「ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galee…」仮蔵のスレッド

8551,5092022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

Why Russia is losing this war? First I'll discuss why Russia *is* losing. Then I'll give my version of how it could happen. The key to understanding lies in the Soviet/Russian military doctrine. It gives context for current events and helps to predict further Russian actions🧵

2022-04-07 18:09:49

まとめ1: 現状の振り返り:スレッド1〜30 ・キーウはじめ北部からロシア軍撤退 ・ロシア側発表「第一段階は成功裏に終わった」 ・実態は... ・移動速度の遅い兵器は置いて、あわてて撤退 ・支配できていたのは道路のみ ・親ロ派司令官も認める「ウクライナは一枚上手」

2022-04-07 18:10:06

まとめ2: ロシア軍が負けている理由:スレッド31〜60 ・ロシア軍はソ連軍の焼き直し ・核戦争を想定した兵器→放射線は防御できるが装甲が薄い ・じゃがいも収穫も軍の役割→戦争より農作業がうまい人が昇進 ・治安維持のための軍→「プラハの春」のつもりで侵攻したら反撃されて大ごとになった

2022-04-07 18:10:20

まとめ3:スレッド61〜85 ウクライナは強くなった: ・ロシアの侵攻を予見。ポーランドの領土防衛策を導入 ・マリウポリの補給→低空飛行ヘリで弾薬を運び込み、負傷者を運び出す ・ベルゴロドの石油基地→低空飛行ヘリで爆撃成功 ロシアが過大評価された理由=馴れ合いフィードバックと批判者の不在

2022-04-07 18:10:35

1/85 なぜロシアは負けているのか? まず、なぜロシアが「負けている」のかについて述べる。それから、なぜそうなったのか、私なりの見解を述べる。理解の鍵は、ソ連とロシアの軍事ドクトリンにある。それは現在の出来事に文脈を与え、ロシアの次の行動の予測に役立つ。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

Why Russia is losing this war? First I'll discuss why Russia *is* losing. Then I'll give my version of how it could happen. The key to understanding lies in the Soviet/Russian military doctrine. It gives context for current events and helps to predict further Russian actions🧵

2022-04-07 18:10:56

2/85 ロシア連邦通信社の地図には、大規模な撤退が描かれている。どうやらロシアは、キーウを占領してウクライナを掌握するという当初の計画を断念したようだ。従って、Z作戦の政治的目標は達成できなくなった。ウクライナでの政権交代と(部分的な?)併合は実現しない。 https://t.co/UdjfJtHXPD

Maps of Russian Federal News Agency show a massive retreat. Apparently, Russia abandoned its initial plans to capture Kyiv and take control of Ukraine. Thus political goals of Z-operation can't be achieved. Regime change and (partial?) annexation of Ukraine are not gonna happen

2022-04-07 18:11:25

3/85 さらに興味深いのは、説明のトーンが変わっていることだ。ご覧のように、4月2日までは「特別作戦の成功(успехи)」の地図を掲載していた。4月2日以降は、その「実行」(проведение)の地図である。確かに、こんな急速な撤退では、成功は主張できない。 https://t.co/7xjkAPBabt

What is even more interesting, the tone of description has changed . As you see, until April 2 they had been posting maps of "successes (успехи) of the Special Operation". Since April 2 - of its "execution" (проведение). Indeed, this rapid retreat doesn't allow to claim success

2022-04-07 18:11:59

4/85 ロシア側は撤退をどう説明したのだろうか。フォミン大佐はこう語った: 「我々はキーウとチェルニヒフ方面での軍事活動を数回に分けて根本的に縮小することにした。キーウが対応する決定を下し、将来の協力のための条件を整えることを想定している」 https://t.co/bM6CjsS0SA

How did Russians explain the retreat? Colonel General Fomin told: "We decided to radically, for several times decrease our military activities on Kyiv and Chernihiv directions. We assume that Kyiv will take corresponding decisions and create conditions for future cooperation"

2022-04-07 18:12:31

5/85 しかし、それはディエスカレーションを意味しない。PR屋のショイグは、特殊作戦の第一段階は「成功裏に終了した」と報告した。ウクライナ軍の軍事力は弱体化した。そのため、ロシアはその主な目標である「ドンバスの解放」に力を注ぐことができるというわけだ。 https://t.co/lergARczVU

That doesn't mean deescalation however. PRmaxer Shoygu reported that the first stage of Special Operation is "successfully completed". Military capacities of Ukrainian army weakened and thus Russia can concentrate its effort on its main goal - "liberation of Donbass"

2022-04-07 18:12:48

6/85 すでにロシアの成功を祝福する声もある。「特殊作戦の目的は、我々が考えていたよりも限定的だった」と結論付けて。これは教科書通りのコピペだ。当初宣言したZゴールは達成されていない。したがって、達成されたものは何でも本当のゴールとして描かれる。 https://t.co/TjNDNZfEiI

Some already congratulated Russia with its success, concluding that "the goals of Special Operation were more limited than we had thought". That's a textbook copium. The initially declared Z-goal has not been achieved, thus whatever has been achieved is portrayed as the real goal

2022-04-07 18:13:12

7/85 多くの親ロシア派は、北からの撤退は天才的だと主張する:ロシア軍は東部で大規模な攻撃を行うために再編成するのだ。間違ってはいない。実際ロシア軍は東部のドンバスで攻撃を行う「だろう」。だが、これらのアナリストは、必要に迫られ武勇を作り出しているだけだ。 https://t.co/piTnTwNLVX

Many pro-Russian observers argue that the retreat from the North is a genius move: Russians are regrouping for a major assault in the East. That's not wrong. Indeed, Russians *will* attack in the East, in Donbass. However, these analysts seem to make virtue out of a necessity

2022-04-07 18:13:30

8/85 北方からのロシアの撤退は、計画的な動きには見えない。データはない。しかし放置されたロシアの車両の写真から判断すると、大砲、ロケットランチャー、防空システムなど、高速で移動できないものを置き去りにして逃げている。 https://t.co/Sgvgq9SSu2

Russian retreat from the North doesn't look as a premeditated move. I don't have data but judging from the photos of abandoned Russian vehicles https://t.co/7ZHTeG5Ype they are fleeing leaving whatever that can't move fast: artillery, rocket launchers, air defense systems

2022-04-07 18:14:06

9/85 どうしてそうなった?この質問には、ロシアが撤退する「前」、戦闘行為がどのように進行したかを解明する必要がある。ロシアが支配したのはどんな地域だったか。アナリストたちはロシアが支配する「道路だけ」の地図を、明らかに親ウクライナ派のコピペだと嘲笑した。 https://t.co/k6QOga7NPr

How could it happen? To answer this question, we'll need to figure out how did the hostilities go *before* the Russian retreat. What territory did the Russians control? Analysts mocked such "just the roads" maps of Russian-controlled territory as an obvious pro-Ukrainian copium

2022-04-07 18:14:44

10/85 だが「道路だけ」の地図は極めて正確で、アナリストは間違っていた。(親ロ派司令官)ストレルコフは「連続した領土」神話を否定し、少なくとも北部ではロシア軍は「道路に沿った細長いもの」だけを支配していたという。ロシアは確かに「道路だけ」を支配していたのだ。 https://t.co/ENapSMGs6i

And yet, "just the roads" maps were quite accurate and the analysts were wrong. Strelkov debunks "contiguous territory" myth and argues that at least in the North Russians controlled only the "long narrow appendixes along the roads". Russian, indeed, controlled "just the roads"

2022-04-07 18:15:22

11/85 ストレルコフによると、ロシア軍は北部の高速道路間の領域を支配しておらずチェルニヒフやスミのような都市を孤立させていなかった。そのため1940年冬戦争でのソ連軍壊滅のシナリオが再来する恐れがあった。当時はるかに小規模のフィンランド軍に孤立させられたのだ。 https://t.co/liLJb0inUX

According to Strelkov, Russians didn't control the territory between the northern highways and haven't isolated cities like Chernihiv and Sumy. Thus they risked repeating a scenario of the Winter War 1940 when much smaller Finnish forces isolated and decimated the Soviet invaders

2022-04-07 18:15:49

12/85 フィンランド人は冬にゲリラ戦術でソ連軍を撃破した。ウクライナ人はまもなく、夏のзеленка、「緑」の時期に同様の戦術を用いることができるだろう。木々が葉で覆われるため、ウクライナのゲリラがロシアの正規軍に対して優位に立つことができる。 https://t.co/yrfumwqVZt

Finns destroyed the Soviet troops using guerilla tactics in winter. Ukrainians will soon have an advantage of using similar tactics in summer, during зеленка, "the green". Trees being covered with leaves will give an upper hand to the Ukrainian guerillas over the Russian regulars

2022-04-07 18:16:12

13/85 ストレルコフは、ロシア軍はドンバスで再編成して再び攻撃するために、北から撤退するしかないと結論付けている。 (ロシア軍がスミ地区から退却しているのが見える。この北東方面では、ロシア軍の撤退はキーウやチェルニヒウよりも組織的であるように見える) https://t.co/jDSFIf2NBJ

Strelkov concludes that Russians have no choice but to retreat from the North in order to regroup and attack again in Donbass (you see Russians retreating from the Sumy area. On this northeastern direction Russian retreat seems to be more organised than in Kyiv or Chernyhiv)

2022-04-07 18:16:32

14/85 ストレルコフ「しかし正直なところ、戦争の黄金期である最初の1ヶ月を失った。我が軍はドンバスでウクライナ軍を包囲し、破壊することができるか疑問だ。残念ながら、見たところウクライナ軍の指揮はロシア軍よりも一枚上手だ」 https://t.co/H4p0VmQ7Wz

"But honestly I doubt that after losing the golden first month of the war, our troops will manage to surround and destroy the Ukrainian force in Donbass. Unfortunately I see that Ukrainian military commandment is acting an order of magnitude more competently than the Russian one"

2022-04-07 18:17:05

15/85 なぜこうなった?あれほど優れているように見えたロシア軍がウクライナで惨敗したのはなぜだ?もちろん全く失敗してないという人も多い。偶然にも、そのような人々は、数日〜数週間のうちにウクライナが崩壊すると予測していた。今、彼らは都合よくそれを忘れている。 https://t.co/QNs2lNyi3p

How could it happen? How could seemingly so much superior Russian army fail in Ukraine miserably? Of course, many argue it didn't fail at all. Coincidentally, those very people usually predicted a Ukrainian collapse within few days or weeks. Now they convenienty forgot it ofc

2022-04-07 18:17:25

16/85 多くのアナリストがZ戦の行方を正しく予測できなかったのは、3つの要因による。第一に、彼らはロシア・ソ連軍を大幅に過大評価(というより誤解)していた。第二に、ウクライナの軍隊を過小評価したことである。第三に、彼らはロシアの政治的目標を無視した。 https://t.co/Pp5wrkGp8f

The failure of many analysts to correctly predict the course of Z-war resulted from three factors. First, they greatly overestimated (or rather misunderstood) the Russian-Soviet army. Second, they underestimated the Ukrainian one. Third, they ignored the Russian political goals

2022-04-07 18:17:51

17/85 ロシア軍はソ連軍の表面的な改革に過ぎない。ソ連軍は下記の目的のためのマルチタスクツールであった: 1. 核戦争に勝つ 2. ジャガイモの収穫 3. 衛星国家の治安維持 マルチタスクツールは通常、いずれの機能においても「さほど」優れているわけでもないことに注意。 https://t.co/U18neBHX1H

Russian army is just superficially reformed Soviet army. And the Soviet army was a multitask tool designed for: 1. Winning the nuclear war 2. Picking potatoes 3. Pacifying satellite states Consider that multitask tools are usually not *that* great in either of their functions

2022-04-07 18:18:46

18/85 ソ連軍は核戦争を想定して設計されていた。そのため陸軍のすべての部門は核兵器を大量に使用する戦争のために開発された。通常戦争とは全く異なるものだ。この違いを、ソ連のIFVであるБМП-1 (BMP-1) の例で説明しよう。 https://t.co/bPZY3lLcAe

Soviet army was designed for the nuclear war. Thus all the army branches were developed for the war that would involve mass employment of nukes. Which is completely different from a conventional war. Let me illustrate this difference on example of a Soviet IFV - БМП-1

2022-04-07 18:19:12

19/85 BMP-1はソ連・ロシア軍で最も多く使用されたIFVだ。 また、最も深く忌み嫌われている車種でもある。略称のБМПはБоевая машина пехоты(歩兵の戦闘車)を意味するが、前線兵士はБратская могила пехоты(歩兵の集団墓地)と呼んでいた。 https://t.co/5Z3rsK32ap

БМП-1 has been the most common IFV in the Soviet/Russian army. It also has been the most deeply hated one. While its abbreviation БМП means Боевая машина пехоты (Fighting vehicle of the infantry), frontline soldiers called it Братская могила пехоты (Mass grave of the infantry)

2022-04-07 18:19:35

20/85 アフガニスタンでもチェチェンでも、兵士は装甲の中に入るより、装甲の上に乗ることを好んだ。なぜか?装甲は軽火器、特に前方からの攻撃から十分に身を守ることができる。しかし、側面の装甲は非常に弱く、機関銃や砲弾の破片で壊されることがよくあった。 https://t.co/SkzFWgdRT5

Both in Afghanistan and in Chechnya soldiers preferred to ride on the armor rather than inside. Why? Well, the armor gave enough protection from light weaponry, especially from the front. But the armor on the sides was so weak that machines guns or shell fragments often broke it

2022-04-07 18:19:59

21/85 さらに悪いことに、BMP-1では、爆発性の高い弾丸や地雷をほとんど防護できない。地雷が爆発したら、兵士は外に出られず、中で焼け死ぬことになる。なぜか?それは全く人間工学的でなかったからだ。信じられないほど窮屈だったのだ。 https://t.co/2pvs0Uic9j

What is worse БМП-1 offered almost zero protection from the high explosive projectiles or from the land mines. In case of mine explosion, soldiers wouldn't be able to get out and would burn alive inside. Why? Largely because it was not ergonomic at all. It was incredibly cramped

2022-04-07 18:20:19

22/85 ソ連は人間工学をあまり気にしなかった。それなのに、多くのBMP-1が東ドイツに買い取られ、その後、ドイツに継承された。ドイツ軍はこれをBMP-1A1 Ostとして近代化しようとした。安全性と人間工学に重点を置いて。だが、人間工学の大幅な改善はかなわなかった。 https://t.co/DFBEalpeRC

In the USSR they didn't care much about the ergonomics. And yet, a number of БМП-1's was acquired by the DDR and then inherited by the FDR. Germans tried to modernize it into BMP-1A1 Ost concentrating on safety and ergonomic qualities but couldn't improve the latter substantially

2022-04-07 18:20:40

23/85 さて、なぜソビエトはこのような脆弱な車両を開発し、大量生産したのだろうか?なぜ彼らは2万台近い BMP-1 を製造したのか?それは、彼らが核戦争に備え、BMP-1が核戦争のために特別に設計されたからだ。核戦争マシンの性能は通常戦争では低いのだ。 https://t.co/E9Z2cXZtae

Now why would the Soviets develop and them mass produce such a vulnerable vehicle? Why did they build almost 20 000 of БМП-1? Well, because they prepared for the nuclear war and БМП-1 was specifically designed for it. For-nuclear war machine performed poorly in a conventional war

2022-04-07 18:20:58

24/85 ソ連の核戦争計画について説明しよう。核戦争は、陸軍の全兵科の協調的な努力によって行われなければならなかった。核戦争は、「作戦の主要な内容」を構成する戦略核兵器による攻撃で開始されなければならない。 https://t.co/uBNMnF6kRi

Let's discuss Soviet nuclear war plans. Nuclear war had to be performed by the coordinated efforts of all the army branches. It had to commence with the strikes by the strategic nuclear weapons which would constitute "the main substance of the operation"

2022-04-07 18:21:33

25/85 しかし、戦略核攻撃後は、陸上攻勢と空挺作戦を行わなければならなかった。通常戦争では、ソ連の攻勢は移動弾幕射撃によって援護されなければならない。核戦争では、戦術核を使った移動弾幕射撃になる。 https://t.co/gtPOSxXfVI

However, after the strategic nuclear strikes, the army had to perform the land offensive and the VDV airborne operations. In conventional war, Soviet offensive had to be facilitated by the rolling barrage fire. In a nuclear war - by the rolling barrage fire with the tactic nukes

2022-04-07 18:22:01

26/85 移動弾幕射撃は、移動する砲撃の壁(огневой вал)で敵を破壊し、後ろに続く陸上攻撃の防御幕として機能するものだ。 第一次世界大戦、第二次世界大戦で広く用いられた。第三次世界大戦でも使わざるを得ないが、現代では戦術核兵器を使うことになる。 https://t.co/WgAxJ4OoQA

The rolling barrage fire is a moving wall of artillery fire (огневой вал) which destroys the enemy and acts as a defensive curtain for the land assault that follows behind. It was widely used in WWI, WWII and had to be used in WWIII, too, but now with the tactic nuclear weaponry

2022-04-07 18:22:20

27/85 ソ連軍は、核の移動弾幕射撃に覆われて進まなければならない。核の荒れ地を進むために特別に設計されたのだ。BMP-1は、放射能から身を守るために多くの防護策を持っていた。しかし、川も泳いで渡れるようにと、装甲はほとんど積んでいない。 https://t.co/rfZGzFdLhH

Soviets troops had to advance covered by the nuclear rolling barrage fire. Thus they were designed specifically to advance through the nuclear wasteland. БМП-1 had a lot of protection from the radiation. However, it carried little armor to be able to swim across the rivers

2022-04-07 18:22:42

28/85 ソ連軍はインフラが破壊された後の、核の不毛地帯を進まなければならなかった。そのため、車両には多くの放射線防護を施し、装甲はほとんど施さなかった。核の荒れ地では、どうせ大した抵抗は起きない。 (放射性物質を除去する訓練をするソビエト人) https://t.co/eUqSPxijEW

Soviet troops had to advance through the nuclear wasteland with obliterated infrastructure. Thus vehicles had to bear a lot of radiation protection and little armour. There would be not much resistance in a nuclear wasteland anyway (Soviets train to cleanse the radioactive dust)

2022-04-07 18:23:09

29/85 通常戦争では、ソ連軍の利点はほとんど役に立たない。放射線も少ない。それなのに、通常戦争に投入された核戦争用車両は、弱い装甲「が」大きな欠点になっている。そのため、兵士は手作りの保護具を取り付けなければならない。アサドのBMP-1を参照。 https://t.co/b994jzGV5i

In a conventional war most Soviet advantages are useless. There's not much radiation there. And yet, weak armour *is* a huge drawback of for-nuclear-war vehicles thrown into a conventional war. Thus soldiers have to install handmade protection. See БМП-1 on Assad's service

2022-04-07 18:23:31

30/85 ウクライナにいるロシア軍の車両の写真をググってみよう。似たような手作りの「なんちゃって」保護具を装備した車両が山ほどひっかかる。これなどまだましな方だ。戦車やIFVには、もっとひどい装備もある。ロシアは準備不足のまま通常戦争に突入してしまった。 https://t.co/IuOkcxyE0L

You can google tons of photos with the Russian vehicles using the same handmade installations to get *some* protection in Ukraine. This is a better designed one, you can see much worse installations on tanks and IFVs. Russians got into a conventional war they weren't prepared for

2022-04-07 18:23:56

31/85 ある意味、私はソ連・ロシア軍の運命を深く詩的に感じている。それは核戦争を想定して設計された。彼らは何十年にもわたって核のホロコーストの準備をしてきたのに、それを経験する機会がなかったのだ。まるで作家ブッツァーティの作品のプロットのようだ。 https://t.co/WWg4hUToCR

In a sense I find the fate of the Soviet/Russian army deeply poetic. It was designed for a nuclear war. They prepared for the nuclear Holocaust for decades and yet never had a chance to experience it. That reminds me of a certain Buzzati's plot of course

2022-04-07 18:24:21

32/85 核戦争以外にも、ソ連軍にはいろいろな役割があった。その1つが、ジャガイモの収穫だ。文字通りの意味でも、比喩的な意味でもだ。軍隊は、ソビエト経済と労働市場におけるあらゆるスキマを埋めることを命じられた。それがジャガイモを収穫することだ。 https://t.co/i2hKox372j

Apart from waging the nuclear war, Soviet army had other functions as well. One of them was - picking potatoes. I mean it both literally and metaphorically. The military had to fill any gaps in Soviet economy and in labor market they were ordered to fill. They would pick potatoes

2022-04-07 18:24:52

33/85 春から晩秋まで、ソ連軍は農作業に追われた。シベリアからウズベキスタンまで、広大な土地を耕し、水をやり、収穫する。誰も逃げられない。ハンガリー駐留の華やかな空挺軍も、クバンの畑で働かなければならなかった。 https://t.co/BFZ9uy05Y1

Since the spring till late autumn Soviet army was busy with agricultural works. They would plough, water, harvest on huge spaces from Siberia to Uzbekistan. Nobody could escape. Even so much glorified VDV stationed in Hungary had to work on Kuban fields (soldiers harvesting hay)

2022-04-07 18:25:10

34/85 誰も農作業から逃れられない。核ロケット隊員、海軍水兵隊員、空挺隊、ヨーロッパ駐留軍、すべて車両と人員を畑に送り込まなければならなかった。つまり、農繁期には、ソ連の軍事力は非常に低下していたのである。 https://t.co/JO6K2prIDs

Nobody could escape agricultural wok. Nuclear rockets personal, Navy sailors, VDV, troops stationed in Europe all had to send their vehicles and men to the fields. In practical terms it meant that during the agricultural season Soviet military capacities were very low

2022-04-07 18:25:29

35/85 それは、昇進にも影響した。軍隊は畑で働かなければならない。したがって優秀な将校ではなく、優秀な農業経営者が昇進した。ソ連が崩壊した時、陸軍が奇妙なほど無為無策だったのもこのためだ。1991年8月。兵の多くが畑にいたのだ。 https://t.co/3KR86ZIwci

It influenced promotions, too. Since army had to toil on the fields, it is the good agricultural managers who were promoted instead of good officers. This also explains a strange inaction of the army during the fall of the USSR. It was August 1991 and much of it was on the fields

2022-04-07 18:25:47

36/85 最後に、ソ連・ロシア軍は衛星国での治安維持活動を行わなければならなかった。それがZ作戦の論理の背景だ。それは戦争とした計画ではない。1968年のドナウ作戦をモデルにした治安維持作戦としての計画だ。ロシアの情報源はそれについて非常にオープンだ。 https://t.co/iIk7cqIA3V

Finally, Soviet/Russian army had to perform pacifications in the satellite states. It gives context for the logic of Z-operation. It wasn't planned as a war. They designed it as a pacification modelled after the Operation Danube, 1968. Russian sources are quite open about it

2022-04-07 18:26:02

37/85 引用: 「チェコスロバキア-68を想定した作戦。 四方八方から入り込み、新政府を打ち立てる。しかし、うまくいかなかった。丸1ヶ月間、我々は何も問題がないふりをし、小さな軍隊で勝利を得ようとした。8方向同時の全面戦争への備えもないのに」 https://t.co/xcExAiqK0q

"Operation was designed as the Czechoslovakia-68. Enter from all directions, put the new government. It didn't work out. For an entire month we pretended everything's alright and tried to win with a small force not prepared for a full scale war on eight directions simultaneously"

2022-04-07 18:26:40

38/85 これは、ディミトリエフの言葉だ。もともと親ロシア派のウクライナ人だった彼は、その後ロシアに逃れ、反乱の準備をした。彼はロシア軍に従う政治家の一人で、ロシアが支配した後に国の新政権樹立を目論んでいた。今、彼は自分たちが失敗したことを知っている。 https://t.co/oBAaYxH2M5

That was a quote by Dimitriev. Originally a pro-Russian Ukrainian he later fled to Russia and prepared a revanche. He was one of politruks who were following the Russian army and aimed to form a new administration of the country once Russians take over. Now he knows they failed

2022-04-07 18:26:58

39/85 ロシアのオブザーバーは、Z作戦が1968年のドナウ作戦をモデルにしていることを公言している。ドナウ作戦がZ作戦の基準であると声高に主張する西側のアナリストは、私が知る限り数少ない。その一人がエドワード・ルットワックだ。まさにその理由でロシアの失敗を予言した https://t.co/epo1kKDUO0

While Russian observers are pretty open about Z-Operation being modeled after the Danube 1968, only few Western analysts that I know of openly refer to the Danube as a benchmark for Z-Operation. One of them is Edward Luttwak who predicted Russian failure exactly for that reason

2022-04-07 18:27:27

40/85 ロシアはウクライナでの素早い勝利を目指したが、電撃戦の計画はなかった。戦争にする計画は全くなかったのだ。それは「ドナウ作戦」のコピペなのだ。ソ連が反体制派のチェコスロバキアを鎮圧し「プラハの春」を終わらせたときの。比喩ではない。文字通りの意味だ。 https://t.co/f3kKeDfP6w

While Russia aimed for a quick victory in Ukraine, it wasn't planned to be a Blitzkrieg. It wasn't planned to be a war at all. It was a copypaste of "Danube" when USSR pacified the dissident Czechoslovakia and finished the Prague Spring. I mean it literally and not as a metaphor

2022-04-07 18:27:53

41/85 Z作戦とドナウ作戦の共通点は?まず、その政治的目標だ。どちらのケースでもモスクワが不満を持っていた。東欧諸国の政治的リーダーシップと、その自由すぎる規制緩和された政治生活に。それは受け入れがたいことであり、止めなければならないことだった。 https://t.co/eIARY3chfq

What is in common between Z-Operation and Danube? Well, first, their political goals. In both cases Moscow was discontent with the political leadership of an Eastern European country and with its too free and deregulated political life. That was unacceptable and had to be stopped

2022-04-07 18:28:22

42/85 チェコスロバキアでもウクライナでも、モスクワは警察活動によって「カオス」(=規制緩和された政治生活)を力づくで止めようとした。衛星国家と認識される国において。この警察作戦は軍隊の動員が不可避だったが、非常に迅速に、最小限の抵抗と銃撃で行われた。 https://t.co/m9AZinJGiL

Both in Czechoslovakia and in Ukraine Moscow intended to stop "chaos" (=deregulated political life) in a perceived satellite state by force via a police operation. This police operation had to be conducted by the army but very quickly, with minimal resistance and minimal shooting

2022-04-07 18:28:44

43/85 抵抗を最小限にするためには、侵攻は予期せぬものでなければならない。そのため、侵攻の準備は2回とも「大演習」で偽装された。Z侵攻は「ベラルーシでの合同演習」、ドナウ侵攻は「ネマンの大演習」として。後者はチェコスロバキアの国境に巨大な戦力を集結できた。 https://t.co/tdBBFVN6Gt

To minimise resistance your invasion should be unexpected. That's why preparation for invasion was both times disguised by "manoeuvres". Z-invasion - by "Union Resolve" in Belarus, "Danube" - by "Neman" manoeuvres which allowed to lowkey amass huge forces on Czechoslovak border

2022-04-07 18:29:22

44/85 1968年も2022年も、兵士たちは自分たちがどこに向かっているのか知らなかった。指揮官でさえも知らなかった。侵攻の直前、指揮官は無線で"Vltava-666"という命令を受けた。それは、秘密命令が入った封書を開封し、直ちに実行せよ、という意味だったのだ。 https://t.co/Mjc2dMjMi0

Both in 1968 and in 2022 soldiers didn't know where they're going. Even their commanders didn't know. Immediately before the invasion commanders received a radio command "Vltava-666" which meant they should unpack a sealed mail with a secret order and execute it immediately

2022-04-07 18:29:51

45/85 1968年のチェコスロバキアでも2022年のウクライナでも、占領者は自分たちと被占領者の車両を区別するのに苦労した。そのため2022年には「Z」、「V」、「O」などのマークを、1968年には白いストライプを車両に付けた。これは「自軍」と「敵軍」を区別するためのものだ。 https://t.co/JAUDfZxWFi

Both in Czechoslovakia 1968 and in Ukraine 2022 occupiers would have problems with distinguishing their vehicles from those of the occupied. Thus in 2022 they marked their vehicles with "Z", "V", "O" etc and in 1968 - with a white stripe. That was to distinguish *us* from *them*

2022-04-07 18:30:11

46/85 チェコスロバキアでは、白いストライプのない現地軍の車両は無力化し、抵抗すれば破壊するよう命じられた。一方、ソ連はNATO軍に遭遇しても絶対に攻撃してはいけないとされた。2022年にも同様の指示があっただろう。 https://t.co/vpoWGQjoPW

In Czechoslovakia they ordered to neutralize any local military vehicles without white stripes and to destroy them if they resisted. Meanwhile Soviets were absolutely prohibited from attacking NATO forces if they encounter them. It's likely similar instructions were given in 2022

2022-04-07 18:30:25

47/85 ドナウ作戦もZ作戦も、空挺隊が空港を攻撃するところから始まった。1968年、ソ連の輸送機が「事故」を理由にプラハに緊急着陸を要請した。プラハはそれを許可した。飛行機が着陸し、空挺隊が上陸して空港を占領し、他の侵攻部隊がスムーズに上陸できるようにした。 https://t.co/9Hpz1LmoQQ

Both Danube and Z-operation started with VDV attacking airports. In 1968 a Soviet transport plane asked for emergency landing in Prague because of an "accident". They allowed it. Plane landed, VDV disembarked and captured the airport to allow other invaders to disembark smoothly

2022-04-07 18:30:56

48/85 Z作戦も同じように始まった。作戦は爆撃で始まり、ロシア空挺軍が主要な空港に空挺部隊を降下させた。彼らがキエフ近郊のホストメル空港を攻撃しているところを見てみよう。ここに大きな違いがある。ウクライナ軍は直ちに発砲したのだ。 https://t.co/xgM8KsXXDO

Z-operation started in a very similar way. Operation started with bombings and with Russian VDV disembarking their paratroopers in key airports. Here you see them attacking Hostomel airport near Kyiv. And yet, here you see the major difference: Ukrainains immediately opened fire

2022-04-07 18:31:25

49/85 ロシア側から見たウクライナの空港への最初の空爆の様子。ご覧のように、Z作戦の初期段階は、ドナウ作戦と同じような展開だった。輸送ヘリコプターを大量に使用し、空港を制圧し、空から多くの部隊を輸送する。 https://t.co/DVu2bMfHUs

That's the initial airborne attack on a Ukrainian airport from the Russian POV. As you see, on its initial stages Z-operation went similar to the Danube, just with massive use of transport helicopters: take control over the airports and them bring more troops by the air

2022-04-07 18:31:53

50/85 しかし、Z作戦における空襲は、ドナウ作戦よりもモスクワにとってずっと悪い結果になった。ウクライナ軍はロシアの空挺軍を前に、より覚悟を決めていたのだ。結局、空挺部隊は本来、正規軍に対抗できない、見せかけの警察部隊だ。破壊されても不思議はない。 https://t.co/IOOhWezs2r

But the air attack during Z-operation turned out much worse for Moscow than the Danube. Ukrainians were more prepared to face Russian VDVs. After all, paratroopers are essentially a glorified police force unable to stand against the regular army. No wonder they were destroyed

2022-04-07 18:32:22

51/85 2022年の陸上侵攻も1968年をモデルにしているが、準備はもっと悪かった。1968年のチェコスロバキアでは、50万人の巨大な軍隊が2つの部隊に分かれて攻めてきた。25万人の第一部隊が進撃し、次に第二部隊がやってきて領土を占領し、補給線を確保した。 https://t.co/ueKit5WP3P

Although the land invasion 2022 was modelled after 1968, it was worse prepared. In 1968 Czechoslovakia was attacked by an enormous force of 500 000 coming in two echelons. First echelon of 250 000 pushes forward, second one come next, occupies territory and secures supply lines

2022-04-07 18:32:44

52/85 Z侵攻は、はるかに少ない兵力で行われた。2月下旬、ウクライナとの国境を越えたロシア兵はわずか16〜19万人。1968年と同様、彼らは突き進んだ。だが、第1部隊の背後の陣地を占拠し、補給線を確保するはずの第2部隊は来なかった。なぜか。それが存在しなかったからだ。 https://t.co/JdOXchagkM

Z-invasion proceeded with far smaller force. Only 160-190 thousand Russian soldiers crossed the border with Ukraine in late Feb. Like in 1968, they pushed forward. But no second echelon came to occupy territory behind the first and secure the supply lines. Because it didn't exist

2022-04-07 18:33:07

53/85 プーチンはウクライナ人が降伏すると思っていた。抵抗するとは思っていなかった。プーチンと一部の西側のアナリストはドンバスの大惨事による文化的影響を過小評価していた。東ウクライナの親ロシア感情は消え去っていたのだ。ドンバスでのロシア支配は悪夢と化した。 https://t.co/erjzJE8M6v

Putin didn't expect resistance thinking Ukrainians would just run surrender. Putin and some Western analysts underestimated the cultural impact of Donbass catastrophe that obliterated pro-Russian sentiments in East Ukraine. Russian rule in Donbass turned out to be the nightmare

2022-04-07 18:33:36

54/85 ロシアの公式プロパガンダでさえ、ロシアがウクライナの大衆感情を見誤っていたことを認めている。彼らは、ウクライナ人はつまるところロシア人であり、ウクライナの独立は単なる茶番だと誤って信じていた。一方、彼らは思いがけず、辛辣で断固とした抵抗に遭遇した。 https://t.co/tCA0PMFQ1J

Even the Russian official propaganda admits that Russians misjudged the mass sentiments in Ukraine. They wrongly believed that Ukrainians are just Russians and Ukrainians independence is just farcical. Meanwhile, they unexpectedly met a bitter and determined resistance

2022-04-07 18:34:08

55/85 はるかに小さな兵力で行われたドナウ型の侵攻は、失敗に終わった。なぜか?ウクライナ人はそれを予見していたからだ。彼らはゲリラ戦と敵の深部後方で活動するための準備をした。ポーランドを模範とした領土部隊の構想は、このような戦争を想定したものだったのだ。 https://t.co/BFH2csLobs

Danube-styled invasion with much smaller force was a mistake. Why? Because Ukrainians saw it coming. They prepared for the guerrilla war and for operating in a deep rear of the enemy. The entire concept of territorial troops modelled after Poland was aimed to this type of war

2022-04-07 18:34:37

56/85 Z軍が未占領地を残しながら進軍したことで、ウクライナ軍が準備していた通りの戦争ができたのである。その結果、彼らは本格的なゲリラ戦を開始し、ロシアの補給隊や陸軍の隊列を荒らし回った。下記ビデオを参照。 https://t.co/hgPFsw9HlD

Z-army pushing forward and leaving the unoccupied territory behind gave an opportunity to launch exactly that type of warfare Ukrainians had been preparing for. As a result they started a full scale guerrilla war ravaging Russian supply convoys and army columns. Watch this video:

2022-04-07 18:35:09

57/85 もうひとつ驚いたことがある。都市や特に工業地帯の陣地では、守備側が闘志を燃やしていると、突撃が難しいということだ。非常に激しい砲撃を行なっても、戦い続けるために十分な数の防御者が生き残ってしまう。マリウポリは、そのことを何よりもよく証明している。 https://t.co/Mgukfw2nvb

Another surprise was how difficult it is to assault positions in cities and especially in industrial landscapes when their defenders are resolved to fight. Even extremely heavy bombardment leaves enough defenders alive to keep fighting. Mariupol proved that better than anything

2022-04-07 18:35:35

58/85 ロシアの情報筋は、東ウクライナでの第一次世界大戦的な厳しい状況を伝えている。Z部隊はウクライナの要塞化陣地に繰り返し前線攻撃を仕掛けている。だがほとんど進展はなく、大きな損失を被っている。それでも指揮官は前線に兵を送り続ける。ストレルコフが指摘: https://t.co/zskhu0Fv4V

Russian sources give grim picture of the WWI-style war in East Ukraine. Z-forces do frontline attacks on fortified Ukrainian positions again and again. They suffer huge losses with almost no progress, but commanders keep sending them in frontline attacks. As Strelkov points out:

2022-04-07 18:36:06

59/85 さて、ロシアはこの前線攻撃に誰を送り込んでいるのだろうか。ドンバスの人々だ。ドネツクとルハンスクで「総動員」を行い、最前線の攻撃に送り込んでいるのだ。実に賢いやり方だ。彼らはロシア兵ではないので、公式な犠牲者数を低く抑えることができる。 https://t.co/Ee35C5IeLv

Now whom are Russians sending to these frontline attacks? Well, the Donbass people. They do "total mobilisation" in Donetsk and Luhansk and send these guys to frontline attacks. That's very smart. They're not Russian soldiers, so you can keep official casualty numbers low

2022-04-07 18:36:30

60/85 ところで、ドンバスの徴集兵はこんな感じだ。 この惨めな姿の連中が、東部での戦争の主な責任を担っている。ロシア側として。充実した装備のカディロフのTikTok兵士と比較してみてほしい。 注:見栄えのする者は戦わず、戦う者は見栄えがしない。 https://t.co/HH5mxiN3Lp

Btw: that's how the Donbass levy looks like. These miserably looking guys bear the main burden of war in the East from the Russian side. Compare them with the heavily equipped Kadyrov's TikTok soldiers. NB: Those who look great do not fight, those who do fight, do not look great

2022-04-07 18:36:56

61/85 ロシア軍の威力はひどく過大評価されていた。一方、ウクライナ軍の強さも同様に過少評価されていた。ストレルコフでさえ「ウクライナ軍の指揮はロシア軍より一枚上手だ」と不承不承認めている。 https://t.co/MdeVx9mNlQ

The might of the Russian army had been wildly overestimated. Meanwhile the strength of the Ukrainian one was just as wildly underestimated. Even Strelkov grudgingly admitted that "Ukrainian military commandment is acting an order of magnitude more competently than the Russians"

2022-04-07 18:37:27

62/85 ウクライナのヘリコプター2機がロシアに撃墜された。このヘリは包囲されたマリウポリから負傷者を避難させていた。ロシア側の情報では、この避難は偶発的ではなかったという。ウクライナはロシアに悟られないよう計画的に、包囲された都市に物資を空輸していたのだ。 https://t.co/shbLohNc0h

Consider a case when two Ukrainian helicopters evacuating the wounded from besieged Mariupol were shot down by Russians. Russian sources suggest that this evacuation wasn't incidental. Ukrainians had been systematically supplying the besieged city by air, unnoticed by Russians

2022-04-07 18:37:56

63/85 引用: 「彼らは我々の防空網に気づかれずにルートを確立していた。彼らはマリウポリに弾薬を運び込み、そこから負傷者を運び出していたのだ。彼らは10メートル前後の低空で飛行していた。集落を避け、上空を旋回し、マリウポルの港に向かった」 https://t.co/KojwmgJ4qs

"They had an established route unnoticed by our air Defense. They were brining ammo to Mariupol and the wounded from it. They were flying on a miminal height around 10 meters. They were avoiding settlements, turning to the Above sea and then to the Mariupol seaport"

2022-04-07 18:38:17

64/85 引用: 「行きは最大12トンの弾薬を運び、帰りは60人もの負傷兵を避難させることができた。それを何回繰り返したかわからない。今回は運悪く、帰りに携帯型防空システムを搭載したパトロール隊に遭遇してしまった」 https://t.co/dAxfpO3tO3

"They could bring up to 12 tons of ammo when going to Mariupol and evacuate up to 60 wounded soldiers on a way back. We don't know how many times did they repeat it. This time they were unlucky to accidentally meet a patrol with a man-portable air-defence system on a way back"

2022-04-07 18:38:56

65/85 すごいと思わないか?もし本当なら、ロシア軍をはるかに凌ぐ、極めて高い能力と士気の高さを示している。つまり、ウクライナ軍は2014年以降、根本的な改革を行ったが、[ほとんど]誰もそれに気づくことができなかったということだ。 https://t.co/a9wvCVeaQL

Sounds crazy, doesn't it? If true, it suggests extremely high level of both competence and morale, far exceeding the one that can be found within the Russian army. It means that the Ukrainians went through a fundamental reform since 2014 - and [almost] nobody managed to notice it

2022-04-07 18:39:46

66/85 実は、包囲されたマリウポリにどのように物資が供給されたかというこの説明が、おそらく真実であろうという間接的な証拠がある。ウクライナのヘリコプター2機がベルゴロドにあるロシアの石油貯蔵所を非常に低い位置から攻撃したというこの記録を考えてみよう。 https://t.co/310mGXitBD

In fact, we do have the indirect evidence that this account of how the besieged Mariupol had been supplied is probably true. Consider this record of two Ukrainian helicopters going to attack the Russian oil depot in Belgorod on a very low height

2022-04-07 18:40:03

67/85 ウクライナによるロシア国内の石油備蓄基地への攻撃の記録をもう一つ。ウクライナのヘリコプター2機が防空システムに探知されずにロシアに潜入した事実は、ロシアの世論に大きな影響を与えた。 https://t.co/R1BUNZpqnh

Watch another record of the Ukrainian strike on the oil depot located in Russia proper. The fact that two Ukrainian helicopters managed to sneak to Russia undetected by any air defence systems had a profound effect on Russian public opinion

2022-04-07 18:40:28

68/85 ベルゴロドへの攻撃に関するチャットでのリアクションを見てみよう。代表的とまでは言えないが、ロシアの人々の意識がどのように動いているかを示している。 「交渉して軍を撤退させる必要があるようだ。戦力は同等、これ以上の敵対は制裁と犠牲を増やすことになる」 https://t.co/1DNu79NIna

Consider this chat with reactions on the attack on Belgorod. It's not representative ofc, but shows how the Russian public consciousness works: "It seems we need to negotiate and withdraw the troops. Forces are equal, futher hostilities will add more sanctions and casualties"

2022-04-07 18:40:53

69/85 ウクライナは明らかに自国を上回っている。有能で士気の高い歩兵を擁し、ロシアの大砲中心の軍隊を相手に踏ん張っている。ロシアに気づかれずに包囲された都市に補給し、ロシアを的確に攻撃する航空部隊を有している。 https://t.co/Io3q2QNOBQ

Ukraine clearly punches above its weight. It has a competent and high morale infantry that holds its ground against the Russian artillery-centric army. It has aviation that supplies a besieged city unnoticed by the Russians and manages to attack Russia proper

2022-04-07 18:41:24

70/85 最後に、ウクライナには軍事的な戒律があった。 それは、ロシア軍の侵攻が迫っていることを織り込んでいただけでなく、(ソ連のモデルに基づいて)どのように進むかを正しく予測し、ロシア軍が予想しなかった有効な対抗策を準備していたのだ。 https://t.co/SM5DPDCShv

Finally, Ukraine had a military commandment that not only knew about the impending Russian invasion but also correctly predicted how it would proceed (based on Soviet models ofc) and prepared the effective countermoves that Russians didn't anticipate

2022-04-07 18:41:43

71/85 振り返ってみるとすべて納得がいく。ウクライナ人は2014年に手痛い敗北を喫したが、壊滅されたわけではない。そして、あなたを殺してしまわない限り何であっても、それはあなたを強くする。屈辱的な敗北と、そこそこの存亡の危機ほど、制度的進化に火をつけるものはない https://t.co/RZKxSyV86V

Retrospectively it all makes sense. Ukrainians suffered painful defeats in 2014 but were not destroyed. And whatever doesn't kill you makes you stronger. Nothing sparks institutional evolution so much as a humuliating defeat and an existential threat that didn't break your spine

2022-04-07 18:42:22

72/85 プーチンが得ていたウクライナに関する情報の質の低さ(=親ロシア派ばかり)も、ロシアの軍事力の過大評価も納得がいく。部下は独裁者に悪い知らせを報告するのを避け、彼が聞きたいことを何でも話す。彼は完全に妄想世界の中にいる。 https://t.co/hKeN4RAkRS

The poor quality of intelligence Putin had been getting on Ukraine (=they're all pro-Russian), his overestimation of Russian military capacities, make sense, too. Subordinates avoid reporting bad news to a dictator and tell him whatever he wants to hear. He's in a total bubble

2022-04-07 18:42:56

73/85 貧弱なフィードバックは、独裁と民主主義の二項対立の問題にとどまらない。誤った情報の多くは、単純にチームワークに由来するものだ。職業軍人は既成の秩序やドクトリンにあまり疑問を持っていない。そしてもちろん、外野の素人から疑われないよう理論武装する。 https://t.co/P2JUyyb6Yr

The problem of poor poor feedback goes beyond the dictatorship vs democracy dichotomy. Much of misinformation results simply from the esprit de corps. Career officers don't question the established order and doctrine much and ofc defend them from being questioned by the laymen

2022-04-07 18:43:25

74/85 アナリストたちは、ウクライナ(あるいはアメリカ)軍と比較して、ロシア軍が高度に専門化され、プロフェッショナル化されていることに注目していた。彼らは通常、これをロシア軍の比較優位性と無批判に推論している。しかし、もしそれが逆だとしたらどうだろう? https://t.co/SyZg0GguFX

Analysts noticed the highly specialised & professionalized character of the Russian army in comparison with Ukrainian (or the American) one. However, they usually uncritically presumed this to be a comparative advantage of the Russian army. But what if it's the other way around?

2022-04-07 18:43:56

75/85 ロシア軍の長所とされるものが、実は短所であったとしたらどうだろう?なぜ、我々は昆虫人間のような専門性を前提とするのだろう。過度のプロ意識と資格主義が、必ずしも制度的な利点になっていないとしたら? https://t.co/URsPGC2AZx

What if the supposed advantages of the Russian military are in fact its disadvantages? Why do we presume that its insectoid specialisation, excessive professionalism and credentialism are necessarily an institutional advantage?

2022-04-07 18:44:15

76/85 ロシア軍が過大評価されるのは、単に外野から疑問視されていないからだとしたらどうだろう。例えば、アメリカの軍事マシンは、常に批判にさらされている。メディア、シンクタンク、そして(元)職業軍人らによって構成される専門家集団によって。 https://t.co/VywverFXPs

What if we overestimate Russian army simply because it is not being questioned by the laymen? American military machine for example is being constantly criticised by the media, think-tanks and the expertocracy which is only partially comprised by the (former) career officers

2022-04-07 18:44:40

77/85 ロシア軍には、外部からの否定的なフィードバックを受けるチャンネルがないのだ。もちろんロシアには自国の軍事能力を分析する独立機関があるとされている。しかし、彼らは独立していない。そこで働いているのは、ほとんど全員が現役の将校か元キャリアである。 https://t.co/jA6nxUdorI

Russian military doesn't have a channel for a negative feedback by outsiders. Of course, Russia has supposedly independent institutions that have to analyse its military capacities. But they aren't independent. Almost everyone who works there is a current of former career officer

2022-04-07 18:45:02

78/85 アナリストがロシア軍を過大評価した理由もここにあるかもしれない。ロシア軍は、職業軍人が他の職業軍人の優れたパフォーマンスを祝福するという、ポジティブなフィードバックループの中を生きてきたのだ。その弱点はウクライナ戦争が始まるまで気づかれなかった。 https://t.co/qgfLw37VGy

This might explain why analysts overrated the Russian army so much. Russian army lived in a constant positive feedback loop with career officers congratulating other career officers with their amazing performance. Its weaknesses were unnoticed until the Ukrainian war started

2022-04-07 18:45:16

79/85 経験則:ある機関の評価が高すぎる場合、それは弱さの表れの可能性がある。おそらく、それは一定の正のフィードバックループの中に存在しているのだろう。大きな失敗がなければ、破壊的な大惨事が起こるまで気づかれないまま、負の変化を蓄積し続けるかもしれない。 https://t.co/xiSVZknu7K

Rule of thumb. If an institution has too high reputation that can be a sign of weakness. Perhaps it exists in a constant positive feedback loop. In the absence of major failures it may accumulate negative mutations that remain unnoticed until a major catastrophe that destroys it

2022-04-07 18:45:55

80/85 しかしなぜ、ある機関「内部」の構成員は、全員が沈黙の掟を守り、その機関が現実にどれほどひどい状況にあるかを公表しないのだろうか。それは、2つの理由がある。まず第一に、チームワークと連帯責任である。誰もネガティブなPRにはあまり興味がない。 https://t.co/kTt7t0oraq

But how can people form *within* an institution all keep omerta and not disclose how badly it is doing in reality? Well, for two reasons. First of all, it is the esprit de corps and mutual responsibility. Nobody is really interested in the negative PR

2022-04-07 18:47:01

81/85 建築家は、主に他の建築家を感心させるために建物を作る。誰もが知ってる。学者は、他の学者を感心させるためにものを書く。このような状況は、ほとんどのプロフェッショナルな組織で見られることだ。しかし、なぜ軍隊だけは異なるように機能すると考えるのか? https://t.co/Cnyj2CIwwh

We all know that architects build stuff primarily to impress other architects, academicians write stuff to impress other academicians and such a situation is typical for almost any professional corporation. But why do we think that the military would function any differently?

2022-04-07 18:47:18

82/85 もし、外野の素人からの監督がなければ、軍隊も他の専門組織と同じように機能するとしたらどうだろう。将校は、他の将校(そして将軍!)の印象を良くすることを目指す。軍隊を公に批判しても、あなたに共感してくれる人はほとんどいない。 https://t.co/bcsFxRnV0c

What if in the absence of an outside control by the laymen the military would work in a similar way as other professional corporations? Officers aim to impress other officers (and generals!) while public criticism of the army will hardly gain you sympathisers among the military

2022-04-07 18:47:50

83/85 もちろん、個々の将校は、自分の仕事の方向性について、それがいかにひどい状況かをかなり正確に知っているかもしれない。それなのに、他の陸軍の支隊や機関ではもっとうまくやっているに違いないと、間違った推定をしてしまう。これはあるジョークを思い出させる。 https://t.co/mYlkqxLFPc

Of course, individual officers might have quite an accurate information of how badly it's going on their specific direction of work. And yet, they would wrongly presume that in the other army branches and institutions they must be doing better. That reminds me of a certain joke

2022-04-07 18:48:27

84/85 村人たちは、宴会のためにウォッカを樽に詰めることになり、全員がボトル1本ずつ樽に注いで貢献することになった。しかし、全員が気がついた。「水を注いでもバレないんじゃね?」結局、樽一杯の液体を集めた結果、ウォッカの割合はゼロだった。 https://t.co/3ZPtjazCu3

Villagers decided to fill a barrel of vodka for a feast, so everyone had to contribute a bottle, pouring it into the barrel. Everyone realised: if I pour a bottle of water, it won't be noticed. So in the end they collected a huge barrel of water with zero vodka percentage

2022-04-07 18:48:45

85/85 西側のアナリストがロシア軍をどれだけ過大評価していたかは、驚くべきことだ。ウクライナの軍隊をどれほど深く見くびっていたかは、さらに驚くべきことだ。2014年以降のウクライナ軍の進化は、世界からはほとんど気づかれなかった。(スレッド終了) https://t.co/s0Uy9O1R9n

It is striking how much did the Western analysts overestimate the Russian army. It's even more striking how deeply did they underestimate the Ukrainian one. The Ukrainian military evolution since 2014 went almost completely unnoticed by the world. End of🧵

2022-04-07 18:49:28

著者紹介:Kamil Galeev氏 チェブニング奨学生としてセント・アンドリュース大学で近世史の文学修士過程で勉強中。2019年7月、北京大学の円清院を卒業し、中国学と経済学の修士号を取得。また、高等経済学校(モスクワ)で歴史学の学士号を取得。 https://t.co/DPHVBm0K7Y

2022-04-07 18:54:10

関連スレッド1: https://t.co/MvaRfy4w65

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

2022-04-07 18:55:24

関連スレッド2: https://t.co/UU6qGdJarq

「経済制裁はいかにロシアを殺すか?」 米国ウィルソンセンターのフェロー、Kamil Galeev氏が書かれた論考記事です。経済制裁によってロシアがどのように崩壊していくか、具体的かつ明瞭な論旨で考察されています。一読の価値あり。時間がない方向けにまとめを一つツイートしてから詳細を和訳します。 https://t.co/IyrwhUoZZ1

2022-04-07 18:56:30
シェア

ウクライナとロシアの情勢を心から心配してます。少しでも、明るい方向につながるニュースを取り上げていきたいです。 アイコン変えました(4/23)

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

Slack @discordine
204034242022-03-18 09:38:17

暇つぶしに和訳した例の40マイルの車列の話 ↓ https://t.co/bqUxMULy54

MASA👾🤍 @masa_0083
345859432022-04-05 08:58:14

トミ・アホネン氏によるキエフ攻防戦の分析スレッド。 ロシア軍が4時間でキエフを占領するプランに失敗し、3日でキエフを包囲するプランBに変更し、それにも失敗していく過程が書かれている。 プランBが成功していたらキエフは瓦礫の山になるところだった。 https://t.co/K2EWdNKVir

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
821022022-03-21 23:56:17

緊急速報 「戦争の勝敗は既に完全に結している」 前ペンタゴン軍事顧問ダグラス・マクグレゴー大佐に訊くロシア-ウクライナ戦況分析 /マックス・ブルーメンソール(聞き手)&アロン・マテ(聞き手) Former top Pentagon advisor Col. Doug Macgregor on Russia-Ukraine war 2:30-14:37(部分訳)

mimizukk @Mmzk_Y
78221312022-09-16 08:29:59

なぜロシア軍は敗北し、ハリコフ地方から逃亡したのですか?すべての責任は、ローカルエラーとウクライナ軍による優れた攻撃だけでなく、ウクライナのロシアグループの根本的な問題でもあります。スレッド⬇️ -- ロシア軍の内情分析スレ。 かなり核心に迫っており必読。 https://t.co/IuS0cbVovH

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

1/ 「キエフじゃなくてドンバス、最初も今もこの後も。」 これがロシアの一貫した戦略で、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています。 しかし、西側メディアのプロパガンダのせいで 現実が見えにくいので、この戦略をまとめてみます。 正義、悪とか関係なく、あくまで戦略の話です。

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

MASA @masa_0083
57519792022-09-25 22:51:40

「どうして近代兵器を持つはずのロシア・ウクライナが第一次世界大戦レベルの歩兵戦を」という話、ようするにロシア軍の実力が80年代から対して進歩していないので同レベルのウクライナ軍と膠着しているのが真の原因では。

Vorspiel @Vorspiel2
681202022-03-07 12:40:49

以下は https://t.co/PTCedNqc1Y を日本語訳したものです。日本語訳における誤りの責は筆者にあります。

ロシア軍のやらかしっぷりが話題ですが、あれは旧世代の指揮通信系統のまま更新されずに放置されてたので今回問題がまとめて表面化したのでは?という考察を以下のツリーに。 軍隊は基本「上からの命令は絶対」であり、命令に背く事も命令に無い事をするのもNGです↓

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8

高野遼 / Ryo Takano @takano_r
90520592022-04-05 02:50:53

米国防総省の戦況分析1 【キーウ情勢】 ・キーウ北部・北西部に集結していた部隊(約20BTG)のうち3分の2は撤退。ベラルーシに向かい、一部は到着済 ・東部スーミ方面の部隊もロシアに戻る動き ・撤退した部隊は再補給・装備を受け、東部ドンバスに向かうとみられる。まだ実際の再配置の動きはない

John Sasaki @JohnSasaki6
951562022-04-12 09:26:03

ベテランズトゥデイの記事より。 証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器 (DeepL翻訳利用)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1221812022-05-05 16:50:58

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) アーニャ・パーレムピル(ザ・グレイゾーン) 7/7(最終回)

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1532522022-06-29 15:26:31

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター 今年2022年2月24日、ロシアは ❶ウクライナの非ナチス化 ❷ウクライナの非NATO化 という二つの明確な目的を挙げてウクライナに軍事介入しました。 あれから4ヶ月、今、ウクライナはどうなっているのでしょうか?