「暇つぶしに和訳した例の40マイルの車列の話↓ ウクライナ戦争の開戦から19日が経った。初日、長さ4…」Slackのスレッド

2,0403,4242022-03-18 09:38:17

暇つぶしに和訳した例の40マイルの車列の話 ↓ https://t.co/bqUxMULy54

Aftermath of 40 Mile Convoy Thread/1 It is day 19 of Ukraine War. On Day 1, a mysterious convoy of 40 miles (64km) became stuck on the shortest road from Belarus to Kyiv. & while an obvious target for ambush, Ukraine did not destroy this convoy Was a BRILLIANT tactical move

2022-03-18 09:38:17

ウクライナ戦争の開戦から19日が経った。初日、長さ40マイル(64km)に及ぶロシア軍の車列がベラルーシからキエフに続く最短経路の道路上で立ち往生した。しかしこの格好の的をウクライナ軍は撃破しようとしなかった。これは非常に賢明な戦術行動だ。

2022-03-18 09:38:18

著者もウクライナ軍の行動に困惑した人間の一人だ。なぜこのような動かない的を攻撃しないのか?私はこのために調査、研究を行い、2週間後に発表したのがこちらの分析だ。https://t.co/S7OeKglyRo

Convoy Thread 1/ Russian invasion of Ukraine involves a 40 mile (64km) long convoy of Russian military vehicles, that has been stalled for 2 weeks outside Kyiv the capital city of Ukraine. Some of the convoy is dispersing. I said convoy was a military mystery. Let's dig into it.

2022-03-18 09:38:18

公開後、コメント欄ではとても有益な議論を行うことができた。本スレッドはそこで届いたいくつかの疑問に答えることと、40マイルの車列に起きた悲劇についての議論を深めるためにある。この車列に起きた出来事は、ウクライナ侵攻におけるプーチン最大の軍事的敗北と言えるかもしれないのだ。

2022-03-18 09:38:19

この車列に必要な人員はどの程度だろうか。推定だが、この車列は7個師団分の補給物資だと考えられる。必要なトラックの数は1400両であり、トラックの乗員だけで2800人となる。さらにこの車列の護衛には1個連隊が必要だろう。これに必要なのはBTR-90のような装甲車167両に、約2000人の歩兵だ。

2022-03-18 09:38:21

護衛の兵力について。1両のIFVは12人の兵士を乗せることができ、これが400ヤード間隔で1両ずつ配置されていた。これは車両の数で言えばトラック8両あたりIFVが1両という間隔になるので、輸送部隊の護衛としては適切な数のように思える。

2022-03-18 09:38:21

だが重要な点が一つある。それはこの車列が戦車ではなくトラックだという点だ。この車列に所属するのはトラックの乗員(非戦闘員)2800人と護衛の歩兵2000人の計4800人だ。これは脅威とは言えない。

2022-03-18 09:38:23

初日、ウクライナ北部では7個師団(兵員65200人)が7000両の装甲車両に搭乗し、ベラルーシからキエフへと向かった。この7個師団が通ったのは問題のトラックとは別の道なのだが、これらはキエフまで12マイルの地点で燃料切れに陥った。

2022-03-18 09:38:24

念のため書いておくと、問題の40マイルの車列が運んでいたのはこの7個師団の兵力そのものではない。車列が運んでいたのは、キエフ前面に到達していた7個師団に必要な燃料、弾薬、食料などの物資だ。

2022-03-18 09:38:25

以前のコメント欄でも、他の手段による補給が行われなかったのか、という質問はあった。輸送の遅れを知った指揮官たちは、すぐにでも食料の配給を命令しただろう。この事態は遅くとも侵攻2日目までには起きたはずだ。物資の節約のため、部隊の移動は最小限にとどめられることになった。

2022-03-18 09:38:26

しかし物資は侵攻3、4日目の時点でも届かず、これにより最も重要な物資が枯渇するようになった。その物資とは医薬品でも食料でもない。銃弾や戦車の砲弾、対空兵器の弾薬など、「防御に必要な」弾薬だ。

2022-03-18 09:38:27

こうした弾薬は最重要の物資であるため、輸送用ヘリによる補給が行われたことだろう。これはロシア軍が戦闘を継続していたことからも裏付けられる。第二に重要なのは燃料だ。これについてもロシア軍は可能な限りの輸送を行ったと考えられるが、不足分は略奪に頼らざるを得なかった。

2022-03-18 09:38:28

第三に重要なのは野砲、迫撃砲、爆撃用のロケットなど、攻撃に必要な弾薬だ。こうした物資は非常に重いため、トラックによる陸上輸送が必要であった。しかし輸送を行う予定であったトラックの車列は立ち往生しているため、別の手段での輸送が必要になった。

2022-03-18 09:38:29

食料についてはほぼ忘れ去られていた。損害を比較的軽視するロシア軍では、医薬品の優先順位は低かった。問題の輸送車列が立ち往生したことを知ったロシア軍は、小規模な車列を用い、別ルートでの輸送を行うことにした。

2022-03-18 09:38:30

このために近隣の7個師団に割り当てられていたトラック200両が流用され、これらがキエフ前面への輸送を担うことになった。「近隣」といっても、輸送部隊が物資を受け取る予定であったベラルーシの基地までは2日の距離がある。

2022-03-18 09:38:31

ロシア軍の車両はメンテナンス状況が悪いため、この200両の中にはベラルーシの基地まで到達する前に故障し、輸送作戦に参加できなかったものもあったと考えられる。おそらくベラルーシの基地まで到達できたのは150~180両程度のはずだ。

2022-03-18 09:38:32

輸送車両が少なく、補給線も長いという状況では、北ウクライナの補給状況は当初予定よりはるかに悪いものとなる。さらに新たな輸送部隊の存在を衛星写真から知ったウクライナ軍は、これらの車両に対する攻撃を行うようになった。

2022-03-18 09:38:33

問題の40マイルの車列が立ち往生したことで失われた輸送能力は、何らかの手段で補われなくてはならない。しかしプーチンは代わりに、兵員に対し「自給自足」を命じた。要するに、燃料や食料を略奪しろ、という意味である。この時、開戦からは2週間が経過していた。

2022-03-18 09:38:34

結局、プーチンが送ったのは弾薬と多少の燃料だけであった。不足分の燃料と食料については、略奪で補うよう求められた。こうして戦車部隊はさらなる進撃を行えなくなった。

2022-03-18 09:38:35

これにより輸送部門の失態の重大さが分かるだろう。ロシア軍はキエフ北西部のイルピンまで到達したが、キエフを包囲することは未だにできていない。ベラルーシからイルピンまでは、1日分の燃料で到達できる。

2022-03-18 09:38:36

燃料の補給はホストメリ(アントノフ空港がある街)で行われることになっていた。40マイルの車列はホストメリまで1時間の距離まで迫っており、最前列に至っては数分で到達できるほどの距離であっただろう。しかし結局この車列はホストメリには到達できなかった。

2022-03-18 09:38:38

輸送しなくてはならない燃料はとてつもなく多い。ロシア軍のT-80戦車には2000L(525ガロン)の燃料タンクが搭載されている。BMP-3装甲車は700Lだ。これが7個師団分となると、たった1日行動するだけで計200万ガロンの燃料が必要になる。

2022-03-18 09:38:39

このタイプのタンク車は3万ガロン、11万Lの燃料を輸送できる。キエフから12マイルの地点に燃料切れで立ち往生している7個師団の「1日分の」燃料を輸送するには、これでも69両必要だ。

2022-03-18 09:38:40

プーチンはキエフを包囲しようとしていた。これは彼がマリウポリや、第二次チェチェン紛争でグロズヌイに対して行った作戦と同じだ。イルピンの戦車部隊はまさにこのためにいるのだが、この部隊は燃料切れで立ち往生している。

2022-03-18 09:38:41

ロシア軍がキエフ郊外で戦っている以上、この部隊がベラルーシからの1日行程を走破したことは間違いない。だが追加の燃料は届かなかった。200万ガロンの燃料の輸送には、1400両のトラックのうち20%が割り当てられていた。

2022-03-18 09:38:42

キエフでの戦闘を北西部でのみ行うということはないだろう。キエフへの強襲(自殺行為)を行うか、1999年のグロズヌイや、現在マリウポリ、ハリコフで行っているような包囲からの爆撃を考えているなら話は別だが。

2022-03-18 09:41:04

これでようやく核心に触れることができる。ロシアの作戦計画の問題点は、すべての燃料を単一の車列で運ぼうとしたことに集約される。これに対するウクライナ軍の対応もまた賢明であった。彼らはこれがホストメリに到達することを妨害したのだ。

2022-03-18 09:41:05

キエフから12マイルの地点にいる部隊は、ウクライナ側の抵抗が小規模であれば、たった1日分の燃料(200万ガロン)だけでキエフを包囲することができる。この燃料があれば、侵攻初日か、遅くとも2~3日目にはキエフは包囲されていただろう。

2022-03-18 09:41:06

問題の車列が初日か2日目の時点でウクライナ軍に撃破されていたならば、これは緊急事態であるとして、ロシア軍は遅くとも侵攻3日目までには新たな輸送作戦を実行したことだろう。侵攻5日目には物資が到着したであろうし、キエフ包囲に向けた作戦も実施できたことだろう。

2022-03-18 09:41:07

しかし実際には車列は目的地からたった1時間の距離にまで到達しており、ウクライナ軍の攻撃も受けていなかった。このため、代わりにロシア軍はこの車列を目的地に到達させるべく可搬橋を投入するなど試行錯誤し、結局少なくとも1週間を空費することになった。

2022-03-18 09:41:08

結論を出すのは現時点では時期尚早だが、この作戦でウクライナ軍はキエフ包囲を阻止できる可能性が高まった。キエフ包囲の可能性は、ロシア軍から失われたと考えられる。 もしそうだとしたら、これはウクライナ軍にとっての大勝利だ。

2022-03-18 09:41:09

ロシア軍はキエフ北西12マイルの地点におり、ここからなら昼夜にわたりキエフを砲撃することができる。だがキエフは降伏していない。完全包囲されてしまったマリウポリほどキエフの状況は深刻でないのだ。

2022-03-18 09:41:10

キエフ前面の7個師団に対する補給にかかった時間はいずれ分かることだろう。だが、現時点でロシア軍は2週間を空費したと考えられる。 これで多大な時間を空費させキエフ包囲を阻止したのならば、輸送車列をあえて撃破しないウクライナ軍の戦術は、都市そのものと、数百万の市民を救ったことになる。

2022-03-18 09:41:11

これも読んで https://t.co/uRnFPebbue

ロシア軍は近代化していないのではないかという興味深い考察があったので翻訳してみました 誤訳等あったら指摘お願いします ↓以下スレッド https://t.co/ctVZRQKVtH

2022-03-18 11:49:40

ちなみにこの垢は基本ゲームの話しかしないのでフォローしないでください

2022-03-18 13:11:51

スレッド3つ目あたりのツイートで引用されてたスレの和訳 https://t.co/zXuUrsOZHj

ロシアはウクライナ侵攻に、首都キエフの近郊で2週間も停滞ている、長さ40マイル(64 km)の補給部隊を参加させている。この一部は散り散りになってじっている。私(筆者)はこの補給車列を軍事的なミステリーと表現したが、それを掘り下げてみる。 https://t.co/P1mqsRModH

2022-03-18 17:04:45
シェア

SM64やりたい

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

やす。 @BooTutia
1051422022-03-17 21:16:12

要点をざっくり ①車列について ・キエフ北東では60kmの車列が立ち往生している ・それはキエフ前面の7個師団の補給のため車だ ・7個師団は200万ガロン/日の燃料消費量である ・車列は撃破し易いが、ウクライナは泳がしている ・ネットでも議論になったが、なぜ泳がしたのか? https://t.co/5wvSBGfSOr

MASA👾🤍 @masa_0083
345859432022-04-05 08:58:14

トミ・アホネン氏によるキエフ攻防戦の分析スレッド。 ロシア軍が4時間でキエフを占領するプランに失敗し、3日でキエフを包囲するプランBに変更し、それにも失敗していく過程が書かれている。 プランBが成功していたらキエフは瓦礫の山になるところだった。 https://t.co/K2EWdNKVir

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

ここ数日間ウクライナの快進撃が凄過ぎてみんな目を回してたのだけど、今日になってその全貌とカラクリが明らかになって来て唖然としております。 ひと言で言うと「みんなウクライナに騙されてた(ツイッタ民含む)」 リプで解説します。

Peacekeeper @Peaceke81017283
3074802022-03-08 20:25:12

このスレッドは面白いので、ちょと久々に訳してみる。 「大勢がロシア軍の兵站不備について話してるが、彼らはウクライナ軍の努力を過小評価している」 https://t.co/0uc0QBl9xG

どうして西キエフ戦線の補給線が破綻をきたしているのか。ここ数日ずっと現地からの報道と地勢を並べて考えていたけれど、一つ気付いたことがある。 ロシア軍は、安全な中間集積拠点をいまだ設置できずにいる。

なこ🍊🍊🍊 @q_823true
37732022-03-24 23:08:04

ロシアが出した最後通牒の声明。全文。 ロシア連邦国防管理センター長 ミハイル・ミジンツェフ大佐のスピーチ。 (2022年3月20日)

仮蔵 @karizo2022
87415502022-04-07 18:09:49

ロシアはなぜ負けているのか?:4月6日の分析 先日「ロシアはなぜ負けるのか?」でKamil Galeev氏の2月28日時点の予言をご紹介しました。今日は、同氏が4月6日時点の情報をベースに改めて戦況分析した論考をご紹介。85連ツイ。まとめを3つ投下して、本文を始めます。 https://t.co/T6wbpJ6ZoJ

miiko @miiko16196406
5102022-05-19 16:33:44

① ウクライナ軍79旅団が、戦闘の継続を拒否 。 軍司令部に対する信頼の喪失、適切な物資の不足などを訴えた。

Priamal Fear @PriamalFear
362022-03-30 10:23:12

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ウクライナ代表団長のポドリャク氏は、イスタンブールでの交渉結果について"声明"を発表した。

1/ 「キエフじゃなくてドンバス、最初も今もこの後も。」 これがロシアの一貫した戦略で、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています。 しかし、西側メディアのプロパガンダのせいで 現実が見えにくいので、この戦略をまとめてみます。 正義、悪とか関係なく、あくまで戦略の話です。

Peacekeeper @Peaceke81017283
122424602022-04-02 19:04:47

Mariupolではロシアが妙な市街戦戦術を用いているとのこと。興味があるので、連レスでまとめてみる。 ・普通の市街戦戦術だと、偵察→砲撃による敵火点の制圧→歩兵が前進 と言う流れになるが、ロシア人は違う方法を採用している。

仮蔵 @karizo2022
192844602022-04-01 23:03:26

ロシアはなぜ負けるのか?:開戦4日目の予言 2月28日のことを覚えてますか?長々と続く車列。市街への砲撃。今夜こそ山場。そんな時「ロシアが負ける」という論陣を張ったツワモノがいました。そう、Kamil Galeev氏です。答え合わせも兼ねて、要約なしでお楽しみください。 https://t.co/v06s6JnUfc

でんでん @313hakuihisyo
3724101152022-03-22 21:37:18

「これは演習じゃないな」と実感を伴って感じた話。もうロシアを離れたのでしても良いだろう。

ロシアのウクライナ侵略、プーチンの戦争でトルコ製無人機のバイラクタルTB2がSAM:地対空ミサイルを破壊する映像が公開された。 自分含め軍オタに正規軍同士の戦いでは無人機の活躍の場は少ないと言ってたが逆に大活躍で😅 TB2はどう戦っているのか電子戦的に考察する。1/8 https://t.co/ooivH2NxHS

John Sasaki @JohnSasaki6
951562022-04-12 09:26:03

ベテランズトゥデイの記事より。 証言 スティール工場の下に大規模な生物兵器製造施設、終末人種用兵器 (DeepL翻訳利用)

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
821022022-03-21 23:56:17

緊急速報 「戦争の勝敗は既に完全に結している」 前ペンタゴン軍事顧問ダグラス・マクグレゴー大佐に訊くロシア-ウクライナ戦況分析 /マックス・ブルーメンソール(聞き手)&アロン・マテ(聞き手) Former top Pentagon advisor Col. Doug Macgregor on Russia-Ukraine war 2:30-14:37(部分訳)

終戦(正確には停戦)から三日後、最北端の占守島にソ連軍が侵攻してきた。 当時、守備隊将兵は機密文書の焼却、兵器弾薬の処分を進めていた。 戦車砲や無線機まで取外し弾丸の信管を抜いた。 8月18日午前1時30分過ぎ占守島竹田浜へカムチャッカ半島ロパトカ岬から12㌢加農砲の砲弾が連続して着弾した。

Priamal Fear @PriamalFear
342022-03-31 09:22:46

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ユニセフ、ウクライナ社会政策省と共同で、戦争で被害を受け経済的支援を必要とする子どものいる家庭を対象とした"現金支援プログラム"を開始した。

ジャックス @knyaz_Shango
1492212022-04-26 22:57:32

ゴンサロ・リラ氏によるスレッド。 *ロシア軍は何故、キエフから撤退したか *ウクライナの未来はどうなるのか 私になりに翻訳してみました。 https://t.co/peIbAqEpTD