「ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国…」竹中 治堅/ Haru Takenaka 🇺🇦のスレッド

1,9474,9052022-03-28 13:11:03

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

2022-03-28 13:11:03

以下長い連ツイご容赦ください。

2022-03-28 13:12:27

「ウクライナ危機は西側諸国の過ちにより引き起こされた」と主張する米国の政治学者ジョン・ミアシャイマーの2014年の挑発的な論考以来、NATO拡大に対するロシアの反動という物語がこれまで継続してきた戦争を説明するための(正当化するためのものではないものの)主要な枠組みとなってしまった。1/35

2022-03-28 13:12:38

この考えは、繰り返されてきた。つまり、彼らは次のように主張する。NATOの度重なる拡大により、ロシア国境のより近くにNATO軍が迫るようになったため、ロシアの安全保障上の不安は増大し、プーチンに突然の攻撃を行わせるよう刺激した。2/35

2022-03-28 13:12:53

NATO拡大をめぐる問題は、これまでのロシアと欧米諸国の外交関係において、変数の一つではあったものの、常に両者に緊張をもたらしてきた原因とはいえない。3/35

2022-03-28 13:13:08

この30年間、この問題の重要性を上下させたのは、NATO拡大の波ではなく、ユーラシアにおける民主主義の拡大の波である。民主化が達成されたのちにロシアのNATOについての不満は急増するのである。4/35

2022-03-28 13:13:22

ジョージアとウクライナへの悲劇的な侵略と占領のため、二つの国のNATO加盟の希望についてプーチンは事実上の拒否権を手にした。NATOはロシア軍に部分的に占領されている国の加盟を認めることは決してないからである。5/35

2022-03-28 13:13:36

彼は事実上NATO拡大をすでに阻止しており、このことから、彼が今日のウクライナにおいて、はるかに重要なことを望んでいることを明らかにしている。つまり、ウクライナの民主主義を終焉させることと従属国への引き戻すことが目的である。6/35

2022-03-28 13:13:51

プーチンと、彼の専制的な政権において最大の脅威は、NATOではなく、(近隣国の)民主化だということだ。プーチンはウクライナやジョージアあるいは地域全体の民主主義と主権の弱体化を探る動きを止めることはない。7/35

2022-03-28 13:14:03

現在のウクライナ情勢をめぐりNATOの過ちを強調する論者は、冷戦終了から30年余りの間に、モスクワによるNATO拡大の拒絶姿勢は、何度となくいろいろな方向に向きを変えているという事実を見落としている。8/35

2022-03-28 13:14:18

2000年に大統領代行としてロンドンを訪れた際、プーチンはロシアが将来NATOに加盟する可能性を示唆する発言すらしている。9/35

2022-03-28 13:14:30

彼はその時「なぜダメなのか。ロシアの国益を考え、もし平等なパートナーということであれば、その可能性を排除しないのは当然だ、ロシアは欧州文化の一部であり、ロシアが欧州の中で孤立するとは考えていない。だから、NATOを敵対視することは困難だ」などと話している。10/35

2022-03-28 13:14:42

01年9月11日の米中枢同時テロ発生後、ブッシュ米大統領とプーチンは共通の敵であるテロリズムと戦うため、親密な協力関係を結んだ。これまでNATOが唯一、条約第5条(集団防衛)を発動したのはアフガニスタンへのNATOの介入であり、プーチンは国連安保理でこれを支持した。11/35

2022-03-28 13:14:56

02年5月にウクライナとNATOの関係に見解を問われた際、彼は「ウクライナはNATOや西側諸国との全面的な関係拡大を望んでいると、私は確信している。ウクライナとNATOの協議体も創設されるなど、すでに独自の関係がある。時期がくれば、両者が決断を下すだろう。これは彼らの問題だ」と答えている。12/35

2022-03-28 13:15:18

メドベージェフ大統領の時代に、ロシアとNATOは再び協力に向かう。13/35

2022-03-28 13:15:31

2010年のNATO首脳会議で、メドベージェフは「われわれの間に距離があり、互いに要求し合う時代はもう終わった。われわれは将来を楽観的に眺めており、ロシアは、NATOと本格的なパートナーシップを(構築することに向かっており)、全ての面で関係を発展させることができる」と発言。14/35

2022-03-28 13:15:43

さらに、彼は首脳会談で、ロシアとNATOのミサイル防衛協力の可能性まで言及した。NATO拡大への懸念の発言は全く出なかった。15/35

2022-03-28 13:15:56

以上のようなロシアとNATOの実質を伴う協力関係の実例があるので、この30年もの間の「NATO東方拡大」が常にそして継続的にロシアを西側との対立に向かわせてきた駆動力であったのであるという議論を弱める。16/35

2022-03-28 13:16:07

より深刻な緊張を引き起こした原因として、2000年代を通じて民主化を掲げて起きた一連の政権交代や民衆の抗議行動、いわゆる「カラー革命」の発生がある。17/35

2022-03-28 13:16:20

2000年のセルビア、03年のジョージア、04年のウクライナ、11年の「アラブの春」、11-12年のロシア反政府運動の発生、13-14年のウクライナ(ヤヌコビッチ政権崩壊)が起きるたびに、プーチンはより米国に対し敵対的な政策に傾き、その理由として「NATO拡大の脅威」を挙げた。18/35

2022-03-28 13:16:32

2003年のジョージアの「バラ革命」で、米ロの緊張が著しく増大した。バラ革命の直後から、プーチンはジョージアの民主主義の弱体化を図り、最終的には08年に軍事侵攻してアブハジアと南オセチアを独立国家として承認した。この年に、米ロ関係は最悪の状態に陥った。19/35

2022-03-28 13:16:43

ウクライナのオレンジ革命はプーチンにとって、遥かに大きな脅威だった。第一に、ロシアと国境を接し、国土も格段に大きく、より戦略的な国で、突然、オレンジ革命が起きた。20/35

2022-03-28 13:16:57

ユーシェンコとその同盟勢力による西側接近により、プーチンは象徴としても戦略的にも死活的な重要性があると認識しているウクライナを「喪失」したのだ。21/35

2022-03-28 13:17:10

第二に、自由を守るために立ち上がったウクライナ人は、プーチンの価値観によると、ロシアと歴史的、宗教的、文化的に密接なつながりを持つスラブ人の兄弟たちだった。もし自由を求める動きがキエフで起きるなら、モスクワでも起きるかもしれないではないか?22/35

2022-03-28 13:17:24

現に数年後、11年12月の不正議会選挙の後、ロシアではモスクワ、サンクトペテルブルク、その他の都市で一連の大規模な抗議行動が発生した。23/35

2022-03-28 13:17:41

04年のオレンジ革命後、プーチンはウクライナを侵略しなかったが、子飼いの親ロ派であるヤヌコビッチが6年後の大統領選に勝利するよう、さまざまな影響力を行使した。ヤヌコビッチは、ロシアのユーラシア連合加盟を優先させ、欧州連合(EU)との連合協定調印を見送る。24/35

2022-03-28 13:17:55

決定はウクライナで再び大規模なデモを引き起こし、何十万人もの人々が街頭に繰り出した。街頭での抗議は数週間にわたり続き、ヤヌコビッチ政権により平和的な抗議参加者数十人が殺害された。25/35

2022-03-28 13:18:14

政権は崩壊し、14年2月にヤヌコビッチはロシアに逃亡し、キエフで新しい親欧米政権が成立した。プーチンは10年の間に2度もウクライナを「失なう」ことになった。26/35

2022-03-28 13:18:30

以来、プーチンは、民主的に選出されたウクライナ政府を不安定化し、最終的に打倒するため、あらゆる軍事的、政治的、情報的、社会的、経済的手段を使って、ウクライナに対して前例のない戦争を遂行してきた。27/35

2022-03-28 13:18:42

8年にもわたるロシアの容赦ない圧力にもかかわらず、ウクライナの民主主義は持ちこたえた。プーチンによる併合やドンバス地方における戦争の支援の後にウクライナ国民は、今や自国の歴史上のどの時期よりも、民族的、言語的、地域的分裂を越えて団結している。28/35

2022-03-28 13:18:53

2019年の大統領選では、ゼレンスキー氏が全ての地域で支援を集め、地滑り的勝利を得た。プーチンはここに至り、ウクライナの民主化を終わらせるための新たな戦略を決断した。つまり大規模な軍事侵攻だ。プーチンはその目的を「NATO拡大の阻止」だと主張する。29/35

2022-03-28 13:19:04

プーチンは、ウクライナで成功した民主主義に脅かされている。彼は、成功し、繁栄し、民主的なウクライナが国境に存在していることに耐えられない。特に、ウクライナ国民が経済的にも繁栄を始めれば尚更である。30/35

2022-03-28 13:19:18

それはクレムリン自身の体制の安定を損ない、独裁的な国家指導についてこれまで説明されている理由そのものが問われることになる。31/35

2022-03-28 13:19:30

彼がロシア国民の意思に国の将来を導くことを許さないように、同じ歴史と文化をともにするウクライナ国民がそのために投票し、戦ってきた繁栄し、独立し、自由な未来を選び取ることを許すことができない。32/35

2022-03-28 13:19:41

クレムリンは近隣国の民主化の動きに対抗し続けるだろう。ジョージ・ケナンの1947年のフォーリン・アフェーアズの論考「ソ連の行動の源泉」(X論文)の内容はいまだに真理を突いている。33/35

2022-03-28 13:19:53

「クレムリンがイデオロギーによって、自らの目的を性急に実現するように求められているわけではない…、ここでは慎重さ、周到さ、柔軟性、策謀が優れた資質とされ…、タイムテーブルに縛られていないために、そのような退却が必要になってもパニックに陥ったりはしない。34/35

2022-03-28 13:20:06

その政治行動は、目的に向かって、動けるならばどこでも絶えず動いていくような柔軟な流れである」35/35

2022-03-28 13:20:27
シェア

日本政治(首相の指導力、国会の役割)、比較政治(民主化論)を研究してます。 日本政治・民主化等に関してツイートします。著書に『首相支配』『参議院とは何か』『コロナ危機の政治』(共に中央公論新社)Failed Democratization in Prewar Japan(Stanford Univ. Press)等。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

たまたまTLを眺めていたら、偶然、病院を慰問するゼレンスキー大統領の画像と、戦争がうまくいかず情報部門で内部粛清をしたとするプーチン大統領に関する報道が並んで流れてきた。これを見たとき、ウクライナが勝利すると感じた。国民の生命を大切にする大統領と、恐怖で国民の心を支配する大統領。

さて、今更話だが。 軽く、ウクライナとロシアの関係をツリーで話しておこう。ツイッターで初めてウクライナを知った!という人向けの、とても軽い紹介だ。 まずウクライナとロシアの地理関係はこんな感じだ。緑がロシア、オレンジがウクライナ。ウクライナ君思ったより広いな?

戦争での破壊を防ぐためにウクライナが武器を置くべきだという議論や、そもそもNATO東方不拡大の約束を破った欧米が問題だと非難がなされることがあるが、重要な点を一つ忘れている。ウクライナが主権国家であり、侵略に抵抗するのも、NATO加盟を申請するという判断も、国民の意思、希望だということ。

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
77922022-06-19 21:59:37

ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)は、ウクライナ・メディアと公共スペースにおけるロシア音楽禁止を決議。加えてロシアとベラルーシからの書籍の輸入及び配送禁止を議決しました。 ウクライナ言語地図 ●青緑:絶対ロシア語圏 ●緑:ロシア語圏 ●黄色:絶対ウクライナ語圏 悪あがき〜😵‍💫 https://t.co/diJUbyZbKZ

Акичка @4mYeeFHhA6H1OnF
43642022-10-01 14:40:10

① 新しい戦争 スコット・リッター インタビュー ドンバスがロシアに加わることで、ウクライナに逆転のチャンスがもたらされる。 A New War by Deborah L. Armstrong https://t.co/2WWITdX4j8

EU拡大について、ロシア的視点に徹底的に寄り添ったらこういう分析になった…というような記事(もちろん日経の記者さんが書いています)。 記事の前提が、EUとロシアがウクライナを巡って熾烈な勢力争いを繰り広げていることになっているようですが、まずそこが違うのでは。 https://t.co/gGk9OubE71

仮蔵 @karizo2022
112021262022-04-04 15:42:08

「ロシアの未来、3つのシナリオ:2. 帝国の再始動」 Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について。先日は1つ目の「北朝鮮」についてご紹介しました。今日は2つ目の「帝国の再始動」をご紹介。驚異の100ツイート😅お時間ない方のため要約2つを投下後、本文を開始します。 https://t.co/KFXshvWhhq

1989年から続く浅田彰さんとの「憂国呆談」(4月5日発売『ソトコト』3月19日校了)で「🇷🇺ロシアのウクライナ侵攻と各国の対応🇺🇦」を語っています。現状の政治・経済・報道に鑑み小生の発言部分を連ツイでお伝えします。 前号までの「憂国呆談」バックナンバーはこちらから⏩ https://t.co/UOpa8Rhvcf

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
891262022-04-01 19:24:02

ウクライナ戦争「ロシアは圧倒的に勝っている」 前国連兵器査察官スコット・リッター マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン) アロン・マテ(ザ・グレイゾーン) 1/7

yumi ゆみ @ygjumi
25272022-03-28 20:59:28

プーチンの残酷さを知る元オリガルヒの訴え「次はバルト三国かポーランドが犠牲になるだろう」(クーリエ・ジャポン) #Yahooニュース https://t.co/PSOvpSvx0r

ゼレンスキー大統領による「EU加盟申請」と「ファーストトラック加盟の要請」については、EUとしてはなんとかウクライナに手を差し伸べたい気持ちはもちろんあるものの、やはり加盟問題に関してウクライナを特例的に扱うことは難しい…ということのようです。 https://t.co/7gtLesZC55

The Sun Snores Press @taiyonoibiki
1952992022-07-04 22:51:00

ロシア介入4ヶ月後のウクライナ再評価/スコット・リッター シリーズ⑶なぜ、アメリカはかくもプーチンを嫌うのか。

buvery @buvery
16272022-04-13 11:06:55

ロシアの毒電波ゆんゆんに当てられた人も多いと思いますが、あれを日本人の文脈で読んではいけない、と思う。

たられば @tarareba722
3819492022-03-10 15:18:42

イズムィコ先生による昨日の日本記者クラブ講演、執筆論文から読み解くプーチンの思想信条や国際情勢の捉え方の予測、ウクライナ情勢分析と今後の見通し、最後の「日本にできること」。個人的に特に感銘を受けた点を書き残しておきます。 「ウクライナ」小泉悠・東京大学… https://t.co/pF7NGHvXji

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
23332022-03-15 19:49:23

私たちの現在点:ウクライナ「これまで」と「これから」~一局集中時代の終末 /マイク・スレボダ(モスクワ国際関係アナリスト) &アーニャ・パーレムピル(ザ・レッドライン/ザ・グレイゾーン)/ 後編 Forever War in Ukraine or End of Unipolar World? /Mark Sleboda & Anya Parampil 2022/03/05(全訳)

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

アメリカが冷戦終結に際して旧ソ連とNATOを拡大しないと約束したのに、それを反古にしてNATOが東方拡大したことに、今回の事態の責任があるという見方がある。不拡大約束の有無について詳しく検討した本としては吉留公太『ドイツ統一とアメリカ外交』があり、NATO拡大の是非も色々議論されてきた。

kemofure @kemohure
2933110492022-03-18 21:05:40

タモリステーション 小泉悠「戦争が始まる前はゼレンスキーは支持率20%。大統領としては上手くやれてなかった。有事になったら急に上手く演じるようになった。大統領として有能というより、有事のリーダーとしての演技を役者として見事に演じている人物」 ゼレンスキーは小泉悠さんの仰る通りだね

Sanshiro Hosaka @HosakaSanshiro
782202022-10-03 00:57:45

ロシアの「精神性」に陶酔するロシア文学者(日本でいえば亀山郁夫氏、沼野充義氏など)が2014~15年頃に発表した論考を読んでみてほしい。Russophobiaの「西側」がロシアを弱体化させようとしている、とかプーチンの演説のテーゼと驚くほど似ているのは偶然だろうか。 https://t.co/e3e4VXRZlM

ロシアの映像 我々の側にこそ真実の王が立っています。 「彼ら」 の側には偽物の王であり、悪魔の犯罪者たちが待っているだけです。 裁判(https://t.co/m3oXeMIyWY)も行われるでしょう。 この動画の内容は決して楽観的なものではないですが。 →https://t.co/GxWqmh1Cpo