「1) インドについて米国メディアMSNが9月19日に報じた内容を紹介するインドのウッタル・プラデーシ…」仙人Hermitのスレッド

29332021-10-25 18:25:20

1) インドについて 米国メディアMSNが9月19日に報じた内容を紹介する インドのウッタル・プラデーシュ州がコロナ感染爆発から驚異的な感染終息 ー イベルメクチン中心の家庭用医薬品キットによる治療の成果をMSN(マイクロソフト・ニュース)が紹介(2021年9月19日)→2 https://t.co/kmv7RBfDdJ

2021-10-25 18:25:20

2) 先日、インドで最も人口が多く約2億3千万人が住むウッタル・プラデーシュ州で新型コロナ感染症がほぼゼロになったことが、インドで広く報道された これは、2021年4月から5月にかけて発生したデルタ型ウイルスの猛威を、組織的かつ積極的な検査、早期治療、隔離によって克服したという →3

2021-10-25 18:26:58

3) 公衆衛生上の英雄的なストーリーだ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の非常に強い感染力に対抗するには、家庭用医薬品キットに含まれるイベルメクチンの積極的な使用が有効であることが示された 保健省職員は、州内の村や地区の家庭を継続的に訪問し、家庭内の接触者も含めて積極的に検査し→4

2021-10-25 18:28:08

4) すぐに治療を行なった WHO(世界保健機関)もこの取り組みを評価しているが、イベルメクチンの使用を隠しているのはスキャンダルだ MSNは、世界中の人々が読み、受け入れ、理解できるように、この記事を掲載した MSNは、インドで最も人口の多い州の保健省が成し遂げた驚くべき偉業を認識した→5

2021-10-25 18:29:47

5) 最初のニュースソースだ この州では4月までに感染症が急増したが、そのわずか2ヵ月後には好転し、その後すぐ感染終息したことは今年1番の話題になるべきだった デルタ型はアストラゼネカのワクチンが投与されたパキスタンのラホールを経由してマハラシュトラ州とパンジャブ地方から発生した→6

2021-10-25 18:32:24

6) ただし、ワクチン接種との関連性は証明されておらず偶然の可能性もある 2月上旬にマハラシュトラ州の東部で発生した流行は、ゆっくりと近隣の州に移動した しかし、感染がムンバイに到着すると患者数は爆発的に増加し、ウイルスは急速に他の州へと広がって行った→7

2021-10-25 18:33:55

7) ムンバイはデルタ型の感染拡大に大きな役割を果たした この巨大都市には出稼ぎ労働者が集中しており、感染者が急増するとロックダウンや失業などを恐れて多くの人々が逃げ出した 出稼ぎ労働者たちは、列車やバスで移動しながらウッタル・プラデーシュ州などの故郷にデルタ型を持ち帰った→8

2021-10-25 18:34:52

8) *2020年にイベルメクチンを州の医療指示書に組み込む MSNは昨年、モナッシュ大学での知見(イベルメクチンが実験室の細胞培養でSARS-CoV-2を阻害する)や、バングラデシュでの研究成果(Tarek Alam博士ら参照)などが、ウッタル・プラデシュ州の保健当局に影響を与えたと報じた→9

2021-10-25 18:36:31

9) MSNは、2020年8月6日、同州の医療・保健サービス局長が率いる委員会が、イベルメクチンの予防薬としての使用にゴーサインを出したことを伝えた ウッタル・プラデーシュ州監視担当官が「ウッタル・プラデーシュ州はイベルメクチンの大規模な予防・治療的使用を導入した国内初の州である」と宣言→10

2021-10-25 18:39:10

10) 2020年5月から6月にかけて、Anshul Pareek博士が率いるアグラのチームは、実験的に同地区のRRTチームメンバー全員にイベルメクチンを投与した その結果、ウイルス検査で陽性となった患者と日常的に接触していたにもかかわらず、誰も新型コロナウイルス感染症を発症していないことが確認された→11

2021-10-25 18:40:59

11) 2021年5月30日、MSNは「ウッタル・プラデーシュ州における前例のない好転」が、「感染者の劇的な減少」によって実際に現実のものとなったことを報告した MSNは、世界の保健分野のリーダーたちに、事実を認める時が来たと提案した ブラジルより人口の多い同州では→12

2021-10-25 18:43:16

12) 2021年3月19日に380件の感染者が報告されていたが、4月24日には感染者が37,944人に急増した 4月になると、インドは国家ガイドラインにイベルメクチンを組み込み、WHOや世界の医薬品規制当局を悔しがらせた そしてウッタル・プラデシュ州は、前例のないイベルメクチンの大規模な→13

2021-10-25 18:44:47

13) 予防・治療的使用キャンペーンを本格的に開始した 保健省の2人1組のチームは、地域ごとに組織され、積極的に家庭を訪問し、検査を行い医薬品キットを提供した。これはおそらく世界最大の家庭での予防投与プログラムだった ウッタル・プラデーシュ州は、同州の一般医療・保健サービス担当の→14

2021-10-25 18:46:28

14) Anshul Pareek医師の指揮のもと、 1)COVID-19患者の身近な人たち 2)医療従事者 3)COVID-19患者の一般的なケアに重点を置いた大規模な予防プログラムで、イベルメクチンを宣言したインドで最初の州となった *WHOはこの活動を称賛したが、イベルメクチンの使用を隠している→15

2021-10-25 18:48:24

15) WHOは「Going the Last Mile to Stop COVID-19」と題して、インドの保健機関の素晴らしい取り組みをウェブサイトで報告している WHOは、政府の保健チームが「この活動のために、5日間で75地区、97,941の村を移動した」と認めている WHOは、2人1組の公衆衛生チームが→16

2021-10-25 18:49:52

16) 2億3千万人の人口を抱えるこの州を縦断し、「村や遠隔地の集落の家庭を訪問し、迅速抗原検査(RAT)キットを使ってCOVID-19の症状がある人全員を検査した」と強調している WHOの報告によると、陽性と判定された人には直ちに「病気の管理に関するアドバイスの付いた医薬品キット」が渡され→17

2021-10-25 18:51:04

17) 隔離措置がとられた MSNが報じたように、Hindustan Timesなどの地元メディアは、ウッタル・プラデーシュ州が全国のCOVID-19回復者数の75%近くを占めていると報じた しかし、厳しい報道検閲が行われていた 当時の欧米のメディアでは、当時展開されていたこの活動を取り上げたものはなく→18

2021-10-25 18:52:32

18) (MSNを除く)インドでの報道も慎重なものだった イベルメクチンという言葉を口にする新聞やオンラインジャーナルはほとんどなかったが、一部のメディアは控えめに表現した *メルク社とWHOの陰謀 WHOは、インドがイベルメクチンを国家の医療指示書に定めると、攻撃に出た→19

2021-10-25 18:53:44

19) WHOのチーフサイエンティストであるスワナミン(Soumya Swaminathan)博士は、メルク社の警告を引用して、イベルメクチンを使用すべきではないとツイートした 当然このツイートがきっかけとなり、インド弁護士会がWHOを相手に訴訟を起こした 間接的にメルク社をツイートに含めた→20

2021-10-25 18:55:01

20) WHOのスワミナサン博士は、何百万人もの人々を侮辱しただけでなく、自身の真の愚かさを曝け出した もちろん、メルク社は12月にCOVID-19治療薬モルヌピラビルの開発費として3億5600万ドルを受け取っている その後、この薬が緊急使用許可を得たり、正式承認されたりした場合には→21

2021-10-25 20:12:32

21) 、メルク社から12億ドルで調達することを保証する契約を、バイデン政権が締結した イベルメクチンの有効性を示すデータは、メルク社にとって不都合な真実だった イベルメクチンは世間の議論から追放されなければならなかった。 だからこそ、ここ数ヶ月の間に→22

2021-10-25 20:14:18

22) 主要メディアで激しく特に卑劣な中傷キャンペーンが展開されたのだと思う 様々な医療機関が、イベルメクチンとその効果を語る人を悪者にした エリート学者、医師会や理事会のリーダーから主流メディアのライターまでが、イベルメクチンのゴミ箱行きの話をしていたが、それは魔女狩りの始まり→23

2021-10-25 20:16:01

23) であり、イベルメクチンがターゲットだった とりわけ、主要メディアでは愚かにも、この薬は馬用の駆虫剤として扱われている ソーシャルメディアでは、すでに数ヶ月前から、この薬に言及したコンテンツは組織的に検閲されていた 例えば2021年1月にMSNが、パンデミックのためにスロバキアが→24

2021-10-25 20:18:01

24)

2021-10-25 20:18:16

24) 薬剤の使用を許可したと報じたとき、Facebookは、誤報ではなく真実であるにもかかわらず、直ちにその記事を検閲した この2、3ヶ月間のメディアの多くは、FDA(米国食品医薬品管理局)とCDC( 米国疾病対策予防センター)が、AAPCC(米国毒物管理センター協会)が55の毒物管理センターの→25

2021-10-25 20:19:55

25) 1つに寄せられたイベルメクチン関連の電話が3倍に増加したというデータに言及したことを悪用した MSNはそのデータを入手することができた。その内容は、通報件数は435件から1,143件に増加したが、そのうち重篤なものは1%(11件)に過ぎなかった イベルメクチンの合法的な医師の処方が→26

2021-10-25 20:21:14

26) 月に数千件から9万件近くに増えたにもかかわらず、死亡者はいなかった MSNでは、これらのデータをもとに、手指消毒剤(死亡例4件)の方が危険であると判断した またメディアは、医師から患者への正規の処方と動物用医薬品の不正使用を混同していると指摘した→27

2021-10-25 20:23:07

27) MSNは、ウッタル・プラデシュ州の驚くべき事態好転のまとめを掲載した すべての主要メディアが記録すべき素晴らしい成果であるにもかかわらず イベルメクチンに関する全てが報道規制されたため、公衆衛生上の画期的な成果が消し去られてしまった しかし、真実は光を見つける方法を持っている

2021-10-25 20:24:34

インドの主要8州で人口の70%超がコロナウイルスに対する抗体を持っていると インド政府が2021年7月28日に公表した 28日時点のワクチン2回接種率7%、1回26% インドはイベルメクチンでコロナと闘い、70%超の国民が自然免疫を獲得して、感染を終息させた 日本はどうする https://t.co/wCkXosWAZK

2021-10-26 01:00:28
シェア

町の科学者: 統計・物理・数学・宇宙・保険・経済、リスク論等の専門知識を踏まえ、科学的に考えます

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

仙人Hermit @Z4dxQW4fSWableD
13212022-05-10 00:46:42

「世界で『イベルメクチンより大きな物語』を今、私は知らない」と NY Times ベストセラー作家が書いた Nick Corbishley著 2021年5月26日 なぜジャーナリストは報道しないのか ニューヨークタイムズのベストセラー作家マイケル・カプッツォは「Covidを割った薬」と題する→ https://t.co/h8yIK6bTqE

仙人Hermit @Z4dxQW4fSWableD
791252021-08-11 01:23:02

#アビガン #イベルメクチン #PMDA アビガンの有効性は判断できないと言う厚労官僚、 イベルメクチンは有効性が確認できないと言う医師 そういう厚労官僚や医師は間違っているということを示すPMDAの内部報告書を要約して記載する https://t.co/KWWDrqp4Vy https://t.co/p4lU1qoLY1

仙人Hermit @Z4dxQW4fSWableD
51842022-06-25 18:23:50

COVID UPDATE: What is the truth? "医師が早期治療を行うことが許されていれば、これらの死の殆どは防げたはずだ " 権威ある科学専門誌「SNI - Surgical Neurology International」に掲載された論説記事「COVID UPDATE: What is the truth?」の筆者、 1/ https://t.co/mfcTeJsmt3

仙人Hermit @Z4dxQW4fSWableD
26372022-04-26 17:47:04

コロナmRNAワクチン薬害の構造: 2020年12月ファイザーはFDAからCOVID-19ワクチンの緊急時使用許可(EUA)を取得した EUAとは公衆衛生上の緊急事態の際に、未承認の医薬品等の流通を許可するもの ベンタヴィア社の不正行為を含む試験データ提出の10週間後、EUAを認可 ↓ https://t.co/RMli7BfRo7

ジンバブエ イベルメクチン正式承認  圧倒的。コロナ終了。素晴らしい。 https://t.co/FJnmbXXb2W

厚生労働省 @MHLWitter
3306432022-08-30 12:00:07

A.できるだけ、公的機関からの情報を確認しましょう。 厚労省では科学的根拠に基づいた情報を発信しています。続きは下記よりご確認ください。 https://t.co/2YKtFfak2D

influenzer @influenzer3
65714222022-03-01 20:24:36

●小児へのファイザーワクチン接種のオミクロン株に対する効果は弱い →非常に重要と思われるプレプリント論文です。 5-11歳の年齢層の感染にた対するワクチン効果は接種完了(2回)から1か月時点で12%まで低下。

しょう @show86305417
3658412021-10-16 00:30:47

mRNAワクチンについてつらつらと。 最初にmRNAの存在を指摘したのは、フランス人の生物学者ジャック・モノー氏とフランソワ・ジャコブ氏で、この2人は1965年にノーベル生理学医学賞を受賞。

Sukuna @SukunaBikona7
1602762022-01-05 12:00:53

カナダ、オミクロンに対するワクチンの有効性。preprint 2021/11/22-12/19、test-negative、オミクロン3442名、デルタ9201名、陰性47.2万名対象。 1回以上mRNAワクチン接種した場合(AZとの交差接種含む)のデルタへの感染予防効果は、2回接種後経時的に低下し、7-59日後84%→240日以降71%。 →

なこ🍊🍊🍊 @q_823true
20442022-03-25 11:55:10

🇺🇦やアフリカなどにあるペンタゴンが運営する生物兵器研究所の管理をMetabiotaメタビオタという会社が担当していることが最近明らかにされた。Metabiotaの創設者であるネイサン・ウルフは、悪名高いEcoHealth AllianceやGlobal Virome Project(GVP)、世界経済フォーラム、エプスタインとも↓

5-11歳のワクチン効果について色々盛り上がっているようなので、本腰を入れて解説します。 まずは結論から ・5-11歳に対するワクチン効果は低いが、1ヶ月で0%になるとは考えにくい ・ワクチン効果が負になっているのは解析の妥当性に問題あり そもそも未査読論文に引っ張られ過ぎだと思いますね。

コロナ騒ぎの早期終結のため,拡散を希望します。 この訴えが実現すれば,ほとんどの感染対策は根拠を失い,また,あくまで特例として承認されているワクチンも治療薬も,承認の根拠を失います。 多くの皆さんが同じ認識を持って頂けることを切に願います。以下,リプライで続けます。→(続き)

新規感染者が減ってきたとともに「検査が少ない。減らしているのではないか」という人が増えてきたので、あらためて整理しておきます。結論から言うと、検査を意図的に減らすことは出来ません。検査は検査需要に基づいて行っているからです。まず、都が行う検査は2種類あることから解説していきます。

#市中無料PCR検査の継続を求めます #空港検疫でのPCR検査を求めます PCRは CT値 30後半ならほぼ陽性になるような検査 日本は40と聞いた こんな不確かな検査にこれ以上税金を投入しないで欲しい 海外団体旅行者の規制を失くしたのは海外では意味ない検査とバレてるから 日本人はいつまでPCR信仰続ける

yumi ゆみ @ygjumi
68811002022-11-09 00:48:16

私は看護学生に病理学を教えています。2020年の春から毎学期、COVID19 について教えてきました。そして、毎学期毎に、新しいデータに対応するため、講義を変えなければなりませんでした。今学期もCovidを教えながら学生に言いました。他のことはともかく、少なくともその科学を理解しなさいと。1/n https://t.co/OdR98rBtTV

influenzer @influenzer3
5648732022-05-14 20:39:51

●オピニオン:Long COVIDのリスクを無視するな! →今回は、ワシントンポストに掲載されたopinionを取り上げます。 著者は米国のCOVID-19諮問委員会の委員歴のあるペンシルバニア大学のi医療倫理学者。 「パンデミックは終わった」とする社会の空気に警鐘を鳴らす内容になっています。

小笠原浩之 @nonamehiero
072022-07-31 11:30:50

@4XikHY8GIhh21oX @genki_sudo 日本人 A様 ご返信いただき心より感謝申し上げます。 医療関係に関して素養は皆無なことを予めお断りいたします。 PCR検査キットも万能ではないでしょうから、種々のウィルスへの反応を示すかもしれません。 そこで、こちらのデータの出所はどちらでしょうか? また、臨床試験等の結果でしょうか?

covid-19 i Sverige @living_sweden
1012682022-02-22 05:43:34

これは大変な問題です。 JAMAに掲載されたマレーシアの論文がイベルメクチンが無効だと結論付けているのですが イベルメクチン群の28日以内の院内死亡率が対象群と比較して69%も低下しているのです! オッズ比0.31 P値0.09 人工呼吸器装着率も59%低下! オッズ比0.41 P値0.17 https://t.co/Uep9bqxL8A

さいたま @Wnn1a56614
127127432022-10-13 02:26:52

詳細は語れへんけど今日の搬送された患者さんに何か持病や服用してる薬とかサプリメントなどありますか?と訊くと『持病はありませんサプリメントはビタミンDとイベルメクチンを毎日欠かさず飲んでます』 え? イベルメクチンはサプリメントではなく、マクロライド系抗生物質ですよ💦 続く

帰ってきた夏休み自由研究(予告編) 夏といえば!ミネラル麦茶だよねって石垣食品まじかよ笑