「ベテランズトゥデイの記事より。証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器(D…」John Sasakiのスレッド

951562022-04-12 09:26:03

ベテランズトゥデイの記事より。 証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器 (DeepL翻訳利用)

2022-04-12 09:26:03

なぜマリウポルの戦闘はこれほど執拗なのか?クラマトルスク駅へのミサイル攻撃は、なぜこんなに早くメディアから消えてしまったのだろうか。なぜ米国はウクライナで死亡した米国人について沈黙しているのか?

2022-04-12 09:26:18

ウクライナ国内でキエフ側で活動しているNATO軍兵士は果たして何人いるのか?ロシアの作戦に関する西側の「報道」は、少なくとも大雑把と言わざるを得ない。

2022-04-12 09:26:24

ウクライナでのロシアの作戦が始まった当初、国中に散らばった目標が攻撃されたとき、それは恣意的で不可解なものに思えた。しかし、その標的が、西側諸国が設置・運営しているバイオラボの拠点であることが明らかになった。

2022-04-12 09:27:21

そこで実際に何が行われていたのかが明らかになると、ワシントンは大パニックに陥った。 バイデン大統領とその息子ハンターのバイオラボとその資金源とのつながりは、すでに米国内で波紋を呼んでいるが、ここではほとんど触れられていない。

2022-04-12 09:27:50

それもそのはずで、確保された文書によれば、ドイツの関係者もこれらのバイオラボの運営に関与していることが証明されているからだ。

2022-04-12 09:28:03

アゾフ旅団がマリウポリに集中していることは、説明が難しいように思われる。結局のところ、アゾフ海に面したこの港町は、あっという間に外界から遮断されたのだ。

2022-04-12 09:28:51

海からのアクセスも、ケルチ海峡を通過するため、ロシアの支配下にある。キエフの兵士は包囲され、物資も断たれる。だから、あそこで激しい戦闘をする戦略的な理由はないのです。理性的な人間なら、市民の命を守るためにも降伏せざるを得ないでしょう。

2022-04-12 09:29:14

その逆だ。 アゾフ部隊は市民を盾にして、街中に大きな被害と多くの死者を出すことを保証している。一方、彼らは市内からほぼ追い出され、郊外の大規模な「アゾフ・スチール」製鉄所の敷地内に撤退した。ロシアがこの重要な工業工場を砲撃して破壊することを望んでいないことを知ってのことである。

2022-04-12 09:29:33

しかし、この工場のどこが特別なのだろうか。 原爆の爆発力が最も高いという報告書 この点について、DPR、つまりウクライナ東部の新共和国の指導部から報告されていることを見てみよう。なお、この情報は(まだ)他の情報源によって確認されていない。

2022-04-12 09:30:12

しかし、確認されているのは、ちょうどそこで、釜から逃げ出そうとした米軍の少将が捕らえられたということである。彼の名は、ロジャー・L・クルーティエ米軍少将。そこで、原文のままメッセージを紹介する

2022-04-12 09:30:23

「ウクライナのクチマ元大統領の隠し子とされるオリガルヒ、リナト・アフメトフが所有するアゾフスタル工業地帯の下には、深さ30mまでのトンネルが24kmにわたって存在する。

2022-04-12 09:31:05

そこには、NATOの秘密施設PIT-404とNATOの秘密生物兵器研究所がある。PIT-404の施設にはNATOの将校がおり、トンネルには装甲バンカーシステムが装備されている。 NATOやフランス外人部隊の将校、バイオラボの従業員など約240人の外国人が入っている。アクメトフ氏が資金援助する彼らの護衛は、3千人

2022-04-12 09:31:42

マリウポルのアゾフスタル工場の下にあるバイオラボは、ハンター・バイデン、リナト・アクメトフ、ヴォロディミル・ゼレンスキーと関係のあるメタビオタ社が建設、運営するいわゆるPIT-404施設にある。

2022-04-12 09:31:55

この施設の実験室では、生物兵器の実験が行われていました。何千人ものマリウポリ市民が、この恐ろしい実験の「モルモット」となったのだ。そして、この非人道的な実験に参加したのは、主に西側の「専門家」たちだった。

2022-04-12 09:32:23

フランスの諜報員や特殊部隊の将校は、マリウポリから仲間を連れ出すことができなかった。だからマクロンは何度もクレムリンに電話して "人道的回廊 "を要求した。

2022-04-12 09:33:22

救出作戦で死亡したフランス情報部員もいる。フランス情報部のトップ、エリック・ヴィドーは、ウクライナ戦争におけるフランス情報部の失敗を理由に、2022年3月31日に解任された。

2022-04-12 09:33:30

米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、トルコ、スウェーデン、ポーランド、ギリシャの将校が、アゾフスタルの地下牢に閉じ込められている。

2022-04-12 09:34:04

最近、墜落したヘリコプターからDNR人民民兵に捕らえられたロジャー・クルーティア米中将は、トルコのイズミルにいる愛人の外部監視からマリウポルのロシアGRUとSVRに追跡された。

2022-04-12 09:34:11

諜報機関では「クルート」と呼ばれるウクライナ人が、旅の妻、腹心の友、通訳として将軍に常に同行していた。この女性がマリウポルに到着したとの情報が入るや否や、ロシアは軍事作戦を開始し、同市を封鎖した。"

2022-04-12 09:35:07

西側諸国は自ら説明しなければならないだろう このニュースはまだ独立して確認されてはいないが、多くのことを説明している。 通常、米国は米国人が殺されるたびにそれを戦争の理由とする。 しかし、ウクライナにはそれが当てはまらない。

2022-04-12 09:36:55

ロシアがリヴィウ近郊の訓練センターを破壊し、欧米の兵士がかなりの数死んだときでさえ、欧米諸国は声を上げなかった。NATO軍がウクライナで活動していることを認めざるを得なかったからだ。

2022-04-12 09:37:10

もちろん、マリウポルやアゾフ鋼も同様だ。しかし、そこでは、NATOにとって不安定な状況が続いている。彼らの国民は追い詰められており、弾薬が尽き、飢えがネズミを穴から追い出すのは時間の問題である。

2022-04-12 09:38:35

ロシアとドネツク人民共和国は、米国の少将と同じように、この人たちを生きたまま捕らえたいのだ。そうすれば、西側諸国は自国民がそこで何をしていたのか説明しなければならなくなるだろう。

2022-04-12 09:38:50

さて、クラマトルスクである。避難列車を待つ群衆の真ん中にミサイルが命中し、100人以上の市民が犠牲になった。恐ろしい犯罪です。なぜ、ブチャの死と同じように利用されないのでしょうか?

2022-04-12 09:39:45

ブッシャでは、シナリオが決まっていて、独立した調査が行われない限り、誰もがどのバージョンを信じるか自分で決めなければならない。

2022-04-12 09:40:09

クラマトルスクの場合は違う。ミサイルの残骸の写真とシリアルナンバーがあり、ロシアの説明が正しいことが証明されている。ロシア軍では長い間使用されていないタイプのミサイルです。

2022-04-12 09:40:23

そればかりではない。製造番号があれば、この兵器がどの基地から運ばれてきたかを証明することができ、ウクライナ軍が所有していたことは間違いない。だから、クラマトルスクは西側のシナリオから消えたのだ。

2022-04-12 09:41:11

さまざまなバイオラボの存在は、もはや否定できない。 戦争用品を供給することは、戦争当事者になることでもある。しかし、兵士が「トレーナー」として「だけ」であっても、積極的に関与することは別のことである。

2022-04-12 09:42:08

例えば、衛星画像を評価し、キエフの兵士に戦略的な情報を伝える専門家なのか?あるいは、自ら戦術的な指示を出すのだろうか。米国はこの戦争に介入しないと常に宣言している。しかし、「トレーナー」とマリウポリからもたらされた情報によって、これはすでに次の真っ赤な嘘となったのである。

2022-04-12 09:42:24

このように、ウクライナで自国の専門家が殺されたとき、アメリカがあまりに無表情に沈黙していても、驚くにはあたらない。

2022-04-12 09:42:36

ロシアがマリウポルの製鉄所の捕虜を世界に向かって発表するとき、NATO支持者がどんなプロパガンダの太鼓持ちで反応するかは興味深いところだ。さまざまなバイオラボの存在は、もはや否定できない。

2022-04-12 09:44:28

さらに、戦争に積極的に協力した、いや、積極的に参加した人々が提示されれば、NATOにとっては窮屈なことだろう。今回は結果が出るのだろうか。経験上、西側の独占的メディアも、アラブ地域におけるアメリカの嘘はすべて寛大に無視してきた。

2022-04-12 09:45:56

しかし、重要なのは、NATO以外の世界の人々が、誰が本当に邪悪な嘘つきなのかを知ることだろう。プーチンが適切に名付けたように、まさに「嘘の帝国」だ。

2022-04-12 09:46:11

これによってNATOはさらに孤立し、アメリカの帝国的犯罪を人道的な行為としてごまかすことが難しくなる。 すでに数年前から、「パクス・アメリカーナ」に服従したくないロシアに対して制裁戦争が行われている。

2022-04-12 09:48:09

ドイツはウクライナのために戦うことはなく、この根本的に腐敗した国家を支援することもできず、NATOのカルテルの中でロシアと戦うだけだ。どんな犠牲を払ってもで。

2022-04-12 09:48:59

遅くともベトナム戦争以来、私たちはアメリカの戦争犯罪に慣れっこになっている。そう、我々も最後のウクライナ人に至るまで、ロシアと戦っているのだ。

2022-04-12 09:49:14

記事はここまで。なぜ急に最近マリウポリに焦点が当たっているのか分からなかったが、要は米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、トルコ、スウェーデン、ポーランド、ギリシャの将校が、マリウポリのアゾフスタル製鉄所の地下牢に閉じ込められているからということなんだね。

2022-04-12 09:52:55

そして、なぜこれらの西側諸国の将校がマリウポリのアゾフスタル製鉄所に集まっているかというと、そこに西側諸国の専門家も関与している生物兵器研究所があるからだね。「ロシアがマリウポリを狙う理由」についての報道をみかけるが、大手メディアは絶対に本当のことを言わないだろう。

2022-04-12 10:01:57
シェア

自分の心が感じるままに。右にも左にも偏らず、シーソーの真ん中にいるような感覚で。思いのまま。ありのまま。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo

隅俊之/Toshiyuki Sumi @spreadarms
2034232022-03-11 13:35:03

マリウポリの病院空爆について、ロシアは「そこは過激派の拠点だと7日の安保理で言っていた」とする書簡を9日付で安保理に送っています。 生物兵器も、安保理で問題にしたという跡を残す狙いかもしれませんが非常に危険。会合ではロシアの「偽情報」が批判を受けそうです。https://t.co/VE9AfezQhx

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

たられば @tarareba722
3819492022-03-10 15:18:42

イズムィコ先生による昨日の日本記者クラブ講演、執筆論文から読み解くプーチンの思想信条や国際情勢の捉え方の予測、ウクライナ情勢分析と今後の見通し、最後の「日本にできること」。個人的に特に感銘を受けた点を書き残しておきます。 「ウクライナ」小泉悠・東京大学… https://t.co/pF7NGHvXji

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
46732022-04-04 18:48:10

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 2/7

藤原直哉 @naoyafujiwara
33912022-03-16 22:29:49

ロシアのタス通信が伝えるウクライナ情勢 https://t.co/y45L5o7s5Y 機械翻訳の一部 ・ロシア連邦のイスラム教組織の指導者たちは、ロシア指導部を支持し、ウクライナでの軍事作戦を全面的に承認することを宣言しています。

1/ 「キエフじゃなくてドンバス、最初も今もこの後も。」 これがロシアの一貫した戦略で、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています。 しかし、西側メディアのプロパガンダのせいで 現実が見えにくいので、この戦略をまとめてみます。 正義、悪とか関係なく、あくまで戦略の話です。

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1532522022-06-29 15:26:31

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター 今年2022年2月24日、ロシアは ❶ウクライナの非ナチス化 ❷ウクライナの非NATO化 という二つの明確な目的を挙げてウクライナに軍事介入しました。 あれから4ヶ月、今、ウクライナはどうなっているのでしょうか?

Priamal Fear @PriamalFear
362022-03-30 10:23:12

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ウクライナ代表団長のポドリャク氏は、イスタンブールでの交渉結果について"声明"を発表した。

kemofure @kemohure
821852022-03-27 09:23:16

NHK 日曜討論 小泉悠「最初はロシアの方が圧倒的に強いと思われていたがそうはなっていない。ウクライナの政権を打倒して傀儡政権を作る目標が全く達成できない。国家主権を具現する首都キエフを落とせていない」

藤原直哉 @naoyafujiwara
5132022-03-16 06:54:30

ロシアのタス通信が伝えるウクライナ情勢 https://t.co/tNyaeQQLL7 機械翻訳の一部 ・ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、火曜日、キエフでピョートル・フィアラ、ヤネス・ヤンシャ、マテウシュ・モラヴィエツキというチェコ、スロヴェニア、ポーランドの首相と会談しました。

ウクライナ危機、安保理10回目の会合が始まります。ロシアの要請です。このスレッドで速報していきます。 フランス大使の言葉が、会合の異質さを物語ります。 「ロシアがまた偽情報、情報操作、フェイクニュースを戦略として使っている。会合で事実を確立することになる」 https://t.co/WjINgxEgei

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

emuzu @emuzuchan
1143832022-07-21 15:49:27

2022年7月21日GCRによる共和国の復活 陸軍長官で米国臨時軍事政府の責任者であるクリストファー・ミラー将軍によると。 2020年11月3日、米国選挙は、軍が集計した透かしの入った投票用紙で証明されたように、50州すべてでドナルド・トランプ大統領が勝利した。

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

001 @jyunsuiisiki
002022-03-04 20:37:41

米国(バイデン民主党)はメディア操作中、そしてバイオラボへ資金提供していた記録を消し忘れる慌てぶり😂 ↓↓↓ https://t.co/VstHJD6O3e USAトゥディは「SNSで出回っている”ウクライナの生物研究所に米国政府が資金提供している”という情報はロシアによるフェイクニュースキャンペーンである」という

1989年から続く浅田彰さんとの「憂国呆談」(4月5日発売『ソトコト』3月19日校了)で「🇷🇺ロシアのウクライナ侵攻と各国の対応🇺🇦」を語っています。現状の政治・経済・報道に鑑み小生の発言部分を連ツイでお伝えします。 前号までの「憂国呆談」バックナンバーはこちらから⏩ https://t.co/UOpa8Rhvcf