「研究経営で重要なことは2種類の研究を区別すること。研究が軌道に乗った段階と、試行錯誤で模索する段階。…」MIZUNO Yoshiyuki 水野義之のスレッド

1472902021-09-22 17:44:45

研究経営で重要なことは2種類の研究を区別すること。研究が軌道に乗った段階と、試行錯誤で模索する段階。どちらも予算が必要なことを、政治は理解して欲しい。具体的には、運営費交付金を元に戻し、科研費の採択率を上げれば、勢いは戻る。研究者はすでに狭き門で練磨済みだから信頼して良いはずだ。

2021-09-22 17:44:45

限られた研究予算を、どう使うのが研究の発展に役立つか。政府も理解すべきだ。答えは物理学の加速器施設の運営にある。確実な当たり馬券のような研究には資源の80%、しかし20%は萌芽的研究にも予算を割り当てる。予想通りでなくてもその答えは重要。中には当たりもある。Googleの20%ルールも同じ。

2021-09-23 00:45:20

1995年の科学技術基本法で我が国は、科学技術創造立国を宣言。1996年の第1期以来、予算規模は毎5年で17兆円、24兆円、25兆円と順調に伸びた。なのになぜ成果が出ないか。答えは明らかで、研究がどういうものか出資側が理解してないから。研究の本質は、予想通りにならない部分にこそある。ここが重要。

2021-09-23 00:54:21

当たり馬券(そんなものはないが)のような研究も必要で、それで研究者が育ち、皆が学び、成果も出る。しかし本当に重要な部分は、予想通りにならない部分だ。予想通りだったら研究ではない。政治や行政を行う事務官を私は尊敬しているが、予想通りが事務。その真逆が研究。ここを理解してほしい。

2021-09-23 01:01:31

予想通りにならない研究をどう育てるか。優秀な事務官の出番だ。安全な予算執行が仕事ではない。大から小まで、予想通りにならない研究こそが成果だ。試行錯誤が可能な研究経営には、今の方向の真逆。研究者の書類作成を減らす。その政策提言が事務官の仕事だ。事務的コンプライアンスが仕事ではない。

2021-09-23 01:21:49

なのに過去20年で起こったことは、真逆だった。不幸な1990年代の後半、無駄を省けの大合唱。新自由主義、競争環境。1999年に有馬文部大臣は確か2001年(無駄を省くための省庁再編)の後にどうするか決める(国立大学の民営化を)と仰った。しかし知らぬ間に国立大学法人化に。当時、大反対が起こった。

2021-09-23 01:29:37

私は1999年まで国立大学にいたが、個人的に私学で夢のような新学部を作ろうと「青雲の志」に燃え、京都女子大に異動。そしたら「水野さんはうまく逃げた」と言われた(苦笑)。それくらい大変だったらしい国立大学の法人化。2004年から、民営化は避けられたが国立大学法人という一見、不思議な組織に。

2021-09-23 01:35:26

そこで始まったのが、かの有名な(悪名高き)運営費交付金の毎年1%削減、というとんでもない締め付けだ。いいですかね、毎年1%、予算が削られるんです。自由に研究の試行錯誤に使えたはずの貴重な運営費としての予算が。これが研究「無理解」による、「研究者いじめ」でなくて何であろうか。

2021-09-23 01:42:04

ある時、私は古巣の大阪大学核物理研究センターの人と雑談中に、この夏は加速器の運転を止めると聞いた。電気代がないからと。理由を聞くと運営費交付金の年1%削減の結果という。どんな組織もインフラ維持管理や給与など一定額は必要、夏は加速器の冷却で電気代が高いから運転を止めると。私は驚愕。

2021-09-23 01:58:26

阪大の核物理研究センターは、全国共同利用研究所の一つ。全国の核物理分野の研究者の組織だが、同時に阪大の一部局でもある。予算は阪大を通して確保。だから全国の研究者が、一大学の運営費交付金の削減の煽りを受けて、貴重な加速器実験が出来ない。私は想像を絶する事態が起きていると、実感した。

2021-09-23 02:06:17

国立大学法人を中心に起きた想像を絶する事態とは。私個人は私学に異動したので把握していないが、人事への影響(人件費を浮かす)、研究費ゼロの大学(地方国立大で地域貢献の拠点の一つ。小中高教員の供給源)など、様々な話は聞いた。そして大学の研究者は、次の合理化計画と報告書類書きに多忙...

2021-09-23 02:30:11

人間は悲しいもので、相手も自分と同じように考えると、つい思いがちだ。事務官を私は尊敬するが、事務作業と研究とは真逆の作業だ。これを想像することは難しい。研究経験がない限り、事務官が研究を想像することは難しいかもしれない。だがそれが出来るのが優秀な事務官だ。そう私は断言できる。

2021-09-23 02:38:12

なぜ私は、優秀な事務官は研究の理解があると断言するのか。それは事例を複数知っているからだ。そのことは結局、事務とは何かを理解することに繋がる。大学の本来の目的は、研究成果を出すことではないのか。その研究者を、必要だからといって事務書類書きに時間を取らせて、何をしようと考えるのか。

2021-09-23 02:44:28

大学は教育機関だから、大学の本来の目的は教育だ。だが大学院生になると「先生」と呼ばせない研究室が多いことから理解できると思うが、教育の先に研究がある。当たり前だ。教育を突き詰めると、必ずおかしい部分に気づく。教員も学生も。 その気づきと探求が自由にできるのが大学ではないのか。

2021-09-23 02:49:40

2000年代の20年を掛けて、日本の大学が生産する論文数が、どんどん減っていったのを後で知った。なぜだろうと、私は考え込んでしまった。 こういう社会的事象の因果関係を安易に断定はできない。相関が明らかなだけだ。 だがそこに、国立大学法人化の4年と、その後の16年とがあまりにも見事に重なる。

2021-09-23 02:59:12

提案をしたい。以下の方針で高等教育(大学法人)と科学技術の関連法改正を議員立法すべきだ。 1)国立大学法人の運営費交付金の年1%削減を(10年計画で)元に戻す(現行の文教予算の枠内で可能)。 2)科研費の採択率を3倍に上げる(適正な採択率は80%、これを目安とする。科学技術基本法で可能)

2021-09-23 03:32:07

追記。2006年以降の大学教育は非常な勢いで充実政策が進行中だ。私もよく理解しているつもり。2006年から各省庁の○○力の中で文科省の学士力、2007年頃から学士課程・単位見直し、入学・教育・卒業の各ポリシー策定義務化、シラバス義務化、FD(高等教育方法研究)義務化などの激変。これ自体は有用だ。

2021-09-23 04:15:46

補足。この提案は予算も政策も可能だと強調したい。 1)1996年の中教審答申で2001年からの、あの愚かな「ゆとり教育」。これも2001年に、当事者だった有馬朗人元文部大臣は「あれは減らしすぎた」との論文を公開。https://t.co/0SAjEuqU1g 実際に、2009年の指導要領から一部の揺り戻しが進行中だ。

2021-09-23 11:32:42

この前例から、提案実施には文科大臣が一言、あれは減らしすぎたと言えば良い。運営費交付金を元に戻す。当たり前だ。収益性のある研究はオプシーボやイベルメクチン、iPSなど、ごく一部。大部分は試行錯誤と改善の連続だ。それが研究。しかしその中にこそ、当たりもある。我々は腹を括るべきと思う。

2021-09-23 11:42:44

一時的な「世間の風」の影響で行き過ぎが発生し、それを揺り戻した例は、政治にも行政にも時々ある。だから事務官も心配無用。政治家が「わしが責任を取る」と発言すれば、これを実施する。それが出来る様に分かりやすい資料作成。1頁サマリも忘れずに。それがきちんと出来るのが優秀な事務官だ。

2021-09-23 11:57:57

例えば2004年から2年で実施した個人情報保護法を思い出そう。当時は何でも個人情報、使えない、名簿を作れない。果ては幼稚園の保護者会の名簿まで廃止の勢い。各事業所の所轄官庁が各ガイドライン作成。しかし個人情報怖いが止まらない。だが次第に個人情報の有用性も明白に。GDPRもあり何度も改訂。

2021-09-23 12:09:27

政治も行政も、時代の変化を読んで法案を改訂あるいは廃止した事例もある。だから事務官は心配無用だ。政治家の決断次第。 2000年のIT基本法もその一つ。2020年秋に菅首相がu-Japan以降の不成功の起死回生でデジタル庁を提案。結局、IT基本法は廃案となり、新法に差し替え。廃案。それが今進行中だ。

2021-09-23 12:13:49

補足2。科研費の採択率の3倍化。実施可能。大きな研究活性化に繋がる。日本の研究力の劇的アップは確実。研究者は最低10年程度の研鑽と分野の競争で鍛えられる。だから信頼してやらせてみるのが得策だ。 試行錯誤と模索の研究政策の1つ。この中にこそ予想外の当たり馬券も埋もれている可能性がある。

2021-09-23 12:52:26

科研費の予算。1990年代の科研費は500億円程度。それが1000億円を超えたのが1990年代後半。その後、科学技術基本計画で手当したが2倍どまり。応募は増えたが採択率20%は低すぎ(自信があるのに心が折れる)。これを3倍の8000億円、採択率80%に。総予算4兆円の20%で適正規模だ。 https://t.co/1CrZVOlvnp

2021-09-23 13:44:47

ここでいう日本の国としての研究費総予算は、毎回の科学技術基本計画(5年)の総予算17兆円、24兆円、25兆円(第3期まで)などの平均を、仮に20兆円として、1年あたり20兆円/5 = 4兆円/年。という計算。 実際に統計数字を見てみると、その程度であることが分かる。 https://t.co/MGpBQkl0K5

2021-09-23 13:58:57

さらに補足。研究不正。今は研究倫理教育の受講と合格が義務化。信頼して欲しい。もちろんどの世界にも悪意で不法行為をする人はゼロにできない。 しかしだからといって研究費採択率を下げたり、書類を増やしたり、全員不信に陥るのは、羹に懲りて膾を吹く、角を矯めて牛を殺す、の類ではないのか。

2021-09-23 14:16:00

補足の補足で終わる。国家の研究費。教育費と同じで2種類あり、研究費の総額の対GDP比と、国家負担分。科研費などは後者の枠内。他方で前者は、私が大学院生だった1978年頃に日本はGDP比1.8%で欧米諸国は2.5%程度だから低すぎると言っていた。ところが1980年代バブル期に企業の研究開発費が大躍進。

2021-09-23 14:24:10

この結果、日本の研究開発費の対GDP比は3.5%程度になった(欧米を超えた)。しかし政府負担分は低いままだった。これに目をつけたのが日米構造協議(SII)の米国で、これを早期に2倍に上げろと言ってきた。これで出来たのが、1991年設置基準大綱化での大学改革であり、科学技術基本法だったのである。

2021-09-23 14:33:47

日米構造協議(SII)の顛末は触れず、検証を期待する。とにかく、研究費の規模感のスケール(物差し)には2種類ある。その理解は重要だが分かりにくいので、区別は有用だ。GDPは仮に400兆円、その3.5%として14兆円。これが国家予算と民間研究開発投資の総額。他方で国家予算だけでは4兆円/年の程度である。

2021-09-23 14:42:13
シェア

Physicist & Informatician, Prof.Emeritus of Kyoto Women's U., Prof. of Kansai Gaidai U. Tweets are temporal. RTs are not mine. 京都女子大 名誉教授、関西外大 教授。ツイート内容は保証しません。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

平 裕介 @YusukeTaira
5219462022-04-25 22:37:29

①国連機関が日経の月曜日のたわわ広告に抗議し一方的にマスコミに公表した件、 ②企業広告に「表現の自由」はないと断言した政治学研究者の件、 ③大学のコンサル的な人が文系研究者に、既に公表した論文をまとめたものを単著の本にしてはダメだと指導(制裁にも言及)した件、 これらには共通点がある

プログラミングに興味のある医療従事者が結構多いので、自分がどのようにして学習してきたかをまとめておきます。3年半の軌跡です。ちなみに高額なプログラミングスクールを薦めることはありませんのでご安心下さい(そもそも通ったことない) (▶︎続く)

高村夏輝 @napuu1
21742022-04-04 17:40:39

大学の公募情報、就職情報として考えると、とんでもない質のものが少なくない。たとえば給料ひとつとっても、「本学の規定に則って」としか書いておらず、さらにはその規定を見ることができない場合がある。国公立の場合は公務員の給与からある程度推定できるだろうが、私立の場合はお手上げ。

まあ、そりゃそうよね…。 https://t.co/dp5NLM8114

Satoshi Ikeuchi 池内恵 @chutoislam
2486702022-10-31 17:48:04

研究室で推進する事業の大きな成果となりました。取りまとめの小泉悠専任講師にも座長の風格が出てまいりました。 国家安全保障戦略改訂に向けた提言...|ROLES https://t.co/mWAcYyntKw

昨日、東京医科大損害賠償請求訴訟判決がありました。H18年以降の全女性受験生に一年度あたり20万円の受験慰謝料、H30年度入試で本来合格したはずなのに属性調整によって不合格とされた3名の受験生にそれぞれ150万円の不合格慰謝料(H25年入試で合格した可能性がある受験生には100万円)を命じました

つばさ @tsubasawing47
212021-04-06 09:53:09

【イイトコサガシ:冠地情の言葉】 社会による歩み寄り… を可視化するためには、生々しい現実の課題を全てさらけ出し、全て受け入れるつもりでコミュニケーションして行かなくてはいけません。 しかも粘り強く、繰り返し、なかなか報われない覚悟、30年三世代計画で。 続く

TANIMURA Shogo @tani6s
48417122022-02-23 23:35:28

私は国立大学の教授になってから年々研究時間が減り、大学運営・さまざまな手続きとだんどり・メールの返事書きにあてる時間が、起きている時間の大部分を占めるようになりました。

大井赤亥 @AkaiOHI
821562022-03-01 22:01:35

この2週間、高等教育(大学)の学費をめぐり様々な資料を渉猟しましたが、硬派な学術書が示すデータや統計と、現在の大学生をめぐる生々しいルポや証言とが恐ろしいほど合致しており、背筋が凍ると同時に、あらためて高等教育の漸進的無償化が喫緊の政治プライオリティだと痛感しています。

砂鉄 @satetu4401
401302022-09-12 17:05:22

高等教育は国に有害って論に反論する人間の「世の中は学問で動いてる」みたいな世界観こそが国の衰退の原因で、これほんと有害なんだよな まず学問が国を発展させるというデータは存在せず、国の発展と相関性があるのは「人口」なんだけど、高等教育はこれを不都合な事実として教えない

人文系の学術評価がどのようになされているのか知らない方が多いので,自分の経験として書きます。 論文はいきなり発表するのではなく,大学院生だろうと定職ある研究者だろうとまず,どの様に評価がなされるか研究会で複数回発表し,そこで揉まれます。続く

ゆな先生 @JapanTank
5631189032022-10-24 23:43:09

【なぜCWEBが下がるか】 中国の5年に一度の共産党大会で、習近平を筆頭とする7人の幹部が選出された。 一方で、胡錦濤は会場から退場させられ、李克強は定年前なのに完全引退させられた。 これにより、中国のテックの深刻な没落はますます加速すると思われる。 なぜテックなのか、雑に解説していく。

諸隈元シュタイン @moroQma
165823532021-11-27 17:30:06

今日の日経新聞に「新婚夫婦、家計の予想図描く」と題する記事 30歳で手取り年収500万って日本人の4%だからその中で結婚する夫婦とか天然記念物なんだが、そこは日経らしさ全開なので目を瞑るとして、子供2人を大学行かせて家買って老後資金も貯めるなら天然記念物にならなきゃってイメージには目眩が

政治とは大規模な医療にほかならない。 ルドルフ・ウィルヒョー (ドイツの病理学者、政治家。細胞病理学の創始者。1821〜1902)

病理医ヤンデル @Dr_yandel
2337992022-09-27 08:17:54

学会・研究会の広報委員会に出席して、「SNSを用いた広報」について話す機会があるのだが、ご参加くださっている方々の反応がたいてい「私はツイッターやってないんでこの話題についてはわかりませんし興味もありません」になる。でもSNSを用いた広報のキモはツイッターじゃなくてホームページである

ラエ卜ル @respect_ae
002022-08-27 20:40:50

「福岡県鞍手町の公立小学校の校長が4月初旬、同和教育に関連し、特定団体の機関紙などの購読を職員会議で呼び掛けていたことが26日、産経新聞の取材で分かった」 #同和 #部落 https://t.co/gqTsXQu8aU

『生き物を飼うとは』 瓶に数匹の小エビが入った商品を見つけた。餌やりも換水も不要と言う。蓋も付けたままにしてと。 こんな小さな瓶で餌もやらずに蓋をしたままなんて。エビが可哀想だと思った。 中のエビは通称“ホロホロシュリンプ、スカーレットシュリンプ”と呼ばれるハワイ原産の小型エビ。↓

サユリ🇺🇸Miami @sayuri_t_h
7120174242022-09-20 10:48:10

日本で子供の6人に1人が1日3食食べられない貧困にあり子ども食堂が6000以上全国にあるとのこと、、、。 子ども食堂がそんなに沢山あるとはいえ知らなかった。 政府は一体何やってるんだと思って調べていたら、、 ((((((((民間に丸投げ)))))))))) ↓続く

市民にとって「現在進行形でいい市長」だったと思うよ 20年後か30年後に絶句するのは確実だけど

しょう @show86305417
3658412021-10-16 00:30:47

mRNAワクチンについてつらつらと。 最初にmRNAの存在を指摘したのは、フランス人の生物学者ジャック・モノー氏とフランソワ・ジャコブ氏で、この2人は1965年にノーベル生理学医学賞を受賞。