「【飛行機から自動車へ 航空技術者たちの戦後史】1945年、日本は戦争に敗れました。それは、戦時下にあ…」HIROKI HONJOのスレッド

1,2943,4892020-04-18 15:30:23

【飛行機から自動車へ 航空技術者たちの戦後史】 1945年、日本は戦争に敗れました。それは、戦時下にあって世界水準の航空機をいくつも開発してきた航空技術者たちの努力が潰えたことを意味していました。 やがてGHQが航空機の製造を禁じると、彼らの多くが未だ揺籃期にあった自動車産業へ移ります。

2020-04-18 15:30:23

そこで彼らが目にしたのは、幼稚な技術、貧弱な設備、不足する資金、多発する不具合でした。これだけでも大変な逆境ですが、更なる脅威がありました。欧米の巨大自動車会社が日本市場を狙っていたのです。 日本の再建を賭け、彼らは再び日の丸を背負い、技術の戦いの最前線に立つのです。

2020-04-18 15:30:53

戦後の混乱がひとまず落ち着いた頃の日本の自動車生産は年間3.9万台(1952年)。これは米国の554万台は言うに及ばず、イギリスの73万台、同じ敗戦国である西ドイツの43万台と比べても、大きく見劣りしていました。 しかも生産される車種はトラックやバスが中心で、乗用車は僅か4千台。

2020-04-18 15:31:29

欧米の企業は技術と設備に巨額の投資を行い、優れた乗用車を機械化された流れ作業ラインで大量に生産し低価格で販売できました。一方、相対的に「零細」で「手工業的」な日本企業は、品質はもちろん、生産コストや価格でも太刀打ちできなかったのです。

2020-04-18 15:32:05

このため、日本メーカーは競合を避けて大型商用車を生産していましたが、これも政府の保護政策に依存している有り様。 例えばGMのトラックは1台1,800ドルだったのに対し、日本製は3,500ドル。加えて性能と信頼性には格段の開きがありました。高い関税が無ければ成り立ちません。

2020-04-18 15:32:43

貧弱な日本の産業が大衆向けの足として産み出した苦肉の策が、オート三輪です。まだ貧しかった日本の人々には、外国製乗用車は高根の花。当時の日本の国情には、この安価で簡素な車両はうってつけだったのです。 オート三輪は1953年に約10万台が生産されています。

2020-04-18 15:33:19

しかし、日本の自動車産業が生き残るには、乗用車の生産は避けて通れない道でした。スケールメリットが大きい自動車生産の世界では、フォードT型やフォルクスワーゲン・ビートルのように、大衆車を大量に作って初めて、コストを劇的に低減し、競争力を得ることが出来るのです。

2020-04-18 15:34:01

通産省による保護政策も、批判にさらされていました。運輸省はタクシー業者などの要求を背景に、高コストで低性能の国産車への保護・優遇は、国民の利益を損ねると主張し、政策論争になります。 1952年の参議院運輸委員会では、外車ディーラーの梁瀬長太郎氏が次のように述べました。

2020-04-18 15:34:40

「外車は近年長足の進歩をしているが、国産車は比較にならない。国産車はトラックとディーゼルだけをつくっておればよかろう。…私の経験から言えば、国産車と外車を競争させるのはオリンピックに2,3歳の子供を出すのと同じだと思う」

2020-04-18 15:35:11

今や、日本の自動車メーカーは生存を賭けて、高性能かつ安価な乗用車の生産に挑戦する必要に迫られたのです。

2020-04-18 15:35:39

日産、いすゞなど大手メーカーが続々と外資との提携に進む中、設立から5年に満たない弱小メーカーが独自開発の乗用車を市場に投入します。 立川飛行機の流れをくむ「たま自動車」が開発した「プリンス・セダン」です。 時に、1952年3月。

2020-04-18 15:36:20

同社の技術課長は、かつて立川飛行機で高高度長距離偵察機「キ74」の開発に携わった田中次郎(1939年東工大卒、同年立川飛行機入社。その後陸軍へ入隊、陸軍航空技術研究所へ配属。軍籍のまま立川飛行機でキ74の与圧装備を担当)。

2020-04-18 15:37:02

設計統括は同じく立川飛行機で日本初の高高度機「SS1」や、高高度戦闘機「キ94」の気密室設計を手掛けた日村卓也(1938年徳島高等工業学校卒、同年立川飛行機入社)。 写真の後列左端、1954年頃

2020-04-18 15:37:47

プリンス・セダンは、皇太子明仁親王の立太子の礼にちなんで名づけられたものでした。同車は1,500㏄のエンジンを搭載し、1,000㏄以下が主流であった競合国産他車を圧倒します。販売は好調で、5年間に3,700台が生産されました。

2020-04-18 15:38:32

勢いに乗った「たま自動車」は社名を「プリンス自動車」へ変更、旧中島飛行機系の「富士精密」と合併(1954年)すると、自動車メーカーとしての地位を確固としたものとすべく、1957年、野心的な新型車を発表します。 これこそは、初代スカイラインに他なりません。

2020-04-18 15:39:19

引き続き設計統括を手掛けた日村は、かつて航空機の機体設計を手掛けた技術者らしく、セミ・モノコック構造を採用(本当はモノコックにしたかったらしい)、軽量化を図ります。 エンジンを担当したのは、中島飛行機で日本初の2,000馬力級エンジン「誉」の開発に参画した岡本和理。

2020-04-18 15:40:13

岡本氏は1941年東京帝大卒業後、陸軍航空技術研究所に配属され、中島飛行機でエンジン開発に従事。というか、「誉」のトラブルシューティングに青年時代を捧げた人です。

2020-04-18 15:40:50

彼はプジョーのエンジンをモデルに、幾多の試行錯誤を経て1500㏄、60馬力のFG4A30(直列4気筒)を開発します。このエンジンの優れた出力により、スカイラインは同クラスの日本車としては最速の時速125キロを誇りました。

2020-04-18 15:41:44

純国産で外車に対抗可能な乗用車としては、1955年にトヨタが初代クラウンを発表していますが、スカイラインはこれを馬力・速力とも上回り(クラウンは48馬力、最高速度100キロ)、飛行機屋の意地を見せます。 また、排気量拡大型の試作車スカイライン1900は明仁親王の愛車となりました。

2020-04-18 15:42:28

余談ですが、スカイラインGTの開発には、20代で伝説のエンジン「誉」(疾風や紫電改、銀河に搭載)を開発した天才技術者、中川良一氏が参画しています。 この会社の人材ガチャ、チート過ぎないか?

2020-04-18 15:43:29

1966年、プリンス自動車は日産に合併・吸収されますが、スカイライン・シリーズは「技術の日産」の象徴として、現在に至るまで継承されています。

2020-04-18 15:44:33

こうして1950年代後半、クラウンとスカイライン、2つの純国産乗用車を開発した日本の自動車産業ですが、いずれも非常に高価(100万円近い)で、ユーザーは富裕層かタクシー業者に限られました。 中島飛行機の血を引く富士重工が小型の大衆車の開発に着手したのは、まさにこの時だったのです。

2020-04-18 15:45:15

設計統括の百瀬晋六(1941年東京帝大卒後、中島飛行機入社。招集後、海軍航空技術廠に配属され、43年から中島飛行機で「誉」への過給機装備に従事)は、日本でも必ずモータリゼーションが起こると考えていました。 彼は、K10と呼ばれるこのプロジェクトで、その先鞭をつけようとしたのです。

2020-04-18 15:46:07

開発チームには、かつて中島飛行機で97艦攻や天山の足回りに関わった小口芳門(百瀬の補佐役)や、海軍航空技術廠発動部に在籍した菊地庄治(エンジン開発統括)など、航空技術者出身のベテランが勢揃いしていました。

2020-04-18 15:46:51

しかし、彼らの叡智をもってしても、道のりは非常に険しいものでした。そもそも、エンジンが非力です。360㏄、16馬力。これは当時の軽自動車規格の上限であり、かつスクーターしか生産したことのない富士重のエンジン工場が作れる最大限の大きさですが、排気量ではオート三輪にすら劣ります。

2020-04-18 15:47:49

それで、大人4人が乗って時速80キロを出せ、かつ居住性も確保した車を作ろうというのですから、苦労は並大抵のものではありません。徹底的な軽量化が図られ、日本の大衆車としては先駆的なフルモノコックボディが採用されます。更に、部品一点単位で徹底した軽量化が図られました。

2020-04-18 15:48:53

これらは航空機開発に由来する技術やテクニックと言え、後にメディアからは「中島飛行機が作った乗用車」と持て囃されましたが、戦後に入社した若いエンジニア達の心情を慮った百瀬は、このような取り上げられ方を喜ばなかったそうです。

2020-04-18 15:49:45

完成したK10は「スバル360」と命名され、1958年に発売されます。 販売台数は徐々に増え、1958年の385台から1961年には累計17,000台を突破、1970年の生産終了までに39万台が生産されました。 発売当初42万円だった価格は、量産効果により3年後には36万円まで引き下げられます。

2020-04-18 15:50:42

スバル360は庶民の足として愛され、マイカーという言葉が定着するきっかけになりました。また、初の本格的な乗用車生産に成功した富士重(スバル)は、この後も自動車メーカーとして発展していきます。

2020-04-18 15:51:42

その頃、日産と熾烈な競争を展開していたトヨタは、クラウン(1,500㏄)より小型の乗用車を相次いで投入します。 第一弾である初代コロナ(1,000㏄)は、1957年に発売。同車は技術的特色には乏しいものの、トヨタの量産車では初となるモノコックボディが採用されていました。

2020-04-18 15:52:41

そのボディの設計と組立てを手掛けたのは、実は旧中島飛行機系のボディメーカーである関東自動車(現トヨタ自動車東日本)でした。 私は、コロナの開発・生産には、関東自動車、ひいては中島飛行機の技術を吸い上げる目的があったのではないかと推測しています。

2020-04-18 15:53:27

ここで言う技術とは、単にモノコックボディだけではなく、流れ作業をベースとした生産メカニズムを指します。中島飛行機が戦中に培った生産技術と、戦後トヨタが築き上げた生産方式には共通性・連続性が指摘されますが、伝播のチャンネルは特定・実証されていません。

2020-04-18 15:54:27

しかし、トヨタ初の乗用車量産工場である元町工場が稼働(1959年末)してすぐに、コロナの生産が移管されており、かつ同工場では従来の本社工場とは全く異なる高度なマテリアル・ハンドリングが導入されていることから、中島飛行機の技術が大規模に移転された可能性はあると思います。

2020-04-18 15:55:31

また、トヨタ初の大衆車パブリカ(700㏄、39万円)が1961年に発売されます。設計主査の長谷川龍夫(立川飛行機出身、詳細後述)は廉価で手堅い設計をしますが、商品としての魅力に乏しく、販売は伸び悩みました(8年で20万台)。この苦い経験が、後にカローラの成功に繋がります。

2020-04-18 15:56:38

各社が続々と大衆車を売り出す中、異色の試みを企てる企業がありました。二輪メーカーのホンダです。 彼らは「大衆向け小型スポーツカー」という前代未聞のクルマを武器に、四輪市場に打って出ようとしていたのです。

2020-04-18 15:57:39

これは、二輪の販売網とその顧客層を最大限に生かすことを意図したもので、意外にも手堅い判断でした。 開発担当は中村良夫。1940年に東京帝大を卒業後、中島飛行機に入社し、陸軍技術士官を兼務しながら超重爆撃機「富岳」やジェット戦闘機「火龍」の開発に携わった経歴の持ち主です。

2020-04-18 15:58:45

中村には時間がありませんでした。日本政府が自動車市場への新規参入を制限する動きを見せていたのです。1963年、日本の自動車生産は128万台を記録します。それでも自国の自動車産業を保護し続ける日本政府に対して、海外からの批判が高まり、輸入自由化は避けがたい情勢となります。

2020-04-18 15:59:45

日本企業にはまだ外資と競争する体力が無いと考えた通産省は、業界再編を企図し、新規参入の抑制と、合併や提携を通じた既存企業の整理・統合を実行に移すべく、動き出します。 ホンダとしては、その前に何としても4輪車を売り出し、既成事実を作らねばならなくなったのです。

2020-04-18 16:00:45

1963年、ホンダは初の四輪車を発売しました。S500と命名されたその車は、530㏄のエンジンから44馬力を絞り出し、最高速度は130キロにも達します。 価格は、スポーツカーとしては破格値の46万円で、大きな話題を呼びました。

2020-04-18 16:01:57

通産省の目論見は、結局実現を見ることなく潰えますが、もしそうでなければ自動車産業の停滞と衰退を招いたでしょう。 本田宗一郎は「自由競争こそが企業を鍛える」と主張して通産省に乗り込んだと伝えられますが、その正しさは現在のホンダの成功が雄弁に物語っているのです。

2020-04-18 16:03:00

中村良夫は、ホンダのF1チームの監督も務め、1965年のメキシコ・グランプリでの初勝利をもたらしました。空気の薄い海抜2,000メートルの高地を舞台にした同レースでは、かつて航空機のエンジンを設計した中村の経験が大きくものを言ったと伝えられます。

2020-04-18 16:04:36

その頃、トヨタでは長谷川龍夫が全く新しい大衆車を産み出そうとしていました。初代パブリカが販売で苦戦した経験から、彼は大衆車にも高級感が求められる時代になったことを理解したのです。当時、国民の所得は急速に伸びつつあり、1959年の45万円(一人当たり)から、1973年には175万円に達します。

2020-04-18 16:06:03

1968年には東名高速道路が開通。大衆車のコンセプトは「とにかく安くて、自転車の替わりに日常生活の足になるクルマ」から、「相応の性能とデザインを備え、高速走行にも耐えるクルマ」にシフトする時が来ていたのです。

2020-04-18 16:07:23

長谷川は1939年に東京帝大を卒業後、立川飛行機に入社。戦時中は高高度でB29を迎撃可能な戦闘機キ94の設計主務を務めた俊英です。このとき長谷川はまだ20代。同機は試作段階で敗戦を迎えるものの、高度1万3,000メートルで速力750キロを目指す野心作でした。

2020-04-18 16:08:32

戦後、翼を奪われた長谷川はトヨタに入社。技術水準のお粗末さに愕然とします。当時のトヨタ設計陣は強度計算すら出来ず、経験則で試作車を作り、壊れたらその部位の肉厚を増すという状態。長谷川が得意とする流体力学など影も形もありませんでした。 写真はトヨタでの長谷川、右から二人目

2020-04-18 16:09:51

しばらく腐り、労働争議にも加わった長谷川ですが、やがて自動車開発に面白さを感じるようになり、たちまち頭角を現します。 間もなく、トヨタは長谷川の才能をフル活用するため、新たな役職を作ります。それが「主査」制度です(現在のチーフ・エンジニア)。

2020-04-18 16:11:13

その趣旨は、新車開発を複数の技術者に分担させる旧来のやり方に替えて、長谷川に仕切らせることにあります。 もっとも、一人の優秀な責任者が複数の領域を横断的に統括する手法は、戦前・戦中の航空産業ですでに行われており、長谷川には馴染みの深いものでした。

2020-04-18 16:12:36

さて、1960年代初頭、長谷川は1,000㏄のエンジンを搭載する高品質な大衆車を構想しますが、当初は社内から理解を得られませんでした。独力で検討を続ける彼に救いの手を差し伸べたのは、時代の変化でした。会社は、遂に長谷川の先見性を認めます。 1963年、プロジェクト179Aが始動しました。

2020-04-18 16:14:07

開発に当たり長谷川は、何人もの女性デザイナーから意見を聞きました。元戦闘機屋らしい機能主義に徹した初代パブリカの轍を踏むまいとする長谷川の意思は、かくも強固だったのです。 試作車が耐久試験に入った1966年年初、日産が1,000㏄の量産車を開発中であることを発表、開発陣に激震が走ります。

2020-04-18 16:15:35

トヨタの営業部門は差別化のためエンジンを1,100㏄に拡大することを要求、長谷川は急遽シリンダーの内径を拡張しました。 同年10月、179Aは「カローラ」と命名され、デビューを果たします。 トヨタはカローラ専用の量産工場(高岡工場)を建設しており、社運を賭して同車を送り出したのです。

2020-04-18 16:17:16

高速化に対応した5ベアリングのエンジンや4速トランスミッション、乗り心地を向上するマクファーソン・サスペンションなど新機軸を備えたカローラは、スポーティーな外観や手ごろな価格(43万円)もあって好評を博し、発売から2年半で生産台数50万台を突破します。

2020-04-18 16:18:41

カローラの成功は、日本の自動車業界にとって画期となりました。同車は米国に輸出され、1969年には6万台を売り上げたのです。さらに、1975年の販売台数は国内40万台、海外20万台の合計60万台。 通産省の危惧とは裏腹に、自動車貿易自由化後、日本車は世界へ打って出るのです。

2020-04-18 16:20:14

1970年、日本車の輸出は100万台を超え、81年には600万台に達します。 日本車成功の秘訣は、戦中の航空機開発から引き継いだ「小型・軽量化」の徹底にありました。これは本来、資源に乏しい日本特有の生存戦略でしたが、大型の米国車との激突を回避し、石油危機後は、強い競争力に転化するのです。

2020-04-18 16:21:56

トヨタ自販社長の神谷正太郎はこう語っています。 「私はビッグ3が作れる小型車はせいぜいコロナクラスで、それより小さい車はコスト的に無理だと考えていた。…たとえ新車を出してきても、カローラなら競合しない。私はこれを対米輸出の切り札と考えた」

2020-04-18 16:23:49

また、日本の航空業界はフォード式大量生産への移行に遂に成功せず、汎用機械と熟練工に依存した古い(手工業的)体質を残していましたが、自動車産業はこれを多品種少量生産(リーン生産)に発展させ、消費者の嗜好の多様性にいち早く順応するのです。

2020-04-18 16:25:30

20世紀末、日米自動車産業の競争力の懸隔を調査したMITはこう記します。 「大量生産では未熟練の労働者が専用機械で製品を仕上げる。このメカニズムは標準化された商品を低コストで大量に生み出すが、消費者は多様な製品から好きなものを選ぶことが出来ない」

2020-04-18 16:27:22

「これに対し、リーン生産は多様な能力を持つ労働者のチームを編成し、汎用性のある自動機を使い、バラエティに富んだ製品を適量産み出す。北米の自動車産業はフォード時代の大量生産に依存しており、新たなシステムを産み出した日本企業に太刀打ちできない-これが我々の結論だった」

2020-04-18 16:29:04

人々の生活が豊かになれば、画一化された製品に満足できなくなるのは当然のことで、米国の自動車産業の斜陽は、まさにその成功の裡にこそ胚胎していたと言えましょう。

2020-04-18 16:30:49

かくして、空を逐われた航空技術者たちは日本の産業立国に貢献し、かつて戦った米国に一矢を報いたのです。(了) 追記:ヒコーキ仲間の絆は相当あついものだったらしく、百瀬晋六はスバル360の試作車に中川良一や長谷川龍夫を乗せたりしています。今じゃ考えられん、、、

2020-04-18 16:32:21

えらく長くなってしましました。最後までお付き合いくださった方、もしいらしたら御礼申し上げます。 また、掘り下げが甘すぎました。今回は概論ということでお許しください。 それでは!

2020-04-18 16:35:46
シェア

趣味は社会科学と酒。大の猫好き。 自動車メーカーに勤務するも、クルマのことは全く分からないポンコツ社員。 社会経済史学会会員。 2020年、「ツェッペリン飛行船団の英国本土戦略爆撃」(日本橋出版)上梓。 2021年、NHK BSプレミアム ダークサイドミステリー「空のタイタニック・ヒンデンブルク号の悲劇」スタジオ出演。

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

Sorano Miyauchi @soraketta
78518222022-06-18 13:32:32

航空機の設計開発を職業とする者です。 幼少より模型飛行機やラジコン飛行機を自分の手で試行錯誤しながら作り・飛ばすことが、その開発能力の根幹を成す素養を培う上でなにより大切です。今般の規制はそのための子供・学生たちのアクセシビリティを根こそぎ奪う悪法であると深く憂慮しています。 https://t.co/jnETFABmgx

s.shinohe @sshinohe
137232692022-06-13 01:23:06

少し連投になる。 もう十年以上前になるか、国産ジェット旅客機計画に肖って日本中が浮き足立った。各地の自治体、商工会等で航空機部品受注に向けた勉強会や、中には大学と連携して小型機の独自開発を目指す話まで出ていたり。 自分は、その手の会合に呼ばれて話す機会が何度かあった。 続

少し時間ができたので、今世界の自動車メーカーが直面している課題、そして今後の業界の行く末について解説したいと思います。結論から言うと、今後3年間くらいかけて日米欧の既存の自動車メーカーはジワジワと縮小し、テスラやBYD、現代G辺りが圧倒的勝ち組になると見ています。👇

SUS441-engine @sus441
259845932022-06-15 04:36:40

実は今だから話せるが、知人に誘われてMRJ転職説明会に参加したことがある。その時に『輸送機器メーカーの方達は、何かと言うと実験データというが、実施試験が一番コストが掛かる。正しい知識の設計があれば実験なんて要らないでしょう?設計が未熟だから実験が必要なんでしょう? 』と言われ https://t.co/6GANg0EQqP

仮蔵 @karizo2022
8361193912022-03-27 18:43:42

「経済制裁はいかにロシアを殺すか?」 米国ウィルソンセンターのフェロー、Kamil Galeev氏が書かれた論考記事です。経済制裁によってロシアがどのように崩壊していくか、具体的かつ明瞭な論旨で考察されています。一読の価値あり。時間がない方向けにまとめを一つツイートしてから詳細を和訳します。 https://t.co/IyrwhUoZZ1

【下位完成車メーカー新型車開発男】偏差値50の工学部の大学院卒入社3年以内で年収550万円の男性から給与明細を買い取らせて頂きました。業界最大手のトヨタと比べると見劣りするが悪くない。『この業界電気自動車に駆逐されない?』と考えている学生さんもいると思いますが大丈夫です!とのことです。

dirG @Dirg_rocketdyne
3517892022-03-08 21:32:50

ロシアのインターネットがハイテク鎖国されるかもしれないんで、今のうちに、ロシア語で書かれた、ロケットの文献リンクを貼りつけて行くゾ

ZplusC1Bst (M💉x 3) @ZplusC1Bst
25572022-06-19 20:07:16

Elun MuskによるStarbaseでのStarshipの解説2022年春編 with Tim Dodd @Erdayastronaut いつも通り長い! ・Ship24にはStarlink v2の放出ドアを設置済み Starshipの初回軌道打上ではStarlink v2の放出・軌道投入の可能性も ・高頻度再使用ロケットでは推力重量比が重要 1/n https://t.co/YoN1lB2rPn

戦時中の模型飛行機を作る必修科目のために、日本全国に模型店が1万9千軒作られた 現在のコンビニ店と同じ密度なので、日本中の小中学生が徒歩で模型店に行けた 戦後も残った模型店は、玩具店とは異なり、模型工作材料から科学教材までを扱った 写真は1964年の科学教材社店内 模型店の総本山的な場所

【空飛ぶ車をめぐっては、政府が2023年度中の事業化を目標にルール作りなどを進めているほか】…正気の本気で言っているのか?回転翼機や固定翼機の耐空証明審査も人手不足でまともに回せない国に、前例の無い機構で前例の無い飛び方をする機体の商用耐空証明審査をする組織が1年でできるのか? https://t.co/bdLWFuXCwG

mizuki_tohru @mizuki_tohru
220954942022-03-19 21:35:40

ロシアの半導体産業について。(1/25) ロシアの半導体産業はほぼ軍需に応えるために存在しています。例えばロシア最大の半導体企業オングストローム(Ангстрем)の2018年の売り上げの96%が軍需でした。オングストロームは自前のFabを2か所、モスクワ近郊のゼレノグラードに持っています。

やきとりや渡 @watarinigou
152022-07-06 00:50:33

ざっと計算してみた。 自動車を総EV化した場合の電力負担はよく解らないから(多分数十%増程度だろう)、とりあえず現行の電力のみ。 日本の年間発電量1兆kWh=100万GWh。 太陽光発電面積10000㎡=1ヘクタールで年間1GWh。 よって100万haを太陽光発電に使えば、電力量はクリア(多分冬でこのくらい?) ↓ https://t.co/PPoJV4QUXR

ドローンの原価 開発費 維持設計費 カタログ品受入検査費 カタログ品以外の部品加工費 同検査費 製品組立費 製品検査費 性能確認試験費 品質保証費 …etc もろもろを積んでほしいの 「800㎏の軽自動車は、鉄の単価(¥400/kg)からすると、32万円で買えるはず」って言っているようなものだもの https://t.co/pirTz9Volm

taka8492🦇 @taka84921
3709612022-07-06 20:06:53

戦中、戦前の日本の品質管理について面白い物がある。 スマホで共有できなかった為、URLを貼れないがグーグルで「数学者 戦時研究」と検索すると“第二次世界大戦期に於ける日本人数学者の戦時研究”という統計数理研究所のPDFがある。 その中に数理統計学・品質管理という項目がある。

昔、設計と言うものをある分野で学んだときに念入りに言われたことを思い出した。当時はまだ紙に書いていた時代だったが、「消しゴムは使うな」と。検討中に「間違った」と判断して消してしまうと、その瞬間に「検討の結果駄目だと判明した案」が消滅してしまう。消しゴムの範囲によっては

Panzergraf @GdPanzergraf
8262022-06-19 23:22:54

1/ 【内容紹介】“オーストラリア軍退役少将ミック・ライアン氏のウクライナ戦争分析スレッド” テーマは「この戦争が再注目させた21世紀の戦争での継戦能力維持に必要な工業力の検証」になります。 https://t.co/PW9kE3Y7TZ

HIROKI HONJO @sdkfz01
53410602020-04-17 14:32:07

【太平洋戦争前夜の日蘭石油交渉】 1940年、大陸で戦線を拡大する日本に対し、米国は厳しい経済制裁に踏み切りました。結果、危機に立たされた日本は、蘭印との資源輸入交渉に一縷の望みを見出します。 所謂「日蘭会商」です。従来、蘭印は米国の圧力により日本に対し冷淡であったと言われていました。

ちょっと思い立ったので「スパイ防止法」のことを書きます。 統一教会=勝共連合が、自民党と組んで推進を図っている法律案ですが、いかにデタラメで危険なものかという話です。 長くなります。 1/ (・ω・)

砂鉄 @satetu4401
401302022-09-12 17:05:22

高等教育は国に有害って論に反論する人間の「世の中は学問で動いてる」みたいな世界観こそが国の衰退の原因で、これほんと有害なんだよな まず学問が国を発展させるというデータは存在せず、国の発展と相関性があるのは「人口」なんだけど、高等教育はこれを不都合な事実として教えない

サイボーグMSX @CyborgMsx
3776592022-09-22 22:08:45

MSX物語㉖ソ連に渡ったMSX 僕の父はソ連へのプラント輸出の専門家でした。ロシア語が非常に堪能だったからです。 85年の夏、帰国した父が突如「MSXを買いに行こう」と言い出しました。「本当!買ってくれるの?」大しゃしぎする僕に「私の仕事用だ」とのことでガックリしながら秋葉原へ😭続