「ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲…」仮蔵のスレッド

1,9284,4602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

Why Russia will lose this war? Much of the "realist" discourse is about accepting Putin's victory, cuz it's *guaranteed*. But how do we know it is? I'll argue that analysts 1) overrate Russian army 2) underrate Ukrainian one 3) misunderstand Russian strategy & political goals🧵

2022-04-01 23:03:26

1/80 ロシアはなぜ負けるのか? 多くの「現実主義者」はプーチンの勝利を予想する。なぜなら「保証付」だからだ。 そんな保証どこにある? 私は、アナリストが 1)ロシア軍を過大評価 2)ウクライナ軍を過小評価 3)ロシアの戦略と政治的目標を誤解 していると主張する。 https://t.co/v06s6JnUfc

Why Russia will lose this war? Much of the "realist" discourse is about accepting Putin's victory, cuz it's *guaranteed*. But how do we know it is? I'll argue that analysts 1) overrate Russian army 2) underrate Ukrainian one 3) misunderstand Russian strategy & political goals🧵

2022-04-01 23:03:44

2/80 ロシア軍についてビスマルク分析によるタイムリーな論文をみてみよう。いい論文だ。参考になる。陸軍と砲兵隊中心であることは正しい。また、セルジュコフ国防相が2007年から2012年にかけて陸軍の効率を大幅に向上させたことも正しい。しかし、まだミスリードがある。 https://t.co/DIDKm0Rso9

Consider a timely paper on Russian army by Bismarck Analysis. It's good & informative. It's correct on its land-based and artillery-centric character. It's also correct that Minister of Defence Serdyukov greatly increased army's efficiency in 2007-2012. But it's still misleading

2022-04-01 23:04:06

3/80 確かにセルジュコフ大臣は軍を改革した。彼はその効率を高め、腐敗したコネ採用の軍需メーカーと戦い、軍の供給を改善した。その結果、彼は非常に不人気となり、強力な敵を大量に作った。やがて2012年に追放され、権力と地位を失った。 https://t.co/tumCUHFx8h

Yes, Minister Serdyukov indeed reformed the army. He increased its efficiency, fought with corrupt and crony armament producers improving the army supplies. As a result he became extremely unpopular, made tons of powerful enemies and was ousted in 2012 losing his power and status

2022-04-01 23:04:21

4/80 後継者のショイグは、そのことをよく理解していた。さて、ショイグとは何者か?ショイグは、1991年のロシア連邦誕生以来、途切れることなく政府で働いた、「唯一の」ロシアの大臣だ。彼は全ての大統領、全ての首相の下で働き、全ての粛清を回避した。 https://t.co/7Mdc0YWDaQ

His successor Shoygu knew better than that. Now who's Shoygu? Shoygu is the *only* single Russian minister who uninterruptedly worked in government since 1991, since the very beginning of Russian Federation. He worked for all presidents, all prime ministers avoided all purges

2022-04-01 23:04:42

5/80 これが何を意味するか?彼は狡猾な政治起業家で、宮廷政治、宣伝、イメージに長けているということだ。政治的生存を最優先することで すべての政権を生き延びるのだ。そのためには敵対心を最小にする必要がある。だから強力な利益団体には 決して反対しない https://t.co/AY72Xeep32

What does it mean? It means he's a cunning political entrepreneur, great in court politics, publicity, image. You survive every single administration by maxing your political survival. And to max it you need to minimise animosity. So you never object to powerful interest groups

2022-04-01 23:05:11

6/80 セルジュコフは利権団体と戦って潰された。ショイグはもっと賢かった。彼は、セルジュコフの遺産から自分を「救世主」として紹介するPRキャンペーンを展開した。前任者がやったことは、すべて解体された。メディアは喝采し、人々は喝采し、利益団体は喝采した。 https://t.co/Bygzoxu16z

Serdyukov fought with interest groups and was destroyed. Shoygu was smarter than that. He launched a PR campaign presenting himself as the "saviour" from the Serdyukov's legacy. Whatever his predecessor did, was dismantled. Media cheered, people cheered, interest groups cheered

2022-04-01 23:05:25

7/80 それは、とても典型的な問題だ。効率の最大化には冷酷さが必要だ。既存の支配層や利益団体に対して。一方、宮廷政治を最大化するには、彼らに配慮し、敵を作らないことが必要だ。セルジュコフは効率を、ショイグは宮廷政治を重視した。 https://t.co/AtGK9kozMv

That's a very, very typical problem. Efficiency-maxing requires ruthlessness in dealing with established elites and interest groups. Meanwhile court-politics-maxing requires pondering to them and not making enemies. Serdyukov was maxing efficiency, Shoygu - court politics

2022-04-01 23:05:51

8/80 もう一つ問題があった。ショイグはトゥバ民族だ。ロシアのような国では、少数民族が最高指導者になることはめったにない。国民は彼をロシア民族とは思っていない(彼の宮殿を参照)。ということは、彼は指導者にとって危険ではないし、安心して軍を任せることができる。 https://t.co/PvV2NJSkDY

There was another issue. Shoygu is ethnic Tuvan. In such a country as Russia minority member can hardly become the supreme leader. People don't perceive him as ethnic Russian (see his palace) which means he's not dangerous for the leader and you can safely delegate him the army

2022-04-01 23:06:17

9/80 ショイグはセルジュコフの任命者を粛清しただけではない。旧軍の体制を熟考した。装備のコストや品質について軍需産業との議論をやめた。また、ロシアの大戦略にまつわる数々の虚飾の考えにふけった。陸軍と海軍の問題を考えてみよう。 https://t.co/GKLQ8ckGxE

Shoygy not only purged Serdyukov's appointees, pondered to old military establishment, stopped arguing with army suppliers about the equipment cost and quality. He also pondered to numerous feel-good-lies regarding the Russian big strategy. Let's consider the army vs navy problem

2022-04-01 23:06:37

10/80 陸軍と海軍は、何世紀にもわたってヨーロッパ列強における、伝統的なジレンマだった。一流の陸軍か一流の海軍か。どちらかを選ばなければならない。17-18世紀のフランスのように、これを無視して破滅した国もあった。プロイセンのように、より合理的な国もあった。 https://t.co/kxgnAztKhl

Army vs navy had been a traditional dilemma of European powers for centuries. As a rule, you couldn't support both first class army and first class navy, you had to choose. Some powers ignored this to their demise - like 17-18th cc France. Others were more rational, like Prussia

2022-04-01 23:07:06

11/80 うろ覚えだが、17世紀、ベルリンを中心とするブランデンブルク公国は「世界の海洋国家」として活躍しようとした。海軍を作り、カリブ海とアフリカ(地図中:赤)に植民地を作った。超高額。超傲慢。超愚か。大量の資源を無駄に消費した。 https://t.co/7otid8sXXf

We kinda forgot it but in the 17th c principality of Brandenburg centered in Berlin tried to play into a "global maritime power". They built a navy, established colonies in Caribbean and Africa (red). Super costly, super hubris, super stupid. Consumed tons of resources in vain

2022-04-01 23:07:26

12/80 18世紀。彼らは考え直した。植民地を売却し、海軍を解体し、陸戦を始めたのだ。傲慢さを抑え、海軍を最小化すれば(ゼロにすれば)、一流の陸軍を作れると正しく認識したのだ。そうすれば、ドイツを統一できる。 https://t.co/P5dtCHuGRA

In 18th c. they reconsidered. They sold their colonies, dismantled the navy and started land-maxing. They correctly realised that if they suppress their hubris and minimise the navy (to zero), they can land-max and build the first class army. Which would then unify Germany

2022-04-01 23:07:48

13/80 だから陸戦には、海軍の野心を最小化する必要がある。ロシアは海軍の野心を最小にしているだろうか?いいえ。ソ連海軍の遺産をできるだけ多く維持する義務があると感じている。古い船を浮かせ、新しい船を建造し、海洋海軍のためのインフラを維持・拡大する。 https://t.co/Drm8L64nJX

So. Land-maxing requires minimising the naval ambition. Does Russia minimise its naval ambition? No. It feels obliged to maintain as much Soviet naval legacy as possible. Keep old ships afloat, build new ones, maintain and expand infrastructure for the ocean navy

2022-04-01 23:08:06

14/80 ここにもジレンマがある。地域的艦隊は陸上戦でも有効活用できる。例えば、ロシアは「海軍の作戦行動」を宣言し、海からウクライナに攻め込んだ。これは安上がりで効果的だ。だが、地域的艦隊を維持することは、セクシーとは言えない。PRのためでなく、効率のためには。 https://t.co/7E5SRAYdzY

Here is another dilemma. Regional fleets can be effectively used in land wars. For example, Russia declared "navy manoeuvres" and then attacked Ukraine from the sea. That's cheap and effective. But keeping a regional fleet doesn't sound sexy. It's efficiency-maxing, not PR-maxing

2022-04-01 23:08:25

15/80 ロシアはPRの方に余念がない。プーチンは2027年までに新造船の割合を7割にすると宣言した。旧ソ連の船が時代遅れになるから新造船を作ろう。しかし、ソ連の主な造船所はウクライナにある。そこで、この目標を達成するためロシアは造船所のインフラを拡張する https://t.co/7ufpMrdU5S

And Russia is PR-maxing. Putin declared that the share of new ships should reach 70% by 2027. Old Soviet ships are becoming obsolete, Russia's building new ones. BUT. Major Soviet shipyards are located in Ukraine. So now Russia expands shipyard infrastructure to reach this goal

2022-04-01 23:09:08

16/80 ソ連海軍の遺産はロシア軍の呪いだ。ソ連は空母打撃群と海洋艦隊を保有する余裕があった。ロシアにはない。ソ連の野望を捨てるには、己の傲慢さを抑える必要がある(不可能だ)。だからそれを維持しようとする。ゆえに:ロシアは陸戦できない。するつもりもない。 https://t.co/0w18UBDLQE

Soviet naval legacy is a curse of Russian military. USSR could afford ocean fleets with carrier strike group. Russia can't. But abandoning Soviet ambitions would require suppressing their own hubris (impossible). So they strive to maintain it. Ergo: they can't and won't land-max

2022-04-01 23:09:33

17/80 今回の戦争にどう反映?まずロシアの侵攻軍は小規模だ。もちろん大砲は山ほどある。しかし勝つには不十分。親ロシア派のアナリストは、この侵攻をバルバロッサと対比する。しかし1941年のドイツ国防軍とは異なり、ロシアの侵略者はたった1つの超巨大部隊しかない。 https://t.co/MZp1rC96Ft

How does it reflect on this war? First, Russian invading force is small. It has LOTS of artillery ofc. But it's not numerous enough to win. Pro-Russian analysts compare their advance with Barbarossa. But unlike Wehrmacht in 1941 Russian invaders have only *ONE ECHELON OF TROUPS*

2022-04-01 23:10:22

18/80 電撃戦はどのように組織されるのか?部隊別だ。 第1部隊は全速力で前進だ。もちろん、これによって多くの防衛部隊が後方に残存する。しかし、その後、第二次隊、第三次隊と続く。彼らは防衛部隊にとどめを刺し、領土を占領し、供給ラインを確保する。 https://t.co/UwBY4G1ckB

How is a Blitzkrieg organised? By echelons. First echelon is moving forward as fast as they can. Ofc this means that lots of defenders will be left in their rear. But then the second echelon comes, then third, etc. They finish defenders, occupy territory, control the supply lines

2022-04-01 23:11:54

19/80 もしロシアがバルバロッサ式の電撃戦を正しく仕掛けたら、今頃は第1、第2、第3の部隊の戦いが始まっていたはず。しかし第2段は来なかった。存在しなかったのだ。なぜか?第一に、ロシアは本気で陸上戦をしないので、そのための資源とインフラをそれほど持っていない。 https://t.co/vnq8kLSV5H

If Russia launched a proper Barbarossa-style Blitzkrieg that would happen now - first, second, third echelons. But the second echelon didn't come. It never existed. Why? First, Russia's *not* landmaxing and thus doesn't have so much resources and infrastructure for the land war

2022-04-01 23:12:31

20/80 第二に、いくつかの部隊を出動させるには、長く根気のいる準備が必要だ。動員し、国境まで移動し、分屯し、維持し、補給する必要がある。簡単なことではない。電撃戦は、事前に十分な準備を行うべき大変な仕事だ。そして、それはなされていなかった。 https://t.co/ZPq0Pikc2G

Secondly, launching several echelons would require long arduous preparation. You need to mobilise them, move to the borders, quarter, maintain and supply. It's not that easy. It's a hard job that should have been done well in advance to wage a Blitzkrieg. And it hadn't been done

2022-04-01 23:13:00

21/80 ロシアが正しい電撃戦を準備しなかった第三の理由。電撃戦は「戦争」のための戦略である。電撃戦とは、立ち向かってくる敵を打ち破り、制圧する方法だ。そもそもロシアは「戦争」を計画していなかった。だから電撃戦の計画もなかった。計画したのは「特殊作戦」だ。 https://t.co/5TtCesCwDP

Why Russia didn't prepare a proper Blitzkrieg? And now we come for the third and main reason. Blitzkrieg is a war strategy. Blitzkrieg is how you break & suppress the enemy who's actually fighting. Russia didn't plan it because it didn't plan a war. It planned a Special Operation

2022-04-01 23:13:44

22/80 単なる現代的言葉遊びだ。第二次世界大戦後 、伝統的な支配権の解釈は死んだ。もはや支配者の法的権利をもって攻撃的戦争を仕掛けることはできない。だから近代国家は自らが戦争をしていることを決して認めない。あくまで「和平工作」「テロ対策」等を行っているのだ。 https://t.co/OkE37R7VDE

Ofc partially that's just modern discourse. After WWII traditional understanding of sovereignty as of legal right of sovereign rulers to wage offensive war died. As a result modern states never admit they're waging wars. They're waging "pacifications", "counterterrorism", etc

2022-04-01 23:14:16

23/80 1940年代後半に世界中の陸軍省が「防衛省」に改称された経緯を考えてみよう。誰もが防衛し、誰も攻撃しない。では、なぜ戦闘が起こるのか。犯罪者がいるからだ - "山賊"、"テロリスト"、"ジハード"。あるいは現在のウクライナにいる "ナチス"とか。 https://t.co/OMTteJShvD

Consider how all the War Departments and Ministries over the world were renamed into "Defence" in late 1940s. Everyone's defending, nobody's attacking. Why does the fighting happen then? Well, because of criminals - "bandits", "terrorists", "jihadees" or as now in Ukraine "Nazis"

2022-04-01 23:14:47

24/80 現代社会は「敵と犯罪者の区別」を廃止した。ローマ法では要のアイデアだ。権力者は戦争を行うために、敵を犯罪者扱いし、非人間的にする必要がある。だから「テロリスト」という建前が生まれた。ある意味、プーチンは流行にのっているのだ。 https://t.co/XgtF1SfLSC

Modern world abolished the distinction between the enemy and the criminal, a key idea of the Roman Law. Powers do wage wars, but to do so they need to criminalise and dehumanise their enemies. Hence, all the "terrorist" discourse. In a sense Putin is going with the flow

2022-04-01 23:15:23

25/80 しかし、より深いレベルでは、プーチンは全く正しい。彼のウクライナでの「特別作戦」宣言は実に誠実だ。彼は戦争するつもりではなかった。彼は戦争のやり方を知らない。彼はずっと、特殊作戦を組織し、立ち上げてきたのだ。 https://t.co/xccs8AM9XZ

But on a deeper level Putin is absolutely correct. His declaration of "special operation" in Ukraine is sincere, because he didn't expect the war. He doesn't know how to do wars. For all of his life he's been organising and launching the special operations

2022-04-01 23:15:46

26/80 まず、KGBの将校として。その後、サンクトペテルブルク市の外務審議官(=ソ連の倉庫のものを西側へ横流しする)。1990年代には、犯罪組織と密接に仕事をし、それを成功させた。犯罪組織統括者ハッサン爺さんと一緒の写真がこれだ。 https://t.co/8OQVMq4Sbv

First, as a KGB officer. Then, as St Petersburg city councillor for foreign affairs (= illegally selling Soviet warehouse stuff to the West). In 1990s he closely worked with the criminal world and he did it successfully. Here you see him with a thief-in-law, Grandpa Hassan

2022-04-01 23:16:09

27/80 プーチンの仲間であるハッサン爺さんが側近たちと祝杯をあげている。この写真からプーチンのビジネスパートナーやアソシエイトをある程度知ることができる。 https://t.co/ifoylMYvE5

Btw that's how Putin's pal Grandpa Hassan is celebrating with his close circle. It gives some idea of Putin's business partners and associates https://t.co/JREAPo0wTO

2022-04-01 23:16:28

28/80 プーチンは殺人慣れした暴力的な起業家と仕事をしていた。彼は常に優位な側に立っていた。連邦政府や地方政府の方が、替えの効く犯罪者のボスたちよりも圧倒的に強かったからだ。ボスたちは誰もが、自分の座をつけ狙う何十人もの子分を抱えていた。 https://t.co/CvG37PXLHw

Putin worked with violent entrepreneurs used to killing. But. He had always had the upper hand. Federal and regional governments were very much stronger than these criminal bosses who were very much replaceable. Everyone of them had dozens of henchmen who wanted to take his place

2022-04-01 23:16:50

29/80 プーチンは特殊作戦を行っていた。犯罪者たちよりもずっと強い立場にあったときに。彼はそれに慣れた。その後エリツィンが彼を後継者に選んだ。プーチンはこの立場を利用し、権力を強化するために多くの特殊作戦を開始した。上層部の全面的な支持のもとで。 https://t.co/TL6UsWGob7

Putin waged special operations when he had much stronger position than these criminals. And he got used to that. Later Yeltsin chose him as a successor and in this capacity Putin launched a bunch of special operations to consolidate power. Again with full support of higher ups

2022-04-01 23:17:12

30/80 そう、プーチンは大統領になる前からワルを演じていたのだ。悪役を演じるのは簡単だった。 当時の大統領とクレムリンの全組織が彼をバックアップしていたのだ。巨大な権力。リスクも説明責任もない。 https://t.co/fKA3dqrtky

Yeah, Putin played badass even before becoming a President. But it was easy to play a badass when he was backed up by then President and the entire apparatus of Kremlin. Huge power, no risk, no accountability

2022-04-01 23:17:39

31/80 その後、彼は自分の人気とタフなイメージを高めるため、その都度紛争を起こした。チェチェン、グルジア、シリア。しかし、いずれも戦争ではなかった。すべての紛争は、特殊作戦として行われた。 1)政治的な目的のため 2)ロシアに勝てる見込みのない小勢力に対して https://t.co/LRR3pj4fYP

Later he initiated conflicts each time his had to boost his popularity and tough image. Chechnya, Georgia, Syria. But neither of this was a war. Every conflict was a Special operation waged: 1) for political goals 2) against small force which had no chance to win against Russia

2022-04-01 23:18:15

32/80 プーチンは小国としか戦わなかった。チェチェンは100万人、ジョージアは400万人、シリアはもっといた。しかし、戦ったのは適切な訓練も武装もされていない反乱軍だ。また、「テロ対策」の建前によって、ロシア人が都市全体を平地にしても、何のお咎めもなく許された。 https://t.co/ajwoln0WE7

Putin fought only with small countries. Chechnya - 1 million people, Georgia - 4. Syria had more, but he fought with rebels, with no proper training or armaments. Also "counterterrorist" discourse allowed Russians to simply level entire cities to the ground with no consequences

2022-04-01 23:18:45

33/80 自分が最上位にあることを確認する必要があればいつでも、プーチンは特殊作戦でどこかの小国を荒廃させる。適切な準備など必要ない。ロシアやプーチンの存亡にかかわるような危険はないからだ。クソみたいなもんだ。リスクがない=悩む必要もない。 https://t.co/jjaUEKyE5U

Every time Putin needed to confirm his alpha status he would devastate some little country with a Special Operation. They didn't require proper preparation because they bore no existential risk to Russia or to him. Like, the fuck they're gonna do? No risk = no need to bother

2022-04-01 23:19:19

34/80 プーチンは、この小細工をまた繰り返すことにした。ゆえに、侵攻軍はそれほど多くない。前進するのは1つの部隊だけだ。しかし、ウクライナはもっと大きい。人口は4400万人だ。プーチンは何を考えていたのか?どうやらウクライナ軍の抵抗はゼロだと思っていたようだ。 https://t.co/jM0qnRQm0M

Putin decided to repeat this little trick again. Hence, not that numerous army of invasion, only one echelon of advance, etc. But Ukraine is much bigger - it has 44 million people. What was Putin thinking? Apparently he was expecting zero resistance from the Ukrainian army

2022-04-01 23:19:46

35/80 プーチンがそう考えるには十分な理由があった。2014年のデバルツェボとイロヴァイスクでのこと。実際、ロシアの正規兵はウクライナ軍を簡単に壊滅させた。彼はウクライナ軍が弱いことを見抜いた。ロシア正規軍を送るだけで簡単にルートを確保することができるのだ。 https://t.co/r6OCM3uywv

Putin had a good reason to believe so. Indeed, in 2014 Russian regulars ("ихтамнеты" = "there aren't any of them there") easily destroyed Ukrainian forces in Debaltsevo and Ilovaysk. He saw that Ukrainian army is weak and he can easily route them simply sending Russian regulars

2022-04-01 23:20:13

36/80 戦略的にはプーチンは大失敗した。彼はウクライナを破り、痛みと屈辱を与えた。IQが20ほどあれば、戦争は終わっておらず、ロシアが再び攻撃してくることは自明だ。しかし当時、プーチンはウクライナにとどめを刺さなかった。いつでもチャンスがあると考えたのだ。 https://t.co/JseBsem1Bu

Strategically speaking Putin fucked up. He defeated Ukraine, inflicted pain and humiliation. Anyone with an IQ above the room temperature knew the war is not over and Russians would strike again. But - Putin didn't finish Ukraine back then. He thought he'd always have a chance

2022-04-01 23:20:47

37/80 この後の展開は予想通りだ。痛みはあるが致命的ではない敗北を敵に与えることは危険だ。ウクライナはちょっと弱くなった。しかし、その内部のパワーバランスは変化した。法廷政治を最大化する利権集団が敗れ、効率性を最大化する新興勢力にチャンスが与えられた。 https://t.co/aXmvPFzlIn

What happened next was quite predictable. Inflicting a painful but not critical defeat on your enemy is risky. Yeah, they kinda became weaker. But the balance of power within them changed. Court politics maxing interest groups lost and efficiency maxing upstarts get a chance

2022-04-01 23:21:17

38/80 制度進化の方程式=脅す+とどめを刺さない ナポレオンはプロイセン軍をイエナ・アウエルシュタットで打ちのめしたがとどめを刺さなかった→プロイセンは進化した。 ペリー提督は1853年に日本人を脅したが、米国は南北戦争に突入し、日本人を放置した→日本は進化した。 https://t.co/1XAmRCZb9T

Formula of institutional evolution = scare + don't finish them. Napoleon smashed Prussians at Jena-Auerstedt, didn't finish them. Prussia evolved. Commodore Perry scared Japanese in 1853, but the US spiralled into Civil War and left them alone. Japan evolved

2022-04-01 23:21:38

39/80 実存的な脅威ほど、強い動機付けを与えるものはない。まず、ウクライナ人が真実を認めた。「率直に言おう。今日、われわれには軍隊がない。今、我々が集めることができる有能な兵士は、たかだか5000人だ」- 2014年、国防大臣の報告 https://t.co/sTNVcoxKyL

Nothing motivates as hard as an existential threat. First, Ukrainians admitted the truth: «I'll be frank. Today we have no army. Now we can assemble a group of 5 thousand capable soldiers max [out of 125 on paper]" - reported minister of defence in 2014

2022-04-01 23:22:10

40/80 2014年のウクライナの装備はひどかった。ほぼ100%の車両と弾薬が25年以上前のソビエトのストックだった。しかもそのほとんどが期限切れ。 書類上に車両はあるが、1991年以来一度も未チェック、未使用だ。ラジエーターやアキュムレーターもすべて錆びて修理は不可能。 https://t.co/5YUJqCSYea

In 2014 Ukrainian equipment was awful. Almost 100% vehicle and ammunition were 25+ year old Soviet stocks. Moreover, most of it just expired. Like vehicles existed on paper but were never checked or used since 1991. Their radiators, accumulators all rotten and unrepairable

2022-04-01 23:22:32

41/80 2014年に親ロシア派の反乱を指揮したFSBの大佐は、自分もお手上げだったと振り返る。彼はウクライナ軍の倉庫から補充品をくすねたが、使い物にならなかったのだ。ニコラエフカの戦いで、28発の対戦車砲を打ち尽くしたように。まったくもって無用の長物だった。 https://t.co/kUGYEJgVK0

FSB colonel who led pro-Russian insurgency in 2014 admitted it created problem for him, too. He wanted to restock from the Ukrainian military warehouses, but that stuff just didn't work. Like they took 28 anti-tank missiles and fired them all during Nikolaevka battle. None worked

2022-04-01 23:23:01

42/80 反乱軍兵士へのインタビュー:ウクライナの倉庫から持ち出されたロケット弾、砲弾、手榴弾は99%機能不全だった。(もちろん、25年以上前のものだ)。 2014年にウクライナがロシアに負けたのは、驚くべきことではない。そもそも戦えたことの方が驚きだ。 https://t.co/dMfS4xtz3P

Judging by the interviews with insurgents who were disappointed to find that rockets, shells, grenades taken from Ukrainian warehouses were 99% dysfunctional (ofc, they were 25+ years old) it's not surprising Ukraine lost to Russia in 2014. It's surprising they could fight at all

2022-04-01 23:23:36

43/80 ソ連の古い無線機も役に立たない。ウクライナの兵士はSMSで通信しなければならなかった。しかも彼らは携帯電話を空中に放り投げなければならなかった。地上数メートル上空で電波をキャッチするよう念じながら。 https://t.co/Si8I2joFtw

Even the ancient soviet radio machines didn't work. Ukrainian soldiers had to communicate with SMS and since network was often awful they had to throw their mobile phones up in air in a hope may be it will catch radio signal few meters over the ground

2022-04-01 23:24:09

44/80 当時のウクライナ軍はこんな感じだった。デバルツェボやイロヴァイスクでロシア正規軍に即座に粉砕されたのも無理はない。プーチンには「正規軍を一斉発進させた瞬間に抵抗が打ち破れる」と考えるだけの理由があったのだ。 https://t.co/jxUr2H7kuY

That's how Ukrainian army looked back then. No wonder it was immediately crushed by Russian regulars in Debaltsevo and Ilovaysk and Putin had every reason to believe that resistance will be broken the moment he launches his regular army en masse

2022-04-01 23:24:29

45/80 実に多くのことが変わった。まずウクライナでは6回の徴兵制が行われた。男たちは徴兵されドンバスに送られた。そのほとんどが復員して市民生活に戻った。ドンバス部隊は約6万人。常に要員交代していた。現在、ウクライナには40万人以上のドンバス帰還兵がいるわけだ。 https://t.co/LJW5BgK4ii

A lot has changed. First, Ukraine has had six drafts. Men were drafted and sent to Donbass. Then most demobilised and returned to civilian life. This Donbass contingent was around 60 thousand soldiers and constantly rotated. So now Ukraine has 400 000+ veterans of Donbass war

2022-04-01 23:24:50

46/80 その多くは戦闘に参加した。つまりウクライナには戦闘経験のある退役軍人が大量にいるのだ。おそらくロシアよりも多い。確かにロシアはシリアで戦っていた。ロシアは兵力規模を公表していないが、2〜3千人程度だろう。ほとんどのロシア兵は戦争を経験していないのだ。 https://t.co/zjN8luMAej

Many of them were in combat. Thus Ukraine has huge number of veterans with combat experience. Probably more than Russia. Yes, Russia has been fighting in Syria. It never published the size of its force but it's estimated to be 2-3 thousand. Most Russian soldiers have not seen war

2022-04-01 23:25:14

47/80 しかも、彼らが見てきた戦闘は違う。ロシア兵は、完全に優位に立ったときだけ戦うことに慣れている。シリアでは、爆撃機で都市を平地にしただけだ。一方、ウクライナ兵は、自分よりはるかに強く、装備の整った敵だけを相手に戦ってきた。 https://t.co/cED3cqzszB

Furthermore, combat they've seen is different. Russian soldiers are used to fighting only when they total superiority. In Syria they would just level cities to the ground with bombers. Meanwhile, Ukrainian soldiers have fought only against far stronger and better equipped enemy

2022-04-01 23:25:56

48/80 ウクライナ侵攻はウクライナ軍の装備の半分を再供給することになった。ウクライナ軍は独自に多くの革新的な兵器を開発した。だが、量産化されたものはほとんどない。兵士はウクライナ製の新兵器の試作品を数個持っているに過ぎない。 https://t.co/Fu9IXgCV40

Equipment-wise this war took Ukrainian army half-resupplied. It developed many innovative weaponry of its own, but almost none of it was produced on large scale. In most cases soldiers have only few prototypes of new, Ukrainian-produced weaponry

2022-04-01 23:26:45

49/80 ウクライナはトルコのBayraktars TB2ドローンを48機発注した。悪くない - アゼルバイジャンがカラバフで持っていたものの2倍以上。だがそのうち12機しか届いていない。新たに強力なドローンBayraktar Akinciもトルコと共同開発中だが、この戦争には遅すぎた。 https://t.co/87wY2S48oN

Ukraine ordered 48 Turkish Bayraktars TB2 drones. That's not bad - more than twice what Azerbaijan had in Karabakh. But only 12 of them got to the troops by now. Ukraine is also developing new, stronger drone Bayraktar Akinci together with Turks, but it's too late for this war

2022-04-01 23:28:51

50/80 しかし、ウクライナはうなるほど(数は未発表)武器を手に入れた。アメリカ製ジャベリンとM141 BDM。イギリス・スウェーデン製のMBT LAW。これらは「Stugna-P」、RK-3「Corsar」、「Barrier」などのウクライナ製対戦車兵器とともに、ロシア戦車との戦いに役立っている。 https://t.co/gmQRVZodTi

However, Ukrainians got a number (unpublished) of American-produced Javelins and M141 Bunker Defeat Munition, & British-Swedish produced MBT LAWs. Together with Ukrainian produced anti-tank weaponry such as «Stugna-P», RK-3 "Corsar" and «Barrier» it helps to fight Russian tanks

2022-04-01 23:29:12

51/80 ウクライナ軍には新しい戦車はあまり入ってきていなかった。プーチンの攻撃までは。しかし、彼らは新しい装甲車を手に入れた。国産のコサック2。トルコ製のアゼルサン戦闘モジュール。アメリカ製の装甲車、ハンビーなど。 https://t.co/oSiKODzMh4

Ukrainian troops hadn't received many new tanks by the time Putin attacked. But they got new armoured vehicles, such as domestic-produced Cossack-2 with Turkish produced Aselsan fighting modules and a number of American armoured vehicles, humvees, etc

2022-04-01 23:29:34

52/80 最後に、ウクライナは新しいタイプの軍隊を創設した - 国土防衛軍だ。その数は6万人と推定されている。これはポーランドの部隊様式を真似たものだ。この部隊は、軍事訓練を受けた民間人だ。自分の町や地域だけで戦うため、一日で動員できる。 https://t.co/xzglHZYqbn

Finally, Ukraine created a new type of troops - the troops of territorial defence, whose number is estimated in 60 000. It's a copy of the Polish troop type. These are civilians who get military training and can be mobilised in a day to fight only in their own town and region

2022-04-01 23:30:12

53/80 なぜか?それは一目瞭然だ。ロシアが数段階に及ぶ正しい電撃攻撃をしていれば、ウクライナは負けただろう。しかし、ロシアはそうしなかった。そしてウクライナ人は、そうならないことに賭けた。なぜなら。第一に、陸戦型でない国家安全保障体制にはコストと困難が伴う。 https://t.co/g5HYpIAnPN

Why? Well, that's pretty obvious. If Russia made a proper Blitzkrieg with several echelons of attack, Ukraine would lose anyway. But Russia didn't. And Ukrainians bet that they wouldn't. First - it's costly and difficult for a state security regime which isn't landmaxing

2022-04-01 23:30:30

54/80 第二に、プーチンはウクライナ軍が初日で逃げ出すか降伏すると見込んでいた。海外のオブザーバーの多くが予想したように。もちろん今、彼らはシナリオを変えている。しかし、数日前の投稿では、彼らはウクライナ人が本当に抵抗するとは思っていなかったようだ。 https://t.co/aeQTLA5ePZ

Second, Putin expected Ukrainian army to run away or surrender in the first day. Like most of foreign observers expected. Now they're of course changing the narrative, but if you look at their posts few days ago they didn't believe that Ukrainians would make any real resistance

2022-04-01 23:31:15

55/80 だからプーチンは単一部隊で攻撃した。ロシア軍は突進した。ウクライナの正規軍も国土防衛隊も撃滅しないまま。正しい電撃戦であれば、第2、第3の部隊がウクライナの守備隊を仕留めに来るはずだ。しかし、そうしなかった。そもそも追加部隊は存在しなかったのだ。 https://t.co/O4OSTtYA0w

So Putin attacked with only one echelon. Troops pushed forward leaving many non-destroyed Ukrainian regulars and levy behind. In a proper Blitzkrieg a second and third echelon would have come to finish Ukrainian defenders. But they didn't. These additional echelons didn't exist

2022-04-01 23:31:49

56/80 そのため、すぐに補給と補充の問題が発生した。第一部隊は突進した。弾薬、燃料、そして人員の補給が必要だ。しかし、補給部隊は攻撃される。後方に残存した正規軍と国土防衛軍に。 https://t.co/e2pfxtyEjL

Which immediately created the supply and replenishment problem. The first echelon pushed forward. It needs a supply in ammo, in fuel and well, in people. But these supply convoys are being attacked by the regulars and territorial defence troops left behind

2022-04-01 23:32:21

57/80 ウクライナが手に入れた数少ないベイラクターによって https://t.co/C5b4bqrAK8

By those few Bayraktars Ukraine got

2022-04-01 23:32:37

58/80 そして、政府が銃を配給したばかりの国土防衛隊。これらの人々は、ロシアの隊列に立ち向かうことはできないが、車列を攻撃することはできる。思い出して。ウクライナには戦闘経験のある退役軍人が民間に大勢いることを。 https://t.co/7O6tRR7FK0

And reportedly by the levy whom the government just distributed guns. These people would be unable to stand against the Russian columns but they can attack convoys. Consider that Ukraine has many veterans with combat experience among civilians

2022-04-01 23:33:09

59/80 2014年に親ロシア派の反乱軍を率いたストレルコフによるテレグラムの投稿が、この意見を裏付けている。補給隊が破壊されているのは、二の矢となるべき第二部隊が存在しないからだ。 https://t.co/X0F9wcZRIL

Strelkov, who led pro-Russian insurgency in 2014 confirms this version in his telegram. Supply columns are being destroyed because there's no second echelon

2022-04-01 23:33:32

60/80 プーチンはどうやらヤキモキしているようだ。2月25日のビデオで、彼はウクライナ軍にクーデターを起こすよう呼びかけた。そもそも彼の計画がうまくいっていれば、そんなことは必要ないのだが。 https://t.co/bpBZuOFFHY

Putin is apparently concerned. In the video of 25 Feb he called for Ukrainian military to do a coup d'erat. He wouldn't need it if his plan worked in the first place

2022-04-01 23:34:01

61/80 この作戦の敗北は、プーチンとその政権に甚大な影響を与えるだろう。彼らはこの敗北を生き延びることはできない。一方、プーチンが同じ戦法のままで勝利することは考えにくい。 https://t.co/aml7IuDCoL

The defeat in this operation will inflict enormous consequences for Putin and his regime. They are unlikely to survive this defeat. Meanwhile, it's unlikely that Putin wins by the same methods

2022-04-01 23:34:20

62/80 ロシア兵はもともと士気が低いわけではない。むしろ、戦争の厳しさに依存する。ほとんどのロシア兵は熱心だ。娯楽や冒険に満ちた外国でのちょっとしたバカンスに対して。だが、死と隣り合わせの厳しい長期戦を戦うこと。これはまた別の問題だ。 https://t.co/MARLqTCxIY

It's not that Russian morale is low, it's rather that it depends on how hard the war is.Most Russian troops would be enthusiastic or wouldn't mind against a small foreign vacation with fun and adventures. Fighting a hard long war with real possibility of death is another matter

2022-04-01 23:35:00

63/80 ロシア軍の士気は、広く過大評価されている。社会学的研究によると、入隊の主な動機は通常、アパートを手に入れることらしい。彼らはたいてい、生活の見通しが立たない、恵まれない環境にいる若者たちだ。国から住宅をもらうチャンスなのだ。 https://t.co/Ut5l1vNZm6

Morale of Russian troops is widely overestimated. According to sociological studies the main motivation to enlist is usually to get an apartment. They are usually young men from underprivileged background with no real prospects in life. That's a chance to get a housing from state

2022-04-01 23:35:28

64/80 でも、あなたが死んだら?住宅は手に入らない。ウクライナでは抵抗が続いている。おそらくはそうするしかないから。戦争は血なまぐさい 。国内のロシア人のモチベーションを大きく下げる。ロシア側には、現地に行く熱意はないだろう。 https://t.co/gigkKgYGU7

Now if you are dead, you can't get a housing. Perhaps those already in Ukraine have little choice but the very fact that resistance continues, war is bloody and casualties are real would hugely demotivate those back at home. Expect no enthusiasm to go there on Russian side

2022-04-01 23:35:52

65/80 プーチンにできることは? 1. インフラの破壊を始める(完了) 2. 都市を封鎖する(完了) 3. チェチェンやシリアのように爆撃機や大砲で都市を平らにする(可能性あり)。 最初の2つは人道的な大惨事を引き起こし、彼が望むように、抵抗の意志を断ち切るだろう。 https://t.co/YO39CnzLCK

What Putin can do? 1. Start destroying infrastructure (done) 2. Blockade cities (done) 3. Simply level cities with bombers and artillery like in Chechnya or Syria (may be) The first two would inflict humanitarian catastrophe and as he hopes break the will

2022-04-01 23:36:17

66/80 第三の理由はよりやっかいだ。チェチェンやシリアでは公然たる大量虐殺を容易に正当化できた。「ジハードとの戦い」だから。「テロとの戦い」はフェアプレイだ。ウクライナでの正当化はより困難だ。実際にNATOの反応を引き起こすかもしれない。可能性は排除できない。 https://t.co/IrGXG7B8cS

Third one is more problematic. Unlike Chechnya or Syria where you could easily justify the open genocide with "fighting jihadees" which is a fair play in the "war on terror", here it would be more difficult and actually might draw the NATO response. Still, I can't exclude this

2022-04-01 23:36:47

67/80 私の予想:戦いが続き、勝利が得られない場合、ロシアの能力と戦う意志は急速に失われるだろう。プーチンには戦意喪失などという選択肢はないが、多くの部下はその選択肢をもっている。 https://t.co/dEQViHy3pq

So my prognosis is: if the fight continues and victory is not achieved Russian ability and willingness to fight will be disappearing quickly. Putin doesn't have a choice but many of his subordinates do

2022-04-01 23:37:12

68/80 ロシアが厳密な意味で負けず、何らかの休戦協定が成立した場合でも、ウクライナの勝ちだ。なぜか?多くの人がこの紛争を運動学的と表現している。とんでもない。人間の紛争や相互作用は運動学的ではない。それらは神話的であり、神話に基づいて実行されるのだ。 https://t.co/vDxbsDl7XL

Even in case when Russia doesn't technically lose and some source of armistice/agreement is achieved, Ukraine already won. Why? Many describe this conflict as kinetic. Bullshit. Human conflicts or interactions are not kinetic. They are mythological and run by myths

2022-04-01 23:37:47

69/80 貨幣は神話だ。私たちがそう信じているからこそ存在する。権力は神話だ。国家は神話だ。制度は純粋に神話的なものだ。1572年のモスクワ焼き討ち事件の話をしよう。イワン雷帝は国をゼームシチナ(公的な国土:貴族領)とオプリーチニナ(ツァーリの直轄領)に分けた。 https://t.co/cJGn1JBAEY

Money is a myth. It exists only because we believe so. Power is a myth. Nation is a myth. Institutions are purely mythological. Consider the story of the burning of Moscow in 1572. Ivan the Terrible divided his country to Zemschina (land) and Oprichnina (taken apart)

2022-04-01 23:38:14

70/80 オプリーチニナは彼の個人的な支配下にあった。オプリチニク(彼の軍)はゼームシチナに対して恐怖の軍事行動を開始した。彼らは貴族を皆殺しにし、都市を大虐殺し、膨大な数の無抵抗な民を殺した。なぜか?彼らは強く、勇敢だったからか?否。神話がそうだからだ。 https://t.co/zttFSawk8g

Oprichnina was under his personal rule. Oprichniks - his forces - launched terror campaign against Zemschina. They slaughtered entire noble houses, massacred cities, killed enormous number of commoners facing no resistance. Why? Were they strong and brave? No. Because if the myth

2022-04-01 23:38:40

71/80 ロシア人は正統派王政の神話の中に生きていた。むろん、正統派ツァーリに逆らう者もいただろう。しかし、彼に対抗するレジスタンスの組織化は不可能だった。ゆえに、抵抗勢力は個人だ。だから組織化されたオプリーチニク軍によっていとも簡単に潰されてしまう。 https://t.co/0gbfCQtI7v

Russian people existed within a myth of Orthodox monarchy. Ofc there would be individuals who would go against the Orthodox Tsar. But it was impossible to organise a resistance against him. Thus resistance would be individuals and easily crushed by organised Oprichnik forces

2022-04-01 23:39:00

72/80 オプリチニクは非常に勇敢でワルになった。ロシア人の神話では、99%の人がこうした治安部隊への抵抗を禁じられているからだ。時がたち、彼らは自分たちが本当にクールだと思いはじめた。1572年、クリミア・ハーンがモスクワに攻め込んだ。オプリチニク軍は対抗した。 https://t.co/rxffaERv6a

Oprichniks became very brave and badass. Because mythology of the Russian people prohibited 99% of them to resist these security forces. So with the time they decided they are really cool. In 1572 when Crimean Khan attacked Moscow Oprichnik forces went to face him

2022-04-01 23:39:36

73/80 運動学的に言えば、彼らは圧倒的な優位性を持っていた。 銃、大砲、はるかに重い装甲や武器。彼らの防御力と攻撃力は非常に強かった。だが彼らは一日で敗北した。矢だけで。なぜなら、彼らがかつて戦っていたのは、神話で抵抗を禁じられている民衆だったからだ。 https://t.co/sxZBWA4CbB

Kinetically speaking they had overwhelming superiority. Guns, cannons, much heavier armor or weaponry. Their defense and firepower was very much stronger. But they were routed in one day simply by arrows. Because they were used to fight people whose myth prohibited to resist them

2022-04-01 23:39:57

74/80 モスクワの神話では、オプリチニクは無敵の半神だった。正統派ツァーリの手として生きている神のような存在だ。しかし、外敵に直面したとき、彼らはこの神話的な空間から引きずりだされた。虫けらのような人間として、顔に矢を受けることができる新しい空間へと。 https://t.co/NFu3p8vJra

Within the Muscovite mythology Oprichniks were invincible untouchable demigods, as hands of Orthodox Tsar, who's kinda living God. But when facing foreign enemy they left this mythological space. And entered a new space where they are just people and can get arrow in the face

2022-04-01 23:40:25

75/80 彼らは顔に矢を受けることには慣れていなかった。自分たちが半神でなく人間であることに気づき、彼らはショックを受けた。彼らは鎧や銃、大砲を捨てて逃げ出した。モスクワは、「運動学的」「技術的」に完全優位にあったにもかかわらず、焼け野原になった。 https://t.co/s2pIG2rLgH

They were not used to getting arrows in the face. The very realisation they are not demigods but mortals shocked them. They ran away dropping their armor, guns and cannons. Moscow was burnt to the ground despite having total "kinetic" and technological superiority

2022-04-01 23:40:57

76/80 そう。権力は神話的なものだ。ロシアの国家警備隊は神話的空間の中で神だ。神のような国家を象徴している。しかし、彼らはウクライナがこの神話的空間を離れてしまったことに気づいた。したがって、ロシアの国家安全保障もウクライナでは無力だ。彼らはただの人間なのだ https://t.co/gYueqoL1t4

So. Power is mythological. Russian state security are gods within their own mythological space where they represent the god like state. But what they found that Ukrainians left this mythological space. Thus Russian state security has no power there. They are just mortals

2022-04-01 23:42:02

77/80 そして最後に。非常に優位な敵に対する抵抗の事実は、大いにウクライナの神話を力づける。私たちが目撃しているのは、巨大な神話構築なのだ。戦争という現象は、神話的次元を考慮に入れなければ考えられない。 https://t.co/24pEe1flZT

And finally. The very fact of resistance against so much superior enemy very much empowers the Ukrainian mythology. It's enormous mythos building we are witnessing. The very phenomenon of war is inconceivable without taking into account mythological dimension

2022-04-01 23:42:25

78/80 ベネチアの話をしよう。ナポレオンが来たとき、彼らは発砲せずに降伏した。非常に賢く、命を救い、街を守った。ただ、ヴェネチアの神話を殺した。人々は生きながらえたが共和国は滅んだ。共和国は復活せず、今後も復活することはないだろう。 https://t.co/icMexUVJUx

Consider Venice. When Napoleon came they surrendered without a shot. Very smart, saved lives, saved the city. It's just killed the mythos of Venice. People lived but the Republic died. It was never restored and is unlikely to be restored again

2022-04-01 23:42:59

79/80 往時の軍事理論家はそれを理解していた。クラウゼヴィッツは、独立を失ったかどうかだけでなく、どのように失ったかが重要だと指摘した。もし戦わずに降伏したなら、命は助かるかもしれない。しかし、あなたは神話を殺したことになる。征服者に飲み込まれるのみだ。 https://t.co/YSAwj0pD0t

Theorists of war of the bygone age understood it. Clausewitz pointed out that it's important not only if you lost independence but *how* you lost it. If you submitted without a fight, you saved lives. But you killed your mythos. You'll be digested by the conqueror

2022-04-01 23:43:35

80/80 しかし、残酷で血なまぐさい戦いの末に負けたとしても、あなたがたの神話は生きている。最後の戦いの記憶は時代を超えて生き続ける。それは、あなたがたの子孫が生きる神話的空間を形成する。そして、彼らは機会あるごとに独立を回復しようとするだろう。スレッド終了。 https://t.co/mEHL1qMaWI

But if you lost after the brutal and bloody fight your mythos is alive. The memory of the last battle will live through the ages. It will shape the mythological space your descendants live in and they'll attempt to restore independence at the first opportunity. End of thread

2022-04-01 23:44:09
シェア

ウクライナとロシアの情勢を心から心配してます。少しでも、明るい方向につながるニュースを取り上げていきたいです。 アイコン変えました(4/23)

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

MASA👾🎶 @masa_0083
269666592022-02-28 19:08:12

Kamil Galeevさんの分析、さすがプロだけあって説得力がある。 現在ウクライナで起きている事が全て説明できる。

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

mimizukk @Mmzk_Y
78221312022-09-16 08:29:59

なぜロシア軍は敗北し、ハリコフ地方から逃亡したのですか?すべての責任は、ローカルエラーとウクライナ軍による優れた攻撃だけでなく、ウクライナのロシアグループの根本的な問題でもあります。スレッド⬇️ -- ロシア軍の内情分析スレ。 かなり核心に迫っており必読。 https://t.co/IuS0cbVovH

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD

本日更新されたローレンス・フリードマンの最新分析。 以下のスレッドで重要箇所をいくつか訳して紹介。 https://t.co/YgRV2CC3ye

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

ルモンド紙が指摘する3カ月の戦いの軍事的教訓。①ウクライナ軍とロシア軍との規模の差は言うほどない。正規軍の人員はウ14.5万とロ16万だが、ウには予備役による24万の領土防衛軍があり、ロ軍はこれを見落としていた。首都陥落を防げたのは、予備役を早急に集められたから。 https://t.co/pHMG7C7siy

kemofure @kemohure
94223632022-03-16 20:22:14

プライムニュース ウクライナは降伏するべきか論 小泉悠「自国が侵略を受けているとき、戦う以外に言うことがありますか。日本が侵略を受けた時、戦わないと言いますか。抵抗し、負けない期間を引き延ばし、停戦交渉で主権を守ることが繋がる。抵抗しなければ交渉が困難なことを、日本人も理解すべき」

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1642612022-03-12 20:39:05

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 前編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

仮蔵 @karizo2022
8361193912022-03-27 18:43:42

「経済制裁はいかにロシアを殺すか?」 米国ウィルソンセンターのフェロー、Kamil Galeev氏が書かれた論考記事です。経済制裁によってロシアがどのように崩壊していくか、具体的かつ明瞭な論旨で考察されています。一読の価値あり。時間がない方向けにまとめを一つツイートしてから詳細を和訳します。 https://t.co/IyrwhUoZZ1

石壁 @waxter1211
1682782022-09-21 15:36:38

ペリリュー島攻防戦の米軍上層部なんて、全てが日本軍みたいなことやってますからね フィリピン迂回策を主張する海軍とフィリピン攻略策を主張する陸軍が大喧嘩したので、仲裁案として海軍(+海兵隊)にパラオ攻略が指示されたので急遽攻略対象になる

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
1221812022-05-05 16:50:58

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) アーニャ・パーレムピル(ザ・グレイゾーン) 7/7(最終回)

mssn65 @jpg2t785
69224612022-09-09 22:24:41

ウクライナ兵の方から写真と現地の話を聞かせていただきました(今は言えない怖い話も)。 AKとDP28しかなかったところにM3重機関銃とM240機関銃が入ってきたとのこと。 アーマーとヘルメットはトルコとポーランドから来たものだそう。

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

Vorspiel @Vorspiel2
681202022-03-07 12:40:49

以下は https://t.co/PTCedNqc1Y を日本語訳したものです。日本語訳における誤りの責は筆者にあります。

戦車 @MoterSensha
1852382022-09-21 16:56:04

プーチン大統領、ロシアで部分的な動員を発表 大統領の演説の完全な書き起こしと演説のビデオ https://t.co/OTg6BeCdbu

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1671972022-06-24 12:34:42

ダグラス・マクグレゴーのウクライナ・アップデート〜すでに負けてしまっているウクライナをさらに支援し続けるとどうなるのか? Ukraine Russia War Update - Col Douglas Macgregor (挨拶文を除く全訳)