「ゼレンスキーの「次はバルト三国」について,ある程度このあたりの地域政治・国際関係を研究してきた身とし…」Ryo NAKAI (中井遼)のスレッド

3779422022-03-04 09:29:43

ゼレンスキーの「次はバルト三国」について,ある程度このあたりの地域政治・国際関係を研究してきた身として思うところの理解を簡単に整理しておきます。まず第一に,この手の言説はロシア周辺諸国との紛争が起きるたびに存在してきていました(それこそ2008年のロシア・ジョージア戦争の頃から)1/13

2022-03-04 09:29:43

多く指摘されることですが,バルト三国はNATO加盟国であり,これらの国にロシアが侵攻することはNATOとロシアの直接衝突を意味します。またその防衛供与を確実にするために,バルト諸国側も5条の確実な履行を加盟国に確約させ,また特に対米関係を重視してきました。2/13

2022-03-04 09:29:44

それもあり,これまでロシア側のバルト諸国に対する圧力のかけ方は,軍事的・ハードなものというよりは,内部の世論介入を中心としたシャープパワー投射が中心となってきていて,また3国内の対露世論の緩和ひいては欧州内での対露世論の緩和を企図するものが中心でした。3/13

2022-03-04 09:29:44

たとえばStratComの研究によれば,2017年ごろのツイッター上におけるバルト諸国とNATOを関連付けた英語発言の46%はロシアによるbot活動によると分析されています(ロシア語ではなんと84%)。4/13 https://t.co/nbMp0cnihn

2022-03-04 09:29:45

バルト諸国側も,度々「次はバルト」という言説が場合によっては国内世論の分断につながると警戒し時に批判しつつ,他方でその危機感自体は,欧州・環大西洋内の国際場裡にあって表明し(そして軽視され)てきていました。またその戦略的理由からウクライナ協力を展開してきました。5/13

2022-03-04 09:29:45

ウクライナは欧州であり,ウクライナの安保が重要だ,ということを,西欧諸国がまともに取り合わない頃から,ウクライナ支援・協力を展開し続けてきたのがバルト諸国であります。自国の安全保障につながることを認識しての事です。今回ロシアのSWIFT排除を真っ先に表明したのもバルト三国です。6/13

2022-03-04 09:29:46

そんなバルト諸国に対し,仮にキーウが陥落したとして,本当に即座に軍事的介入がロシアよりなされるかといえば,先に述べたような理由から判然としません。確度は低いという向きが(2014年以降の状況としては)強いでしょう。現在バルト諸国にはNATO各国の陸上部隊も展開されています。7/13

2022-03-04 09:29:46

あり得るのは,このNATO防衛増強を撤回させようとする,ロシアからの外交圧力でしょう。かつて,バルト諸国がNATO加盟国になってからも長らくは,航空機4機による航空警戒業務(拠点はリトアニアのシャウレイ)だけがNATOの活動で,この状況に戻せという圧力をかけることがありそうです。8/13

2022-03-04 09:29:47

2014年のウクライナ紛争以降,航空警戒業務は増強され,またかつて禁じ手とみられてきたNATO陸上戦力も展開されています。バルト三国は欧州の陸上通常戦力配備の上限を定めたCFE条約未批准で,ロシアはこれをずっと警戒し批判していますから,この状況を戻したいという動機は当然にあるはずです。9/13

2022-03-04 09:29:47

その交渉材料として,今回ロシアが用いた露語系住民保護やナチ政権打倒というレトリックが,バルト諸国に対しても投射される可能性があるかもしれません。特にエストニアとラトビアに対しては「露語系住民を迫害している」「ナチスだ」という批判を90年代からロシアが散発的に展開しています。10/13

2022-03-04 09:29:47

その批判自体については,90年代には根拠のないことも無かったのですが(この辺りは説明し始めると長くなりますので割愛),両国政府や諸政党の方針もかなり変わり,現在では「批判は当たらない」という程度には改善しています。各種調査から露語系住民の国防意識も高い事もわかっています。11/13

2022-03-04 09:29:48

バルト諸国が次の軍事的介入の対象となる可能性は高くないにせよ,外交上次のターゲットになる(正確に言えば既にターゲットであったがその烈度を高める)蓋然性は高そうです。バルト諸国と欧米・自由主義諸国間の連帯を分断しようとする働きかけは陰に陽に当然になされるものと思います。12/13

2022-03-04 09:29:49

危険なのはそういった分断策が奏功し,(かつて就任前のトランプ大統領が表明したような)バルト諸国に対する防衛供与の確度が下がった時です。NATO条約第5条の確実な履行が見込まれなくなった時,あり得ないと思っていたことが起こる可能性は否定しえないと解しています。13/13

2022-03-04 09:29:49
シェア

Comparative Political Scientist, Univ of Kitakyushu 北九州市立大学 Parties, Elections, Nationalism, Baltic & CEE Politics. 選挙・政党,民族問題・ナショナリズム,東欧・バルト諸国政治 Rjo Nakai

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

戦争での破壊を防ぐためにウクライナが武器を置くべきだという議論や、そもそもNATO東方不拡大の約束を破った欧米が問題だと非難がなされることがあるが、重要な点を一つ忘れている。ウクライナが主権国家であり、侵略に抵抗するのも、NATO加盟を申請するという判断も、国民の意思、希望だということ。

uraurag3 @uraurag3
462022-03-15 20:32:31

Igor Sushko氏が2022/3/15公開した露FSB関連の文書の英訳の和訳の要約 https://t.co/DT2BtcRdzJ ・2022/3/13付の文章で本文は1500語以上 ・「第三次世界大戦が始まったようだ」から始まり、今後ホルムズ海峡が閉鎖された際の原油価格高騰に懸念を鳴らす https://t.co/3FbMOPqWqK

ウクライナ戦争の原因について一つの見方を紹介させて下さい。マクフォール氏(スタンフォード大教授、米国駐露大使)らの論考です。NATO東方拡大ではなく、ウクライナの民主主義がロシアに波及することへの恐れが侵略の原因というものです。 「プーチンが最も恐れているもの」https://t.co/Oz57nCJjWx

たられば @tarareba722
3819492022-03-10 15:18:42

イズムィコ先生による昨日の日本記者クラブ講演、執筆論文から読み解くプーチンの思想信条や国際情勢の捉え方の予測、ウクライナ情勢分析と今後の見通し、最後の「日本にできること」。個人的に特に感銘を受けた点を書き残しておきます。 「ウクライナ」小泉悠・東京大学… https://t.co/pF7NGHvXji

さて、今更話だが。 軽く、ウクライナとロシアの関係をツリーで話しておこう。ツイッターで初めてウクライナを知った!という人向けの、とても軽い紹介だ。 まずウクライナとロシアの地理関係はこんな感じだ。緑がロシア、オレンジがウクライナ。ウクライナ君思ったより広いな?

実際にこれがどれほど効果があることなのか判断はつきませんが、今回はスペイン市民戦争(かつてはそう呼んでました)のように国際義勇軍が入っていくことはありませんが、このマスクだったり、アノニマスだったり、これまでとは違う、新しい形の介入が見られます。 https://t.co/sZ1obMfiVf

藤原直哉 @naoyafujiwara
5132022-03-16 06:54:30

ロシアのタス通信が伝えるウクライナ情勢 https://t.co/tNyaeQQLL7 機械翻訳の一部 ・ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、火曜日、キエフでピョートル・フィアラ、ヤネス・ヤンシャ、マテウシュ・モラヴィエツキというチェコ、スロヴェニア、ポーランドの首相と会談しました。

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

インドが対露制裁に参加しないことは経済的動機や武器供給源としてのロシアの役割からも説明出来るんですが、バングラデシュ独立戦争時にソ連が真っ先に支援を差し伸べアメリカは「インドによる傀儡国家建設」を非難していた歴史を知っていると、今回の判断はむしろ当然かなと思わせるものがあります。

MASA👾🤍 @masa_0083
3144012022-03-15 19:19:07

例のFSBの内部告発者からの新しい手紙が届いた。 最後まで読んだが頭がクラクラするな。正気の沙汰とは思えない。 ロシア政府はこの期におよんでバルト三国とポーランドにミサイル攻撃をして、NATOを分裂させるシナリオらしい。 https://t.co/3hmWWi7wWn

Priamal Fear @PriamalFear
362022-03-30 10:23:12

ウクライナ情報(RIA, TASS, LENTA, STRANAなどより) ウクライナ代表団長のポドリャク氏は、イスタンブールでの交渉結果について"声明"を発表した。

スカーレッドG @kemono_fm192hz
13709423942022-03-18 21:36:40

ロシア軍最強伝説 ・戦う前から自軍の補給網が疲弊していた。 ・最新鋭の無線システムを使う予定だった電波塔を自分達で爆破した為、無線が使えず手持ちのスマホを使って連絡をやり取りした。 ・戦車が動かなくなったので爆破処理せずに逃亡した。 ・食料と燃料がないので、民家や商店から略奪した。

ゼレンスキー大統領による「EU加盟申請」と「ファーストトラック加盟の要請」については、EUとしてはなんとかウクライナに手を差し伸べたい気持ちはもちろんあるものの、やはり加盟問題に関してウクライナを特例的に扱うことは難しい…ということのようです。 https://t.co/7gtLesZC55

buvery @buvery
23282022-03-24 08:41:51

ピーター・ゼイハンのウクライナ侵攻に関する意見。ロシアが都市破壊を行うのは、避難民を出すことで抵抗運動を弱め、ゲリラ戦をやりにくくして、残りを皆殺しにするため。住民がいなくなると、食料なども供給しなくて良くなる。また、周辺国へ難民爆弾事件を送れる。 https://t.co/pJDxFWfn2G

ポーランドの情報源を基にしたHelmerによる衝撃的なレポート。 キエフでの東欧諸国とのZeサミットは完全なフェイクであった。 必読。 https://t.co/o4Rkdqv74Z

2月28日のウクライナのEU正式加盟申請に関し、私としては、ウクライナが希望する即時加盟や、加盟プロセスの短縮化はおそらく確実に無理と思っていましたが、 「加盟候補国の地位認定」をするぐらいなら、なんとかいけるかも……と願っていました。 しかしそこはやはり、手続き重視のEUでした…

The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
28422022-03-20 21:22:15

ウクライナのネオナチとアメリカ合衆国の危険な関係/マックス・ブルーメンソール(ザ・グレイゾーン)&アロン・マテ(ザ・リアルニュース・ネットワーク) US is Arming Neo-Nazis in Ukraine/ Max Blumenthal (The Grayzone) & Aaron Mate (The Real News Network) 2018/02/05 (全訳)

NATO「新戦略概念」。”We will retain a global perspective and work closely with our partners…” やはり、今回の太平洋4カ国の参加のようなパートナーシップは、永続化、より制度化しそうな様子。ただし、「日本」を含めた国名は明記せず。文書での線引きはしないのでしょう。

yumi ゆみ @ygjumi
25272022-03-28 20:59:28

プーチンの残酷さを知る元オリガルヒの訴え「次はバルト三国かポーランドが犠牲になるだろう」(クーリエ・ジャポン) #Yahooニュース https://t.co/PSOvpSvx0r

ウクライナが23-24日の欧州理事会で、加盟候補国としての地位の認定を受けることはほぼ確実な情勢ですが、おそらくその認定と並んで、加盟交渉を開始するための様々な課題が列挙されると思われます。 https://t.co/PT69rl5fvA