「「鬼滅」遊郭編完結だったわけだが、あの中で兄妹の最大のいびつさは、「不老不死の鬼になってなお、遊郭に…」SOW@新作出すよのスレッド

5,9703.0万2022-02-14 16:50:45

「鬼滅」遊郭編完結だったわけだが、あの中で兄妹の最大のいびつさは、「不老不死の鬼になってなお、遊郭にい続けた」とこなのよな。 堕鬼が「美しいものしか食べたくなかった」という理由もあるが、絶対ではなく、それであったとしても別の場所で活動することもできた。

2022-02-14 16:50:45

どれだけ上手く偽装しても、「日中に出歩けない」「老いない」という二つで、百年の間に何度も正体が露見しそうに成り、そのたびに力技で埋め合わせてきたが、それすらも崩壊寸前。だからこそ、鬼殺隊に尻尾を掴まれた。

2022-02-14 16:53:41

にも関わらず、二人に「遊郭の外で生きる」選択はなく、そういう意味では、鬼滅の鬼たちは「疫病」のメタファーとも言われていたが(堕鬼の本名が”梅(梅毒”だったり)、この二人の場合は「貧困」でもあったのかもなと。

2022-02-14 16:55:47

というとこまで考えて、不思議と共通項を感じたのが「地元最高!」だった。 usagi氏が描くブラックこの上ないお話なのだが、お世辞にも「まともではない」「幸福とは言い難い」世界なのに、主人公は心から「このままずっと地元で暮らしたい」と、誰に言うでもなくつぶやく。 https://t.co/CbIjX0NrGc

『地元最高!』を1話からまとめました 地元から一歩も外に出たことのない少女達が、無知ゆえにどれだけ不幸な目に遭おうとも「地元最高!」と言い続ける漫画です https://t.co/1NjUCBd7xM

2022-02-14 16:58:29

この作品の中で、「貧困家庭に生まれた者」がさらに堕ちていく傾向が、要点を抑えてしっかりと描かれている。決して暗黒街ではないが、総じて所得が低い・・・貧しい者たちが多く住む土地で、そこで出会った男女の間に子が生まれる。

2022-02-14 17:02:38

だが彼らに「夫婦生活」や「家庭生活」を営む意識はない。今までの自分たちと変わらない日々を行うだけだが、そこに「子ども」という扶養者が増えたことで、成り立ちにくくなる。

2022-02-14 17:04:14

そもそもが彼らに、育児や教育の概念は薄い。その場しのぎのような日々を送るため、まともな常識を得にくい。小学校段階で、「あの家の子」という扱いになるため、比較的偏見に薄い幼児期段階で、「普通の家の子」とは離れていく、共通の話題もない、「話が合わない」からだ。

2022-02-14 17:05:59

そうなると、クラスの中で友達はできず、学年内の同じような「家の子」同士でつるむようになる。同じ価値観を持てる環境にないから。さらには学校以外の場所の「同じような環境」の子同士で連なるようになる。

2022-02-14 17:07:09

その結果、同年齢同士ではなく、「同環境同士」のコミュニティが形成される。その中での上下は「年齢」と「暴力」、「年上でケンカの強いものがエラい」という、それ以外の尺度を知らないものでもわかる最も原始的なものが目安となる。

2022-02-14 17:09:45

「年上の強い者に、年下の弱い者は従う」秩序に組み込まれ、「先輩の言うことは絶対」が「常識や道徳」どころか「法律の遵守」より上であると刷り込まれる。 「どこの誰が決めたか知らない法律」より、「今目の前にいる言うことを聞けば優しいが、逆らえば殴る人」が上になる。

2022-02-14 17:12:07

その中で、微罪を徐々に重ねていく。 「これいくらいならいいか」「みんなやっていることだし」「先輩怖いし」と、それは窃盗であったり恐喝であったり、軽犯罪と呼ばれるものだが、徐々に積み重ねていく。

2022-02-14 17:14:33

そして、「先輩の言うことは聞かなければいけない」が基本になったところで、その先輩もさらに上から命じられた組織的な、かつ重度な犯罪に加担させられる。 「先輩からのお願いは聞かないといけないから」と。 彼らの中の善悪の判断は、法律のそれでなく、コミュニティの善悪だから。

2022-02-14 17:16:46

「自分ではなくやっているのは先輩で自分は手伝っただけ」「逆らえば殴られるし、コミュニティから追放される」「従えばたまにリターンが入る」というのも大きいが、同時に、そのコミュニティの秩序に従えば、「次の下」が入ってくる。 自分が、その「先輩」の立場に立てる。

2022-02-14 17:18:50

気づいたら引き返せない段階に踏み込んでおり、「今更抜けてただで済むと思っているのか?」「もうお前も共犯なんだから、警察は許さないぞ?」「こっちにもメンツがある。逃げるのなら殺す。嫌なら納得できる額を納めろ」となる。

2022-02-14 17:21:16

初期の貧困の段階なら、まだ社会の救済制度や、更生制度が対応できた。彼らはあくまで「貧しいゆえに」の人たちであり、保護対象だった。だがその制度の存在も知らず、「行政に救いを求める」発想自体が環境故になく。気づけば「公共の敵」、すなわち反社会的勢力になてしまう。

2022-02-14 17:23:20

これが「鬼滅」の堕鬼、妓夫太郎兄妹にも、ピッタリ当てはまるのが恐ろしいもので、彼らは自分たちの生まれた世界がどれだけ歪んでいるか熟知していたはずなのに、「それが普通」であることが、実は最後まで気づいていなかった。

2022-02-14 17:27:05

「醜いから」「弱いから」「貧しいから」と、理不尽な境遇に”原因”を見つけてしまい、それに従った。 だから妓夫太郎にとって、妹の梅が絶世の美女であったことが救いになった、あの世界の秩序の「上」の存在だから。

2022-02-14 17:32:01

さらに、それまではただ従い虐げられるだけだった妓夫太郎は、「美しい妹を守る」ことをきっかけとし、「自分が実は強かった」ことに気づく。これによって、遊郭のヒエラルキーを支配する「美醜」「強弱」の二つを埋め合わせられた。あとは「貧富」で勝てばよかった。

2022-02-14 17:34:18

だがそれは直前で果たされず、彼らは粛清される。死に瀕する直前で現れたのが、”鬼”だった。これが「先輩」に当たる存在なのだ。

2022-02-14 17:36:39

妓夫太郎は容姿こそ醜いが、実はそれ以外はかなり優秀なのだ。だからこそ、他の鬼や、上位の上弦たちに比べれも、無惨の評価は高かった。努力家であり勤勉であり忠実であり創意工夫もできる男。

2022-02-14 17:39:16

多分、妓夫太郎こそ、外の世界に生まれたなら、いやせめて、外の世界に出たならば、それでも苦しい日々は送ったろうが、最後には相応に幸せな環境を勝ち取れたかもしれない。だが、彼の脳内にその発想はなかった。

2022-02-14 17:42:35

「強くて美しい者は冨を独占できる」世界の常識から、彼は最後まで脱せられなかった。鬼になってなお。 だから鬼になって強くなっても、「あの世界」の冨と地位を保ち続けることが、妓夫太郎にとっての「普通」だった。

2022-02-14 17:44:52

「強くなったのなら奪って当然」ということは「自分たちは弱かったから奪われて当然だった」という理不尽の肯定の裏返し。そもそもが妓夫太郎、普段は妹の体に潜んでいるのも、あれも「自分は醜いから、美しい妹が表に出るのが当然」という認識だったからかもしれない。

2022-02-14 17:48:23

「先輩」である童磨に引っ張り込まれ、強くなり「奪い返した」ことで、「偉い人」である無惨に褒めてもらえたことが成功体験となり、さらに「ああ、やはりこの道は正しかったのだ」と認識を塗り重ねつつ、最後まで、あの世界から出る発想はなかった。

2022-02-14 17:51:55

妓夫太郎がやっと疑問をいだいたのは、「最後」が終わった後の、「死後」だった。「あれ、そもそもこの世界に固執したのが間違いじゃね?」「別の環境で生きればよかったんじゃね?」と、だがもう遅いことも気づいていた。

2022-02-14 17:55:04

だが妹は違うと、鬼いなったのも自分の選択で、梅は自分が引きずり込んだだけ。実際、堕鬼は、沢城さんの名演技もあって「妖艶な美女」に見えて、とてつもなく「幼い」。追い詰められたら童のように泣く。

2022-02-14 17:58:39

死後の魂の姿になった時、妓夫太郎は鬼の姿だが、堕鬼は「梅」の姿だった。彼女は環境ゆえの無知な子どものままで、罪は犯したが、ギリギリ救済が適応される寸前だったのだろう。だからこそ、妓夫太郎は拒絶する。

2022-02-14 18:00:35

それでも「梅」は兄とともに進む道を選ぶのだが、果たしてそれは正しかったのか。彼女の判断は最後まで「無知な少女」のままで行われた。「他の選択を選ぶという選択」が、そもそもなかった。兄妹が歩んだ先は「地獄」である。

2022-02-14 18:05:10

「貧困」の真なる恐ろしさは、当人だけでなく、世代で重なるところにある。正しく導く大人がいないことで、接する機会がないことで、「選択」の存在自体を認識できないまま、その世界の常識に染まる子ども。 その世界の努力は、全て彼らを幸福にしないまま作用する。

2022-02-14 18:09:07

「遊郭編」は、「光と闇」の物語だったと言えよう。 元忍びの宇髄、二身同体の妓夫太郎と堕鬼、がメインであったように、夜すら明るい華やかな光に包まれた世界のだからこそ色濃い闇。 そして「同じ兄妹」であるにも関わらず、あまりにも違う有様になった者たち。

2022-02-14 18:17:12

もしあの日の妓夫太郎の前に現れたのが、童磨でなく富岡のような者であったなら、彼らを導き褒めてくれたのが、無惨ではなく鱗滝のような者であったなら・・・

2022-02-14 18:24:56

笑顔で甘い毒を飲ませるのではなく、険しい顔で苦い薬を飲ませてくれたなら、麻痺した痛みを思い出させ、辛いが歩む道を示してくれる者がいたならば・・・まったく逆の世界が広がったのだろうと。

2022-02-14 18:27:40

「少年漫画」でありながら、むしろそこで描かれたメセージは、大人こそが受け取るべきものだったのかもしれない。悲しいかな、現代でさえ、堕鬼や妓夫太郎のような「子ども」はいる。彼らにもっとも必要なのは「正しい大人」なのだ。

2022-02-14 18:29:53

だからこそ、「遊郭」という舞台が不可欠なレベルで必須だったわけで、単純なそのワードだけに囚われ、ネット記事のタイトルしかみないような反射行動で語るのは、あまりにもズレたものな気がしてしまうのである。 問われているのは、我々大人なのだ。

2022-02-14 18:32:20
シェア

作家のはしくれでございます。「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」(HJ文庫)全10巻。「剣と魔法の税金対策」(ガガガ文庫)5巻発売中!「機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE(ストーリー)」ガンダムエースにて連載中! お仕事募集中です。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

きしもとたかひろ @1kani1dai
4723199432022-03-29 07:00:26

ノリとイジメについて。以前の職場で、別部署の職員たちが集まる会議に参加した際にミスとも呼べないようなことを数人から執拗に嘲笑され、耐えかねて離席したことがある。離席前に直属の上司に確認をとっていたけれど、会議終了後に呼ばれて会議の責任者二人と上司二人に囲まれて謝罪を要求された。

kame cafe @milkkoucya
1843892021-11-13 10:19:25

🌏 いわゆる気候変動問題 Vol.2 SDGsという欧州式ゲーム 世界経済は欧州主導の「新たな秩序」で動き出している。ルールを作る者が勝者となる原理。SDGsは世界の問題を解決するツールであると共に、欧州の覇権戦略でもある。#SDGs 🌸1

SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11
2003172022-05-26 06:52:58

前に、経済政策の論議で、「そんなにみんな工場で働きたいの?」と嘲笑じみた発言をした自称知識人な人がいたが、総じて「ブルーカラー」への偏見がないとは言い切れないのよな。 https://t.co/3fDBYBDDfl

FUKEP2 @FUKEP2
012021-02-19 03:05:36

別建てスレッド「Stop the 民意 steal-1」 日本では「ヒステリー民意形成失敗」に近づいています 女性週刊誌の表紙に「ワク○ンヤバい」 「義務ではない、職場、学校での強制禁止」 訴訟リスク回避策です これをすでに怖い怖い病に感染している病院経営者に見せても無駄なので、周りの人に伝えて

エリザ @elizabeth_munh
1674662022-06-30 11:36:42

お昼のTIPS。 これはクールベの焼失してしまった絵画、『石割り人』。道路の材料にするためにひたすら石を割り続ける仕事に従事する貧しい労働者の姿を虚飾抜きに描き出したもので、社会主義者プルードンからも絶賛された。 石割り人は岩を一円玉くらいの大きさまで割り続ける重労働。

TrinityNYC @TrinityNYC
75129492022-04-16 22:49:07

日経新聞無節操広告問題のツイッター上でのアレコレを眺めてて、少子化は解決しない、という確信だけは固まったな。だって、ああいう感覚をパブリックに晒してなんとも思わないような男性と一緒になって、子供もつくって子育てして添い遂げたいと思う女性って、どれほどいるんだろうと感じたし。

黒人エルフが話題の「力の指輪」まだ2話の途中までしか見てないけど、現段階での感想を書いておく。 たしかに、あの黒人エルフの描き方は微妙… 別に、黒人がエルフを演じたり肌の黒いエルフがいたりすることは構わない、魅力的な表現になっているなら。 でもこのやり方はいけてないと感じた。

shinshinohara @ShinShinohara
833882022-10-01 07:16:07

「見る」と「観察」の違い、考。 私達は「見ているのに見えていない」ということがよく起きる。道端の石ころ(路傍の石)は目に入っていても気にもとめない。自分の大切な人の変化も、目の前にいるのだから見えているはずなのに気づかない。そんなことがいくらでもある。

Rootport 𝄇 @rootport
9728393272022-02-05 20:34:48

新人賞で落選しちゃった、という読切マンガをネットで見かけた。画力も高いし演出力もある。キャラも魅力的だし、ストーリーもきちんと「掴み→中盤→クライマックス→オチ」がまとまっている。これで落選するの!?と驚いた。が、反面、「ログライン」の重要性は感じた。

SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11
50611562022-05-06 10:08:21

「フィクションの少年兵問題」・・・要は「戦争に子どもが参加する描写について」なのだが、言い出すとキリがなかろうが、ファーストに関しては、皮肉なのことに、テム・レイが「ガンダムがあれば、キミのような若者が戦場に行かずにすむ」って言ってんのね。

William MacAskill, "What We Owe the Future" 読書メモ。

光岡英稔 @McLaird44
281372020-09-04 22:44:49

個性を大切に、個性が重要だと言われる世の中なら何を指して個性、個性と呼んでいるかが問われてくる。 武術を教え伝えている者として常々感じることは指導者として何度も人の個性を潰してしまったことである。 そこで気づいたことがある。

SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11
181350782020-06-14 22:04:36

幼心に「ドラえもん」に出てくる料理で、食べてみたいと思ったものの中に、「プランクトンを加工して作った料理」がある人は多いと思うんだ。

Tetsuro Miyatake @tmiyatake1
6442022-03-07 15:45:17

Web3領域で起業する理由 1/ プロダクト 2/ エコノミクス 3/ マーケティング 4/ エコシステム 5/ エトス Web 2.0領域の創業者の多くがWeb3にシフトし始めている。 詳細は以下スレッドにて↓ https://t.co/HTb1oZi9Dp

SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11
852122022-06-28 17:11:17

「マーズ」はなぁ・・・あの「どうあがいても絶望」感なストーリー、あらためて横山光輝先生の凄さを痛感する一作なので、ぜひとも読んでいただきたい名作だと思うのよさ。

菊池 @kikuchi_8
100916582021-12-30 09:15:20

興味深い政府資料を見つけた。右下に要注目。連携する「他セクター」として「ゲイツ財団」「オープン・ソサエティ財団(ソロス財団)」「ロックフェラー財団」の名前が載っている。SDGsを推進してるのが、どういった勢力なのかを明確に示している。※画像は「https://t.co/LhhDEPjAcx」より引用。

tarafuku10 @tarafuku10
25792022-06-14 19:18:17

動画『マルクス主義を理解する: 世界を変える』を訳してみた。万国の労働者よ団結せよ。マルクスの呼びかけは労働者には届かなかった。しかし、それを丸呑みにした知識階級は、いまでもその教義を推進している。彼らは何を望み、それが私たちにどのような影響を与えるのか。 https://t.co/JTPjTwzp0k

ノルノル @nolnolnol
102016-08-29 21:24:42

1941年8月末、ウクライナ南西部の都市カームヤネツィ=ポジーリシクィイでドイツの各部隊がみごとな連携を見せて多数のユダヤ人を銃殺した。ここでは戦争そのものがユダヤ人難民を苦難に突き落すこととなった。+

鰤じっと貼る度 @BBParisienne
32116732022-06-19 13:24:35

現代の日本って文化でもエロスでも「未熟さを愛でる」が強すぎるんだと思う。 園子温の性欲剥き出しな映画づくりに寛容なのも、歌とダンスがいまいちな若い女の子をアイドルにしてちやほやするのも、素人のイケメンをいきなりドラマの主役にするのも、根っこは同じ。 世阿弥の言う「時分の花」頼み。