「本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 こ…」Okuyama, Masashi ┃奥山真司のスレッド

9591,8332022-04-07 00:13:32

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

2022-04-07 00:13:32

この戦争で、南部の都市マリウポルは、ウクライナの被害者であると同時に勝者でもあるという二重の地位を確認させた。この都市に今何が起ころうと、ウクライナの防衛はロシアの軍事的進歩を阻止するだろうし、同時に市街戦の危険性を警告している。

2022-04-07 00:14:54

バイデン大統領はワルシャワでの演説で、用意した台本から外れて「この男は権力の座に留まってはいけない」と叫んだ。これはすぐにメディアで「失言」と評された。感情の行き違いではなくその表現が外交的でなかったからだ。米国の「レジーム・チェンジ」がうまくいかなかったのは記憶に新しい。

2022-04-07 00:18:11

ロシアの国営メディアは、ウクライナ人はとにかく自業自得だとコメンテーターに説明させている。なぜなら彼らは「ナチス」であり、大祖国戦争の敵の遺物であるからだ。この主張を現在のウクライナ政府に当てはめると、その無意味さは明らかだ。

2022-04-07 00:20:33

しかしロシア人はプロパガンダのテーマを放棄することが苦手なので、それにこだわっている。

2022-04-07 00:22:05

しかし、一体何が変わったのだろうか。人命に対する無関心は、この戦争を通じてロシアの戦略の特徴であった。ミサイルや砲弾、爆弾の直撃を受け、すでに何千人もの民間人が亡くなっている。ロシア軍によるひどい仕打ちの報告も後を絶たない。

2022-04-07 00:22:21

「ブチャ効果」とは、戦争による犠牲者がある時期から統計となり、その数字が大きすぎて人間的な意味を理解できなくなるという現象を裏付けるものかもしれない。

2022-04-07 00:22:33

犠牲者の恐怖だけでなく、加害者の蛮行をも想像させるような、直感的で親密な映像こそが、違いを生むものだ。たとば遠くから住宅地に発砲するのと、住宅地に入って無力な人々の目を見つめ、冷酷に殺害するのは、全く別物だ。

2022-04-07 00:23:26

この「ブチャ効果」は、あらゆる戦略的計算に道徳的な明瞭さをもたらす効果もあった。ロシアがウクライナの領土を占領するとどうなるかを目の当たりにした西側諸国は、戦争を終わらせるためだけにゼレンスキー大統領に領土的譲歩を迫るわけにはいかないことを思い知ったからだ。

2022-04-07 00:24:57

もちろん西側諸国は、モスクワに政権交代をもたらす立場にはない。ウクライナにもできない。ロシア人だけができることだ。だから、ロシア軍が撤退するまでウクライナを支援し、プーチンに自らの破滅的な愚行の結果を突きつけるしかない。

2022-04-07 00:25:20

ウクライナ政府にとってクリミア奪還はまだ無理かもしれないが、ドネツクやルハンシクの飛び地を含むドンバス全域を、外交ではなく武力でウクライナの一部として残すことが、今や必須となっている。

2022-04-07 00:26:26

しかし、この新しい段階の戦争は、ウクライナにとってより困難なものとなることが予想される。ウクライナ政府側の戦略を考える前に、まずモスクワの選択肢を考える必要がある。

2022-04-07 00:27:43

まずロシア軍の消耗が激しいため、どこに戦力を集中させるかの選択を迫られている。ロシア軍の主力部隊である大隊戦術グループ(BTG)の残存兵力については、さまざまな推計がなされている。

2022-04-07 00:28:36

侵攻の第一波に参加した部隊のうち、多くの場合、精鋭部隊は半数以上が修理不可能な損傷を受けたか、修理は可能だが近い将来に使用できなくなると見られている。 負傷者、捕虜、死者などの犠牲者は、おそらく当初の19万人の部隊の20%程度であろう。

2022-04-07 00:29:06

ロシア軍の装備の損失が大きいことは、鋭意調査した結果によって判明している。例えば425 台の戦車が破壊、損傷、放棄、拿捕されたことが知られている。倉庫から運び出された代替兵器の多くは、経年劣化と腐敗に苦しみ、主要部品が欠落し、作動しない兵器を搭載しているという報告もある。

2022-04-07 00:30:08

ロシアの予備兵力もいい状態ではない。モスクワはシリアの志願兵や傭兵部隊のワグネルなど、人材を求めてあちこち飛び回っている。すでに述べたように、ベラルーシ軍はもう使えないし、グルジアの分離独立した飛び地である南オセチアからの部隊はウクライナへの派遣を要請されても断ることにしている。

2022-04-07 00:33:36

徴兵制はすでに行われている(プーチンは知らないうちにそう主張している)が、やる気のない若者を訓練もなしに戦場に出すことはリスクでしかない。 もちろん、当初の半分の兵力でも相当なものであり、現在は達成すべき任務も少なくなり、管理しやすくなっている。

2022-04-07 00:34:43

しかし、その立場は一筋縄ではいかない。戦力の集中を決定したロシア軍最高司令部には、まだ優先順位の選択が残っている。彼らはまだハリコフを完全にあきらめたわけではなさそうだ。

2022-04-07 00:34:49

単純化すれば、ロシアはどのような攻撃的な作戦を完了させたいのか、その前に今あるものを維持するために、ほぼ防御的な姿勢に移行することができると思わなければならない。ワシントンにある戦争研究所の分析によると、ロシアの最も直接的な目標は、人口11万人のスロビアンスク市を奪うことである。

2022-04-07 00:36:17

この都市が重要になるのは皮肉なものだ。というのも、ちょうど8年前、前回の記事で取り上げたイゴール・ガーキン率いる小さな部隊がこの街を占領し、ドンバスでの軍事行動が始まったが、彼はここでウクライナ軍に追い出されたからである。

2022-04-07 00:37:30

しかし、ロシアがドンバスの領土を獲得し、クライマックスの防衛戦に備えたとしても、プーチンの最終目的は何なのかという不可解な疑問はやはり残る。この戦争で最も不可解なのは、当初からロシアの戦略が支離滅裂であったことである。

2022-04-07 00:39:52

開戦当初からその狙いと能力のギャップは十分に大きかったが、特に第1ラウンドで敗退した後では、そのギャップはさらに広がっている。

2022-04-07 00:40:00

プーチンは「敗者」と見なされるのを避けたいのだろう。NATOを放棄して安全保障に依存するというウクライナ政府の考えは、いくらかの慰めにはなるかもしれないが、それは実際には全体的な結果を決めるような効果はないのだ。

2022-04-07 00:42:23

プーチンは最悪の状況に置かれている。彼はいじめっ子だが勝者ではないと見られており、彼が最も大切だと主張するウクライナ内の領土を破壊してしまったことで、その魅力を低下させてしまっているのである。

2022-04-07 00:43:49

プーチンは "ハート・アンド・マインズ"(人心掌握)を重視する人物ではないし、ドンバス地方を最小限の混乱でロシアに編入できる見込みもない。歴史的に緊密な関係にあると言いながら、彼のアプローチはケインとアベルという意味での兄弟的なものでしかない。

2022-04-07 00:44:17

これからドンバスを占領するということは、敵対する住民を抑圧し、粉々になった町や都市を再建し、将来のウクライナの軍事行動からの守り固めることを意味する。

2022-04-07 00:45:29

おそらく彼はすぐに土地の占有に興味を失い、産業が衰退し、貧困に喘ぐウクライナの人々、トラウマを抱えた人々、壊れたインフラで自分を満足させるのだろう。

2022-04-07 00:46:19

プーチンはロシア軍に、第二次世界大戦の終戦記念日であり、通常はモスクワで盛大なパレードが行われる5月9日に合わせて、すべての作戦を終了させるという目標を設定したという指摘もある(アメリカの情報機関は、良い情報源を持っているようである)。

2022-04-07 00:46:41

今後、さらに激しい軍事行動が続くが、もしそれが第一段階と同じように失敗したら、5月9日までにロシア軍がウクライナにもたらした混乱を眺めて、その日を終えるしかないのかもしれない。

2022-04-07 00:47:01

ということでローレンス・フリードマンの以下の本は実に有用です。 https://t.co/BSxpONtQtv

2022-04-07 01:07:57
シェア

奥山真司: カナダ&英大卒。戦略学博士。某大学兼任講師。著書『地政学』のほか、J.ミアシャイマー著『大国政治の悲劇』、C.グレイ著『現代の戦略』、E.ルトワック著『ラストエンペラー習近平』、L・フリードマン『戦争の未来』など。[email protected] 動画: https://t.co/2X2x18y7Fx

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

今読ませてもらっているが、音楽関係者の方のようだがものっすごい読み応えのある記事。これは一読の価値があると思う。今半分くらいまで読んだ。 https://t.co/nWF6pKMI5J #アメブロ @ameba_officialより

1/ 「キエフじゃなくてドンバス、最初も今もこの後も。」 これがロシアの一貫した戦略で、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています。 しかし、西側メディアのプロパガンダのせいで 現実が見えにくいので、この戦略をまとめてみます。 正義、悪とか関係なく、あくまで戦略の話です。

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1221812022-05-05 16:50:58

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) アーニャ・パーレムピル(ザ・グレイゾーン) 7/7(最終回)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1642612022-03-12 20:39:05

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 前編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

Priamal Fear @PriamalFear
362022-03-30 10:23:12

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ウクライナ代表団長のポドリャク氏は、イスタンブールでの交渉結果について"声明"を発表した。

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
38632022-04-03 19:02:16

セルゲイ・ショイグ国防相のライフワークって、皮肉なことに1812年の戦争(ナポレオンを撃退した「祖国戦争」)の研究らしいんだが、この戦争も補給の失敗がとても大きくて、フランス軍は万全の補給部隊を引き連れて侵攻したものの、ロシア軍は徹底的に会戦を避けて兵力の温存してフランスを消耗させた。

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

高野遼 / Ryo Takano @takano_r
90520592022-04-05 02:50:53

米国防総省の戦況分析1 【キーウ情勢】 ・キーウ北部・北西部に集結していた部隊(約20BTG)のうち3分の2は撤退。ベラルーシに向かい、一部は到着済 ・東部スーミ方面の部隊もロシアに戻る動き ・撤退した部隊は再補給・装備を受け、東部ドンバスに向かうとみられる。まだ実際の再配置の動きはない

ルモンド紙が指摘する3カ月の戦いの軍事的教訓。①ウクライナ軍とロシア軍との規模の差は言うほどない。正規軍の人員はウ14.5万とロ16万だが、ウには予備役による24万の領土防衛軍があり、ロ軍はこれを見落としていた。首都陥落を防げたのは、予備役を早急に集められたから。 https://t.co/pHMG7C7siy

MASA👾🎶 @masa_0083
269666592022-02-28 19:08:12

Kamil Galeevさんの分析、さすがプロだけあって説得力がある。 現在ウクライナで起きている事が全て説明できる。

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
821022022-03-21 23:56:17

緊急速報 「戦争の勝敗は既に完全に結している」 前ペンタゴン軍事顧問ダグラス・マクグレゴー大佐に訊くロシア-ウクライナ戦況分析 /マックス・ブルーメンソール(聞き手)&アロン・マテ(聞き手) Former top Pentagon advisor Col. Doug Macgregor on Russia-Ukraine war 2:30-14:37(部分訳)

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
781272022-06-22 23:17:22

スコット・リッターのウクライナ・アップデート〜ロシアは決してホラを吹かない Scott Ritter - Ukraine Russia War UPDATE/Judging Freedom (挨拶文を除く全訳)

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
891262022-04-01 19:24:02

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 1/7