「「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来…」仮蔵のスレッド

1,1202,1262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

Imperial Reboot In a previous thread I outlined three scenarios for the Russian future: 1. North Korea 2. Imperial Reboot 3. National Divorce Last time I discussed North Korea (Putin stays in power). Now I'll reiterate its main points and then outline the Imperial Reboot🧵

2022-04-04 15:42:08

要約①:北朝鮮化の補足:1〜65ツイート ・ロシアは巨大なドンバスになる=国民は国営企業で働くか兵士になるかの2択→利益は政府 ・ロシアは中国の野望「パクス・シニカ」を進める「砕氷船」になる ・プーチンは5月9日(戦勝記念日)までに勝ちたい→エスカレートの可能性はあるが核は使わない。

2022-04-04 15:42:23

要約②:帝国の再始動:66〜100ツイート ・2つ目のシナリオは「リベラルな野党に政権交代」すること(候補は反プーチン活動家のナワリヌイ氏) ・ただ、ナワリヌイ氏にもプーチン化の片鱗が見える ・ロシア帝国の構造が問題→「国家の離婚」で連邦が分裂する必要がある。一番弱いリンクは極東。

2022-04-04 15:42:36

1/100 帝国の再興 以前のスレッドで、私はロシアの未来について3つのシナリオを列挙した。 1. 北朝鮮 2. 帝国の再始動 3. 国家の離婚 前回は北朝鮮について述べた(プーチンが政権維持)。今回はまず、そのおさらいをし、次に「帝国の再始動」を概説する。 https://t.co/KFXshvWhhq

Imperial Reboot In a previous thread I outlined three scenarios for the Russian future: 1. North Korea 2. Imperial Reboot 3. National Divorce Last time I discussed North Korea (Putin stays in power). Now I'll reiterate its main points and then outline the Imperial Reboot🧵

2022-04-04 15:42:54

2/100 前回の主張:プーチンが政権を維持したままであればロシアは北朝鮮化する。その外交政策。ロシアは高度に軍国主義化し、攻撃的で孤立主義的な国家となり、中国以外に主要なパートナーを持たなくなるだろう。ロシアはウクライナと西側諸国への復讐に執着するだろう。 https://t.co/mTZqxJW1EN

When I said that should Putin stay in power, Russia becomes North Korea I referred to its foreign policy. It'd be highly militarised, aggressive and isolationist nation that will have no other major partners but China. It will be obsessed with revenge against Ukraine and the West

2022-04-04 15:43:13

3/100 しかし、国内政策的には、ロシアは巨大なドンバスに変身する、と言った方が正確だ。ドンバスはウクライナの一部だ。不幸にもロシアの支配下に置かれることになった地域だ。そして、クレムリンの社会工学の巨大な実験場となった。 https://t.co/N92psQ7waW

However, domestic policy-wise it would be more accurate to say that Russia will turn into a huge Donbass. Donbass is a part of Ukraine that was misfortunate enough to fall under the Russian rule and became a laboratory for a Kremlin's gargantuan experiment in social engineering

2022-04-04 15:43:55

4/100 ドンバスでは、クレムリンの諜報員が手続き的制約を受けずに自由に支配している。ロシアの法律も含めて。そこで彼らが築いた社会とは?超軍国主義の泥棒政治だ。ドンバスの実験は非常にうまくいった。今後はロシア全体で規模を拡大するだろう。 https://t.co/hFZ1tiRllU

In Donbass Kremlin's agents rule freely without any procedural constraints, including even the Russian law. And what society did they build there? Well, a hypermilitarised kleptocracy. Donbass experiment worked out so well that now it's likely to be scaled up in entire Russia

2022-04-04 15:44:18

5/100 ドンバスは今や完全に軍国主義的統制社会になっている。民間部門はほとんどない。地元の人々は(食料のため)政府系企業で働くか、(より良い賃金のため)ドンバス軍に従軍するかのどちらかしかない。親ロシア派の軍閥のために労働するか、血を流すか、の二択だ。 https://t.co/02AwBJth5O

Donbass is now a fully militarised statist society. There's almost no private sector. Locals must either work for government enterprises (for food) or serve in Donbass army (for better wage). You have no choice but to toil for pro-Russian warlords or to shed your blood for them

2022-04-04 15:44:47

6/100 ドンバスには法律がない。人々は親ロシア派の軍閥の独断的な支配から守られることはない。当然、反体制派の居場所はない。異議を唱える者はただ消えていくだけだ。人々は意図的に貧困状態に置かれる。労働者や大砲の餌としてよりよく利用されるように。 https://t.co/T9PVTxTzdu

There's no law in Donbass, people have no protection against the arbitrary rule of pro-Russian warlords. There's obviously no place for dissidence, those who object will just disappear. People are purposefully kept in poverty so they can be better used as workers or cannon fodder

2022-04-04 15:45:11

7/100 ロシア情報筋は、東ウクライナにおける第一次世界大戦的な不気味な状況を物語っている。Z部隊は、ウクライナの要塞化された陣地に繰り返し前線攻撃を仕掛けている。大きな損失を被り、ほとんど進展がないが、指揮官は前線攻撃を送り続けている。 ストレルコフが指摘: https://t.co/MovLkDydX4

Russian sources paint grim picture of the WWI-style war in East Ukraine. Z-forces do frontline attacks on fortified Ukrainian positions again and again. They suffer huge losses with almost no progress but commanders keep sending them in frontline assaults. As Strelkov points out:

2022-04-04 15:45:41

8/100 さて、ロシアはこの前線攻撃に誰を送り込んでいるのか?ドンバスの人々だ。ドネツクとルハンスクで「総動員」を行い、彼らを最前線の攻撃に送り込んでいるのだ。実に賢いやり方だ。彼らはロシア兵ではない。したがって、公式な犠牲者数を低く抑えることができる。 https://t.co/PeRJ6iv6ch

Now whom are Russians sending to these frontline attacks? Well, the Donbass people. They do "total mobilisation" in Donetsk and Luhansk and send these guys to frontline attacks. That's very smart. They're not Russian soldiers, so you can keep official casualty numbers low

2022-04-04 15:46:23

9/100 なぜロシア自身がドンバス化するのか?第一に、ロシアは何年も前からドンバス状態を低空飛行している。安い石油を使い果たした石油輸出国であり、高度な軍国主義を維持したいからだ。したがって、生活水準や個人の自由を減らさなければならない。 https://t.co/fAKohhW8Ql

Why would Russia itself turn into a Donbass? First, Russia has been lowkey drifting to the Donbass state for years. It's an oil exporter that is running out of cheap oil and wants to stay highly militarised. Thus it must reduce life standards and personal freedoms

2022-04-04 15:46:46

10/100 第二に、経済制裁に対する主な議論は短期的/長期的な目線では真偽が異なる。確かに、経済制裁はプーチンの国内での権力強化につながるかもしれない。そして、ロシアの中国への接近にもつながるだろう。しかし、それはプーチンが政権を維持した場合のみである。 https://t.co/VYN8bms6nQ

Second, main arguments against sanctions are both true or false depending on whether we view them in a short term or in a long term. Yes, they may lead to Putin increasing his power in Russia. And they will lead to Russian rapprochment with China. But only if Putin stays in power

2022-04-04 15:47:09

11/100 1999年、当時のプーチン首相と近しい将軍が、モスクワのビジネスマンに声をかけた。彼は投資を依頼した。Nドル貸してくれ。クラブに入らないか。今すぐ現金が必要なんだ。我々が政権を取ったら「この国では我々以外誰も金を持たなくなる」。お前も我々の一員になれる。 https://t.co/ywGd5LYhCF

Anecdotally in 1999 a general close to then Prime Minister Putin approached a Moscow businessman. He asked him for investment: give us N dollars and join the club. We need cash right now. And when we take power "nobody in the country will have money but us". You can be one of us

2022-04-04 15:47:36

12/100 このビジネスマンは投資しなかった。十分な資金がなかったのだ。またエリツィンの新手の首相が権力を固められると本気で信じていたわけでもない。しかし、プーチンは権力を強化した。やがてロシアでは彼のチーム以外は誰も(大)金を持たなくなった。将軍は正しかった https://t.co/Bw5DQzxFAu

This businessman didn't invest. He didn't have enough available cash. Neither did he really believe that yet another Yeltsin's PM would be able to consolidate power. And yet, Putin did consolidate it and soon nobody in Russia had (big) money except for his team. General was right

2022-04-04 15:48:16

13/100 独立した資金は、常に既成の秩序を脅かす。財力はパワーバランスの再交渉に使われる可能性があり、また使われるだろう。だから独立した財産は存在してはいけないのだ。理想を言えば、人々は政府給以外の現金源を持たないことだ。ドンバスのように。 https://t.co/P9WuzohFvQ

Independent money is always a threat to established order. Financial resources can and will be used for renegotiating the power balance. That's why independent fortunes shouldn't exist. Ideally people should have no sources of cash except for the government wage. As in Donbass

2022-04-04 15:48:39

14/100 逆説的だが、経済制裁によるロシアの民間企業の破壊は、プーチンのロシア国内での権力強化につながる(プーチンが権力を維持した場合)。ロシアが資源を輸出できれば、政府は現金が手に入る。だが普通の人は手に入れることができない。それはとても有利なことだ。 https://t.co/esX9dztqLQ

Paradoxically, destruction of Russian private sector as a result of sanctions can lead to Putin increasing his power within Russia (provided that he stays in power). If Russia can export resources, the government will have cash but normal people won't. That's very advantageous

2022-04-04 15:49:10

15/100 さらに、中国との統合の可能性もある。ただ、時間はかかる。ロシアの技術輸入や資源輸出を一夜にして西側から中国に方向転換させることはできない。何年もかかるだろう。プーチンが政権を維持すれば、ロシアはこの方向で着実に前進する時間を持つことができるだろう。 https://t.co/rJMhr5lXzf

Furthermore, integration with China is possible. It just takes time. You cant reorient Russian technological import and resource exports from the West to China overnight, it gonna take years. Should Putin stay in power, Russia will have time to steadily progress in this direction

2022-04-04 15:49:34

16/100 現在のロシアと中国の関係を「同盟」と表現するのは間違っている。むしろロシアは「パクス・シニカへの道を切り拓く砕氷船だ」。一定数の中国の知識人はそう見ている。下記の記事は、中国の主流の言説を代表するものだ。 https://t.co/d69EME1O4O

It'd be wrong to describe current Russian-Chinese relations as an alliance. Some Chinese intellectuals rather view Russia as an icebreaker that would clear a route for the Pax Sinica. This article may be representative of the mainstream Chinese discourse https://t.co/79EWguiKYZ

2022-04-04 15:49:54

17/100 プーチンのウクライナ侵攻は、15〜20年、アメリカの注意をそらす。アメリカはロシアに気を取られている。中国は「新しい世界秩序の構築により重要な役割を果たす」ために、より強く成長する時間を持つことができる。ロシアは中国の同盟国ではない。中国の砕氷船である https://t.co/A0F5WpylOX

Putin's invasion of Ukraine could distract the US for 15-20 years. America being preoccupied with Russia, China will have time time to grow stronger to "play a more important role in the construction of the new world order". Russia isn't a Chinese ally. It's a Chinese icebreaker

2022-04-04 15:50:21

18/100 原著はこちら。この議論は全く理にかなっている。プーチンはパックス・シニカへの砕氷船となるだろう。プーチン政権がZ戦争を生き残り、あと10年、20年と存続する限り。 https://t.co/N3wQTVdVQ2

See the original publication here. This argument makes total sense and Putin will indeed serve as an icebreaker for the Pax Sinica, provided that Putin's regime survives Z-war and exists for yet another decade or two https://t.co/5RFacVFdqS

2022-04-04 15:50:41

19/100 ロシアがドンバスに進出する第三の理由。プーチンが権力を維持した場合、ロシアは復讐と反撃に取り付かれる。ロシア世論は絶対に、ウクライナとの和平をプーチンの巨大な敗北と見なすだろう。すでにそうなっている。 https://t.co/w69Hy7joDI

Now the third reason for Russian turning into Donbass is that should Putin keep power, Russia will be obsessed by revenge and revanche. Russian public opinion absolutely will view peace with Ukraine as huge Putin's defeat. It already does

2022-04-04 15:51:10

20/100 失地回復主義者の圧力が高まる。戦死した兵の母親は、以前はウクライナについてあまり考えていなかったこと、そして作戦がうまくいかなかったことを認めている。しかし: 「多くの少年が死んだのなら、今さらやめるわけにはいかない。続けるべきです。勝利まで」 https://t.co/i9Ao9ddokN

There will be lots of revanchist pressure. Consider this interview with a mother of a National Guardsman KIA. She admits she didn't think much about Ukraine before and operation went wrongly. But: "If so many boys died, we can't stop now. We should continue, till the victory"

2022-04-04 15:51:36

21/100 彼女は息子が無駄死にしたと認めたくない。厳密には無駄死にではないが。悲しむ母親は744万ルーブル+月々の手当を受取っている。彼女は明晰な感覚(と社会的認知)も必要だ。彼女は息子が犯罪的な戦争で死んだことを認めるだろうか?彼女を納得させることはできない。 https://t.co/CHA9g7d5JR

She won't accept her son died in vain. Well technically he didn't. A grieving mother gets 7 441 000 rubles + monthly allowance. But she also needs clear consciousness (and social recognition). Will she ever admit her son died on a criminal war? You'll never manage to convince her

2022-04-04 15:51:55

22/100 ロシアはウクライナで膨大な損失を被った。戦闘が続けばもっと苦しむことになる。人々は親族や友人、隣人を失うことになる。彼らの論理はこうだ: 我々の兵士が死んだ→彼らは良いことのために死んだ 目的→再編成し、始めたことを完遂させるべし https://t.co/KbjT5dK04Y

Russia suffered massive losses in Ukraine and will suffer more as the fighting keeps going. People will lose their relatives, friends neighbours. Their logic will work like this: Our boys died -> They died for a good purpose -> We should regroup and complete what they started

2022-04-04 15:52:22

23/100 大衆意識は、最小限の苦痛を与える道を選ぶ。いつもそうだ。そして、最小限の苦しみは、悪徳を美化することで保証される。だから、Z戦争は栄光となり、Z戦士は英雄となる。ロシアは彼らの死を無駄にしないため復讐する義務があると感じるだろう。 https://t.co/E13HHiIIH8

Mass consciousness will choose a path of minimal suffering as it always does. And minimal suffering is secured through the glorification of vice. So Z-war will be glorious, Z-soldiers will be heroes and Russia will feel obliged to take revenge so that their death won't be in vain

2022-04-04 15:53:01

24/100 もう元には戻れない。もしプーチンが政権を維持するならば、彼は再び再編成し攻撃「しなければならない」。さもなければ、彼は面子と権威を失うだろう。この失地回復策で彼はロシア社会の大多数に支持されるだろう 。帝国神話とその価値観を共有する人々に。 https://t.co/Zi2DbsbBxJ

There's no return to the status quo now. If Putin stays in power, he *must* regroup and attack again. Otherwise he gonna lose face and authority. In this revanche he will be supported by the majority of Russian society which shares the common imperial mythos and its values

2022-04-04 15:53:35

25/100 もし私が大げさだと思うなら、チェチェン紛争を考えてみてほしい。第一次チェチェン戦争でロシアは敗れ、ハサビュルト和平合意に調印した。これは国の恥だと受け取られた。そこで数年後、ロシアは再編成し再度攻撃した。帝国の名誉とプライドを回復するために。 https://t.co/6FnojmszWg

If you think I'm exaggerating consider the Chechen Wars. In the First Chechen War Russia lost and signed a Khasavyurt Peace. Which was widely viewed as the national shame. So in a few years Russians regrouped and attacked again to restore their imperial honour and pride

2022-04-04 15:54:00

26/100 プーチン首相の侵攻は、政界からも広く支持されていた。チュバイスは、この戦争を全面的に支持した。 「今日、チェチェンで我々が解決しているのは、チェチェン問題だけではない。比較にならないほどもっと重要な問題だ。ロシア軍はチェチェンで復活したのだ」 https://t.co/xTtJaqngiQ

Prime Minister Putin's invasion was widely supported by the political establishment. Chubays fully endorsed the war: "I truly think that today in Chechnya we are solving not the Chechen question but an incomparably more important one: Russian army is being revived in Chechnya"

2022-04-04 15:54:23

27/100 失地回復戦争とは、正常な状態に戻すことだ。国内の問題を解決し、神話を回復するための方法だ。かつての植民地に敗北したことを受け入れるわけにはいかない。戻ってきて、始めたことを終わらせなければならない。ロシアの神話は敗北を認めず、失地回復を要求する。 https://t.co/cJGQC8hOCE

A revanchist war is a return to normal. It is a way to solve domestic problems and restore our mythos. We can't just accept we've been defeated by a former colony: we must return and finish what we've started. Russian mythos doesn't allow to accept defeats and demands a revanche

2022-04-04 15:54:53

28/100 プーチンは流れに乗っていたからこそ、権力を固めることができた。彼はロシア帝国の神話に従って行動したのだ。そのおかげで、彼はすぐに権力を固めることができた。無名の男がたった5ヶ月で国家指導者になったのは、ロシアの敗戦に復讐したためだ。 https://t.co/eLrwVh8iC1

Putin could consolidate his power because he went with the flow. He acted in accordance with the Russian imperial mythos. That allowed him to quickly consolidate his power. A noname became a national leader in just 5 months because he took revenge for a Russian defeat

2022-04-04 15:55:25

29/100 チェチェンと同様、ウクライナもかつてのロシアの植民地であることが、すべてを複雑にしている。ロシアが敗北を認めれば、プーチンの神話が崩れ、ロシア帝国神話全体が台無しになる。勝利はすべての救いとなるが、敗北は逆の効果をもたらすだろう。それは容認できない https://t.co/6qUmYIp5e9

Like Chechnya, Ukraine is a former Russian colony which complicates everything. It Russia accepts a defeat, it will shatter Putin's mythos and undermine Russian imperial mythos as a whole. While victory is all redeeming, a defeat will have the opposite effect. That's unacceptable

2022-04-04 15:56:03

30/100 ロシアが 「キエフとチェルニヒフ方面への軍事活動を減少させた」時のつぶやきをみてみよう - 理解できない - ははは、戦費が尽きたんだよ。5月9日までに撤退して、戦勝記念パレードを開催するんだ。 - アメリカの勝利。プーチンの支持率低下 - 一歩も引かない https://t.co/Vr2MPIT3pZ

Consider comments when Russia "decreased military activities on Kyiv and Chernihiv directions" - That's ununderstandable - Haha, they ran out of money for war. They'll retreat by May 9 to organise the Victory Parade - America won. Putin's approval rate dropped - No step back

2022-04-04 15:56:27

31/100 - 引くわけねぇだろ! 何やってんだ!!!ナチスをちょっと押しただけか?3年後にまた戦わなくちゃいけないのか?プーチン、捕虜になったらまばたきしろ! - なんで兵隊さんいっぱい死んだん? - 多くの失われた命。多くの子供、女性、老人が死んだ。全部無駄だったの? https://t.co/xzeERhyjgh

- No step back! What are you doing?!!! We pushed the Nazis a bit and thats it? In three years we'll need to fight again? Putin, blink if they have captured you! - What for did we lose so many boys? - So many broken lives. So many kids, women, elderly died. And it was all in vain?

2022-04-04 15:56:59

32/100 - はい解散。プーチン終わった〜。兵士に対する裏切りだわ。 - 恥を知れ。交渉人やめちまえ... - 「ウクライナは中立的非核国としての地位を固めることを確認」… って、前と同じじゃん!なんなの!いまさら「固める」って!?バカじゃないの! https://t.co/1ovJovN3b4

- That's it, Putin's power is over. That's a treason of our boys - Shame. Everyone will reject you, negotiators... - "Ukraine confirmed it's aspiration for neutral non-nuclear status". But it had same status before! What a crap! And now they have "aspiration"! Now that's a shame!

2022-04-04 15:57:32

33/100 それがプーチンのコアな支持者の気持ちだ。彼らは結果を勝利と見ていない。恥ずべきことと考えている。プーチンはあまりにも高い賭けに出すぎた。中立的非核国としての地位の要求は、国内政策の道具だ。彼は勝利を提示する必要があるが、誰も彼が勝ったと思っていない https://t.co/196Iycl10M

That's how Putin's core supporters feel. They don't view results as a victory. They percieve it as a shame. Putin rose stakes too high and his demands for neutral non-nuclear status are viewed as a domestic policy tool. He needs to present a victory, but nobody believes he's won

2022-04-04 15:57:55

34/100 現在の結果を恥や敗北だと嘆き、戦争の継続をわめく人々はさておき、非常にスマートで現実的なつぶやきがあることにも気づく。ある投稿者は「プーチンは5月9日までに撤退するだろう」と述べた。なぜ5月9日なのか?第二次世界大戦を記念する戦勝記念パレードだからだ。 https://t.co/OIL2z6O3w7

Apart from people lamenting current results as a shame and a defeat and calls for continuing the war, we see here a very smart and realistic comment. One commenter mentioned that Putin will retreat by May 9. Why May 9? Because it's a Victory Parade commemorating the WWII

2022-04-04 15:58:32

35/100 だからといって、プーチンが5月9日までに撤退「する」ということではない。ドイツとの戦争終結を記念した5月9日が基準だということだ。プーチンの頭の中にも、他のロシア人の頭の中にも存在する期限だ。その日までに何らかの解決をしなければならない。 https://t.co/zeJ0eg9caX

That doesn't mean that Putin *will* retreat by May 9. It means May 9 commemorating the end of the War with Germany is a benchmark. It's a deadline that exists in Putin's head and the heads of other Russians. Some sort of resolution must be achieved by that date

2022-04-04 15:58:54

36/100 それは全く理にかなっている。ロシアの軍事作戦は、しばしば象徴的な期限を守るよう動機づけられてきた。例えば、1877年のプレヴナ包囲戦では、アレクサンドル2世の命名日までに要塞を奪取しようとしたため、ロシア軍は多大な犠牲を強いられた。 https://t.co/Eq4CdkLouo

That makes total sense. Russian military operations have been often motivated by the need to meet symbolic deadlines. For example Russians suffered enormous casualties during the Siege of Plevna in 1877 because commanders wanted to take the fortress by the Alexander II's nameday

2022-04-04 15:59:18

37/100 " プレヴナの近くに巨大なクルガンがある まだ死体が腐ることはない ツァーリの命名日を祝うために 彼らは何千人も自分たちを殺した その人肉を使った記念のパイが 皇帝への贈り物です " (オルヒンの詩「プレヴナ包囲戦」) https://t.co/HEqkwItsWN

"There's a huge kurgan near Plevna Corpses haven't decomposed there yet To cheer the Tsar in his nameday They killed many thousands of their own. A nameday pie with the human meat Is a gift to the emperor" (Olhin's poem on the Siege of Plevna)

2022-04-04 15:59:55

38/100 当時のロシアの国家崇拝は、皇帝とその家族を中心としたものが多かった。だから、軍事作戦は、象徴的な期限である家族の記念日までに戦略的な成功を収めるように計画されていた。それは軍事的には最適ではなかったが、国家カルト的には非常に効率的だった。 https://t.co/WcRB2egAY7

Back then Russian state cult was largely centered around the Emperor and his family. So military operations were planned in a way to achieve strategic success by some family holiday that was a symbolic deadline. That was suboptimal military-wise but very efficient state cult-wise

2022-04-04 16:00:22

39/100 さて、今、ロシアの国家カルトを構成するものは何だろうか。下記のロシア民族主義者の説明が、それをよく要約している。それは、第二次世界大戦のカルトだ。ロシア語でпобедобесие-「勝利に取り憑かれる」と呼ばれるものだ。それは確かに祖先崇拝、死者崇拝の一形態だ https://t.co/SFr8h2yJNZ

Now what constitutes Russian state cult now? I believe this Russian nationalist account summarizes it pretty well. It is the cult of WWII, which is called победобесие - "being possessed by the victory" in Russian. That's indeed a form of ancestral cult, cult of the dead

2022-04-04 16:01:06

40/100 かつてはキリスト教徒が多かった。しかし、その後、共産主義者によって暴力的に世俗化された。では、このボルシェビキによる脱キリスト教化の後には何があるか。逆説的だが、キリスト教の価値観を取り払ったことで、ロシアは前進しなかった。数千年前に後退したのだ。 https://t.co/0F94Wi73EP

That's once used to be predominantly Christian. But then it was violently secularised by the Communists. So what do we have after this Bolshevik de-Abrahamization? Paradoxically, getting rid of Abrahamic values, Russia didn't move forward. It has fallen millennia back

2022-04-04 16:01:32

41/100 暴力的に脱キリスト教化されたロシアは、進歩と理性の時代に入ることはなかった。どころか、新石器時代に逆戻りした。ロシアの「第二次世界大戦カルト」は、新石器時代の祖先崇拝の一形態だ。キリスト教的価値観から徹底的に浄化され、死者への崇拝が中心となっている https://t.co/UJoCr7rkdi

Being violently de-Christianized Russia didn't enter the era of progress and reason. Instead it fall back to the Neolith. Russian cult of WWII is a form of a neolithic ancestral cult. It is thoroughly cleansed from any Abrahamic values and centered around the worship of the dead

2022-04-04 16:02:14

42/100 第二次世界大戦カルトがロシアの国教となった理由は二つ。第一に、明るい未来が信じられなかったこと。ソビエトが真摯に共産主義を建設している間は、第二次世界大戦は崇拝されなかった。だが、ブレジネフの時代になると共産主義信仰は消えた。未来など全くなかった。 https://t.co/M0e6rA0WPS

WWII cult became Russian state religion for two reasons. First, people didn't believe in the bright future anymore. When Soviets were sincerely building Communism, WWII wasn't worshipped. But by the times of Brezhnev nobody believed we are building Communism or any future at all

2022-04-04 16:02:32

43/100 国が未来を築いていれば、人々はそれに邁進するものだ。しかし、そうでなければ、過去に取り憑かれることになる。第二次世界大戦カルトは、文字通り過去が未来をむさぼるものだ。先祖代々のカルトに織り込まれた儀式的なカニバリズムの一形態である。 https://t.co/oJPoIR2dGl

If a country is building its future, people will be obsessed with it. But if we don't, then we'll be obsessed by the past. WWII cult is literally the past devouring the future. It's a form of ritual cannibalism interwoven into the ancestral cult

2022-04-04 16:02:56

44/100 確かに、ロシア社会はZ侵攻の損耗人員に対して寛大だ。間違ってはいない。しかし、損耗に寛大なのはいったい誰なのか。高齢者だ。死者を崇拝するファシストの爺さん婆さんたちは、戦勝記念のために若者を犠牲にすることを厭わない。 https://t.co/UZPIfLdNuM

Russian society is indeed highly tolerant to war casualties in Z-context. That's not wrong. But who exactly is tolerant to casualties? The elderly. Fascist warmongering dead worshipping babushkas and dedushkas are more than willing to sacrifice their youngsters for the Victory

2022-04-04 16:03:46

45/100 世論調査もこの考えを支持している。ロシア社会の政治的志向について、どんなデータがあるだろうか。アナリストたちはしばしば、レバダをロシアで唯一の独立系社会学的組織と呼ぶ。しかし「唯一の独立系」というのはいかにも「飼い慣らされた敵」のようだ。他を使おう https://t.co/rTGg5z1HlK

Polls support this view. What data we have on political preferences in Russian society? Analysts often refer to the Levada as the only independent sociological organisation in Russia. But "the only independent" sounds too much as a controlled opposition. Let's use something else

2022-04-04 16:04:37

46/100 政治家ローマン・ユネマンがロシア野戦機関に発注したこの世論調査をみてみよう。ドイツ人の姓を持ちながら、彼はロシア民族主義者である。彼は、Zを急がせたのは間違いだったが、今やロシアには勝利まで戦うしかないと主張している。 https://t.co/n1sIiL6usG

Consider this poll ordered from the Russian Field agency by a politician Roman Yuneman. Despite his German surname, he is a Russian ethnonationalist. He argues that decision to rush Z was a mistake but now Russia has no choice but to fight till the victory https://t.co/DFh19a0RK3

2022-04-04 16:05:15

47/100 モスクワの回答者1000人という小規模な世論調査だが、結果は興味深い。質問「ウクライナでの特殊作戦を支持しますか?」は、年齢の非対称性を明らかにしている。高齢者はほとんどZ派だが、18-29歳の若者は賛否が分かれた。Zを支持する若者は支持しない若者より少ない。 https://t.co/30ttKE4iZi

It's a small poll, 1000 Moscow respondents but its results are interesting. Question "Do you support Special Operation in Ukraine?" reveals age asymmetry. Elderly mostly stand for Z while youngsters 18-29 are divided. There are less youngsters who support Z than those who don't

2022-04-04 16:05:43

48/100 質問:ウクライナでの特別作戦を続けるべきか(赤)、和平交渉を始めるべきか(青)? ここでも若者の大半は和平交渉に賛成している一方で、高齢者は勝利するまで戦争を続けることに大いに賛成している。 https://t.co/1lqZXnOpDw

"Should we continue the Special Operation in Ukraine (red) or start the peace talk (blue)?". Again, majority of youngsters stand for the peace negotiations while the elderly largely support continuing the war till the victory

2022-04-04 16:06:21

49/100 質問:特殊作戦に「反対する」デモが許されるなら参加しますか? (青-はい、赤-いいえ) 実際に戦争に反対するデモを行うのは、ごく少数派である。特に若者の間では、それなりにZ反対派が存在する一方で、非常に消極的である。 https://t.co/myMvKhHZu3

"Would you participate in a demonstration *against* the Special Operation if it was allowed?" Blue - yes, red - no. Only a small majority would actually protest against the war. Whereas there is significant anti-Z minority, especially amongst youngsters, it is very passive

2022-04-04 16:06:56

50/100 質問:特殊作戦を「支持する」デモが許可された場合、参加しますか? (青-はい、赤-いいえ) 信じられないことだが、親プーチンの多数派もかなり消極的だ。驚いた。Zを支持するデモは、参加者に全くリスクを伴わないのに。 https://t.co/OLJkwvgfeA

"Would you participate in a demonstration *in support* of the Special Operation if it was allowed?" Blue - yes, red - no. Incredible, but pro-Putin's majority is also quite passive. That's amazing, because demonstrations in support of Z entail no risk at all to their participants

2022-04-04 16:07:29

51/100 Z反対者は、強烈な負のインセンティブのために抗議することを躊躇している。職を失い、殴られ、投獄されるかも知れないのだ。だが、Z支持者は何も恐れることはない。そう考えると、彼らは驚くほど消極的だ。 https://t.co/gPvvXpCtHJ

Z-opposers are reluctant to protest because of strong incentives against. They're afraid they can lose their jobs, can be beaten or potentially jailed. But those in favor of Z have nothing to fear. Considering this they're surprisingly passive, especially the pro-Z youngsters

2022-04-04 16:07:54

52/100 質問:特殊作戦はロシアの政変(クーデター、革命など)の可能性を高めるか? (青-はい、赤-いいえ) 若者は、Z戦争によって政権崩壊の可能性が高まったと考えている。若いZ支持者でさえ、政権はより脆弱になったと考えている。一方、高齢者は強固だと考えている。 https://t.co/ra5cdLcoiF

"Will Special Operation increase probability of political upheavals in Russia: coup, revolution, etc?" Blue - yes, red - no. Youngsters believe that Z-war makes regime's fall more likely. Even young Z-supporters think regime is now more fragile. The elderly believe it's robust

2022-04-04 16:08:17

53/100 ちなみに、全年齢層で最も同意が多かったのは、「クレムリンは制裁による経済的ダメージを何とか中和する(青)」という意見だ。したがって、もしクレムリンがそれに失敗すれば、政権の権威をさらに失墜させることになる。生活の質が落ちれば、人々は失望するだろう。 https://t.co/X3VjSjxEsN

Btw: a point most agreed with across all age groups is that Kremlin will manage to neutralize the economic damage inflicted by sanctions (blue). Therefore, if Kremlin fails to do so, it will further delegitimize the regime. People gonna be disapponted if their life quality drops

2022-04-04 16:08:59

54/100 この世論調査からわかるように、プーチンを最も疑いなく信頼し、彼のZ戦争を支持しているのは高齢者だ。若者はあまり熱心ではない。このことが大きな問題を生む。なぜなら、ウクライナで命をかけなければならないのは、熱意のない若者たちだからだ。 https://t.co/ZpcJeiWx7Y

As we see from this small yet revealing poll, it is the elderly who most unquestioningly trust Putin and support his Z-war. Youngsters are much less enthusiastic. Which creates a major problem, because it is the less enthusiastic youngsters who have to risk their lives in Ukraine

2022-04-04 16:09:17

55/100 ストレルコフは、プロの兵士業者が集団でウクライナに出発するのを拒否したことを話している。戦争を命じられると彼らはただ仕事を辞める。すると誰も何もできない。宣戦布告がないのだから。彼らはただ手当を失うだけ。明るい面は、彼らは自分の手足を失わずにすむ。 https://t.co/ISYB9FiCj0

Strelkov talks about professional soldiers контрактники refusing to leave to Ukraine en masse. When ordered to war, they simply quit their job. And nobody can do anything, because there is no war declared. They just lose their benefits. On the bright side, they keep their legs

2022-04-04 16:09:43

56/100 高齢者は祖先崇拝のためにZ戦争を急がせ、若者を犠牲にすることを支持する。だが、若者は手足を残しておきたい。これは国防副大臣が足を失ったばかりの兵士を表彰し「もう一度立ち上がってください」とささやく動画だ。じわる。 https://t.co/MsppmIPsrw

The elderly support rushing Z and sacrificing the youngsters for the sake of the ancestral cult. But youngsters would rather keep their legs. I like this video where Deputy Minister of Defense awards a soldier who just lost his leg and whishes him to "get on his feet again"

2022-04-04 16:10:24

57/100 ロシアの若者が戦争に不本意であることが、ロシア軍の民族的非対称性を説明している。ロシア政府は、マリウポリへの攻撃の最前線に、少数民族だけでなく、強制徴募したドンバスの人々を派遣している。コーカサス地方の衛星都市の住民でさえも動員しようとしている。 https://t.co/FrTIw92eog

This unwillingness of Russian youngsters to fight explains the ethnic asymmetry in Russian army. Russian government not only sends minorities and pressganged Donbass people to frontline assaults on Mariupol. It even tries to mobilize population of its Caucasian satellite states

2022-04-04 16:10:54

58/100 このビデオを見てほしい。アブハジア国防省は、ウクライナのロシア軍に軍事援助を送ると宣言した。おかしいと思わないか?絶対におかしい。 https://t.co/dUlC6jSLyj

Watch this video. Ministry of defense of Abkhazia declares it gonna send military aid to Russian forces in Ukraine. Don't you find it weird? Because it absolutely is

2022-04-04 16:11:35

59/100 アブハジアと南オセチアは、コーカサスにあるロシアの小さな未承認衛星国だ。2008年、ロシアはこれらの分離主義共和国に代わってジョージアと戦争を行い、その後、主権国家として承認した。人口はそれぞれ24.5万人と5.3万人だ。 https://t.co/uwm4Ms83W1

Abkhazia and South Ossetia are two tiny unrecognised Russian satellite states in Caucasus. In 2008 Russia wage a war against Georgia on behalf of these separatist republics and then recognised them as sovereign states. Their population is tiny: 245 and 53 thousand respectively

2022-04-04 16:11:53

60/100 それにもかかわらず、ロシアはウクライナ侵攻に、主権国家であるはずのこれら微小な国の軍隊を動員しているのだ。しかし、彼らはあまり乗り気ではない。南オセチアの元大統領は、ウクライナにいた多くの南オセチア軍が脱走して帰国したことに言及したばかりだ。 https://t.co/Qm4JMsN7ea

Nevertheless, Russia mobilizes forces of these microscopic supposedly sovereign states for the war in Ukraine. They are less than enthusiastic though. Ex-President of South Ossetia just mentioned that many South Ossetian troops in Ukraine deserted and made it back home

2022-04-04 16:12:31

61/100 これらのことから、ロシアは通常の手段ではZ戦争に勝てないということがわかる。 通常戦争では、プーチンの臣民が勝利と認識するような結果を得ることはできないのだ。そして、プーチンは5月9日までに勝利を収めなければ、面目を失う。 https://t.co/nDbl7fvVHU

All of these factors mean that Russia can't win Z-war with conventional means. It simply can't achive a result that will be perceived as a victory by Putin's subjects via a conventional war. And Putin needs a victory by May 9 or he'll lose his face

2022-04-04 16:12:52

62/100 5月9日の前にロシアが突然エスカレートする恐れは?多くの欧米人はロシアの核を恐れる。私は核の可能性は低いと思う。プーチンはそこまで狂っていない。もちろん、狂ったタカ派は大勢いる - このデリャーギン議員は、アゼルバイジャンの石油産業への核攻撃を提案した。 https://t.co/T7VMqVw3RJ

Which makes me fear that before May 9 Russia may suddenly escalate. Many Westerners fear a nuclear with Russia. I find it nearly impossible. Putin is not that crazy. There are of course a lot of mad chickenhawks - this MP Delyagin suggested nuking Azerbaijan oil industry

2022-04-04 16:13:20

63/100 デリャーギンはすぐにペスコフ報道官に反論され、謝罪させられた。このタフガイは、核攻撃を呼びかけただけだが、上層部に叱責された後、すぐに屈辱的な土下座をしたのである。実に典型的だ。 https://t.co/dSMjNCoSUC

Delyagin was immediately rebutted by Putin's press secretary Peskov and made to apologise. This tough guy just called for nuclear strikes but started humiliating himself and crawling on his knees straight after being rebuked by the higher ups. Very typical

2022-04-04 16:13:38

64/100 これは通説とはやや異なり、ロシアの指導者が賭け金を無限に増やすつもりがないことを示している。ただ彼らはまだ肯定的な結果を望んでいる。もし4月下旬までに勝てなければ、彼らはエスカレートするかもしれない - 象徴的な期限までに何らかの勝利を得るために。 https://t.co/GgD3gNK1BO

It shows that contrary to the somewhat popular beliefs Russian leadership is not aiming to raise the stakes indefinitely. They still want a positive outcome for themselves. But if they don't win by late April, they may escalate - to get some victory by a symbolic deadline

2022-04-04 16:14:19

65/100 ここまでプーチンが政権を維持した場合の北朝鮮・ドンバスのシナリオを考察した。5月9日という象徴的な期日は、おそらくロシアの軍事計画で大きな役割を果たすことになるだろう。プーチンの面子と権力を守るために。印象的な勝利を収めなければならない期日である。 https://t.co/23s4DGXtkG

I've just discussed the North Korea/Donbass scenario when Putin stays in power and the symbolic benchmark of May 9 that will probably play a huge role in Russian military planning. It is the deadline by which an impressive victory must be achieved to save Putin's face and power.

2022-04-04 16:14:54

66/100 別のシナリオは、プーチンからリベラルな野党に政権交代することだ。そのような野党は、救世主あるいは救済者であると広く考えられるようになる。悪いツァーリから良いツァーリへの交代は、ロシアの根本的な改革の兆しと考える人もいるだろう。 https://t.co/BGbb6z87HP

Alternative scenario would be some liberal oppositionary taking the place of Putin. Such an oppositionary will be widely considered as a saviour or a redemptive figure. Some would consider this change of a Bad Tsar for a Good Tsar to be a sign of Russia's fundamental reform

2022-04-04 16:15:23

67/100 私はそうは思わない。 これは皇室秩序の根底からの変革を意味しない。それどころか帝国の再始動となるだろう。帝国は、その評判をリセットし、その構造を基本的に変更することなく、新たに出発することができるだろう。同じ秩序で、新しい民族主義が権力を持つだけだ。 https://t.co/LQvVi3zABK

I disagree. This wouldn't mean any profound transformation of the imperial order. To the contrary, it would be an Imperial Reboot. Empire would be able to start anew with its reputation cleansed and its structure fundamentally unchanged. Same order, just new assabiyah at power

2022-04-04 16:15:58

68/100 (リベラルな野党の候補である反プーチン活動家の)ナワリヌイ氏の問題点として、彼の国粋主義者としての素養が挙げられる。 (訳者中:証拠としてチャットのスクリーンショットが掲載されていますが、ナワリヌイ氏関係者から疑義が出ているので引用は控えます)

2022-04-04 16:16:34

69/100 私のスタンスをはっきりさせておこう。ナワリヌイ氏の民族主義的背景は問題ではない。問題は、最高権力に対するチェック機能が全くない国で、最高権力を目指していることだ。彼は心を入れ替えたかもしれない。だが、だからといってツァーリになるべきという話ではない https://t.co/A53ahC7oEo

Let me clarify my stance. The nationalist background of Navalny is not a problem. The problem is that he's striving for the supreme power in a country which has absolutely no checks on a supreme power. He might have totally changed. But that doesn't mean he should become a Tsar

2022-04-04 16:16:57

70/100 しかし、ナワリヌイ氏がツァーリになるの役不足だとしたら、誰がなるのだろうか?その答えは - 誰もいない。問題なのは支配者の人格ではない。クレムリンへの巨大な権力集中だ。ここでは「クレムリン」はまさにロシア帝国の鬼門だ。 https://t.co/WCGa8rwXqb

But if Navalny is not good enough to become a Tsar, then who is? And the answer is - nobody. It's not the personality of a ruler that is a problem. It is the enormous concentration of power in Kremlin and "Kremlin" here stands for the Russian imperial egregore

2022-04-04 16:17:52

71/100 クレムリンの問題は、プーチンの性格にあると考える人が多い。愚かなことだ。エリツィンの最後の首相は3人ともそうだった。プリマコフ、ステパーシン、プーチン。3人とも国家安全保障の担当者だ。エリツィンは自分が何をしているのかよくわかっていた。 https://t.co/tc8A8hVZiB

Many think that problem is in the personality of Putin. Some even berate Yeltsin for choosing the "wrong" successor. That's stupid. All three last PMs of Yeltsin: Primakov, Stepashin and Putin were state security officers. Yeltsin knew exactly what he was doing

2022-04-04 16:18:18

72/100 問題はロシアの制度と文化にある。プーチンの昔のボス、ソブチャク(当時サンクトペテルブルク市長)の古いインタビューをお見せしよう。ソブチャクは有名なリベラル派の政治家であり、民主改革運動の創始者だった。 https://t.co/R1PTrlI3l4

The problem lies in Russian nstitutions and in Russian culture. Let me show you an old interview with Putin's old boss Sobchak then St Petersburg mayor. Sobchak was a well known liberal politician, founder of the Movement for Democratic Reforms

2022-04-04 16:18:45

73/100 1991年、リベラル派の政治家ソブチャクがウクライナ問題を論じている。このインタビューは、リベラルな装いの中に根強い帝国主義的思考の存在を示している。宗主国は植民地に対する支配を主張するため、どんなイデオロギーも武器にする。どんな修辞学も帝国に奉仕する https://t.co/oIJZQtk0s2

That's liberal politician Sobchak discussing the Ukrainian problem in 1991. This interview shows a deep-rooted imperialist mindset under a liberal disguise. The metropoly will weaponize *any* ideology to assert its dominance over the colonies. Any rhetorics will serve the empire

2022-04-04 16:19:16

74/100 ソブチャクによれば、ウクライナは「極端な民族主義者」と「保守的な共産主義者」の同盟によって統治されている。自分たちのアイデンティティを捨てようとしない少数民族は、極端な民族主義者だ。そして、彼らはもちろん共産主義者と密接な関係にある。 https://t.co/vsfFtkUCuu

According to Sobchak Ukraine is governed by the alliance of "extreme nationalists" and "conservative Communist nomenklatura". Any minorities the refuse to abandon their identity are extreme nationalists. And they're closely connected to the Communists of course

2022-04-04 16:19:43

75/100 ウクライナの指導者たちは、「人権」よりも「独立」のことばかり言って、ソブチャクを困らせている。このことは、あらゆるイデオロギー(というより言葉遣い)が、帝国主義者によって武器化されることを示している。支配を正当化し、植民地の主体性を否定するために。 https://t.co/BXFVJpZjVa

Ukrainian leadership is annoying Sobchak by constantly talking of independence instead of the "human rights". That shows that every and any ideology (or rather phraseology) will be weaponized by the imperialists to justify their rule and deny agency to their colonies

2022-04-04 16:20:18

76/100 宗主国は常に植民地を介入が必要な存在として表現する。具体的なイデオロギーは問題ではない。権力の非対称性が問題なのだ。お互い共産主義を信じていれば、ウクライナは過激な共産主義者ではない。だが、民主主義を信じたとたん、急に過激な共産主義者になるのだ。 https://t.co/qdcgTGkP9X

Metropoly always portrays a colony as flawed and in need of intervention by the metropoly. Specific ideology doesn't matter, only the asymmetry of power does. If we believe in Communism, Ukraine isn't Communist, but if we believe in democracy, it suddenly becomes too Communist

2022-04-04 16:20:38

77/100 このインタビューでのソブチャクのウクライナに関する主張は、タタルスタンに関するナワリヌイの主張と驚くほど似ている。同じ論理、同じ考え方なのだ。ナワリヌイの論文からいくつか引用してみよう。 https://t.co/MOkuPJbetF

I find the argumentation of Sobchak in this interview on Ukraine strikingly similar to Navalny's argumentation in his investigation on Tatarstan. It's the same logic and same mindset. Let me give you some quotes from Navalny's paper https://t.co/87lCfulfdA

2022-04-04 16:21:16

78/100 「タタルスタンは真のスルターン国、ハン国、ツァーリ国が出現した場所である」彼らの語彙に注目。まず「スルターン国」「ハン国」と言い、次に政治的に正しい「ツァーリ国」を使う。タタールスタンの問題は、それがロシア国内の非ロシア国家のオアシスであることだ。 https://t.co/Q6KcN4BTcX

"Tatarstan is a place where there emerged a real Sultanate, Khanate, Tsardom" Notice their vocab. First they say "Sultanate" and "Khanate" and then use politically correct "Tsardom". The problem with Tatarstan is that it is an oasis on non-Russian statehood within Russia

2022-04-04 16:21:50

79/100 ナワリヌイ氏のメッセージ: 「タタールスタンはアジアの共和国だ。国民が何かしら得る(得られる)なら、ハーンが金の中を泳いでいても構わないのだ。共和国はロシアで数少ない寄付をする地域だ」 すごい失言だ。アジア人たちがロシアのツケを払っていると。 https://t.co/TNlPRDfMUq

Commenters see Navalny's messageL "Tatarstan is Asiatic republic. They're ok with Khan swimming in gold, if the rest of the people get something (and they get). Republic is one few donor regions in Russia" That's a great slip of the tongue. These Asiatics pay the Russian bills

2022-04-04 16:23:37

80/100 だがそれは、ロシアの真の構造を反映している。アジア系は財政的な援助者で、帝国のツケを払っている。だが彼らは深い欠陥があり、帝国による一定の監視を必要としている。モスクワを養い、その見返りに賢明な指導を享受するのだ。2020年の寄付の多い地域の地図: https://t.co/q6RHp44Hmj

It reflects the true structure of Russia. Asiatics are financial donors and pay the bills of the empire. They're however deeply flawed and need the constant supervision by the said empire. You feed Moscow and in return enjoy its wise guidance. See the map of donor regions, 2020

2022-04-04 16:25:18

81/100 ナワリヌイは植民地を宗主国よりはるかに欠陥があるとしている: 「プーチンはタタールのエリートたちに盗みを許可している。モスクワの最も不謹慎な統一ロシアメンバーすら考えなかったような」 大胆な主張だ。ナワリヌイ、この主張をしたあなたに立証責任がある。 https://t.co/IRgYTghzqT

Navalny portrays a colony as much more flawed than the metropoly: "...Putin allows Tatars elites to steal more than the most impudent United Russia members in Moscow could ever dream of" That's a bold claim. @fbkinfo @navalny the burden of proof is on you as you made this claim

2022-04-04 16:29:46

82/100 「[タタルスタンの]支配者一族が国一番の金持ちになり、世界一になるかもしれない[はぁ!]" 完璧な中傷だ。ナワリヌイと反汚職財団は明らかに虚偽の主張 [世界で最も裕福な人々かもしれない] をしながら、責任回避のために「かもしれない」を使用する。感心するばかりだ https://t.co/tkDNWs6L3U

"[Tatarstan] ruling clan became the richest people of the country and may be even the world [sic!]" That's a perfect smear. @navalny @fbkinfo make an obviously false claim [they may be the richest people of the world] but use "may be" to avoid responsibility. I'm quite impressed

2022-04-04 16:31:40

83/100 素晴らしい中傷戦術だ。嘘だとわかって主張しているのだ。ロシアのある地域の支配的な一族が世界で最も裕福な人々に属している「かもしれない」と。しかも、それを厳密に主張しているわけではないので、証明する責任もない。ナワリヌイ、反汚職財団。 https://t.co/tgvbLUzlj4

It's a great smear tactics. You make a claim that you know to be false - that a ruling clan in a Russian region "may" belong to the richest people of the world. But since you don't *technically* assert that, you bear no burden of proof @navalny @fbkinfo

2022-04-04 16:32:02

84/100 ナワリヌイと反汚職財団はタタルスタン共和国のシャイミエフ大統領が「統一ロシア党の原点に立った」と主張している。これはナワリヌイがしのばせる嘘だ。プーチニズムで少数派を非難するための。彼が絶対的な権力を手に入れたら、何をするつもりなのか見えてくる。 https://t.co/fCy7PkeMEl

Navalny @navalny @fbkinf claims that Tatarstan president Shaimiev "stood at the origin of the United Russia party". That's a lie which sheds Navalny's strategy to blame minorities for Putinism. Which sheds a light on what he's gonna do once he gets absolute power

2022-04-04 16:36:02

85/100 シャイミエフは、確かにある政党の中心人物の一人だった。しかし、それは「統一ロシア」ではない。それは「祖国」という政党で、地方の上流階級を束ねていた。プリマコフ元首相が率いた政党で、ロシアの84/89の知事が支持していた。 https://t.co/hKdLXEF8Bf

Shaimiev was indeed one of key figures of a certain political party. But it wasn't the United Russia. It was a party "Fatherland: All of Russia" which united most of regional elites. It was a party led by ex Prime Minister Primakov and 84/89 Russian governors supported it

2022-04-04 16:36:29

86/100 1990年代後半、3人の首相が首相就任した「後で」、それぞれ自らの政党を立ち上げた(厳密には、プリマコフは解雇された後に立ち上げた)。プリマコフは「祖国・全ロシア」、チェルノムイルジンは「我が家ロシア」、プーチンは「統一」を設立した。 https://t.co/7cGXKvcXjB

In late 1990s three prime ministers founded their own parties *after* being appointed as a Prime Minister (well, technically Primakov did it after having been fired). Primakov created "Fatherland: All of Russia", Chernomyrdin - "Our Home Russia" and Putin founded "Unity"

2022-04-04 16:37:25

87/100 プーチンの「統一」は、地域の上流階級の支持を受けなかった。プーチンの友人であまり知られていないグリズロフが率い、庶民派大臣のショイグが「顔」となった。プーチンがどうしても必要なときに、その人望と権威を借りたのがショイグである。彼は偉大な廷臣だ。 https://t.co/jBmapCpWpI

Putin's "Unity" didn't support of regionaд elites. It was led by little known Putin's pal Gryzlov and еру popular minister Shoygu became its "face". It's Shoygu who borrowed much of his popularity and authority to Putin when the latter desperately needed it. He's a great courtier

2022-04-04 16:37:46

88/100 プーチンの「統一」をゼロから押し上げる重要な役割を果たしたのが、エリツィンの高官スルコフだ。彼は知事たちに会い、プリマコフを離れてプーチンにつくよう「説得」していた。プーチンがFSB長官として洗い上げていた全支配層の調査資料も効いたかもしれない。 https://t.co/Yzq0JfrdbU

Key role in boosting Putin's "Unity" out of nothing was played by Yeltsin's official Surkov. He would personally meet with governors and "persuade" them to leave Primakov and join Putin. Dossiers on the entire ruling class which Putin collected as the FSB Chief might be a factor

2022-04-04 16:38:21

89/100 知事たちは次々とプーチンに加担した。だがタタルスタンは最初の一つではない。最後の一つだ。1999年の国会議員選挙:紺色はプーチンの「統一」、赤色は共産党、水色はプリマコフの「祖国」。タタルスタンとバシコルトスタンは最後までプーチンに反対していた。 https://t.co/XWFxP1Vlrz

One by one governors joined Putin. But Tatarstan wasn't one of the first, it was one of the last. See parliamentary elections 1999: Dark blue - Putin's "Unity", Red - Communists, Light blue - Primakov's "Fatherland". Tatarstan and Bashkortostan stood against Putin till very late

2022-04-04 16:38:47

90/100 プーチンの「統一」、プリマコフの「祖国」、チェルノムイルジンの「我が家ロシア」が「統一ロシア」に統合されたのはプーチンの勝利からかなりたった2001年12月だ。こうして地域エリートの残党がプーチン政権に取込まれた。タタルスタンは最初ではなく、最後の一つだ https://t.co/sEDLSf4lqp

2022-04-04 16:39:11

91/100 なぜナワリヌイと反汚職財団は統一ロシアの歴史をあからさまに誤魔化すのか?プーチンに反対し、統一ロシアに最後に吸収された政党の確固たる支持者を、なぜ統一ロシアの創設者として描くのか?植民地タタルスタンを「プーチン主義」だと予防的に非難しているからだ。 https://t.co/eEnB75yBQU

Why do @navalny @fbkinfo so blatantly misrepresent the history of United Russia? Why do the portray staunch supporters of a party that opposed Putin and was absorbed by Putin's Unity so late, as founders of the United Russia? Because they preventively accuse colonies of Putinism

2022-04-04 16:40:27

92/100 植民地に対する宗主国の優位は、軍事的、法律的、経済的な手段だけでなく、イデオロギーによっても担保されている。植民地は宗主国に比べれば常に欠陥があり、宗主国による指導・教育を切実に必要としているとされている。 https://t.co/wMhXo8MLOn

The dominance of metropoly over the colonies is secured not only by military, legal or economic instruments, but also via ideology. Colony is always flawed in comparison with the metropoly and is in dire need of leadership/being disciplined by the latter

2022-04-04 16:40:46

93/100 ソブチャクのインタビューを考えよう。我らロシアは、最新のもの(民主主義)を支持している。彼らウクライナは、古臭いもの(共産主義)を支持している。見せかけだけのリベラルな言葉は、宗主国の帝国的野心を偽装している。 https://t.co/v7vheUaJ70

Consider Sobchak's interview. We in Russia stand for the current thing (Democracy). They in Ukraine stand for the former thing (Communism). Pseudoliberal language disguises imperial ambitions of the metropoly

2022-04-04 16:41:04

94/100 また同じ手口だ。タタルスタンは元々プーチンを支持していない。その指導者たちは最後まで別の政党を支持した。それなのに今、ナワリヌイと反汚職財団はこの話を誤魔化す。彼らは反プーチン主義のレトリックを武器に、ライバルである非ロシア人国家を潰そうとしている https://t.co/clWQMkNzIx

They're playing the same trick now. Tatarstan didn't originally support Putin, its leaders supported another party till the very end. And yet now @navalny @fbkinfo misrepresent this story. They aim to destroy the rival non-Russian statehood by weaponizing anti Putinist rhetorics

2022-04-04 16:41:39

95/100 はっきり言おう:問題はプーチンにあるのではない。ナワリヌイにあるのでもない。問題はロシアの帝国的構造とその帝国主義的思考の中にある。正統派、共産主義、自由主義など、どんなイデオロギーも、植民地を支配し、統制するため、宗主国によって武器化されるのだ。 https://t.co/Fwyges2Zxh

I'll clarify: the problem is not in Putin. Neither it is in Navalny. The problem is in imperial structure of Russia and in its imperialist mindset. Any ideology be it Orthodoxy, Communism, Liberalism will be weaponised by the metropoly to dominate and discipline its colonies

2022-04-04 16:42:25

96/100 悪いツァーリに代わる良いツァーリは必要ない。良いツァーリが一夜にして悪いツァーリになることもある。今どんな保証を与えても、後でそれを破ることは誰にも止められない。たとえ破らなかったとしても、後継者が破るだろう。権力に対するチェック機能がないのだ。 https://t.co/5y9n0YeUFv

We don't need a Good Tsar who'll replace a Bad Tsar. Good Tsar can become a Bad Tsar overnight. He can give whatever guarantees now, but nothing will stop him from breaking them later. Even if he doesn't break them, his successor will. There will be no checks on his power anyway

2022-04-04 16:42:42

97/100 法令によって決定されたものは法令によって廃止でき、また廃止されるだろう。モスクワが与えたものは何でも後で取り返せる。モスクワが創造したものは何でも後で破壊できる。故に自由はモスクワによって与えられることはない。史上最高の皇帝でも、自由は与えられない https://t.co/3ysHLmn3yp

Omnis determinatio est negatio. Whatever determined by a statute, can and will be abolished by a statute. Whatever Moscow gave it can take back later. Whatever it created, it can later destroy. Thus freedom can't be given by Moscow. Even the best Tsar ever can't grant you freedom

2022-04-04 16:43:13

98/100 ロシアに必要なのは帝国の再興ではない。国家的な離婚だ。モスクワは自己決定可能な絶対的な権利を持っている。しかし、植民地がその意思に縛られたり、帝国の野望に資金を提供したり、ロシア世界のために血を流す必要はないのだ。 https://t.co/64Abiab64L

Russia doesn't need an Imperial Reboot. It needs a National Divorce. Moscow has absolute right on self determination, but I don't see why colonies should bound to its will, fund its imperial ambitions and shed their blood for the Russian World as they're doing it now

2022-04-04 16:43:28

99/100 国家分裂の見通しを議論するとき、アナリストは民族的緊張に過度に集中する。しかし、緊張は民族的な次元をはるかに超えている。スペイン領アメリカにおけるクリオーリョ対ペニンスラールの問題と並び、地元民vsバイキングの問題と同じくらい重要だ。 https://t.co/8XLVFtMlh6

While discussing the prospect of National Divorce, analysts overconcentrate on ethnic tensions. And yet, tensions go far beyond the ethnic dimension. The problem of Locals vs Varyangs which is parallel to Creoles vs Peninsulares problem in Spanish America is at least as important

2022-04-04 16:44:09

100/100 ロシアにおける国家分裂は、ラテンアメリカにおけるものとほぼ同じパターンをたどるだろう。ロシア帝国の構造で最も弱いのは、タタルスタンでもヤクーチャでもチェチェンでもない。極東である。スレッド終了。 https://t.co/qcIVfPyX4q

National Divorce in Russia will largely follow the same patterns as the one in Latin America. The weakest link in Russian imperial structure is neither Tatarstan, Yakutia, nor Chechnya. It's the Far East. End of🧵

2022-04-04 16:44:26

参考情報1: 「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 https://t.co/OatFXsHOeK

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

2022-04-04 16:44:43
シェア

ウクライナとロシアの情勢を心から心配してます。少しでも、明るい方向につながるニュースを取り上げていきたいです。 アイコン変えました(4/23)

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

mimizukk @Mmzk_Y
20642022-09-13 11:30:06

これが2014年のすべての始まりです。ロシアの武装テロリストと傭兵。彼らはウクライナ東部の政権を掌握し始めました。ウクライナは対テロ作戦を開始しました。他の誰かが、すべてを始めたのはロシアではなかったと言いたいですか?継続👇 https://t.co/t02pUNdI3z

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

buvery @buvery
16272022-04-13 11:06:55

ロシアの毒電波ゆんゆんに当てられた人も多いと思いますが、あれを日本人の文脈で読んではいけない、と思う。

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo

仮蔵 @karizo2022
8361193912022-03-27 18:43:42

「経済制裁はいかにロシアを殺すか?」 米国ウィルソンセンターのフェロー、Kamil Galeev氏が書かれた論考記事です。経済制裁によってロシアがどのように崩壊していくか、具体的かつ明瞭な論旨で考察されています。一読の価値あり。時間がない方向けにまとめを一つツイートしてから詳細を和訳します。 https://t.co/IyrwhUoZZ1

仮蔵 @karizo2022
110018912022-04-25 11:00:55

ミームの戦争: 🇷🇺が占領地でロシア語教育を押し付けたり、教科書や学習指導要領で🇺🇦の歴史を消去しようとしたりしていますね。このような動きの文化的背景をよく説明する論考スレッドをご紹介。著者はKamil Galeev氏。脅威の110連ツイ。要約3つ投下してから本文投稿します。 https://t.co/fe4Csf722X

戦車 @MoterSensha
1852382022-09-21 16:56:04

プーチン大統領、ロシアで部分的な動員を発表 大統領の演説の完全な書き起こしと演説のビデオ https://t.co/OTg6BeCdbu

buvery @buvery
1071222022-04-11 11:16:22

この記事は、ロシア国営メディア、RIAに2022年4月3日付けで載ったものです。ロシアも『同じ』人間だから、日本人と『同じ』ように考える筈、という根拠のない幻想を抱いている人がまだいるので、ロシア語から英語に機械翻訳したものを全文日本語にします。 https://t.co/TEGgH0sSRK

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1642612022-03-12 20:39:05

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 前編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1732692022-07-02 21:09:52

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター シリーズ⑵紛争解決に関してロシア・ウクライナ間に交渉はない。あるのはウクライナの無条件降伏だけだ。

kakuyokusyugi @kakuyokusyugi
89818112022-03-24 08:49:29

ネオナチとはイデオロギーなのに、そのビジュアルや暴力性ばかり取り上げられている。 本質である思想やイデオロギーを説明している記事はあまり見当たらないので今回は「ネオナチのイデオロギー」を説明。 (ウクライナオンファイヤーが消えたので、やっぱりまとめることにした)

連投失礼。先程ツイートで紹介したカミル・ガリーヴさんの最新スレッド要約してみます。時間がかかると思いますが、海外のアナリストも考察できてない点があるという事で、ロシアのメンタリティを理解する上で有益だと思われるので。【】内は私の補足です。以下要約。 https://t.co/wNuQGUk5YY

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

たぶん大佐 @Col_AYABE
4127112022-04-28 00:33:43

『ウクライナ戦争の次の段階は?』 イギリスの軍事専門家ニコラス・ドラモンド氏はウクライナが勝利する可能性を論じつつ、プーチンによる大量破壊兵器使用の危険性を避けるため、今後の戦争の展望に現実的(ある意味で残酷な)分析をしています。 以下に翻訳していきます(ちょっと長いよ) https://t.co/720EpNTWlJ

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1322082022-07-27 19:12:07

ダグラス・マクグレゴー大佐のウクライナ・アップデート  アメリカ(NATO)が戦争して、勝てる見込みは百万分の1もない Col. Douglas Macgregor - Russia Ukraine latest/ Judge Napolitano - Judging Freedom (全訳)

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8