not "security", "alliances" or even political affiliation. It's the need to extinguish wrong cultural memes and impose correct ones. That's why Z-war has such a wide popular support and why Russians so easily agreed for a total war against Ukraine

2022-04-25 11:02:46

5/110 傲慢に聞こえるかもしれないが、文化的背景を理解するためには、その国の言語でコンテンツを読む事が必要だ。ロシア語のコンテンツを読むアナリストは、通常、Z戦争は必然的と見ている。彼らはそれが起こることを予見していた。だが、そうでない人は、たいてい驚く。 https://t.co/8i4YaXQkIz

Arrogant it may sound, I think that in order to understand cultural context, you need to consume content in a language of the country. Those analysts who consume content in Russian typically view Z-war as inevitable. They saw it coming. But those who don't, are usually surprised

2022-04-25 11:03:01

6/110 Z戦争が起こったのは、そもそもロシアがウクライナの存在を受け入れなかったからだ。「ロシア」というのは、国家だけでなく、国民、特に文化的エリートのことだ。この戦争を準備したのは、無知な大衆ではなく、美化された文化エリートだったのだ。 https://t.co/LrZUiFQk05

Z-war happened because Russia never accepted existence of Ukraine in the first place. And by "Russia" I mean not only the state, but also the people, especially the cultural elites. It was the so much glorified cultural elite that prepared this war rather than ignorant masses

2022-04-25 11:03:17

7/110 彼らは、ウクライナは劣った文化や歴史を持つ偽りの国であると主張していた。言い換えれば「ウクライナ人が劣ったミームに固執している」というのだ。最悪なのは、優れたロシアのミームを受け入れてアップグレードできたはずなのに、それを拒否していることだ。 https://t.co/p4dvQ4KBtc

They argued or implied that Ukraine is a fake nation with fake/inferior culture and history. In other words, the real problem is that Ukrainians stick to inferior memes. Worst of all, they could have upgraded and accepted superior, Russian memes, but they refuse to

2022-04-25 11:03:30

8/110 ロシアのウクライナ侵攻は、文化的文脈でのみ理解できる。クレムリンは戦争を計画したのではない。ウクライナを「解放」し正しいミームを押し付けることによって救おうとしたのだ。だがウクライナ人は救われることを望んでいなかった。こうして特別作戦が戦争に変わった https://t.co/f1ZIjwuHCF

Russian invasion of Ukraine can be understood only in cultural context. Kremlin didn't plan for a war, it planned to "liberate" Ukraine, save it by imposing the correct memes. But it turned out that Ukrainians didn't want to be saved. That's how Special Operation turned into war

2022-04-25 11:03:46

9/110 クレムリンの最初の思い込みは「ウクライナは救いようがない」だった。「ナチス」に支配された、劣ったロシア人の国だ。 国民を洗脳して服従させている。だが、ウクライナ人は密かに望んでいる。「ウクライナ」という茶番をやめ、普通の人間(=ロシア人)になることを https://t.co/gcRazKh3RD

Initial Kremlin's assumption was that Ukraine isn't irredeemable. It's a country of somewhat inferior Russians controlled by the "Nazis" who brainwashed the rest into submission. But what Ukrainians secretly want is to drop the farce of "Ukraine" and become normal (=Russian)

2022-04-25 11:04:01

10/110 Z侵攻の論理を理解するためには、「ロシア的=正常」であることを念頭に置く必要がある。ロシア化すると正常になるのだ。Z侵攻は、贈り物、あるいは人道的な作戦として計画された。だから、ウクライナの抵抗は衝撃的なのだ。彼らは正常になることを望んでいない。 https://t.co/F8GhfbpLnF

To understand the logic behind Z-invasion you have to keep in mind that Russianness = normality. When you are Russified you just become normal. Z-invasion was planned as a gift or humanitarian operation. That's why Ukrainian resistance is so shocking. They don't want to be normal

2022-04-25 11:04:13

11/110 ウクライナ人の不義理とロシア化拒絶が、ロシア軍による暴力の急激なエスカレーションを説明している。ムィコラーイウへの空爆を見よ。私は、ロシアが戦勝記念日の5月9日までに、ウクライナの都市に対して戦術核兵器を使用しても驚かない。 https://t.co/L0Frkt2xt4

Ukrainian ingratitude and refusal to become Russians explains the rapid escalation of violence by the Russian military. See the bombing of Nikolaev. I won't be surprised if Russians use tactical nukes against Ukrainian cities by May 9, the Victory Day

2022-04-25 11:04:27

12/110 約58万人のフォロワーを持つ「全ロシアテレビ・ラジオ放送局」の特派員のコメント: 「マリウポリ。黙示録の地区。全世界に見せるべき? そうだ。キーウ、リヴィウ、ポルタヴァ、テルノピリに見せよう:都市が降伏しなければ、粉砕されるのだ」https://t.co/a3JdYO3VC3

Let me quote a correspondent of "All-Russian TV and Radio Broadcasting Company" with 577 158 followers: "Mariupol. The Apocalypse District. Should we show it to the entire world? Yes. Let Kiev, Lvov, Poltava, Ternopol see: if a city doesn't surrender, it will be destroyed"

2022-04-25 11:04:44

13/110 クレムリンに近いこの男とか: 「ズドルブニウが爆撃されても気の毒に思わない。 彼らはロシア国家と契約解除したのだ。再びロシアと契約するには、ウクライナは大きな代償を払うことになる。 ハリコフ、キーウ、ドニプロ、リウネ、イバノフランコフスクも同じだ」 https://t.co/4r6SUTVtIe

Or this guy very close to the Kremlin: "When Zdolbunov is bombed, I won't feel bad. They signed out from the Russian nation. And in order to sign into the Russians again, Ukraine will pay a huge price. I think the same of Harkov, Kiev, Dniepropetrovsk, Rovno and Ivano-Frankovsk"

2022-04-25 11:04:59

14/110 公平を期すと、ロシアは常に、倫理的・法的規範を極端に無視して戦ってきた。ロシアがシリアのスンニ派のような非白人・非キリスト教徒に対して全面戦争を始めた時は、誰も気にしなかった(写真はトリミングしたので、もっとひどい)。だが、なぜウクライナなのか? https://t.co/CCqojTS7z3

To be fair Russia always fought like this - with extreme disregard towards any ethical or legal norms. But since it launched most of its total wars against non-White/non-Christian people like the Syrian Sunni, nobody cared (I cropped the photo, it's much worse). But why Ukraine?

2022-04-25 11:05:14

15/110 ロシアの詩人ブロツキーから話を始めよう。彼は欧米では比較的有名だ。ノーベル文学賞を受賞したこともある。だが、彼の文化的な影響力は、おそらく西洋では過小評価されている。ブロツキーは単なる詩人ではない。ロシア文学の規範となる「最後の」偉大な詩人だ。https://t.co/eNIDakDhpz

We can start our discussion with Brodsky. He's relatively well known in the West largely due to winning a Nobel prize in literature. But his cultural influence is probably underestimated there. Brodsky was not just a poet, he was *the* last great poet of Russian literary canon

2022-04-25 11:05:30

16/110 ブロツキーはソ連当局の迫害を受け、米国に移住した。彼は、多くの賞や名誉、賞を授与された。さらにノーベル賞を受賞し、米国の桂冠詩人にもなった。彼の文学的才能と被害者としての記録の両方が、アメリカでのキャリアに大いに役立ったのだ。 https://t.co/HGClzwqQCr

After being persecuted by the Soviet authorities, Brodsky emigrated to the US. He was showered with prizes, honours and awards. Here he won the Nobel Prize and became the US Poet Laureate. Both his literary talents and victimhood record helped a lot in his American career

2022-04-25 11:05:44

17/110 1992年にパロアルトでブロツキーが読んだ詩「ウクライナの独立について」。米国で書かれ出版されたものだが、この詩は最も広く引用され、ソ連崩壊後のロシアの政治的マニフェストに大きな影響を与えた。それは「超」ナショナリストな内容だ。 https://t.co/A3mc1EIzjG

That's a poem Brodsky read in Palo Alto in 1992. Although written and published in the US, the poem "On Ukrainian independence" is probably the most widely quoted and impactful political manifesto of the post-Soviet Russia. It's *super* nationalist https://t.co/oeO8ece7vY

2022-04-25 11:05:59

18/110 ブロツキーの「ウクライナの独立について」の翻訳をどれにしようか?私はこれを選んだ。直訳ではなく、ずっといい。直訳では文化的背景の異なる読者には最適とは言えないが、これなら理解できる。 https://t.co/sr05Z04uEC

Which translation of Brodsky's "On Ukrainian independence" shall I give? I chose this one. It's not literal, it's much better. A literal translation would be suboptimal for an audience with different cultural background, while this one is understandable https://t.co/5nVU1RTN5t

2022-04-25 11:06:15

19/110 参考:ブロツキーの「ウクライナの独立について」の翻訳

2022-04-25 11:07:10

20/110 この詩の中でブロツキーは、ウクライナ人(蔑称は「ホホール人」)に対して複数のメッセージを送っている。 1. ウクライナ人に「くたばれ」と言う。 2. 予言する「お前らクズはポーランド人とドイツ人に輪姦される」 3. ドニエプル川を逆流させるため、唾を吐く https://t.co/aQhdj89LGE

In this poem Brodsky sends multiple messages to Ukrainians (called with slur "Khokhly"). He: 1. Tells Ukrainians to go fuck themselves 2. Predicts: "you, scum will be gangbanged by Poles and Germans" 3. Wonders if he should spit in Dnieper in order to make it flow backwards

2022-04-25 11:07:31

21/110 ブロツキーはこの詩を「危険な詩」と呼んだ。しかし、それはウクライナに対するロシア社会の多くの態度を正しく反映していた。2014年以降、この詩は特に重要な意味を持つようになり、メディアやロシア議会紙などの当局によって繰り返し宣伝された。 https://t.co/XolkyZS25C

Brodsky called his poem "risky". And yet, it correctly reflected attitude of much of Russian society towards Ukraine. After 2014 it became especially relevant and was repeatedly endorsed by the media and authorities like the Russian parliament newspaper https://t.co/AqtBsFpxNG

2022-04-25 11:07:51

22/110 しかし、私がもっと興味深いと思うのは、ブロツキーの詩の最後の2行だ。文字通り、ウクライナ人に向かって言っているのだ。 「死ぬ間際になって、死に床を掻くとき、タラスのたわごとではなく、アレクサンドルの台詞を喘ぐだろう」 どういう意味なのだろう? https://t.co/XtzzDNuF8h

What I find more interesting however, is the two final lines of Brodsky's poem. They literally tell to Ukrainians: "When you are dying and scratching your deathbed, you'll be wheezing Alexander's lines and not the Taras' bullshit" What does he mean by that?

2022-04-25 11:08:15

23/110 二人はそれぞれウクライナとロシアの国民的詩人だ。 ウクライナ人は死の床で、ウクライナの強気なタラス・シェフチェンコではなく、ロシアの天才アレクサンドル・プーシキンの言葉を引用する。なぜなら、「ウクライナ人」はロシア人であり、ウクライナは茶番だからだ。 https://t.co/46crCMTOMz

Brodsky is referring to Alexander Pushkin and Taras Shevchenko: national poets of Russia and Ukraine respectively. On their deathbed Ukrainians will quote Russian genius Pushkin rather than Ukrainian bullshiter Shevchenko because "Ukrainians" are Russians and Ukraine is a farce

2022-04-25 11:08:28

24/110 ここで興味深いのは、ロシア人のウクライナ人に対する優位性ということではない。面白いのは文学、特に詩の政治化だ。どの詩人を賞賛し引用するかは、政治的に中立ではなく、「最も」重要な政治的問題なのだ。でもなぜ? https://t.co/vxbmE8D0BM

What is interesting here is not so much the supposed superiority of Russians over Ukrainians. It's the politicisation of literature, specifically of poetry. Which poet you admire and quote is not neutral politics-wise, it's *the* most important political question ever. But why?

2022-04-25 11:08:44

25/110 ロシアが文学中心の国であることは周知の事実だ。だが、その文学に関する西洋の知識は非常に限定的だ。博学な平均的アングロ人は、どのロシア人作家の名前を挙げられるか?トルストエフスキー、チェーホフくらいだ。彼らは翻訳可能な散文を創出したので、西側で有名だ https://t.co/nJbyTT7zeg

We all know that Russia is literature-centric country. And yet, Western knowledge of that literature is very selective. Which Russian writers can an average erudite Anglo name? Tolstoyevsky + Chekhov. These guys are well known in the West because they produced translatable prose

2022-04-25 11:08:59

26/110 翻訳不可能な作家は無視される。レーニンのお気に入りの作家サルトィコフ=シチェドリンのような散文作家だ。 「この文明は、酔っぱらいの暴動と勘違いされ、ウルス・クグシ・キルディバエフの町長に破壊された」 - 長い歴史の解説なしに、どうやってこれを訳すのか? https://t.co/FJPYcLb4GP

Untranslatable authors are ignored, including some prosers like Saltykov-Schedrin, Lenin's favourite writer: "цивилизацию эту, приняв в нетрезвом виде за бунт, уничтожил градоначальник Урус-Кугуш-Кильдибаев" - how can you even translate this without a long historical commentary?

2022-04-25 11:09:15

27/110 ロシア文学で最も見落とされているのは、もちろん詩だ。ロシアは文学中心ではなく、詩が中心なのだ。詩はロシアの神聖な文学の正典の真ん中に位置している。しかし、ほとんど翻訳されないため、西洋ではあまり知られていない。 https://t.co/77eUhOqntl

The most overlooked part of Russian literature is of course its poetry. Russia is not so much literature-centered as poetry-centered. Poetry stands in the middle of the Russian sacred literary canon. However, it is largely untranslatable and thus is poorly known in the West

2022-04-25 11:09:32

28/110 ロシア史上、最も影響力のある作家は誰か?ロシアへの影響を考えるなら、アレクサンドル・プーシキンだろう。彼はまさしく「我々のすべて」(Наше все)と呼ばれている。実際、ロシアの言語と文学は、たった一人の作家の遺産に大きく支えられている。 https://t.co/kSJVBFggJG

Who is the most impactful Russian author ever? If we consider the impact on Russia, it's Alexander Pushkin. He is referred to simply as "Our Everything" (Наше все). Indeed, Russian language and literature are largely based on a legacy of one single author

2022-04-25 11:09:55

29/110 理論的にはロシアには古代文学の伝統がある。だが、実際には、その「主要な」部分は、プーシキンから始まっている。それ以前に書かれたものは、普通の教育を受けたロシア人には歴史的な遺物としてしか読めない。プーシキン以後の文学だけが、皮肉なく読めるのだ。 https://t.co/WuNKL8WuVc

Yes, theoretically Russia has ancient literary tradition. In practice however, its *relevant* part starts with Pushkin. Whatever had been written before, is read by normal educated Russians largely as a historical artefact. Only post-Pushkin literature can be read unironically

2022-04-25 11:10:12

30/110 なぜプーシキンが重要なのか?ロシアの子供たちは皆、学校で「プーシキンがロシア語を作った」と教わる。わかるだろうか?子供もわからない。だから、このプーシキンとロシア語に関する当たり前のことが、ネットで大変馬鹿にされている。いったいどういうことだろう? https://t.co/721X8Bj1VN

Why Pushkin is so important? Every Russian kid is taught in school that Pushkin "created the Russian language". Did you get it? Kids don't get it either. That's why this commonplace about Pushkin and the Russian language is mocked so much in the internet. What does it even mean?

2022-04-25 11:10:33

31/110 ベネディクト・アンダーソンは、この問いに鍵を与えている。アンダーソンによれば、近代文学言語は人工的なものである。近代国家とその均質化政策、そして印刷機の二重の効果によって生み出された。それ以前に存在していたものは、まったく異なる機能を発揮したのだ。https://t.co/ofrhlKP0ZS

Benedict Anderson gives a key to this question. According to Anderson, modern literary languages are artificial. They were created by the double effect of modern state with its homogenising policies and of the printing press. Whatever existed before functioned very differently

2022-04-25 11:10:55

32/110 近代国家や印刷機が登場する前の前近代世界は、文学的な言語を知らなかった。知っていたのは: 1)口頭言語(音韻ベース) 2)神聖言語(記号ベース) 例えばヨーロッパでは、メルキッシェ方言は口頭言語、ラテン語は神聖言語であった。 https://t.co/rfueG5z2eB

Premodern world, before the modern state and the printing press, didn't know literary languages. It knew: 1) Spoken vernaculars (sounds-based) 2) Sacred languages (signs-based) In Europe for example Mittelmärkisch would be a vernacular and Latin - the sacred language

2022-04-25 11:11:20

33/110 まず、口頭言語から始めよう。前近代の世界に文学的な言語がなかったからと言って人々が会話できなかったわけではない。前近代の世界にはたくさんの方言があり、その中には現代の言語に似たものもある。しかし、現代の言語とは異なり、口頭言語は標準化されていない。 https://t.co/5t5I6WiKay

Let's start with spoken vernaculars. The fact that premodern world had no literary languages doesn't mean that people couldn't talk with each other. They had plenty of vernaculars some of which resemble modern languages. But unlike these languages vernaculars weren't standardised

2022-04-25 11:11:34

34/110 今日、我々はフランス語、スペイン語、英語などの言語を話す。しかし、当時は実にさまざまなフランス語、スペイン語、英語があり、それらの話者は「会話の中でお互いを理解することが難しいか、あるいは不可能かもしれなかった」それはまさに自然の摂理だ。 https://t.co/slpX9La5KD

Today we speak of French, Spanish or English language. But back then there was a huge variety of Frenches, Spanishes and Englishes, speakers of which "might find it difficult or even impossible to understand each other in conversation". That is just a natural order of things

2022-04-25 11:11:47

35/110 実際、これらの方言をフランス語やスペイン語と呼ぶのは不正確かもしれない。言語学的な地図は政治的な地図と一致しない。例えば、密接に関連するカタルーニャ - オック語の方言の地域は、スペインからフランスまで、新旧のあらゆる政治的境界線を越えて広がっていた。 https://t.co/1Oc1H1l07U

In fact it may be inaccurate to address those vernaculars as Frenches or Spanishes. The linguistic map didn't correspond with political one. For example, the area of closely related Catalan-Occitan dialects stretched from Spain to France across all political borders, old and new

2022-04-25 11:12:03

36/110 前近代の世界は、言語的多様性を含む多様性の世界であった。一般に信じられているのとは逆に、多様性こそが自然であり、均質性こそが人為的なのだ。相互に理解できない言語が大量に存在すること、それは自然の摂理だ。一つの文学的言語は自然でない。 https://t.co/eG14rGOgH7

Premodern world was the world of diversity, including the linguistic diversity. Contrary to the popular belief it is diversity which is natural and homogeneity which is artificial. Tons of mutually unintelligible vernaculars - it's a natural order, one literary language - is not

2022-04-25 11:12:18

37/110 方言が前近代世界を個別の地域に分割していたとすれば、神聖言語はそれを真に広域な共同体に統合していた。例えば、ヨーロッパはロマンス語、ゲルマン語、スラブ語、その他の方言の地域に分かれていたが、1つの神聖言語であるラテン語によって統合されていた。 https://t.co/Ba2CDrFj4b

If vernaculars divided the premodern world into separate regions, global sacred languages united it into a number of truly global communities. For example Europe divided into the areas of Romance, Germanic, Slavic and other vernaculars was united by one sacred language, the Latin

2022-04-25 11:12:33

38/110 かつての広域共同体は、記号的システムを中心に構築された神聖な共同体だった。ヨーロッパではラテン語、イスラム圏ではコーラン・アラビア語、中国では漢字。どの神聖な共同体も、それ自体が世界であり、その神聖言語によって真実を独占していると認識していた。 https://t.co/PcwlGy2hhk

Global communities of the past were sacred communities built around ideographic systems. Latin in Europe, Quranic Arabic in Islamdom, characters in China. Every sacred community perceived itself as a world in itself, possessing the monopoly on truth due to its sacred language

2022-04-25 11:12:46

39/110 ハンチントンが世界をいくつかの文明に分けたのは有名な話だ。しかし、彼の分類は恣意的に見える。もっと優れた、より客観的なアンダーソン流のパラダイムを採用すればどうだろうか。同じ神聖言語を使う人々が、一つの神聖な共同体(=文明)を構成しているとしたら。 https://t.co/Yk1m6rkBzO

Huntington famously divided the world into a number of civilisations. However, his classification looks arbitrary. What if we adopt a much superior and more objective Andersonian paradigm? Those who use the same sacred language comprise a separate sacred community (=civilisation)

2022-04-25 11:12:59

40/110 それぞれの神聖な共同体の中で、人々は複数の方言で会話していた。神聖言語は記号の共同体であり、方言は音の共同体だった。神聖言語は大衆にとって理解不能でなければならず、方言は理解可能でなければならない。最後に、神聖言語は方言とは異なり、非任意的だった。 https://t.co/yRi1L8x2Lx

Within each sacred community people spoke on multiple vernaculars. Sacred language was a community of signs, vernacular - of sounds. Sacred language had to be unintelligible to masses, vernacular - intelligible. Finally, sacred language was non-arbitrary, unlike a vernacular

2022-04-25 11:13:12

41/110 神聖言語は非任意的であった。それは現実の反映ではなく、真実の発露であった。それゆえ、聖典を方言に翻訳して腐敗させることは禁じられていた。それは、大衆にとって意味不明であることを意味する。しかし、それはバグというよりは仕様であった。 https://t.co/s9shMpRWiS

Sacred language was non-arbitrary. It was the emanation of reality, rather than a reflection of it. Hence the prohibition to corrupt sacred texts by translating them into vernaculars. That meant they'd be unintelligible to the masses. That however, was a feature rather than a bug

2022-04-25 11:13:26

42/110 イスラム教のウンマの記号的性質を考えてみよう。 「マギンダナオ族とベルベル人が出会ったとき、互いの言語を知らず、口頭で会話は不可能であっても、互いの書記言語は理解できた。なぜなら、彼らが共有する聖典は古典アラビア語でしか存在しないからである」 https://t.co/sw0v5UcKs2

Consider the ideographic nature of Islamic Ummah: "If Maguindanao met a Berber, knowing nothing of each other's languages, incapable of communicating orally, they nonetheless understood each other's ideographs, cuz the sacred texts they shared existed only in classical Arabic"

2022-04-25 11:13:43

43/110 この点で、クアルーン・アラビア語、ラテン語、サンスクリット語は、漢字に非常によく似た機能を果たしていた。彼らはすべて、音ではなく、記号の大域的共同体を形成し、この共同体は、客観的な真理を独占していた。現代の数学用語は、この古い伝統を引き継いでいる。https://t.co/GL5juh2ahF

In this respect Quranic Arabic, Latin and even Sanskrit functioned very much like Chinese characters. They all created a global community not of sounds, but of signs and this community hold monopoly on the objective truth. Modern mathematical language continues this old tradition

2022-04-25 11:13:58

44/110 世界を分割する局所的な方言と、世界を大域的な共同体に統合する神聖言語という二項対立は、前近代の世界について多くのことを説明している。大域と局所、秘伝と公開、高い地位と低い地位、記号ベースと音ベース。https://t.co/klRWxhW6dt

This dichotomy between local vernaculars dividing the world and sacred languages uniting it into a number of global communities explains a lot about the premodern world. Global vs local, esoteric vs exoteric, high status vs low status, sign-based vs sound-based

2022-04-25 11:14:13

45/110 時代の流れとともに、古い書記言語を持つ聖なる共同体の結束は、二つの要因によって分断された。一つは、画期的な情報技術である印刷機である。もう一つは、もっと複雑で理解されていない、近代的な中央集権国家の発展である。 https://t.co/zXlRHxCXhk

With the time passing two factors fragmented the unity of old ideographic sacred communities. First, a breakthrough information technology - the printing press. Another factor is much more complicated and poorly understood - evolution of a modern centralised state

2022-04-25 11:14:25

46/110 印刷機が導入される以前から、中央集権的な政治(後に国民国家となる)が、行政上の方言を作っていた。しかし、あまりに多くの方言が混在していると運用が面倒だ。一つを選んで、その地位を高める方がずっと簡単だった。 https://t.co/U8uFXuA2px

Even before the introduction of the printing press, some quickly centralising polities (that would later become the nation states) created administrative vernaculars. Operating with too many vernaculars was tedious. It was much easier to choose one and elevate its status

2022-04-25 11:14:46

47/110 例えば、フランスには多くの方言があるが、それらはすべてラテン語の訛りと考えられていた。そのうちのひとつであるパリの方言が、公権力の言語となった。ラテン語のように真実を表す言語にはならなかったが、それは権力の言語となった。それで十分だったのだ。 https://t.co/6t1I3AQ9TI

For example France had many vernaculars, all considered as corrupted forms of Latin. However, one of them, the dialect of Paris, became the language of officialdom. It didn't turn into the language of truth, like Latin. But it became the language of power - and that was enough

2022-04-25 11:15:00

48/110 言語の均質化には印刷機が大きな役割を果たした。それは、方言の運命を左右する大きな分岐点だった。印刷された方言は、地位が上がり、しばしば存続した。一方、あまり印刷されなかった方言は、次第に衰退していった。 https://t.co/pDx5FuI9cJ

Printing press played a huge role in linguistic homogenisation. It's a major bifurcation that determined the fate of vernaculars. Those vernaculars that were printed on, were elevated in status and often survived. Meanwhile, those that were not printed on much, gradually declined

2022-04-25 11:15:12

49/110 2つの要因の組み合せ:国家の中央集権化と印刷機によって、神聖な共同体は断片化され、しばしば破壊された。ある意味で、世界は脱グローバル化した。それまで相互に連結していた神聖な空間は、多くの領土的な国家文化に分断されたのである。 https://t.co/M4hK8Bex6a

Combination of these two factors: state centralisation and the printing press, fragmented the sacred communities and often destroyed them. In a sense the world was de-globalized: previously interconnected sacred space was fragmented into a number of territorial national cultures

2022-04-25 11:15:29

50/110 国家の中央集権化と印刷機は、世界を大きく均質化させる方言の分岐を生み出した。国家によって採用され、印刷によって伝播された方言は、その地位と適用可能性を大きく高めていった。一方、そうでないものは廃れていった。 https://t.co/neCAtmvayt

State centralisation and the printing press created a vernacular bifurcation which homogenised the world greatly. Those vernaculars that were adopted by the states and propagated in printing grew enormously in status and relevance. Meanwhile those that were not, would die out

2022-04-25 11:15:43

51/110 行政の中央集権化と印刷機の導入が、方言の分岐の引き金となった。しかし、それを完成させたのは、大衆学校教育であった。中央集権的で、国家が設計した統一カリキュラムに沿った学校教育は、文化的統一の手段として過小評価されている。 https://t.co/MPakcpo2Bq

Administrative centralisation and introduction of the printing press triggered the vernacular bifurcation. And yet, it was mass schooling that completed it. Centralised, state-designed schooling according to the uniform curriculum, is the underrated tool of cultural unification

2022-04-25 11:15:58

52/110 大衆学校教育の普及に伴い、フランスの言語地図がどう変化したか見てみよう。1830年代に国土の大部分を占めていた非フランス語圏(濃い灰色)は、1950年にはわずかな孤立した地域にまで縮小した。カリキュラムに含まれるミームは急増し、除外されたミームは消滅した。 https://t.co/JT66dPbxHT

Consider how linguistic map of France changed with the propagation of mass schooling. Non-French speaking zone (dark grey) which covered most of the country in 1830s contracted to few isolated areas by 1950. Memes included into the curriculum skyrocket, excluded ones - die out

2022-04-25 11:16:13

53/110 方言の分岐は、国民的天才、特に国民的詩人という現象を説明する。多くの文学文化が国民的大詩人を中心にしていることにお気づきだろうか?なぜか?ここでいう「偉大な」というのは「影響力が強い」という意味だ。そして「影響力が強い」ことが標準化のモデルになる。 https://t.co/lWnUxmlp7l

Vernacular bifurcation explains the phenomenon of a national genius, especially the national poet. Did you notice that so many literary cultures are centred around the Great National Poet? Why? "Great" here means "impactful". And "impactful" means - the model for standardisation

2022-04-25 11:16:26

54/110 偉大な詩人=国民的カリキュラムの詩人。カリキュラムは文化空間を均質化し、モノカルチャーを生み出す。カリキュラムは、方言の分岐を完遂させる。したがって、どの詩人がカリキュラムに含まれ、どの詩人が含まれないかは、政治的に非常に重要な問題である。 https://t.co/ohCC1f6M8l

Great Poet = the Poet of National Curriculum. Curriculum homogenises the cultural space and creates the monoculture. Curriculum completes the Vernacular Bifurcation. Therefore, which poet is included into the curriculum and which is not is the matter of huge political importance

2022-04-25 11:16:43

55/110 さて、東欧の話をしよう。前近代の言葉は、クアルーン・アラビア語のようなある種の神聖言語を中心とした、いくつかの大域的な記号の共同体に分かれていたことは、先述の通りだ。西欧では、それはラテン語だった。東欧では古代教会スラブ語だった https://t.co/GVK0rIpxv3

Now let's talk of Eastern Europe. We've just discussed that the premodern word was divided into a number of global communities of signs centred around a certain sacred language, like Quranic Arabic. In Western Europe it was Latin. In Eastern Europe it was the Old Church Slavonic

2022-04-25 11:16:56

56/110 古代教会スラブ語は南スラブ系の言語だ。おそらくブルガリア語を起源とし、東欧全域で聖典や教会での礼拝に使われるようになった。現代のブルガリア、ルーマニア、モルドバ、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアが含まれており、特定の聖なる共同体を形成していた。 https://t.co/uxBepfjzIw

Old Church Slavonic was a South Slavic language, probably of Bulgarian origin, that became the language of sacred books and church services all over Eastern Europe, including modern Bulgaria, Romania, Moldova, Ukraine, Belarus and Russia thus creating a specific sacred community

2022-04-25 11:17:09

57/110 聖なる共同体は、理解しがたい難解な言語を中心に構築される。実際、古代教会スラブ語の聖なる共同体はスラブ語やロマンス語、その他の方言の話者を含んでいたとしても、その神聖言語はそれらの方言とは理解しがたいほど異なっていた。 https://t.co/Na1xhW0uJD

Sacred community is built around an unintelligible esoteric language. Indeed even though the sacred community of the Old Church Slavonic included speakers of Slavic, Romance and may be other spoken vernaculars, it was different enough from those vernaculars to be ununderstandable

2022-04-25 11:17:24

58/110 特にロマンス語圏の場合、それが顕著だ。逆説的に聞こえるかもしれないが、正教会のルーマニア人は、自分たちが理解できないスラブ語の神聖言語を使っていた。文学的なルーマニア語の発展に拍車をかけたのは、プロテスタントの宗教改革だった。 https://t.co/aThQXoAXN8

That's especially clear in case of Romance speakers. Paradoxically it may sound, Orthodox Romanians used a Slavic sacred language they couldn't understand. It was the Protestant Reformation that gave the impetus to the development of literary Romanian

2022-04-25 11:17:37

59/110 ルーマニア人はプロテスタントではなかったが、トランシルバニア地方のハンガリー人はプロテスタントだった。そのため、ルーマニアの司祭は典礼をスラブ語の神聖言語からロマンス語の方言に変える必要があった。文化的な相互作用は、多くの人が考えるよりずっと複雑だ https://t.co/SMN2Dqls3F

Romanians weren't Protestant. But their Hungarian overlords in Transylvania were. Thus they forced Romanian priesthood to switch liturgy from the Slavic sacred language to a Romance spoken vernacular. Cultural interactions are way more complicated than many tend to think

2022-04-25 11:17:50

60/110 ルーマニア正教の地では、方言は神聖言語から最も離れている。 しかし、東スラブ正教の地でも、古代教会スラブ語と方言との距離は大きく、大衆は南スラブの神聖言語を理解できなかった。 https://t.co/7DSdkrbFbz

In Romance Orthodox lands spoken vernaculars were most distant from the sacred language. However, even in Eastern Slavic Orthodox area distance between Old Church Slavonic and vernaculars was large enough to make this South Slavic sacred language unintelligible for the masses

2022-04-25 11:18:05

61/110 古代教会スラヴ語の上に構築された東欧の聖なる共同体の存在は、中世ロシアにおける「ロシア人」の言葉の意味を明らかにするものである。それは民族を指しているのではない。それは宗教を指しているのである。 https://t.co/bVKtxAQv8y

Existence of an Eastern European sacred community built on the Old Church Slavonic (like the Western European щту was built on Latin) sheds the light on the meaning of the word "Russian" ("русский") in medieval Russia. It doesn't refer to the ethnicity. It refers to the religion

2022-04-25 11:18:17

62/110 前近代の聖なる共同体と現代の国家共同体を同列に扱うことは大きな誤りだ。 たとえ同じか似たような名前を持つとしても、それは間違いだ。現代のロシアでは、ロシアという言葉は国家を指す。中世のロシアでは、民族の壁を越えて活動する神聖な共同体を指していた。https://t.co/VOsCP0PMa6

Equating premodern sacred communities to modern national communities is a major fallacy. That's wrong, even if they bear the same or a similar name. In modern Russia the word Russian refers to a nation. In medieval Russia - to the sacred community operating across ethnic lines

2022-04-25 11:18:29

63/110 ロシアの年代記には、「ロシアの町、近郊の町、遠隔地の町」のリストが含まれている。 1. ブルガリア 2. ワラキア 3. ヴォリン 4. ザレシェ 5. キーウ 6. リトアニア 7. ポドリア 8. リャザン 9. スモレンスク 10. トヴェリ 1374年のリストを視覚化した地図。 https://t.co/ESDRka61Qf

Russian chronicles included lists of "Russian towns, close and remote ones". They typically included the following regions: 1. Bulgaria 2. Wallachia 3. Volyn 4. Zalesye 5. Kyiv 6. Lithuania 7. Podolia 8. Ryazan 9. Smolensk 10. Tver That's a map visualising the list of 1374

2022-04-25 11:18:45

64/110 トヴェリやリャザンなど、現在では本当に「ロシア」だと思われている地域と、明らかに他国だと思われている地域とが混在している。例えば、これはリトアニアのロシア人街の地図だ。カウナスからモスクワまで、あらゆる民族や言語の境界線を越えて伸びている。 https://t.co/1XAqGwE3Ki

Regions which we now consider really "Russian" such as Tver or Ryazan are mixed with those we now perceive as clearly foreign. That's for example a map of Lithuanian Russian towns, stretching from Kaunas almost to Moscow across all ethnic and linguistic lines

2022-04-25 11:19:14

65/110 さらに興味深いのは、年代記の「ロシアの町」のリストが、ブルガリアから始まり、ワラキアがその次になっていることである。東スラブの町はその後にきている。これはおそらく、ブルガリアが「ロシア」という神聖な共同体の発祥の地であったことを示唆している。 https://t.co/oYRgUY9fM6

What is even more interesting, the lists of Russian towns *start* with Bulgarian Russian towns, Wallachian Russian towns being second in order. Eastern Slavic towns are listed later. That probably implies that it was Bulgaria that was the birthplace of "Russian" sacred community

2022-04-25 11:19:26

66/110 一方、モスクワや現在の中央ロシアは、モスクワ大公国発祥の地であるが、そこは「ザレシェ(=森の奥)」と記されている。どうやら、モスクワ大公国は北の森の中で新しく植民地化された領土であり、「ロシア」世界の中心ではないと考えられていたようだ。 https://t.co/muv56VTUA9

Meanwhile Moscow and what is now Central Russia, the birthplace of Muscovy, is listed there as Zalesye (="behind the forest"). Which apparently implies that Muscovy was considered a newly colonised territory in the forests of the north and not the centre of the "Russian" world

2022-04-25 11:19:40

67/110 ここから見えることは何か。ロシアの町の大図鑑も、ロシアの特定地域の地図も、民族性を無視している。ロシアの国土にはロマンス語を話す地域がある。リトアニア地方はバルト語圏と東スラブ語圏の両方を含んでいる。が、誰も気にしない。 https://t.co/MecNnjFvXA

What do we see here? Both the great map of the Russian towns and the maps of particular Russian regions ignore ethnicity. Russian land includes Romance speaking regions. Lithuanian region of the Russian land includes both Baltic and Eastern Slavic speakers. Nobody cares

2022-04-25 11:19:56

68/110 年代記の「ロシアの町」の地図は、民族や話し言葉の地図では「ない」。それは、当時「ロシア人」と呼ばれていた古代教会スラブ語の聖なる共同体の地図だ。出自や話し言葉は関係ない。典礼に古代教会スラブ語を使えば「ロシア人」になるのだ。https://t.co/9yzOLfkEeR

The map of Russian towns is *not* an ethnic map or a map of spoken tongues. It's the map of the Old Church Slavonic sacred community which was then called "Russian". Your origin, your spoken language don't matter: using Old Church Slavonic for the liturgy, makes you "Russian"

2022-04-25 11:20:13

69/110 そしてもちろん、現在のロシアは、聖なる共同体の中心地とは考えられていなかった。このリストでは、中心地はおそらくブルガリアだろう。ブルガリアの町が「ロシアの町」のリストの冒頭にあるからだ。この神聖言語がそこで生まれたのであれば、全く理にかなっている。 https://t.co/7w9sjZ4Tbd

And ofc what is now Russia was not considered the centre of the Russian sacred community. The list implies it was probably Bulgaria. Bulgarian towns opens the list of the Russian towns. Which makes total sense if this sacred language originated there

2022-04-25 11:20:27

70/110 中世の書物でウクライナやベラルーシが「ロシア」と呼ばれているから、ロシア国家の一部だ、と言う愚か者がいる。それは単純に間違いだ。中世の「ロシア」の聖なる共同体が、現代のロシアの聖なる国家と同一視されているのである。それは歴史に無関心な者の誤謬だ。 https://t.co/fr3L50tWeY

Some imbeciles say that the fact that Ukraine or Belarus are called "Russian" in medieval texts means they are part of Russian nation. That's simply false. Medieval "Russian" sacred community is equated with modern Russian sacred state. That's an ahistorical fallacy

2022-04-25 11:20:48

71/110 欧米人が中世の聖なる共同体と現代の国民国家を同一視するのは、無知だ。しかし、ロシア人がそれを行う場合、それは政治的な主張だ。かつて古代教会スラブ語の聖なる共同体であったものが、いまやロシアの単一民族国家に変容しなければならないのだから。 https://t.co/IbZRTq72kE

When Westerners equate medieval sacred community with a modern nation state, that's ignorance. But when Russians do it, it's a political statement. What once used to be the sacred community of the Old Church Slavonic must be now transformed to the unitary Russian nation state

2022-04-25 11:21:06

72/110 聖なる共同体を一元的な国民国家に変えることは、想像以上に難しい。なぜか?なぜなら、聖なる共同体では、神聖言語が膨大な数の話し言葉と共存しているからだ。聖なる共同体は、多様な前近代世界の現象だ。しかし、国民国家は違う。 https://t.co/HRDFNl9tn8

Transforming sacred community into the unitary nation state is harder than one could think. Why? Because in a sacred community the sacred language coexists with tons of spoken vernaculars. Sacred community is a phenomenon of the diverse premodern world. But a nation state is not

2022-04-25 11:21:22

73/110 一元的民族国家は、多様性を許さない。一つの言語を選択し、それを自国の領土全体に押し付け、競合する言語を駆逐するのだ。それが方言分岐の大きな要因であり、統一された基準による集団学校教育によって完成される。 https://t.co/DvGYQH116a

A unitary nation state doesn't tolerate diversity. It will choose one vernacular and impose it all over its territory, extirpating any competing ones. That is the major factor of vernacular bifurcation which is completed through the mass schooling according to a uniform standard

2022-04-25 11:21:36

74/110 これが、プーシキンが現代のロシアにとって重要であることの説明だ。ロシアはエカテリーナ2世の時代に現在のウクライナとベラルーシを併合した。以来、ロシア政府は、政治、文化、言語の面で、すべての東スラブ地域をロシア標準にならって均質化するよう常に戦ってきた https://t.co/O1nvLjqpg8

That explains significance of Pushkin for the modern Russia. Since Russia incorporated what is now Ukraine and Belarus under Catherine II, Russian government always fought for homogenising all East Slavic territories after the Russian standard, politics, culture and language-wise

2022-04-25 11:21:49

75/110 ロシア政府は、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ全土に同じ言語を押し付けようと奮闘した。だが、何を基準にするのかが問題だった。プーシキンが傑出しているのは、彼がこの標準を作り出したからだ。彼の文学的遺産は、国家が広めることのできるモデルを提供したのだ。 https://t.co/qnxmXnXS4c

Russia strived to impose the same language all over Russia, Ukraine and Belarus. And yet, the question was - what should we impose as the standard? Pushkin is so prominent because he created this standard. His literary legacy gave a model which the state could propagate

2022-04-25 11:22:03

76/110 プーシキンは、後に国家権力によって押しつけられることになるバージョンのロシア語を作ったという意味で、近代ロシア語を作ったのだ。だから、彼は最も影響力のある作家となり、現代のロシア人はプーシキン以前の文学をほとんど読むことができない。 https://t.co/iz671sKSbM

Pushkin created the modern Russian language in a sense that he created that version of Russian language that would be later imposed by the authority of the state. That's why he became the most impactful Russian author and modern Russians can hardly read pre-Pushkin literature

2022-04-25 11:22:19

77/110 プーシキン以前のロシアには、単一の文学的標準がなかった。西欧言語の影響を受けたもの、他のスラブ言語の影響を受けたもの、古代教会スラブ語の影響を受けたものなど、さまざまなスタイルがあった。どの言語をロシア語の手本とするかは、さまざまな議論があった。 https://t.co/oUmwsMMouq

Before Pushkin Russia didn't have a single literary standard. There were many styles, some influenced more by Western European languages, some by other Slavic ones, some - by the Old Church Slavonic. There were wide debates on which tongues should serve as the model for Russian

2022-04-25 11:22:32

78/110 プーシキンは、ロシア語よりもずっと早くフランス語に堪能になり、ガリシア語的なロシア語で話したり書いたりしていた。そして、彼の遺産が「標準」となったため、ロシア語の文法はとてもフランス的になった。 https://t.co/t20PJbzytK

Pushkin, who became fluent in French much earlier than in Russian, talked and wrote in a very gallicised version of the Russian language. And since his legacy became *the* standard, Russian grammar looks so French

2022-04-25 11:22:48

79/110 また、プーシキンはロシア語の使用域(*)を作り出した。プーシキン以前は、標準的な文語はなかった。ロシアには口語としての方言と、神聖言語としての古代教会スラブ語があった。また、さまざまな使用域を試す多くの作家がいた。 (*)特定の社会的場面で使用される言葉 https://t.co/Tjygn5c50F

Pushkin also created the registers of Russian language. Before Pushkin Russia didn't have the standard literary language. It had spoken vernaculars and it had the sacred language - old Church Slavonic. It also had many writers and authors who experimented with different registers

2022-04-25 11:23:03

80/110 18世紀のロシアの作家は、古代教会スラヴ語を高貴な言語、方言を低俗な言語と認識していた。そのため、古代教会スラヴ語の語彙や文法構造をできるだけ多く使って、高尚な文章を書こうとした。 https://t.co/KtCOClpdrU

XVIII century Russian writers mostly perceived the Old Church Slavonic as the high status language and spoken vernaculars as the low status ones. So they tried to use as much of the Old Church Slavonic vocab and grammatical structures as possible, just to write in high style

2022-04-25 11:23:19

81/110 プーシキンは違う選択をした。彼は、口語の方言と神聖言語を明確に区別し、方言をベースに文学的なロシア語を作り上げたのだ。口語ロシア語 ≠ 古代教会スラヴ語であり、彼の作品の基礎となったのは口語の方言であった。 https://t.co/albOaagzip

Pushkin made a different choice. He made a clear distinction between the spoken vernacular and the sacred language, basing his version of literary Russian on the former. Spoken Russian =/= Old Church Slavonic, and it was a spoken vernacular that became a foundation for his work

2022-04-25 11:23:35

82/110 古代教会スラブ語の要素は、ロシア語の一定の使用域として維持された。プーシキンが宗教的な文体で詩を書こうとするときは、必ず古代教会スラブ語の文法や語彙を用いた。また、詩を「古風な」テキストに倣って文体化する場合も同様にした。 https://t.co/Lt2ChHQyKz

Old Church Slavonic elements were kept as a certain register of Russian language. Wherever Pushkin wanted to write a poem in a religious style, he used the Old Church Slavonic grammar or vocab. Wherever he wanted to stylise it after an "archaic" text, he did the same

2022-04-25 11:23:50

83/110 プーシキンの言語が標準ロシア語となったことで、彼の作った使用域が統一されるようになった。現代ロシア人は古代教会スラブ語の単語や文法構造を耳にすると「宗教的」「古風」と感じる。そのため、歴史小説には多用される。 https://t.co/5OKxx8Qqw3

Since Pushkin's language became the standard Russian, the registers he created became uniform. Whenever a modern Russian hears Old Church Slavonic words or grammar structures, he perceives them as either "religious" or "archaic". Thus they are heavily used in historical novels

2022-04-25 11:24:05

84/110 現代ロシア人は、古代教会スラブ語の一節を聞くと「過ぎ去った時代の言葉」として認識する。それは歴史的には正しくないかもしれない。実際には、古代教会スラブ語は話し言葉ではなかった。プーシキンがそう決めたから、我々はそれを「古い話し言葉」と認識するのだ。 https://t.co/nIJPQ2EkyQ

When modern Russian hears elements of Old Church Slavonic he perceives it as the "language of the bygone age". That might not be historically correct. In reality Old Church Slavonic was never a spoken tongue. But we perceive it as "old spoken tongue" because Pushkin decided so

2022-04-25 11:24:20

85/110 プーシキンがロシア語に与えた影響は、方言分岐の過程を示している。以前は多くの方言があり、多くの作家がその中から文学的な言語を作り出そうとしていた。しかし、中央集権的な国家では、たった一つの言語が標準となるのだ。 https://t.co/EfgOgBXuky

The impact of Pushkin on the Russian language illustrated the process of the vernacular bifurcation. Previously, there used to be many vernaculars and many authors trying to create literary languages out of them. But in a centralised state, only one will become the standard

2022-04-25 11:24:34

86/110 国家は一つのモデルを選択し、それを押し付け、他のすべてのバリエーションを駆逐する。印刷されていない地方の方言であれば、このプロセスはスムーズに進む。印刷された方言の場合は、より問題が発生する。だが、本当に問題なのは、誰かが代替案を作り出したときだ。 https://t.co/SwKiMu2TlF

The state will choose one model and impose it, extirpating all other variations. If it deals with un-printed rural vernaculars, the process will go smoothly. If it deals with printed ones, that's more problematic. But the real problem is when someone works creates an alternative

2022-04-25 11:24:49

87/110 それが、タラス・シェフチェンコの政治的な重要性である。ロシア、ウクライナ、ベラルーシには、まったく異なる方言が大量にあった。もしロシアが統一を図ろうとすれば、プーシキンを手本にすることになる。シェフチェンコは、それに代わるものを作ってしまったのだ。 https://t.co/jaMvzmcsta

That explains political significance of Taras Shevchenko. Russia, Ukraine, Belarussia had tons of quite different vernaculars. If Russian state succeeded in imposing uniformity, they all would accept a model provided by Pushkin. Shevchenko created an alternative

2022-04-25 11:25:05

88/110 この代替案は、単に言語的、文化的なものだけではなかった。それは政治的な意味も帯びていた。プーシキンはロシア帝国の伝統を支持した。シェフチェンコはそれを拒否した。この二人の作家のロシア帝国主義に対する態度を考えてみよう。 https://t.co/WlslrGF0VX

This alternative wasn't simply linguistic or cultural. It was also political. Pushkin endorsed Russian imperial tradition. Shevchenko rejected it. Consider the attitude of these two authors towards the Russian imperialism

2022-04-25 11:25:22

89/110 プーシキンは超タカ派だった。1830年のポーランドの反乱の際、彼はこう書いた: 「我々はポーランド人を憐れむしかない。我々は彼らを憎むには強すぎる。この戦争は殲滅戦になる。少なくともそうなるべきだ」 「ポーランド人は絞め殺すべき。我々の遅さは苦痛だ」 https://t.co/gRgekk63lY

Pushkin was super hawkish. During the Polish rebellion of 1830 he wrote: "We can only pity the Poles. We are too strong to hate them and this war will be the war of annihilation or at least it should be" "Poles should be strangled, our slowness is painful"

2022-04-25 11:26:43

90/110 プーシキンがコーカサス戦争の大量殺戮を讃えた言葉: " 私は英雄たるあなたについて歌おう ああ、コーカサスの災い、コトリャレフスキーよ 君の征くところ嵐のように吹き荒れ 黒死病のような君の進撃 あまたの部族を粉砕し滅ぼした " https://t.co/CdkLowCKg9

Pushkin celebrated the genocides of the Caucasian war: "I'll sing about you, the hero, Oh Kotlyarevsky, the scourge of Caucasus ! Wherever you went like a storm Your advance like a black plague, Destroyed, exterminated the tribes"

2022-04-25 11:26:59

91/110 プーシキンは、ロシア帝国主義のアイデンティティを自分のものと受け入れていた。彼はロシア帝国主義を全面的に支持し、それに対する批判は彼を刺激した。1830年のポーランドの反乱を支持したフランスの政治家に対する彼の詩「ロシアを中傷する者たちへ」を見てみよう https://t.co/bvyFCCF5l1

Pushkin accepted Russian imperial identity as his own identity. He fully endorsed Russian imperialism and any criticism of it triggered him. Consider his poem "To the slanderers of Russia" against the French politicians who supported the Polish rebellion of 1830

2022-04-25 11:27:17

92/110 参考:プーシキンの「ロシアを中傷する者たちへ」の翻訳

2022-04-25 11:28:05

93/110 プーシキンの遺産は、ロシアで最も重要なミームだ。トルストイやドストエフスキーの著作は、エッジの効いた反主流論になりうる。プーシキンの著作は、客観的な真実だ。ロシアのスター、ベズルコフがプーシキンを暗唱し、現在のZ戦争を正当化する様をご覧あれ。 https://t.co/tpDCE53LkZ

Pushkin's legacy is not just relevant. It's literally the most relevant meme in Russia. Whatever Tolstoy or Dostoyevsky wrote can be edgy contrarianism. Whatever Pushkin wrote is objective truth. See how Russian star Bezrukov reads Pushkin as a justification of the current Z-war

2022-04-25 11:28:28

94/110 プーシキンがロシアの軍国主義を賛美したのに対し、シェフチェンコはそれを批判した。ロシアの征服に抗う山岳民に共感し、ロシア人徴集兵の犠牲を嘆いた。プーシキンにとって人間の不幸は何の意味も持たなかったが、シェフチェンコにとっては非常に重要なことだった。 https://t.co/HPJoGrg830

While Pushkin celebrated Russian militarism, Shevchenko criticised it. He sympathised with the mountaineers fighting against the Russian conquest, lamented the losses of Russian conscripts. While human misery meant nothing to Pushkin, it was highly important for Shevchenko

2022-04-25 11:28:50

95/110 シェフチェンコの詩のいくつかは、プーシキンへの皮肉に聞こえる。プーシキンの詩がミツキェヴィチに対する皮肉であったのと同じように。この3人の詩人は、同じ議論好きのネットワークで活動しながらも、まったく異なる政治的な見解を持っていたのだ。 https://t.co/dfhhdVFD0Q

Some of Shevchenko's poems sounds as sarcastic responses to Pushkin, the same ways as some Pushkin's poems were more or less sarcastic responses to Mickiewicz. These three Slavic poets operated within the same argumentative network, but hold very different political views

2022-04-25 11:29:04

96/110 この二人の政治的立場の違いは何によって決められたのだろうか。ミツキェヴィチとシェフチェンコがロシア帝国主義を批判したのは、彼らが敗戦文化圏に属し、弾圧されたからだと考える者もいるだろう。しかし、私は、根はもっと深いところにあると考える。 https://t.co/HFruxR1oyp

What determined the difference in their political positions? Some could assume that Mickiewicz's and Shevchenko's criticism of Russian imperialism was motivated by them belonging to the defeated and suppressed cultures. I would argue that the difference goes far deeper

2022-04-25 11:29:19

97/110 ウクライナがロシアと異なるのは、使用する方言だけでない。東ウクライナは17世紀にロシアの支配下に入ったが、ロシアへの統合は18世紀末のエカテリーナ2世の時代から始まった。したがって、ロシア人とウクライナ人のミームは異なる進化を遂げた。 https://t.co/qlXOqVPRVv

Ukraine was different from Russia not only in using different spoken vernaculars. While Eastern Ukraine fall under the Russian rule in the 17th c, its integration into Russia started only under Catherine II in the late 18th c. Thus Russian and Ukrainians memes evolved differently

2022-04-25 11:29:36

98/110 ロシアとウクライナの文化の違いには、個人の主体性、個人の尊厳、集団行動に対する理解の違いがある。ロシアでは、これらの考え方は、何世紀にもわたってロシア国家によって徹底的に排除されてきた。ウクライナでは、その時間ははるかに短かったのだ。 https://t.co/DfVjhH1OKg

Cultural differences between Russia and Ukraine include different understanding of personal agency, personal dignity and collective action. In Russia these ideas were thoroughly extirpated by the Russian state over the centuries. In Ukraine that had much less time to do so

2022-04-25 11:29:56

99/110 国家レベルでの違いは特に顕著だ。17世紀半ばにウクライナのヘーチマン国家がロシアとの統一を決めたとき、ウクライナ人は必要条件をリストアップした。ロシア皇帝は、彼らの権利と特権を維持することを誓わなければならなかった。もちろん、皇帝はそれを拒否した。 https://t.co/Ls7UyQWytR

On a national level that's especially obvious. When Ukrainian Hetmanate decided to unite with Russia in mid-17th c, Ukrainians composed the list of requirements. Russian Tsar had to take an oath to maintain all their rights and privileges. Of course, Tsar rejected it

2022-04-25 11:30:16

100/110 ウクライナの政治的思考は立憲的だ。我々はあなたを皇帝として受け入れることに同意する。しかし、我々の権利を維持することに同意しなければならない。権力は条件付きだ。それはウクライナにとって普通のことだったが、無条件の権力を求めるモスクワには拒否された。 https://t.co/94ewYfQJn5

Political thinking of Ukraine was constitutional. Yes, we agree to accept you as our Tsar. But you also have to agree to preserve our rights. Your power will be conditional. That was normal for Ukraine and rejected by Moscow which strived for the unconditional power

2022-04-25 11:30:30

101/110 この点でロシア国家は1654年以降、変わっていない。プーチンの副官キリエンコが2017年に語ったように、「ロシア国家は条約に基づくものではない」。条約はツァーリの権力を抑制し縛りを与える。それは不名誉なことだ。だから彼は機会を見つけては条約を破棄する。 https://t.co/st6yceYMrM

In this respect Russian state didn't change much since 1654. As Putin's deputy Kirienko told in 2017, "Russian state is not based on treaties". Treaty is a restraint on the Tsar's power, a condition he abides to committ. That's a dishonour and he breaks treaty at the first chance

2022-04-25 11:30:47

102/110 表面的には、文化の違いはもっと顕著かもしれない。次のことを考えてみよう:ウクライナ人は歴史的に司祭を選挙で選んだ。ロシア人はそうしなかった。これは非常に重要なことだ。1900年まで、教会は文化的インフラの主要な要素であった。https://t.co/Qf9pNKE6Cv

On a surface level this cultural difference may be even more prominent. Consider the following: Ukrainians historically elected their priests and Russians did not. That's extremely important. Until 1900 Church was the main element of cultural infrastructure

2022-04-25 11:31:01

103/110 多くの人々は神父が提供する文化的コンテンツ以外、ほとんど、あるいは全く消費しなかった。教会は大衆のためにコンテンツを選び、検閲し、配信していた。この意味で、教会は今日のソーシャルメディアのように非常に重要な存在だった。教会はかつてTikTokだったのだ。 https://t.co/F6VwcNJOKH

Most people consumed little or no cultural content except the one provided by the priest. Church selected, censored and distributed the content for the masses: in this sense it was immensely important, much like social media nowadays. Church used to be the TikTok

2022-04-25 11:31:13

104/110 ウクライナ人は司祭を選挙で選び、誰がその地域の文化的なコンテンツの流通をコントロールするかを集団で決定した。司祭の選挙が大衆の政治生活の焦点であったことは不思議ではない。何世紀にもわたって、ウクライナ人は選挙運動、投票、選挙政治を実践してきたのだ。 https://t.co/Uaid7gbuTt

Ukrainians elected their priests, collectively determining who will control the cultural content distribution in their locality. No wonder that priest elections were *the* focus of mass political life. For centuries Ukrainians practiced in campaigns, voting, electoral politics

2022-04-25 11:31:28

105/110 ロシア人にはこのようなチャンスはなかった。ロシア国家には個人の主体性、集団行動、政治参加の形態を絶滅させるための、より多くの時間と機会があった。遅れて征服され、さらに後から帝国に統合されたウクライナよりも。 https://t.co/Z9PtNMfflc

Russians didn't have this chance. Russian state had more time and more opportunities to exterminate any forms of personal agency, collective action and political participation in Russia than in Ukraine, which was conquered late and integrated into the empire even later

2022-04-25 11:31:42

106/110 さらに重要なことは、ロシア国家がロシアにおける人間の尊厳の観念を破壊したことである。ロシア人は、自分たちには何の尊厳もないという考えを内面化した。彼らの尊厳、重要性、自己価値は、帝国に属する(=服従する)ことで初めて導き出されるのである。 https://t.co/UHjQPkj2kp

Even more importantly, Russian state destroyed the idea of human dignity in Russia. Russian people interiorised the idea that they have no dignity of their own. Their dignity, their importance, their self-worth derived from their belonging (=submission) to the empire

2022-04-25 11:31:56

107/110 プーシキンがロシア支配の利点をどのように宣伝したか見てみよう。 " 服従せよ、チェルケス!西も東も やがてお前と運命を共にすることになるだろう そのときが来れば、お前は横柄にこう言うだろう 私は天下の皇帝様の奴隷だ! " https://t.co/utGMXFVzbp

Consider how Pushkin advertised the benefits of the Russian rule: "Submit, Cherkes! Both West and East, May soon share your fate, When the time comes, you'll say arrogantly: Yes, I'm a slave but a slave of the Tsar of the World!"

2022-04-25 11:32:10

108/110 シェフチェンコがプーシキンを容赦なく嘲笑したのも無理はない。ウクライナの文化的ミームの持ち主にとって、ロシアのミームは、人間の文化というより、ゾンビの信条のようで、絶対に受け付けなかった。シェフチェンコにとってロシア帝国は破壊されるべき悪だったのだ https://t.co/UFV5hPzKbt

No wonder Shevchenko mocked Pushkin so mercilessly. For a holder of Ukrainian cultural memes, Russian cultural memes looked absolutely disgusting, more like a zombie creed than as a human culture. For Shevchenko Russian empire was the evil to be destroyed

2022-04-25 11:32:34

109/110 その逆も然りで、ロシアの文化的ミームの信奉者にとっては、シェフチェンコは死すべき敵であった。彼は、政治的、文化的、言語的なウクライナのミームを表現していた。ウクライナのミームは破壊され、ロシアの文化標準がウクライナ全土に押し付けられるべきであった。 https://t.co/8el3tbYQZc

And vice versa, for adherents of Russian cultural memes, Shevchenko was the mortal enemy. He articulated Ukrainian memes: political, cultural, linguistic. Ukrainian memes should be destroyed and Russian cultural standard imposed all over Ukraine

2022-04-25 11:32:50

110/110 文化の均一化、それがZ戦争の真の目的だ。古代の聖なる共同体の方言の分岐を、全員がロシア人になる方向へ誘導することだ。ウクライナの問題は、その方言がいまだ存在することにある。これが、ロシア文化に深く埋め込まれている観点だ。 (スレッド終了) https://t.co/jvU48Q9kG8

Cultural uniformity - that's the real goal of Z-war. It is all about directing vernacular bifurcation of the ancient sacred community towards everyone becoming Russian. The problem with Ukraine is that it exists. That's a view deeply embedded in the Russian culture. End of 🧵

2022-04-25 11:33:16

著者紹介:Kamil Galeev氏 https://t.co/FoDIniyJD3

著者紹介:Kamil Galeev氏 チェブニング奨学生としてセント・アンドリュース大学で近世史の文学修士過程で勉強中。2019年7月、北京大学の円清院を卒業し、中国学と経済学の修士号を取得。また、高等経済学校(モスクワ)で歴史学の学士号を取得。 https://t.co/DPHVBm0K7Y

2022-04-25 11:33:54

関連情報: 占領地でのロシア語教育、教科書からのウクライナの存在の削除、指導要領改編によるプロパガンダ教育など、「ウクライナの文化的ミームの殲滅」を狙いとするロシアの各種施策を集めたスレッド。 https://t.co/wM1UfN2kUq

ロシアの教科書からキエフとウクライナに関する記述が削除: ・🇷🇺最大出版社「ウクライナは存在しないかのように見せるのが我々の仕事だ」 ・ウクライナ戦争によって編集者は「全文章の15%を追加で検閲する」ことを余儀なくされた https://t.co/r5LP1k5GOH

2022-04-25 11:37:18
シェア

ウクライナとロシアの情勢を心から心配してます。少しでも、明るい方向につながるニュースを取り上げていきたいです。 アイコン変えました(4/23)

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仮蔵 @karizo2022
1091812022-03-26 17:14:16

「メリトポルで強制的なロシア語教育はじまる」に関連して、過去300年の歴史をふまえた解説スレッド:以下要約 ・300年前からロシアはウクライナにロシア語を押しつけようとしていた ・ソ連時代もウクライナ語の弾圧は続いた ・歴代の抵抗者たちはシベリア送りで殺された https://t.co/mCUUfKsngI

北林あずみ @kitabayasiazumi
23382022-03-20 07:48:37

かくも容易に、日本の「いわゆる」リベラルと左翼と、知識と理性の体現しているはずの偉い「いわゆる」知識人が、ウクライナ戦争で一斉に「右向け、右」の号令で、右を向いてしまったのか、あれこれと考えたが、西欧近代主義が幻想として描く、人類の普遍的価値の魔力に行き着いた。以下連続ツイート①

(必ずしも対立する見解ではないのですが) 教養あるもの同士だと酒飲むのもセックスするのも教養の一部を構成すると思う https://t.co/2ttaB8RYDX

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
782202022-10-03 00:57:45

ロシアの「精神性」に陶酔するロシア文学者(日本でいえば亀山郁夫氏、沼野充義氏など)が2014~15年頃に発表した論考を読んでみてほしい。Russophobiaの「西側」がロシアを弱体化させようとしている、とかプーチンの演説のテーゼと驚くほど似ているのは偶然だろうか。 https://t.co/e3e4VXRZlM

kemofure @kemohure
7492022-05-08 18:05:42

読み応えのある論文。ロシア革命の分析が面白い。ヘーゲルが分析したように、革命は銃で武装した多数の非専門軍人が団結している時に起きると。大西巷一さんのフス戦争を主題とした漫画「乙女戦争」が好きなんだけど、フス戦争(フス・プロテスタント革命、1419)とかまさに世界初のこの型の革命 https://t.co/ClPF5zUxd4

仮蔵 @karizo2022
192938132022-04-09 20:04:21

なぜロシア人がウクライナ人を憎むのか: ブチャの惨劇やクラマトルスク駅への砲撃をみて、「ロシアはなぜ、これほどまでに酷い仕打ちをするのか」と思ったことはないですか? 今日は、ウクライナ人の哲学者Volodymyr Yermolenko氏の考察をご紹介します。軽めの10連スレ。 https://t.co/FC6t8gSW9A

①もあると思いますが、③として、「方言連続体が断絶しているか」があると思います。 津軽(または北海道)からトカラ列島までの「日本語」は連続的に変化していて、隣接する地域なら意思疎通できます。 一方、トカラ列島と奄美の間(および北琉球と南琉球の間)は断絶があり、全く意思疎通できません。 https://t.co/le7WnMWany

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
21462022-10-01 16:28:07

プーチンは、昨日の演説の締めに、「哲学者」イヴァン・イリイン(1883~1954年)の言葉を引用し、ロシア語のすばらしさ、ロシア民族の精神性や歴史的運命を強調した。イリインはロシア・ファシズムの教祖的存在である。イリインは1917年の十月革命後、亡命先のベルリンから反ソ執筆活動を続けた。→

buvery @buvery
16272022-04-13 11:06:55

ロシアの毒電波ゆんゆんに当てられた人も多いと思いますが、あれを日本人の文脈で読んではいけない、と思う。

丹羽薫ちゃん @NIWA_KAORU
40462022-03-31 18:36:25

【ニワカ式】あの日、ウクライナが侵攻された本当の理由をぼくたちはまだ知らない|丹羽薫ちゃん @NIWA_KAORU #note https://t.co/lgmb4neUGm むしろ「家族」のメタファーが使われたときにこそ、国家間なら「侵略」や、職場や学校では「人権侵害」が発生しやすい、という大切な話をかきました。

まあ死ぬとは思うんですけど(前置き)「現代人がもしもヴァイキングの時代に行ったらどうやって生き残るか」的な話で、この「ヴァイキング王ハラルドの冒険」に、戦働きはできないけど臣下にしてくれって若者が王のもとに来るんだけど、その話が最適解かなと思ったりした

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

たられば @tarareba722
142841192022-03-01 20:18:42

BSフジ『プライムニュース』、駐日ウクライナ大使を番組に呼んでいる。 「(第1回の停戦交渉で合意に至らなかったことについて)一定の前進はあったと考えています。ただ、即時停戦、ロシア軍の撤退。平和について話すのはそれからではないでしょうか。」 そ、、それはそうですよね。。

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
8242022-10-03 05:41:23

「ロシア世界」基金はロシア語・文化普及のためだけの組織ではない。プーシキンの言語の名の下に開催される行事は露情報機関のリクルートや工作活動の隠れ蓑。露のウクライナ侵攻後の2014年11月の「ロシア世界」基金大会でコサチョフ・ロシア連邦交流庁長官は、世界がロシアを「悪者」扱い→ https://t.co/9EVPsAjuNy

六衛府 @yukin_done
76016212022-02-08 10:51:48

「禁止されていた母国語を守るために必死に朝鮮の方言を集めた」などと売り込んでいたデマ映画「マルモイ」だが、当時、朝鮮語方言の研究は終戦まで学術的に進められており研究成果は普通に市販されていた。 ※ 京城府刊『朝鮮方言學試攷』河野六郎著/京城帝国大学文学会論纂第11輯 昭和20年 8円50銭

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

shigekiakai @yoshinokuzu
862020-06-22 10:38:46

2018年の記事再読。勉強になる→「〈civil society〉という英語は、じつは〈societas civilis〉というラテン語の直訳語であり、このラテン語はさらに、〈politike koinonia〉というギリシア語の訳語」|日本に「市民社会」は存在しないのか? / 『市民社会とは何か』植村邦彦 https://t.co/SRYV2WjddW

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

buvery @buvery
1071222022-04-11 11:16:22

この記事は、ロシア国営メディア、RIAに2022年4月3日付けで載ったものです。ロシアも『同じ』人間だから、日本人と『同じ』ように考える筈、という根拠のない幻想を抱いている人がまだいるので、ロシア語から英語に機械翻訳したものを全文日本語にします。 https://t.co/TEGgH0sSRK