「日本におけるマスク1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」(北多摩薬剤師会〔平井有…」住田 朋久 😷 SUMIDA Tomohisaのスレッド

801212020-03-07 13:11:32

日本におけるマスク 1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」 (北多摩薬剤師会〔平井有〕) https://t.co/newvlBmPTY

2020-03-07 13:11:32

日本におけるマスク 1877(明治10)年 石代十兵衛編『医術用図書』23頁 https://t.co/sZTiV5IICG

2020-03-07 13:19:13

日本におけるマスク 1878(明治11)年 松本市左衛門編『医療器械図譜』95–96頁 英式三層護息器、鼻口護息器、ヱフライ氏ノ護息器 https://t.co/45zbks0uxX

2020-03-07 13:28:02

日本におけるマスク 1886(明治19)年 白井松之助編『医用器械図譜』107–108頁 ジェフレー氏濾氣器(濾気器)(レスピラートル)、小濾氣器 https://t.co/2Iy3bO94nL

2020-03-07 13:36:01

「ヱフライ氏」「ジェフレー氏」と記されていたのは、Julius Jeffreys(1800–1877)。1836年にマスク(Respirator)の特許を取得。 The Repertory of Patent Inventions, .... pp.211–219 https://t.co/96af6TryQj https://t.co/MU66FUG42H

2020-03-07 15:14:45

日本におけるマスク 1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」 宮武外骨 1925–1926『文明開化2 廣告篇』半狂堂、69頁にも掲載。原出典不明。 https://t.co/WRsLfy9qUl https://t.co/6cLmfa2Gfc

2020-03-07 15:38:11

正岡子規 1900「ラムプの影」 https://t.co/33ItBQdEch 「…その武者の顔をよく/\見て居る内に、それは面頬でなくて、口に呼吸器を掛けて居る肺病患者と見え出した。」 この「呼吸器」は黒マスクのことでしょうか。

2020-03-07 15:57:24

泉鏡花 1896「化銀杏」 https://t.co/V8AD7JI1fS 「それにあのそれ呼吸器とかいうものを口へ押着おッつけてさ、おまけに鬚ひげを生やしてるじゃあないか。」 「呼吸器も肺病の薬というので懸けるんだッて。」

2020-03-07 16:01:57

山根信子 1988-?「マスク」『日本大百科全書』 https://t.co/MliKf9KAcj 「マスクそのものが呼吸によって温まり湿潤すると、細菌の繁殖を助けることにもなる。マスクを使用する場合は、抗菌性をうたったものであっても、1時間以上同一のものは使用しない。」 ←不織布製マスクのない時代の記述です。

2020-03-07 20:01:09

シゲリスト 1943『文明と病気』水上茂樹訳 全文公開 https://t.co/XioGGrPTBH 「1348年から1349年の黒死病の流行時に医師たちは…マスクとガウンを考え出した。…マスクは1910年から1912年にかけて満州で起きたペストや1918年から1818年にかけてのインフルエンザの流行で有効なことが証明された。」

2020-03-07 20:47:30

牧野富太郎 1956『牧野富太郎自叙伝』 https://t.co/mSrxAzuUkw 「流行病のある時などでも電車中でマスクを掛けた事は絶えてありません。それから私は常に鼻で呼吸をしています。電車中でも隣の客が咳をしますと、その唾の飛沫を吸い込まぬ用心のために暫時、呼吸をする事を止めています。」

2020-03-07 21:07:46

内務省衛生局編 1922『流行性感冒』内務省衛生局、110頁 「今回の流行における施設」 https://t.co/YsYiy9rifM 「「マスク」の使用を奨励し「マスク」を得るの途なき者に対してはこれを給与するの方法を講じことに患家その他感染のおそれある場所においては必ずこれを使用せしむること」…

2020-03-08 13:35:23

内務省衛生局編 1922『流行性感冒』内務省衛生局、161–162頁 https://t.co/GCfJhM8pvg 「道府県における施設」 「「マスク」(呼吸保護器)ノ奨励」

2020-03-08 13:36:54

大曲駒村 1923『東京灰燼記』75 https://t.co/aWtM58Ekub 「死体の腐爛した臭ひが鼻をついて、マスクでもしなければとても歩けぬ」 (『日本国語大辞典』に挙げられている用例) https://t.co/MliKf9KAcj

2020-03-08 13:51:45

『東京朝日新聞』1919年2月18日朝刊、5頁 「女学生に呼吸保護器〔マスク〕を」 「マスクを掛けてお掃除」

2020-03-08 16:23:49

『東京朝日新聞』1920年1月11日朝刊、5頁 「この恐しき死亡率を見よ/流感の恐怖時代襲来す/咳一つ出ても外出するな」 「口覆〔マスク〕をつけて」

2020-03-08 16:30:40

『東京朝日新聞』1920年1月13日朝刊、5頁 「生徒は自発的に流感の予防をせよ/必要に応じて学校閉鎖」

2020-03-08 16:31:48

『読売新聞』1919年1月26日 「感冒除けのマスク」 「実に格好の悪いものだがニューヨークでは郵便屋さんでも電車の車掌でもみんな口へ布を巻いている、写真は掃除屋さん」

2020-03-08 16:44:51

『読売新聞』1919年2月4日、4頁 「充分注意すれば世界感冒に罹らぬ」 警視庁國澤医務課長談 「電車に乗る時、米国あたりでは呼吸器——といって口や鼻を覆うもの(米国ではレスピトールまたはマスクという)を各自にかけていますが日本でもこれを用うることを奨励したい。」

2020-03-08 16:51:46

『読売新聞』1920年1月10日、4頁 「マスクを着ける女学生/美人の怪物が近く市中に出現」

2020-03-08 16:55:49

『読売新聞』1920年1月15日、4頁 「マスクにまで現れる若い女の虚栄」

2020-03-08 16:58:27

『読売新聞』1920年1月20日、4頁 「マスクを作る若き婦人/戸板裁縫女学校の裁縫室にて」

2020-03-08 17:03:10

『読売新聞』1920年10月2日、4頁 「理髪業者にマスクをかけさせよ」 「京都帝大医学部では実験の結果効力の少ないことを発表し、教授連結束してこれに反対はしたが、効力は全然無いということを断言できなかった。」

2020-03-08 17:10:22

内務省衛生局「流行性感冒予防心得」1919年1月 (内務省衛生局編『流行性感冒』1922年、119–121頁) 「はやりかぜはどうして伝染するか」 「罹らぬには」 「罹ったなら」 「このほか気を付くべきことは」 https://t.co/gs0TdowAt2

2020-03-08 18:01:36

内務省衛生局編『流行性感冒』1922年、73頁 「各国における予防措置」「北米合衆国」 https://t.co/QNz5Y88Wyz 「〔「マスク」の使用を〕市民全部に強制的に実行せしむることの効果いかんに関しては今日に至るまで充分の根拠を有せず、委員会はこれが実行を強要する勇気なし。…

2020-03-08 18:17:50

…ただし市民各自自衛のために「マスク」を使用せんとするものにはその使用方法を教育する義務あるものとす。」 ←1918年12月の北米公衆衛生協会「インフルエンザ」に関する特別委員会決議事項(66頁) https://t.co/BnnfDa1VE2

内務省衛生局編『流行性感冒』1922年、73頁 「各国における予防措置」「北米合衆国」 https://t.co/QNz5Y88Wyz 「〔「マスク」の使用を〕市民全部に強制的に実行せしむることの効果いかんに関しては今日に至るまで充分の根拠を有せず、委員会はこれが実行を強要する勇気なし。…

2020-03-08 18:20:08

『生野銀山絵巻』 「素吹きの図」「顔カケ」 https://t.co/VcLmfNLKZE

2020-03-11 22:19:40

Flu epidemic, (c. 1920s), photograph City of Dublin Ca. Heritage Center Dublin Heritage Park and Museums https://t.co/Z6ThxEPvfr https://t.co/iQj1nN07T8

2020-03-15 11:07:11

吾嬬栄養食共同炊事場の作業風景 出典=厚生省労働局労働課/協調会産業福利部編『工場食の改善と工場栄養食共同炊事場』(1938[昭和13年]) 須崎文代 2020「共同キッチンの先駆者たち」 https://t.co/U4Hk7BF7Xz

寄稿した記事が公開されました。 キッチンや家事労働と社会の関係について ↓ LIXIL ビジネス情報 | パブリックフロントランナーズ「共同キッチンの先駆者たち」(須崎文代・神奈川大学) https://t.co/uAft9wAu1y #台所 #キッチン #近代 #建築史

2020-03-17 18:31:51

The International Exhibition of 1862, Vol. 2. 1862. "The respirator, composed of ten layers of gold wire—a perfect instrument."

2020-03-20 17:56:29

Mine Safety Appliances Company, “The Air We Breathe,” 1945. https://t.co/Ta1P7hdSJ0 https://t.co/YfwOhJfhll

2020-03-23 23:52:13

"Spanish Influenza" "Three-day Fever" "The Flu" Supplement No. 34 to the Public Health Reports 1918 "Nurses and attendants will do well to guard against breathing in dangerous disease germs by wearing a simple fold of gauze or mask while near the patient." https://t.co/G8Jh84zUzm

2020-03-26 23:20:51

"スパニッシュ・インフルエンザのパンデミックでマスクの着用を義務づけた地域には、ほとんどの場合、それらに隣接した地域でマスクの着用を義務づけなかった地域と同じような流行の記録が記録されている" クロスビー『史上最悪のインフルエンザ』132 https://t.co/lcUd4z2tS6 https://t.co/hWiyqSpKSX

2020-03-26 23:32:52

夢野久作 1933『暗黒公使』新潮社 「近来大流行の黒い口覆いをかけていた」 https://t.co/LLKKN7V0SK

2020-04-04 11:46:20

Harrison Fillmore. 2018. "A Mask for Every Occasion: How the Face Mask Connects Medicine, Fashion, and Politics in Chinese Narratives." Ohio State University. https://t.co/HmRecng2DJ pdf

2020-04-04 23:09:49

"Make a Plague Mask" 「ペストマスクを作ろう」 Hollihan 2013『ニュートンと万有引力』丸善出版 https://t.co/7CI7oYicKU https://t.co/ZgXmtNCKdi (英語)

2020-04-07 22:46:46

春日大社の神饌(しんせん) 「全員が和紙を口にかぶせている。息がかからないようにするためだ。」 『朝日新聞』奈良1、2017年5月21日、25頁 https://t.co/kXGMtKfuQz 伊勢神宮では口を覆わないそうです。 https://t.co/LCbXhDeTtI

2020-04-21 22:36:39

「当時の風刺画には市民らがマスクをつけ言論の自由の抑圧に自ら口を閉ざす姿が描かれています。」 『団団珍聞』1879年4月26日 画像はHBC北海道放送『ヤジと民主主義~小さな自由が排除された先に~』(2020年4月26日再放送)26:51~ https://t.co/aYkp0gDjFu https://t.co/BrHIUZzLor

2020-04-26 17:54:59

MAX-PLANCK-INSTITUT FÜR WISSENSCHAFTSGESCHICHTE Max Planck Institute for the History of Science Methods and Tools (2020-) The Mask - Arrayed https://t.co/zhwwbl67VS

2020-04-29 22:47:17

Special Committee of the American Public Health Association, “Influenza,” Journal of the American Medical Association 71(1918): 2068–2073. https://t.co/5BEH72ge7K "it has not encouraged the committee to suggest the general adoption of the practice [masks]" https://t.co/BnnfDa1VE2

2020-05-09 14:09:19

泉鏡花「化銀杏」と夢野久作『暗黒公使』が英訳されているかどうかをご存じの方がいらっしゃいましたらお教えいただけますでしょうか。 https://t.co/FXg6ilblHw https://t.co/OaQPKVYdmk

泉鏡花 1896「化銀杏」 https://t.co/V8AD7JI1fS 「それにあのそれ呼吸器とかいうものを口へ押着おッつけてさ、おまけに鬚ひげを生やしてるじゃあないか。」 「呼吸器も肺病の薬というので懸けるんだッて。」

2020-05-09 14:53:18

ニュルンベルク, 1493. ハンセン病。右上に鼻口も覆う人物あり。中心の人物は鼻口を覆っている。 akihitosuzuki「近世ヨーロッパのハンセン病患者の検査」2011年4月18日 https://t.co/SJeTwudsHh

2020-05-16 20:19:53

Robert Seymour. October 1, 1831. Cholera "Tramples the victors & the vanquished both." McLean's Monthly Sheet of Caricatures, No. 22. London. https://t.co/Jj62xPMNFy ロシア・ポーランド戦争

2020-05-16 20:39:47

Charles McBurney Operating in Surgery Room, 1901 ヨーロッパには見られない完璧な状態とされたNYのルーズベルト病院。 Auguste Lutaud. 1896. "Les États-Unis en 1900." https://t.co/VPvsDQJmSs https://t.co/6D3CHj8Fwb

2020-05-16 23:16:49

ジャイナ教シュヴェーターンバラ派の口のみを覆う白い布「ムハパッティ」。聖典などに唾液をかけない、虫などを吸い込んで殺さないなど。1825年の記録あり(“Jains and the Environment.” Encyclopedia of Global Environmental Change. 2001.)。 https://t.co/1TEbfENy32 https://t.co/1Kav8o2fGc

2020-05-17 11:24:24

5/23土17時 ライブストリーミング FabCafe tokyo「Mask Design Challenge 2020 受賞作品発表」5/1 https://t.co/MV02jOflV1 「日本で初めて一般用マスクを開発した名古屋の老舗マスクメーカー「株式会社白鳩」に協賛していただきました。」(「日本で初めて」ではなさそうです。)

2020-05-18 12:04:30

Masks are older than you think: Understanding Taiwanese history through 100 years of mask wearing 口罩的歲數比你想的有年紀:台灣人戴口罩百年記 Feb 26, 2020 https://t.co/qRPpHyFg4u (Masks are older than 100 years.)

2020-05-18 18:14:24

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ(1984~)は、鼻口を覆っていません。 Teenage Mutant Ninja Turtles (1984–) https://t.co/5Jh06ouDmv

2020-05-31 16:38:00

坪井次郎 1890「塵埃吸引病」『国政医学会雑誌』36: 1-4

2020-06-06 20:52:33

Motoko Rich. ”Is the Secret to Japan’s Virus Success Right in Front of Its Face?” New York Times. June 6, 2020. https://t.co/bioRQtW9n0

A decade ago, when my family visited Japan, I picked up a cough on the plane. My Japanese godfather urged me to wear a mask. Shame on me, I declined--they seemed unsightly and uncomfortable. Now I'm a convert. https://t.co/YwHLAr7jxI

2020-06-07 11:06:39

As early as 1899, the governer of Kanagawa prefecture in Japan recommended wearing masks. https://t.co/l81QGKQQPk (Wu 1922: 393 https://t.co/KBZujnbl5D)

2020-06-07 11:14:04

中国出身の複数の研究者の方のご指摘によって、以下の記述が誤りであることが分かりました。 「医療者が感染予防のためにマスクを使い始めたのは、一九一〇―一九一二年の満洲でのペストの流行である。」(196頁) 前のtweetのとおり、少なくとも1899年の日本にまで遡ります。 https://t.co/BXEBCdgdrA

住田朋久「鼻口のみを覆うもの――マスクの歴史と人類学にむけて」『現代思想』2020年5月号、191–199頁 ページを拡充しました。キーワードや画像を掲載しています。 https://t.co/pd1e1D8vlo https://t.co/4JZwe1kaji

2020-06-07 17:02:24

坪井次郎 1900『ペスト病実習』81 「患者に接近する者は特別の服装を着け、レスピラートルを懸け鼻口を蔽うときは安全なるべし」 https://t.co/lMydYWfkk7

2020-06-09 22:38:54

防じんマスクの規格(昭和六十三年三月三十日)(労働省告示第十九号) https://t.co/yfFoLRhYXL 試験用人頭図(単位 ミリメートル)

2020-06-13 18:18:30

"Instructions as to precautionary measures against pest issued by the governor of Kanagawa Ken December 9, 1899." Public Health Reports, 1901. https://t.co/l81QGKQQPk

2020-06-14 15:59:22

鈴木壯兵衞「勤勉革命の功罪と、日本人がマスクを着用するようになった経緯」「マイベストプロ青森」(青森放送)、2020年6月16日 https://t.co/qXwBYukhfr 「…日本特許庁に提出されたマスクの特許出願の件数の変化から、日本人がマスクを着用するようになった経緯を考えてみる」

2020-06-17 20:40:50

↑「世界最初として位置づけられるであろう発明は、米国人L.P.ハスレット(Haslett)が1848年に炭塵から鉱夫を守るために開発したマスクで、ハスレットは特許を受けている(米国特許第6529号)。」 ←1836年のジェフリーズの特許のほうが古い。 https://t.co/BvjH8TI2yd

「ヱフライ氏」「ジェフレー氏」と記されていたのは、Julius Jeffreys(1800–1877)。1836年にマスク(Respirator)の特許を取得。 The Repertory of Patent Inventions, .... pp.211–219 https://t.co/96af6TryQj https://t.co/MU66FUG42H

2020-06-17 20:47:47

神奈川県訓令第51号 ペスト予防心得 1899年12月9日 https://t.co/ZWIoPirqBO https://t.co/Fcj46JfZA6 177~179コマ

"Instructions as to precautionary measures against pest issued by the governor of Kanagawa Ken December 9, 1899." Public Health Reports, 1901. https://t.co/l81QGKQQPk

2020-06-25 22:24:37

石井研堂 1944『明治事物起原 増補改訂』春陽堂 「マスクの始」1175–1176 いわし屋 レスピラートル 呼吸器 呼吸病 平尾岳陽堂 松本良順/松本順 大正5年 陸軍 学生 仮面

2020-06-27 10:45:27

立川昭二 1986『明治医事往来』新潮社 https://t.co/tiAcObdPlW 75、79頁。1900年。 「桃山病院の地下倉庫から、このペスト禍を写した写真がなんと三千枚も発見された。」80頁

2020-07-03 17:22:01

新村拓編 2006『日本医療史』吉川弘文館 杉山章子「六 西洋医学体制の確立」 https://t.co/YOOt0JyGND 230頁。 「1889年」は「1899年」(あるいは「1900年」)の誤り(『大阪市立桃山病院創立五十年記念誌』6頁)。

2020-07-03 17:34:26

Masked Ninja: A Children’s Book About Kindness and Preventing the Spread of Racism and Viruses 『マスクニンジャ』2020 https://t.co/KyvQoqhXA3

2020-07-04 20:21:37

四日市の「黄色いマスク」。 1965年から2年間、市が配布。活性炭入り。「スモッグマスク」「公害マスク」とも。「ロンドンのおまわりさんが使っているような」(『朝日新聞』1965年3月15日、10頁)。 NHK現代の肖像「黄色いマスク」1965年7月16日 https://t.co/nx8sNiWP6T

2020-07-05 16:23:32

「貧困は拡大し、人命は軽視される…。すべての源は五輪イヤーにあった!〔前編〕 貴志謙介『1964 東京ブラックホール』より」 https://t.co/ad10UO8t8H 「小学校では、やむなく自衛手段を講じ、喘息で苦しむ四日市の住民が開発した特殊な黄色い公害対策用マスクを採用」 https://t.co/TLOGUFCpF5

2020-07-05 16:25:48

坪井次郎「塵埃吸引病」『国政医学会雑誌』36号(1890年)、1–4頁 「〔予防法〕第四 レスピラートルを用いてこれを防ぐべし。なかんずくその網を二重とし湿潤せる綿花を挿入するを最良とす。また通常の手拭いを湿潤し代用するも可なり。必ずや鼻口ともに被覆するを要するなり。」4頁 1889年12月20日

2020-07-06 20:42:42

Andrew Gordon「日本とアジアにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の歴史的文脈 (1)」6/5 https://t.co/bqdv53OikY 文化本質主義、グローバル・ヒストリー、呼吸器(respirators)、ハスレット、炭塵、ハード、消防士、ステンハウス、活性炭マスク、北里柴三郎、伍連徳、内務省衛生局…

2020-07-19 20:46:53

根本美作子「ヨーロッパがアジアを範としたのはこれが初めてかもしれない。」(マスクの使用について) 村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きる』117 https://t.co/pGfUezTAP3

村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きる―私たちの提言』岩波新書、2020年7月 https://t.co/hlfk5GdFSY https://t.co/ErAQStTGSS 「私たちを待ち受けているのは、いかなる世界なのか。コロナ後を生き抜く指針を、二五名が提言。」

2020-07-23 17:35:44

https://t.co/fziF3EjgUV

Medieval Japanese ritual manuals for copying Buddhist sutras also mention wearing masks. This practice is depicted in a 19th-c. representation of a 12th-c. sutra copying project from the Waseda University Library. 5/7 https://t.co/0qKRvv3fxA

2020-07-30 20:23:46

Mikulicz-Radecki, 1899. Thomas Schlich 2013 "Negotiating Technologies in Surgery: The Controversy about Surgical Gloves in the 1890s." https://t.co/4TxXqekMkC Hiki and Hiki 2005 "Professor von Mikulicz-Radecki, Breslau: 100 years since his death." https://t.co/auGwEVqtWu

2020-08-15 17:49:48

マルコ・ポーロ『東方見聞録1』東洋文庫(平凡社)、1970年 「もっぱらカーンの飲食に給仕する数名の高官がいるが、彼らはりっぱな絹布・金襴で口と鼻を覆い、カーンの飲食物にその息吹き・口臭が移らないようにしている。」223 https://t.co/olzsjUQqvU

2020-08-16 18:48:22

石井研堂「マスクの始」『増補改訂 明治事物起原 下』春陽堂、1944年、1175–1176頁。 「松本軍医総監」が登場しますが、松本良順(順)の著作ではマスクについての言及を見つけることができていないので、ほかの多くの広告と同じく名前を貸した程度ではないかと考えています。 https://t.co/W2l1vjL1KM

2020-08-17 20:57:53

1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」 宮武外骨 1925–1926『文明開化2 廣告篇』半狂堂、69頁にも掲載。 https://t.co/WRsLfy9qUl

2020-08-30 14:25:14

林丈二 2020『文明开化来了:明治时代的生活画卷』 https://t.co/vdkk5dWkio 林丈二 2016『文明開化がやって来た―チョビ助とめぐる明治新聞挿絵』 https://t.co/UcUDljerZd 中国語版は表紙に黒マスク。「谜样的黑色口罩」(謎の黒いマスク)が公開されています。 https://t.co/lDbKUfkh3r

2020-08-30 21:22:25

1911, plague epidemic in China. January 1911, examination of a man suspected to be plague-striken, in front of a quarantine wagon. (Photo by: Photo 12/Universal Images Group via Getty Images) https://t.co/zMCjYybsv2

2020-08-31 20:32:22

「学校清潔方法」(昭和23年4月14日文部省訓令第2号) https://t.co/4F9fpDHotW 「清掃を行う時は,つとめて,マスク帽子等の防じん保護具を使用させるように努めなければならない。」

2020-09-12 12:28:37

石代十兵衛編『医用器械図譜』1880年、23頁 鼻口帽、口帽、エフライ〔Jeffreys氏〕口帽 https://t.co/Xdo9ulyBVc https://t.co/DoTVSn3XOx

2020-09-18 21:18:09

石代十兵衛編『医用器械図譜』1885年、156、157頁 覆鼻呼吸器、無髯小呼吸器、有髯呼吸器、硬護謨〔ゴム〕製吸入用呼吸器 https://t.co/0zJMrC6qqM

2020-09-18 21:33:55

Gaffky, Pfeiffer, Sticker, Dierrdonnv. 1899. Bericht über die Thätigkeit der zur Erforschung der Pest im Jahre 1897 nach Indien entsandten Kommission erstattet (Arbeiten aus dem Kaiserlichen Gesundheitsamte 16). 356. https://t.co/p90D6UPuJM

2020-10-11 17:42:38

鈴木貞美 2008 『日本人の生命観』中公新書 「…防菌マスク…。明治中期には滑稽なほど大きく頑丈なマスクが流行した。」138 https://t.co/ivsKICKOTy kindle

2020-10-24 12:46:34

"Different models were worn during the first Manchurian epidemic, many having a stiff or metallic frame. Only one kind of mask, at once simple and inexpensive, yet apparently efficient, introduced by Wu Lien-Teh, was universally adopted." (Wu 1926: 393) https://t.co/qOyesr4nPi

Wu Lien-Teh. 1926. A Treatise on Pneumonic Plague. https://t.co/JXyVtUc8lG "History of the Mask" https://t.co/9CpM6mszdu "The Mask as at present used" https://t.co/lCmcKgSHJC

2020-10-25 10:19:31

(宮本)外骨編 1912『奇態流行史』半狂堂 女の「反歯隠し」 「明治31年の暮より34年の春にかけて、東都の婦女間に白絹の襟巻を鼻口にかけて顔の半部を包むこと流行せり…始め新橋辺の芸妓が防寒のための工風なりしを、追々両家の婦女の間にも行わるるに至れり」桃泉随筆 98 https://t.co/DVob33mGhR

2020-11-01 20:23:05

Glenn M. Stein. 2015. Discovering the North-West Passage: The Four-Year Arctic Odyssey of H.M.S. Investigator and the McClure Expedition. https://t.co/MTeB3UTFrQ Alexander Armstrong had a Jeffreys's respirator at the 1850s exploration. https://t.co/6WRPZePMbN

2020-11-09 22:46:07

東京府立高等家政女学校、『写真週報』265号、1943年 三角巾・マスク・割烹着を身に着けています。 乳児をお風呂に入れるときに。 https://t.co/6sVWcFFDff 調理のときに(吉野汁、卵焼、・・・)。 https://t.co/sy9oApnWx2

2020-11-11 20:43:26

東京都立家政女学校学校工場、1944年5月 「昭和一九年五月、藤本四八撮影。都立家政女学校の学校工場。兵器部品の簡易組立加工は学校工場で行われた。」 https://t.co/fcPmuwanb3

2020-11-11 20:52:58

『写真週報』2号(1938年2月23日) 白衣のトンネル https://t.co/buakMcYqqN

2020-11-11 21:09:53

『写真週報』3号(1938年3月2日) 「製糸の精選整理」「仕上げ」 https://t.co/QdrHoHajoy

2020-11-11 21:19:28

『写真週報』11号(1938年4月27日) 「見よ!試練の日本 銃後の力」東京都女学校(東洋英和女学校?) https://t.co/CZjTSt9xmL

2020-11-11 21:25:29

『写真週報』13号(1938年5月11日) 「伝染病研究所 血清の採血」 「我が国が世界に誇る東京帝国大学附属伝染病研究所」培養基製造室 「陸軍糧秣廠」 https://t.co/rQXQVD3t3t

2020-11-11 21:31:21

『写真週報』14号(1938年5月18日) 瓦斯マスク https://t.co/gUhUv2cPJ2

2020-11-11 21:33:49

『写真週報』17号(1938年6月8日) 「赤十字のもと」「出征から帰還まで」「傷兵の母」 https://t.co/QFJ2KlLDXt

2020-11-11 21:39:18

『写真週報』19号(1938年6月22日) 「規律訓練日」 https://t.co/IchoomQmVZ

2020-11-11 21:46:10

『写真週報』24号(1938年7月27日) 「軍需工業見学 陸軍糧秣本廠」 「小さな小判型の主食七個をまとめたもの三つと副食の小包み三つ、合わせて六包みを大包みとして包装される。」 https://t.co/X3UwR9bdpc

2020-11-11 21:52:53

『写真週報』25号(1938年8月3日) 「海の彼方」 スイスの病院飛行機、世界ではじめて航空機内の手術が行われた。 https://t.co/gTZlb88o5n

2020-11-11 21:56:25

『写真週報』27号(1938年8月17日) 「夏季診療奉仕」 東京女子医学専門学校〔現東京女子医科大学〕 https://t.co/kDvSmBlaCU

2020-11-11 22:00:39

『写真週報』29号(1938年8月31日) 「防空おぼえ帖」「空襲管制」「防空用具一覧」「国民防空展覧会」 https://t.co/aDaWNgDeuR

2020-11-11 22:05:41

『写真週報』42号(1938年11月30日) 「防空リレー」千葉県八日市場町 深田登美雄 千葉県敬愛高等女学校体育祭 https://t.co/j6IamdWTEU

2020-11-11 22:15:24

『写真週報』46号(1939年1月4日) 「兎も戦争に」兎の皮で防寒帽・防寒手袋・防空帽・航空面。 https://t.co/bsl6bRc4Av

2020-11-11 22:21:37

『写真週報』59号(1939年4月5日) 「張家口の陸軍記念日」内蒙派遣軍〇〇部隊 林茂樹 1939年3月10日、国防婦人会員。 https://t.co/bL5gcLRFty

2020-11-11 22:32:00

『写真週報』63号(1939年5月3日) 「健康習慣 正しい育児」 https://t.co/0DfAlJYhP9

2020-11-11 22:35:48

『写真週報』75号(1939年7月26日) 「陸軍防空学校」 https://t.co/6G4kafTCGY

2020-11-11 22:43:31

『写真週報』77号(1939年8月9日) 「外貨獲得の戦士 北海道産バター」混合機から木箱へ 「日本的太夫來到了!(にほんのおいしゃさんがきたぞ)」医療挺身隊、蘇州 「薄倖で衛生知識に乏しい支那民衆に日本の誇る医療文明の恩恵を浴させようと、…巡回診療班を組織した。」 https://t.co/toDo7L2Nhm

2020-11-13 21:30:05

『写真週報』83号(1939年9月20日) 「戦火拡大す」(海外通信) 「空襲下の外科手術」パリ、防毒面、訓練 「ドイツ商船の防空訓練」 https://t.co/HVcMQrldll

2020-11-13 21:40:50

『写真週報』87号(1939年10月18日) 「眼や耳に異物が入ったら」(家庭救急箱 其の七)磁石で金属片を取り出す 「防げ空襲 備えよマスク! 昭和化工の防毒具」「人命に関するもの故ぜひ完全な防毒具を!!」 https://t.co/B8qDeXM2F8

2020-11-13 21:48:26

『写真週報』88号(1939年10月25日) 「毒ガスの防ぎ方」 https://t.co/m3LYNxzaTe

2020-11-13 21:56:10

『写真週報』90号(1939年11月8日) 「毒ガスにやられたら」(家庭救急箱 其の十) 「いざ戦端を開いたというとき毒ガス弾の御見舞を空から受けないと誰が保証できましょうか。…何時ガス弾が落下しても困らないように毒ガス防護の十分な知識を持っていなければなりません。」 https://t.co/awrxNlXOqu

2020-11-13 22:00:49

『写真週報』96号(1939年12月20日) 「野兎をとる報国隊」大日本猟友会、野兎の毛皮供出運動、1938年は77万枚 https://t.co/OpGM7D97Ln

2020-11-13 22:09:05

『写真週報』98号(1940年1月10日) 「混雑緩和に『国体乗車』」茨城県日立製作所 多賀工場、日立製作所自治会、生活の刷新 https://t.co/juiH4f5zLI

2020-11-13 22:17:45

『写真週報』99号(1940年1月17日) 「野も山も白銀の雪にうづもれて東北の冬は切れるように冷たい。…働く乙女、祖国を護る乙女の堅い決意が、深い頭巾の内からちらと閃く」 https://t.co/izCQDRwvWL

2020-11-13 22:21:32

『写真週報』101号(1940年1月31日) 「焦土にうち寄す銃後の心」1月15日、静岡市大火。 「白い会服姿も凛々しく愛国婦人会員は炊き出しに大意」 「焦土の中からより立派な静岡を組織的に科学的に…建設しよう」 https://t.co/nSXzLidBNi

2020-11-13 22:27:17

『写真週報』109号(1940年3月27日) 「女学生の一日入営」金沢市 山下二雄、大聖寺高等女学校〔石川県立大聖寺高等学校〕、金沢歩兵第七連隊、防毒面 https://t.co/7RdBfxTSZ8

2020-11-13 22:36:37

『写真週報』116号(1940年5月15日) 岸武八「ス・フを見直し育てましょう」ステーブル・ファイバー https://t.co/RmSYe148tX

2020-11-13 22:43:52

「お汲み湯の図」 将軍への献上湯として汲み出される熱海の大湯 (出典:『大湯 熱海温泉の歴史』講談社,1962) https://t.co/vyFFJKuBIN

2020-11-15 22:57:38

『大和新聞』1893年1月7日 https://t.co/lDbKUfkh3r

2020-11-25 13:18:35

『写真週報』142号(1940年11月13日)「読者のカメラ」 https://t.co/fGwrfWIVoa 「静岡県伊東高等女学校の上級生徒は防空訓練中食糧班として活躍、警防団の昼食五百人分を配給してあっぱれ協力振りを示しました」

2020-11-25 14:31:52

『写真週報』154号(1941年2月5日) 「スパイの謀略を防げ―大阪・神戸」 https://t.co/RcQiADfn4L

2020-11-25 14:46:19

『写真週報』158号(1941年3月5日) 「かぜでもおひきで?」「イヤ、あれを見なさい」(「防諜」) 「建国の娘たち―満洲国」「そうとう知的な能力がいる科歯医にも年毎に婦人進出が目立っている」 https://t.co/9VSAfYNYD1

2020-11-25 14:55:40

『写真週報』160号(1941年3月19日) 「泥田も美田に―高知県新居村」「更生した部落の共同炊事場」 https://t.co/1unQhjLOw0

2020-11-25 14:59:20

『写真週報』166号(1941年4月30日) 「国立結核療養所―静岡県 天龍荘」〔軍事保護院所管〕 https://t.co/UNOlOFa2nC

2020-11-25 15:12:11

『写真週報』183号(1941年8月27日) 「火薬を知っておきましょう」陸軍兵器廠 https://t.co/P70tOeor65

2020-11-25 15:36:20

『写真週報』184号(1941年9月3日) 「国民学校と防空」 「スワ、ガス弾投下!」 「防毒班に救助されたガス被害者は防護室で人工呼吸その他適当な処置がほどこされてゆく」 https://t.co/sCeymujhED

2020-11-25 15:41:39

『写真週報』192号(1941年10月29日) 「専門学校生との看護婦演習」 女子救急講習会、女子高等師範、藤村、二階堂、日本礼操の各専門学校体育部 「もうちょっとのがまん……傷は浅くてよ 担架にのせて」 https://t.co/bJSYwHHHFb

2020-11-25 15:52:35

『写真週報』199号(1941年12月17日) 「錠剤わかもと」 https://t.co/Q8coG33HEI

2020-11-25 16:00:56

『写真週報』218号(1942年4月29日) 「健民運動 五月一日―八日 水兵服のお母さん―島根県立松江高等女学校の『母の教室』」いさお保育園 https://t.co/EPIQqlPUAL

2020-11-25 16:23:36

『写真週報』223号(1942年6月3日) 「軍手で握る―非常炊出し実演」東京 日比谷 https://t.co/K00gs9G20V

2020-11-25 16:31:09

『写真週報』227号(1942年7月1日) 「ひょろひょろ敵機いつでも来い―女子防災防空訓練指導者錬成会 岡山市」 https://t.co/9cHbnWyiPv

2020-11-25 16:45:41

『写真週報』230号(1942年7月22日) 「おお寒いこの戦線―アッツ島」 https://t.co/IR4os4pIs8

2020-11-25 16:50:35

『写真週報』240号(1942年9月30日) 「夫の遺志をつぎ 明日への希望を胸に秘めて」 軍人遺族東京職業補導所、看護婦教室、慶應義塾大学病院 https://t.co/c8Io63Yn2K

2020-11-25 17:04:49

『写真週報』251号(1942年12月16日) 「ここに貯蓄の余裕あり 十二月の目標五十億円」 「今時、随分珍らしい、だがカメラが〓実に捉えた該当風景です。こんな人にアメリカに行ってもらいましょう」 https://t.co/2bgWEexjIP

2020-11-25 18:14:34

『写真週報』252号(1942年12月23日) 「豪華な病院も住民へ開放 昭南市」 「手術室では日本の優秀な技術が現地人を驚倒させている」 https://t.co/if4rQ5Gnfx

2020-11-25 18:17:17

『写真週報』256号(1943年1月27日) 「白魔の峠に軍楽響きわたる 陸軍戸山学校生徒の雪中強行軍」 日光 「働けば暑し」秋玲二 「アッハッハ、働けば働くほど暑くなるのでね」 https://t.co/cXmIKUChvK

2020-11-25 18:29:44

『写真週報』259号(1943年2月17日) 「増産へ援護の贈物」目黒高等女学校、長野県 幅忠次 https://t.co/q78CqGH79i

2020-11-25 18:40:11

『写真週報』260号(1943年2月24日) 「吐く息はそのまま防寒覆面に結水する」満洲国通信社 「北を護る精鋭の苦労を描く 関東軍の報道演習」 https://t.co/AIH3CHObQk

2020-11-25 18:44:57

『写真週報』265号(1943年3月31日) 「中等学校はどう生まれ変わる」 東京府立高等家政女学校 「闘う婦道の赤十字」岐阜県立本巣高等女学校、橋本満資 「白衣天使の猛訓練」日赤長野支部、難路運搬、酒井勝太郎 https://t.co/cbZaNVmnT5

2020-11-25 19:02:21

『写真週報』275号(1943年6月9日) 「万一に備え女学生の乾燥野菜つくり」 岐阜県岩村高等実科女学校、橋本満資 https://t.co/w8XH6iCjlH

2020-11-25 19:16:40

『写真週報』283号(1943年8月4日) 「改訂時局防空必携写真解説」 「敵機はたえず皇土を狙っている」防毒面 「空襲警報が出たら」 「焼夷弾が落ちたら」 https://t.co/jxkHncLlfY

2020-11-29 14:59:59

『写真週報』283号(1943年8月4日) 「改訂時局防空必携写真解説」 「焼夷弾が落ちたら」「火災になったら」 https://t.co/eolZ2rchin

2020-11-29 15:01:06

『写真週報』284号(1943年8月11日) 「ビルマの防空も隣組で」 https://t.co/rnQs26yKj4

2020-11-29 15:05:52

『写真週報』300号(1943年12月8日) 「一億みんなで飛行機を造るのだ」 「教場を工場とし、男女学生が雲母の選択。この雲母が荒鷲機の重要部品に据付けられると思えば、作業がはじまる」 https://t.co/j1L8hMhmc3

2020-11-29 15:47:41

『写真週報』301号(1943年12月15日) 「大空襲に備えよう」 「『ボク、コワクナイヨ』ヨイコも非常持出品を背負って緊急避難だ」 https://t.co/m06jwCTf8c

2020-11-29 15:52:14

『写真週報』305号(1944年1月19日) 「女子警防団 郷土を護る―福島県 福島市・郡山市・白河町」 https://t.co/KVZr1uVOnF

2020-11-29 15:57:31

『写真週報』308号(1944年2月9日) 「木造船驀進〔ばくしん〕」 「機関も帆綱も急速増産」 https://t.co/2KYlhhz46k

2020-11-29 16:20:12

『写真週報』309号(1944年2月16日) 「感冒〔かぜ〕の撃退戦術は」 「たとえこの悪性感冒が入ってきても、十分に撃退できるほどの体力を平素からつくっておく」 「人混みでは必ずマスクを用いること、特に風邪気の人は他人にうつさないためにも必ずマスクを用いること」 https://t.co/pC1FlFfmIE

2020-11-29 16:25:57

『写真週報』311号(1944年3月1日) 「戦う母の教室―埼玉県忍町」 「軍需工場で開かれた母親学校。一針ごとに真心をこめて軍服修繕の奉仕が続けられる。勤労即教育の実践も母娘手を携えての〓しさである」 https://t.co/wkgvDvQ2pS

2020-11-29 16:33:30

『写真週報』313号(1944年3月15日) 「嬉しいな ヨイコに温かい昼ご飯―四月から六大都市の国民学校自動に昼食支給」横浜市保土ヶ谷区峯国民学校 「ご飯をいただくときの心がまえから、礼儀作法などまでおしえられます。」「バケツは防空用のものです。」 https://t.co/iPdg3s9Xz2

2020-11-29 17:00:39

『写真週報』319号(1944年5月3日) 「わが家の防空戦闘」 https://t.co/ECEYxownBT

2020-11-29 17:07:18

『写真週報』320号(1944年5月10日) 「北を護る五族の国軍 満洲国の国兵記念日―四月十五日」新京〔長春〕 「小休止には国防婦人会が心からの接待」 https://t.co/251OaFuqeG

2020-11-29 17:11:47

『写真週報』321号(1944年5月17日) 「ヨイコの姉さんが給食の賄い」日本女子大附属豊昭〔明〕国民学校 https://t.co/UXppKAT40s

2020-11-29 17:15:44

『写真週報』323号(1944年5月31日) 「BCG―有力な予防法で戦うこの身を結核から護りましょう」 https://t.co/iUsUXpGNeF

2020-11-29 17:18:53

『写真週報』328号(1944年7月5日) 「備えを更に強化せよ―北九州の教訓」 「北九州に来襲した敵機は、わが鉄壁の防空陣に阻まれて、生産力破壊の目的を果さず遁走した。我が方は見事、敵が誇る超『空の要塞』B29を撃墜し、損害も最小限度に食い止めた。」

2020-11-29 17:26:52

『写真週報』337号(1944年9月13日) 「すべての繊維を戦力へ」群馬県青木繊維化学工業会社、反毛機 https://t.co/O6wtzjxR9o

2020-11-29 17:37:46

ウェブ公開されている351号(1944年12月20日)まで確認。

2020-11-29 18:01:58

"A detachment of doctors and disinfectors with apparatuses for disinfecting plague-stricken areas." Russia, Odessa. 1902. オデッサ(ウクライナ) V. V. Gorinevsky, Chuma (Chernaya Smert') (St Petersburg: tip. I.V. Leont'yev 1912) https://t.co/3u1r7zZMCS

2020-12-02 13:18:47

"Maryborough Outbreak (Primary Pneumonic Plague), May-June 1905. Specially Devised Overalls and Respirators worn by Dr Burnett Han and his Medical and Nursing Staffs" メアリーバラ/マリーボロ B. Burnett Ham, Report on plague in Queensland, 1900-1907 https://t.co/lTtYJzinOq

2020-12-02 13:30:00

Wilfred Burchett. "The Atomic Plague." Daily Express (London). 1945/9/5. https://t.co/JpXW3EDW0d 30th Day in Hiroshima: Those who escaped begin to die, victims of THE ATOMIC PLAGUE ‘I Write this as a Warning to the World’ DOCTORS FALL AS THEY WORK Poison gas fear: All wear masks

2020-12-02 16:51:08

Wilfred Burchett. "The Atomic Plague." Daily Express (London). 1945/9/5. https://t.co/JpXW3EDW0d 30日後の広島:生きながらえた人々が死んでゆく 原爆の疫病の被害者 私は世界への警告としてこれを記す。 医者は勤務中に倒れる。 毒ガスの恐怖:全員マスクを着用

2020-12-02 16:51:51

紙本著色花下遊楽図 狩野長信筆 6曲1双 紙本着色 各148.6×355.8 安土桃山~江戸時代・17世紀 東京国立博物館 https://t.co/UjncVT6FUh https://t.co/2ABcp3JLvK

2020-12-04 21:22:11

紙本著色月次風俗図 8曲1隻 紙本着色 67.3×41.8 室町時代・16世紀 東京国立博物館 https://t.co/een1pn6Xb2 https://t.co/Y3w4KznPBN

2020-12-04 21:44:38

『写真週報』353号(1945年1月3日) 「さあ今年も」「明朗敢闘―青森県」 「『こんなに雪が深くては農家の方も大変でしょうね』と芸能班の金井君子さんがいわれた…」 「決戦下の今日では、農繁期よりも忙しくなりました」 https://t.co/zUbXFln6yB 館内公開

2020-12-06 11:53:16

『写真週報』358号(1945年2月7日) 「敵機遂に帝都を無差別爆擊」 1月27日、B29、カーチス・ルメー 「消火に活躍する隣組防空群と警防隊」 https://t.co/hf7acFCanA 館内公開

2020-12-06 12:10:27

『写真週報』359号(1945年2月14日) 「さとに伸びるヨイコ」集団疎開 「出来た藁工品の輸送にも、村のお友達と一緒に協力してます」 https://t.co/t1UJ26yQKK 館内公開

2020-12-06 12:19:17

『写真週報』363号(1945年3月14日) 「ここにも汗と力」 「ウィンチの激しい動揺にもハンドルを操る彼女のこぶしはこゆるみもしない。この腕が戦力を生み出してゐるのだ―新潟港」 https://t.co/DnYOnWSapz 館内公開

2020-12-06 12:25:52

『写真週報』364・365合併号(1945年3月28日) 「一日も早く戦列へ! いざ生産疎開!」 「すべては『勝利の日』までである…みんなで明るく戦いぬこう」 「戦災者の間には、共に戦ううつくしい戦友愛がわき上ってくる。お互いに頑張りましょうぜ(長野駅)」 https://t.co/9IyElIe3N7 館内公開

2020-12-06 12:33:29

『写真週報』367号(1945年4月18日) 「帝都を護る学徒消防隊」東京工専 「出動だ! 全速で街を走り辻を曲り、この自動車は若い闘魂をそのまま現場に俺たちを送んでくれる。一瞬後の活動に胸がおどる」 「焼あとで注水の訓練。…もうすつかり一人前だ」 https://t.co/cDqNjuhTGm 館内公開

2020-12-06 12:46:20

『写真週報』創刊号(1938年2月16日)から最終号の374・375合併号(1945年7月11日)を確認。 女学校では1938年の時点で軍部のために傷病兵士の白衣や肩章など多数軍用品を縫製しておりマスク着用が見られます。国民学校では給食マスクが登場します。 https://t.co/SLpJIjYgKo https://t.co/NeRwjkSnMY

『写真週報』11号(1938年4月27日) 「見よ!試練の日本 銃後の力」東京都女学校(東洋英和女学校?) https://t.co/CZjTSt9xmL

2020-12-06 13:20:26

「面衣 面帽」寺島良安編 1712『和漢三才図会』 巻第二十九 https://t.co/cM6EgMSDB7 1220 「面衣は、『三才図会』に、「顔の前も後ろもすっかり紫の羅で覆い垂らすものである。他色を雑えて四帯とし背に垂らす。女子が乗馬で遠行するときに用いる」(衣服一巻)とある」 https://t.co/D4Ywu3iLie 179

2020-12-06 17:07:40

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再販 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」 https://t.co/nEsl5FoLMo 160–161頁

2020-12-06 21:13:39

Tohiu Ishigami (石神亨), rev. by Shibasaburo Kitasato (北里柴三郎). Japanese Text-Book on Plague with Pathogenic Horticulture. 1905. "The best mode of preventing infection is to wear a thoroughly efficient respirator ..." https://t.co/KfvvVN60Ry p.82 https://t.co/HDoAg0wlLA

2020-12-06 21:26:59

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」 https://t.co/nEsl5FoLMo 160–161頁

2020-12-06 21:38:33

北里柴三郎校閲・石神亨編次『ペスト』丸善株式会社書店、1899年12月 マスク(「呼吸子(レスピラートル)」)の記述はないようです。 https://t.co/kiFPliL6A2 https://t.co/HDoAg0wlLA

2020-12-06 21:39:07

「THE MAKING (61)使い捨てマスクができるまで」 JSTサイエンスチャンネル 2000年 14分 京都府京都市 株式会社ニシガミ NTV映像センター JST科学技術振興事業団 https://t.co/uUrtOKDEh6

2020-12-09 21:20:25

Modèle de masque antipesteux par Charles Broquet Extrait du Bulletin de la Société de Pathologie Exotique Tome IV, n° 9, 1911. シャルル・ブロケのマスク https://t.co/FZCmjFxb8P

2020-12-13 21:15:36

Charles Broquet portant une tenue de protection contre la peste Charles Broquet (1876-1964) portant une tenue de protection contre la peste. Membre de la mission de lutte contre la peste en Mandchourie (1911). シャルル・ブロケ。 https://t.co/uDEc01Zoh6

2020-12-13 21:18:55

"Aunt Etty ordering dinner in her patent anti-cold mask." "... she [Henrietta Emma Darwin Litchfield] often wore a kind of gas-mask of her own invention" Gwen Raverat 1952 Period Piece: A Cambridge Childhood 『ダーウィン家の人々』 https://t.co/NuyZvKFFI7 https://t.co/I6mTmuBe0i

2020-12-20 11:29:16

『読売新聞』1920年10月2日、4頁 「理髪業者にマスクをかけさせよ」 「京都帝大医学部では実験の結果効力の少ないことを発表し、教授連結束してこれに反対はしたが、効力は全然無いということを断言できなかった。」 (以下のtweetでは別の画像を掲載していました) https://t.co/rNxBZf56si

『読売新聞』1920年10月2日、4頁 「理髪業者にマスクをかけさせよ」 「京都帝大医学部では実験の結果効力の少ないことを発表し、教授連結束してこれに反対はしたが、効力は全然無いということを断言できなかった。」

2021-01-12 21:53:47

『読売新聞』1920年1月24日、4頁 「三たび流行感冒に就いて 病毒の根拠地を考えて予防を」長尾美知 「「マスケ」はまた呼吸保護器もしくは呼吸器ともいうくらいで元来呼吸する空気を濾過するものであるから空気を通過させるために相当の布目があいておらねばならぬ」 https://t.co/rNxBZf56si

『読売新聞』1920年10月2日、4頁 「理髪業者にマスクをかけさせよ」 「京都帝大医学部では実験の結果効力の少ないことを発表し、教授連結束してこれに反対はしたが、効力は全然無いということを断言できなかった。」

2021-01-12 21:58:46

大阪市立桃山病院編『大阪市立桃山病院100年史』1987年 https://t.co/AdggpbWgN8

立川昭二 1986『明治医事往来』新潮社 https://t.co/tiAcObdPlW 75、79頁。1900年。 「桃山病院の地下倉庫から、このペスト禍を写した写真がなんと三千枚も発見された。」80頁

2021-01-17 14:43:50

ペスト対策をした日本の衛兵。マスクを着用。北京。 “A Japanese Sentry Plague-Proof.” The Graphic, March 4, 1911: 302. "Note the mask on his nose. The picture represents a sentry on guard outside the Japanese barracks at Peking." https://t.co/YyACbyNWac https://t.co/EM8voYAIsN n.24

2021-01-23 14:45:19

廃姓(宮武)外骨編 1922『奇態流行史』半狂堂 Miyatake, Gaikotsu [Gaikotsu Haisei, pseud.] 宮武[廃姓]外骨. (1922). Kitai ryūkō shi 奇態流行史 (History of Strange and Popular Customs). Tokyo: Hankyōdō. https://t.co/Hwd4xl2gRu

(宮本)外骨編 1912『奇態流行史』半狂堂 女の「反歯隠し」 「明治31年の暮より34年の春にかけて、東都の婦女間に白絹の襟巻を鼻口にかけて顔の半部を包むこと流行せり…始め新橋辺の芸妓が防寒のための工風なりしを、追々両家の婦女の間にも行わるるに至れり」桃泉随筆 98 https://t.co/DVob33mGhR

2021-01-29 22:08:49

大阪ペストで1900年1月2日に亡くなった医師若林啓 「予は職務上この悪疫に感ず。死はもとより期するところなり。本病は患者の呼気より伝染するものたるを信ず。将来該患者に接すものよろしく覆面して口鼻を覆い、かつ時々消毒薬の吸入を施し、これが感染を防ぐべし。」153–154 https://t.co/v9Nhkta7fR

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」 https://t.co/nEsl5FoLMo 160–161頁

2021-01-30 18:45:06

『団団珍聞』1879年4月26日 「追々演説会が盛んになり、聴聞の衆の諾々(はいはい)より他(よそ)の肺々(はいはい)にさわるから、さえずる者を捕らまえ口覆いを掛けさせる店が出てきたと言うから買いに来たがこいつはなかなか窮屈だワイ」 https://t.co/HGJbIlhhoC

「当時の風刺画には市民らがマスクをつけ言論の自由の抑圧に自ら口を閉ざす姿が描かれています。」 『団団珍聞』1879年4月26日 画像はHBC北海道放送『ヤジと民主主義~小さな自由が排除された先に~』(2020年4月26日再放送)26:51~ https://t.co/aYkp0gDjFu https://t.co/BrHIUZzLor

2021-01-31 13:18:32

"Mouth-pads are getting into vogue, to the great joy of certain officials, who are particularly anxious to make newspaper editors and public lectures wear them." https://t.co/TkDegGNm3l

『団団珍聞』1879年4月26日 「追々演説会が盛んになり、聴聞の衆の諾々(はいはい)より他(よそ)の肺々(はいはい)にさわるから、さえずる者を捕らまえ口覆いを掛けさせる店が出てきたと言うから買いに来たがこいつはなかなか窮屈だワイ」 https://t.co/HGJbIlhhoC

2021-01-31 13:20:45

羽原熊二郎「石神亨」『大大阪之医界』医風社出版部、1930年 https://t.co/xcePSAGftt 大阪府医師会議長、泉北郡医師会長 熊本公立病院附属古城医学校、鳩野宗巴、マンスフェルト、南郷病院、東京病院(慈恵病院)、龍驤艦、海軍大学、伝染病研究所、療養所、大阪結核予防協会 https://t.co/HDoAg0wlLA

2021-02-06 13:31:08

羽原熊二郎「山中篤衛」『大大阪之医界』医風社出版部、1930年、83–85頁 https://t.co/xcePSAGftt 大阪医政界の先覚者。大阪医会、大日本連合医会大阪支部。 1899年大阪ペスト「開業医と官憲との間に立ちて防疫方策の連絡統一を計る等…」 1900年1月7日肺ペストのため死亡。 https://t.co/5e2kyH2KPE

2021-02-06 13:42:13

前年秋から神戸や大阪でペストが流行した1900年はねずみ年。 『大阪朝日新聞』1900年1月1日付録 〔白井〕直賢 https://t.co/5e2kyH2KPE

大阪ペストで1900年1月2日に亡くなった医師若林啓 「予は職務上この悪疫に感ず。死はもとより期するところなり。本病は患者の呼気より伝染するものたるを信ず。将来該患者に接すものよろしく覆面して口鼻を覆い、かつ時々消毒薬の吸入を施し、これが感染を防ぐべし。」153–154 https://t.co/v9Nhkta7fR

2021-02-06 20:40:31

『大阪朝日新聞』 1900年1月7日10頁 土屋理〔おさむ〕呼吸器10個を寄付。 1900年1月8日1頁「当府の各検疫官は自今検診の際、咳嗽を発する患者に接する説は埃〔ごみ〕除〔よ〕け眼鏡と白メリヤス製の呼吸器を用い、なお患家に大清潔法を行う際にもこれを用うることとせり」 https://t.co/5e2kyH2KPE

大阪ペストで1900年1月2日に亡くなった医師若林啓 「予は職務上この悪疫に感ず。死はもとより期するところなり。本病は患者の呼気より伝染するものたるを信ず。将来該患者に接すものよろしく覆面して口鼻を覆い、かつ時々消毒薬の吸入を施し、これが感染を防ぐべし。」153–154 https://t.co/v9Nhkta7fR

2021-02-07 14:20:48

「ペスト予防具」 衛生呼吸器 奥村済世館 「紡績、製菓、肺患、狩猟、伝染病流行の際、等に用いて奇効最も著し」 15~70銭 『大阪朝日新聞』1900年1月14日4頁 川村グループのルーツ(川村義肢) https://t.co/B4hh47ADV9 三宅速はミクリッツのもとに留学 https://t.co/TrwEhnwZjz

2021-02-07 16:30:43

Sauerbruch’s low-pressure chamber for thoracotomy, first used in Mikulicz’s department in Wroclaw (Breslau) (collection of Waldemar Kozuschek) Jan Mikulicz-Radecki 1850-1905: Wspoltworca nowoczesnej chirurgii 2003 ミクリッツ https://t.co/UuOhlvIm3t https://t.co/wyBYOpXFCB

2021-02-11 16:48:26

Wakabayashi Kei 1900 "whoever approaches, particularly medical men, pneumonic plague cases should cover their mouth and nostrils with some germicidal material to be inhaled from time to time as a preventive" 82 Ishigami 1900/1905 https://t.co/KfvvVN60Ry https://t.co/5e2kyH2KPE

2021-02-16 20:43:42

"The best mode of preventing infection is to wear a thoroughly efficient respirator, and to wear a pair of glasses also." 82 Ishigami Tohiu 1900/1905 Japanese Text-Book on Plague with Pathogenic Horticulture https://t.co/KfvvVN60Ry https://t.co/HDoAg0wlLA

2021-02-16 20:50:39

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再販 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「ペスト肺炎患者に近接する者は何人を問わずデ〔レ〕スピラートルまたは綿花をもって鼻および口を被覆し、かつ眼鏡を用うべし」95 https://t.co/fRVec9nTlA 初版にはなし https://t.co/o1xDApMSFZ https://t.co/v9Nhkta7fR

2021-02-16 21:19:27

"All who approach pneumonic plague patients must wear respirators, or else cover their mouths and nostrils with cotton wool. A pair of spectacles must also be worn." 59 Ishigami Tohiu 1900/1905 Japanese Text-Book on Plague ... https://t.co/hhksZFtARy https://t.co/NPI1mdEWC5

2021-02-16 21:28:25

Wu Lien-Teh. 1926. A Treatise on Pneumonic Plague. "Types of anti-plague masks. Lowermost one was introduced by Dr. Wu Lien-Teh and recommended by Mukden Conference in 1911" https://t.co/bXBKIR2IPs https://t.co/UfbZZMyyRs

2021-02-17 20:20:05

The American armamentarium chirurgicum, George Tiemann, 1879, Part 2, p. 91; price list, p. 16. Fig. 367. Jeffrey's Respirator, for the Mouth, and Mouse and Nose. https://t.co/7wX1O8uVKL https://t.co/o1dpxqap3k https://t.co/DoTVSn3XOx

2021-02-23 21:17:58

林丈二『文明開化がやって来た』(柏書房、2016年)の台湾華語版《文明開化來了》(2019年)から、「謎の黒いマスク(謎樣的黑色口罩)」が図版つきで公開されていました。 https://t.co/vWOigE90BJ https://t.co/UcUDljerZd https://t.co/SxxB5p5wZp

2021-02-26 18:41:50

「ペスト予防器 レスピラートル(呼吸器)」『中央新聞』1899年12月14日 20銭~1円 榊原釟次郎 十字屋 林丈二 2016『文明開化がやって来た―チョビ助とめぐる明治新聞挿絵』 https://t.co/IaPMNnx0fo https://t.co/SxxB5p5wZp

2021-02-28 10:21:59

榊原釟次郎(さかきばらはつじろう)愛知堂 1885年~、『明治撰刻いろは韻』など出版。 https://t.co/B9kUo79XDY https://t.co/14mRi4Gypy 1887年、『英和商用会話』編(表紙は釟次朗、奥付は釟次郎)。 https://t.co/ch0bcc3vRd https://t.co/bTo6NB7hty https://t.co/sGJKkVNkiv

2021-02-28 10:48:13

『時事新報』1920年1月15日 「巡査も今日からマスクを掛ける」 東京市「マスクをなさい身のため人のため」 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 衛生保健(3-066) https://t.co/Inhwc3SSLq

2021-02-28 16:13:16

1943年1月、東京・麻布、子どもたちの防空訓練。 講談社編『昭和 二万日の全記録 6 太平洋戦争 昭和16年〜19年』1990年、209頁 https://t.co/jmmz6iQscP https://t.co/6LgVhOYObF https://t.co/1BMKyIkHkC

2021-03-03 14:51:13

櫻井正朗「今から70年以上前、『婦人画報』は手作りマスクを紹介していました!」「婦人画報」2020.5.3 「子どものための防空服装」1943年11月号 「あごまで包むマスク」1945年4月号 「誰でもするあの小さいガーゼではなく、あごを包んで鼻もかくす大きなマスクが安全です。」 https://t.co/zjaDHsRcik

太平洋戦争末期の「マスクの作り方」の記事。「あごまで包むマスク」の目的とは? #手作り #マスク https://t.co/cD08SzZMEL https://t.co/cD08SzZMEL

2021-03-12 19:48:51

いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」1879年2月以前 https://t.co/4IdN5I50gf 2020.4.19 ヤフオク! 1879年2月版では以下の文言が割愛されています 「水に接して冷熱ともにこれを侵さず。常に白色を保持して腐食せず。黒変せず。これ幾多の思考を費やして精工を極め」 https://t.co/T7ich7ZuKe

2021-03-13 10:13:32

A Catalogue of Surgical Instruments Manufactured and Sold by Arnold and Sons. "Collier's Aluminium Respirator." 1873. p. 191. https://t.co/4iiVDGV9Eb 1876/79/80. p. 327–28. https://t.co/BBpWImpUuk https://t.co/lWSBqWfY71 https://t.co/50RMcZ7gOm Wallis 2020 https://t.co/oOAmGokkH1

2021-03-14 14:33:40

"Nightingale's Invisible Respirator." A Catalogue of Surgical Instruments. Arnold and Sons. 1873. p. 191. https://t.co/4iiVDGV9Eb "Metal mouthpiece, inserted into the mouth to impro." Science Museum. CC BY-NC-SA https://t.co/LWenpKHgal https://t.co/rPZLkHfGgT

2021-03-14 14:49:57

「万病療治所」(平井有 蔵、手塚耕一郎 撮影) https://t.co/3tjSYc1PpJ 鈴木琢磨「明治の「呼吸器」から「アベノマスク」まで 世相映すマスクの歩み」『毎日新聞』2021年3月26日、3頁 https://t.co/rijPvJHyFr

2021-04-07 17:02:21

松本市左衛門編『医療器械図譜』1878年、95–96頁。 英式三層護息器、鼻口護息器、ヱフライ氏ノ護息器 https://t.co/45zbks0uxX 傾きを調整しました。 https://t.co/BlFR0l33lA

2021-04-18 21:33:27

内務省衛生局「流行性感冒予防心得」1919年1月 「人の集まっている場所、電車、汽車などの内では必ず呼吸保護器(「レスピレーター」、または「ガーゼマスク」ともいう)を掛け、それでなくは鼻、口を「ハンケチ」手拭いなどで軽く覆いなさい」 https://t.co/FKtEpemr2Y https://t.co/3X8yxWwuQM

2021-04-29 14:07:23

「e国宝」(https://t.co/JbXRxOrd1N)の「絵画」280件(2021年5月1日現在)のうち、鼻口を覆う人が描かれているもの(協力:白石直也さん) 1 一遍上人伝絵巻 巻第七 一遍上人絵伝 法眼円伊筆 鎌倉時代・正安元年(1299) 東京国立博物館 A-10944 https://t.co/gprWWXRPgX https://t.co/6cLmf9L5nE

2021-05-01 18:27:24

2 https://t.co/VoTRMyROGd

紙本著色花下遊楽図 狩野長信筆 6曲1双 紙本着色 各148.6×355.8 安土桃山~江戸時代・17世紀 東京国立博物館 https://t.co/UjncVT6FUh https://t.co/2ABcp3JLvK

2021-05-01 18:29:16

3 洛中洛外図屏風(舟木本) 洛中風俗図 岩佐又兵衛筆 (いわさまたべえ) 6曲1双 紙本金地着色 各162.7×342.4 江戸時代・17世紀 東京国立博物館 A-11168 https://t.co/mrjlwr5bpz https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 18:38:24

4 天狗草紙絵巻 東寺・醍醐寺巻 紙本着色天狗草紙(東寺、醍醐寺、高野山巻及延暦寺巻) (天狗草紙絵巻 のうち) 1巻 紙本着色 29.3×1077.1 鎌倉時代・13世紀 東京国立博物館 A-31-1 https://t.co/TLVro3xQ7B https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 18:48:40

4-2 天狗草紙絵巻 延暦寺巻 紙本着色天狗草紙(東寺、醍醐寺、高野山巻及延暦寺巻) (天狗草紙絵巻 のうち) 1巻 紙本着色 29.6×1510.1 鎌倉時代・13世紀 東京国立博物館 A-31-2 https://t.co/pPia5wuXc6 https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 18:58:23

4-3 天狗草紙絵巻模本 東大寺巻 紙本着色天狗草紙(東寺、醍醐寺、高野山巻及延暦寺巻) (天狗草紙絵巻 のうち) 狩野養信模 (かのうおさのぶ  ) 1巻 紙本着色 江戸時代・文化14年(1817) 東京国立博物館 A-1733-1 https://t.co/67s5lwKbas https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 19:01:02

4-4 ほか 天狗草子絵巻模本 興福寺巻 紙本着色天狗草紙(東寺、醍醐寺、高野山巻及延暦寺巻) (天狗草紙絵巻 のうち) 狩野養信模 (かのうおさのぶ) 1巻 紙本着色 35.5×1209.0 江戸時代・文化14年(1817) 東京国立博物館 A-1733-2 https://t.co/QZzZ1C93Ev https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 19:09:53

5 一遍上人絵伝(遊行上人伝絵巻) (指定名称)紙本著色遊行上人絵伝 2巻 紙本着色 甲巻:34.3×944.2乙巻:34.1×1054.3 鎌倉時代・14世紀 東京国立博物館 A-11795 田中親美氏寄贈 https://t.co/MPwb1ENR3g https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 19:40:08

6 清水寺縁起絵巻 巻下 紙本著色清水寺縁起 (清水寺縁起絵巻 のうち) 土佐光信筆/詞書:三条実香・甘露寺元長ほか筆 (とさみつのぶ さんじょうさねか かんろじもとなが) 1巻 紙本着色 33.9×2183.3 室町時代・永正14年(1517) 東京国立博物館 https://t.co/0mFEWCBoPK https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 19:44:00

7 https://t.co/7bvSmNpuLD

紙本著色月次風俗図 8曲1隻 紙本着色 67.3×41.8 室町時代・16世紀 東京国立博物館 https://t.co/een1pn6Xb2 https://t.co/Y3w4KznPBN

2021-05-01 19:45:16

10 車争図屏風 紙本著色車争図 狩野山楽筆 (かのうさんらく) 4曲1隻 紙本着色 175.7×370.8 江戸時代・17世紀 東京国立博物館 A-10129 https://t.co/EDxtMlUvyM https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 20:01:27

樹下人物図 紙本著色樹下人物図 伝吐魯蕃(中国新疆ウイグル自治区トウルファン)出土 1幅/1巻 絹本着色/紙本墨書 140.0×56.0/29.0×450.9 唐時代・開元4年(716) 東京国立博物館 TA-149 https://t.co/CiZlffVrcz https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 20:04:31

頭部のうち顔の下半分のみを覆っているのはこの方々だけかもしれません。 「少なくとも18世紀以前は、鼻口のみを覆うものはほとんど存在していなかったという可能性がある。」住田朋久「鼻口のみを覆うもの―マスクの歴史と人類学にむけて」『現代思想』2020年5月号、193–4頁 https://t.co/mSEFXRByso

9 旧円満院宸殿障壁画 江戸時代・17世紀 京都国立博物館 https://t.co/ib61NvIn1v https://t.co/n3pId5ZDQl

2021-05-01 20:22:27

1879年以前の「呼吸器」 1862~72の5つの英和辞典にはrespiratorなし。 柴田昌吉(まさよし)・子安峻(こやすたかし)編『附音挿図英和字彙』(1873年、971頁)に登場。 https://t.co/GrV8mSnlWk 『英華字典』(1866–69)を参考にした可能性が高い。 https://t.co/r3u6mgO6Ya https://t.co/T7ich7ZuKe

2021-06-06 16:54:18

〔埼玉県〕宮代町教育委員会『宮代町史 民俗編』宮代町、2003年 「図19 手拭のホッカブリ」 「若い女性は、図19のように手拭二本でホッカブリをし、顔を日焼けから守った。」 https://t.co/tD7q0wThud

2021-06-27 19:53:05

横瀬夜雨編『明治初年の世相』新潮社、1927年、485頁 「此レスピラートル(呼吸保護器)の効用は、肺病または喉の病ある人、常に風をひき易き人、ぜん息たんせきあるいは寒きとき風雨をいとわず旅行する人等…」 (현재환/玄在煥/Hyun Jaehwanより) https://t.co/C446Ke452x https://t.co/ljNvstZY3M

2021-07-04 11:05:09

内藤記念くすりの博物館の稲垣裕美「吸入器とマスク」(2009年)(や企画展「日本人を苦しめた感染症と新型コロナウイルス感染症」)には「レスピトール」と記載されているのですが、ようやく誤りの可能性を指摘できます。 https://t.co/mTY23ExGXr https://t.co/akl4Nfwxmm https://t.co/inkIPDXl99

2021-07-04 11:18:42

稲垣裕美「吸入器とマスク」くすりの博物館(内藤記念くすり博物館)2009年7月3日 https://t.co/dAgnrXGhgs 2021年7月の加筆修正でご紹介いただきました。 https://t.co/VTr0IomLUm

2021-07-20 22:24:08

長崎、1945年9月? https://t.co/0ZMhu7F7as

【なぜ真実は隠蔽されたのか?】 #NHKスペシャル #原爆初動調査 隠された真実 番組まとめ記事を公開しました。 前編▼ https://t.co/Hu4v8dhPxN 後編▼ https://t.co/YgnhXefkxY 再放送は11(水)夜11時31分〜[総合]。 NHKプラスで見逃し配信もしています。 https://t.co/isY7MUvUXT

2021-08-11 23:49:23

ザ・タイマーズ 1989「デイ・ドリーム・ビリーバー」 https://t.co/yCPIrVFuvf https://t.co/upo4a2VP2j https://t.co/iCCMV8ipgD https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-09-02 20:22:23

NHKスペシャル「映像の世紀 11 JAPAN 世界が見た明治・大正・昭和」1996.2.24、46分30秒すぎ、72分30秒すぎ https://t.co/O3X6bz5PZR https://t.co/Heqc7TL0c8 https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-09-08 20:49:06

James F. W. Johnston. Chemistry of Common Life, Vol. 2. Edinburgh: 1854 or 1855. "Dr Stenhouse has recently availed himself of the absorbent property of charcoal in the construction of a respirator . . . ." https://t.co/WRSfgFdi8z https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-09-11 18:40:02

真司騰(James F. W. Johnston)(琴隠・伝蘭雅等訳) 1881『化学衛生論(化學衛生論)』 https://t.co/5Iqm8GCTgz https://t.co/XOt4XZZQzc

2021-09-11 19:03:50

竹中成憲『肺病養生法』三宅正信、1887年 https://t.co/8YGK15WdnB 「呼吸器のこと …口より塵および冷気の肺に入らぬよう一種の呼吸器[レスピラートル]を用うべし。通常の呼吸器はよからず別に調製[こしらえ]すべし。」 「拙者の避塵器(レスピラートルすなわち呼吸器のこと)用法」

2021-09-12 12:15:22

高橋金一郎『通俗看病法』博文館、1893年 https://t.co/zsrOFoIrJR 「レスピラートルという器械を口に当つるは無用なり。散歩中塵の起こるに会えば布にて口と鼻とをおおうえば足れり。」73 https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-09-12 12:54:57

竹中成憲『通俗肺病予防養生法』伊藤庄之助、1895年 https://t.co/Fa3Mdbn3G3 「口より塵よび冷気の肺に入らぬよう呼吸器を用うべし。呼吸器とは口に当てる器械なり。」 https://t.co/Wyw3Of1Jyd

2021-09-12 13:02:23

竹中成憲『通俗肺病予防養生法』半田屋医籍、1899年 https://t.co/Q334IXmIaE 「口より塵よび冷気の肺に入らぬよう呼吸器を用うべし。呼吸器とは英語にてレスピレートルと称し口に当てる器械なり。」 https://t.co/Wyw3Of1Jyd

2021-09-12 13:10:16

竹中成憲『ペスト必携』半田屋医籍、1900年 「肺ペストに対しては…細菌濾過的呼吸器(レスピラートル)をもって口を覆いこれを防御するのほか良策なからむ。医師の用ゆる綿とガーゼ(綿紗)にて布団のごときものを作り口に当てれば足る。」 https://t.co/iQHToQvinO https://t.co/Wyw3Of1Jyd

2021-09-12 15:36:00

コングレーヴ、鈴木券太郎訳『治肺新論』1883 https://t.co/BLKwnGh2xp 「口塞ぎのレスピレートル(訳者いわく我が国目下流行する俗に肺病よけと称する呼吸器)を充用するを可とす」 Congreve 1881 "let a cork (not a metallic) respirator be worn" https://t.co/IH7zLILhoe https://t.co/Wyw3Of1Jyd

2021-09-19 18:09:02

竹中成憲『通俗肺結核予防法』第6版、鳳文堂、1904年 https://t.co/SxbEWG4BQn 「もし求むるとせば中濱博士考案のものよし」 「バクテリア(すなわち肺病虫)」 https://t.co/3cRjoAG0Rp

2021-09-26 18:05:23

竹中成憲『通俗肺結核予防及療法』第7版?、誠文堂、1907年 https://t.co/NsPmshwjbY

竹中成憲『通俗肺結核予防法』第6版、鳳文堂、1904年 https://t.co/SxbEWG4BQn 「もし求むるとせば中濱博士考案のものよし」 「バクテリア(すなわち肺病虫)」 https://t.co/3cRjoAG0Rp

2021-09-26 18:07:40

曉鐘成・山川澄成戯作、天保元人補刪『滑稽道中 伊勢参宮御影まいり』忠雅堂、1890年(初版1830年ころ) 鹿高(三重県名張市) 「こんなときに鹿のやの鼻ぶくろを持っていたら大当たりじゃのに」「かねて用意の鼻袋」81 https://t.co/jKVB0n0IxT https://t.co/yijRV9nBI8 https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-10-08 16:58:40

鼻袋「公家衆廁などそのほか臭穢をさけんがために紫縮緬〔ちりめん〕などにてこしらい紐を両耳にかけて鼻をに覆う袋なり」 村田了阿編、井上賴圀・近藤瓶城増補『俚言集覧 下 に―を』皇典講究所印刷部、1900年(成立1797年ころ) https://t.co/J0H5WVaHDL https://t.co/eMldjvYKkY

2021-10-08 17:00:28

保科貞次『空襲!』1931年 https://t.co/Nhu6QgdQgw 「毒ガスは防毒面〔マスク〕を装着することにより、これを防ぐことができるが、皮膚がただれるガスに対しては、防毒面、防毒衣袴、ゴム長靴および同手袋を装着し、さらし粉等を利用し、これを消毒しなければならぬ。」 https://t.co/xOMOIbSLEP

2021-10-10 20:55:46

帝国国防協会『国防叢書1 日本の防空はどうする』 帝国国防協会出版部、1932年 https://t.co/yAUO1weF3p 軍用防毒面 毒ガス防毒衣 防毒衣 防毒救護班の臨時救急所 毒ガス消毒隊 https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-10-10 21:04:51

帝国国防協会『国防叢書 日本の防空はどうする』 帝国国防協会出版部、1932年 https://t.co/084iThbzJp https://t.co/XGzBeHaHBG 防毒面 防毒具をつけて並んだ婦人たち(米国) https://t.co/3qWXAJ1XSR

2021-10-10 21:09:25

海野十三『爆撃下の帝都 : 防空小説 空襲葬送曲』1932年 「お父さんのお誕生祝いにあげようと思って、ホラこれ! これをあげますよ。」…「一体、これは何だい。」「それは、ガスマスクですよ。毒ガスよけに使うマスクなんです。」 https://t.co/DPptgo2xnq https://t.co/HOSDb1l7R0

2021-10-14 20:25:42

日本女子大学附属豊明小学校 豊明小学校保健食(昭和13年) 1938年(昭和13年)「保健食の開始(母親たちの手作り給食)」 「小学校の歴史」 https://t.co/2FtbxPvtV8 https://t.co/NeRwjkSnMY

2021-10-14 22:37:32

寿印ユーカリ吸入マスク 東京TU商会 ユーカリ液吸入器兼用マスク 寿印ユーカリガス発生器付き吸入マスク https://t.co/n5YNRJCASB https://t.co/7NNk21B0YL 岩尾薬舗日本丸館(大分県日田市) https://t.co/Br7e3PixUH

2021-10-15 17:00:30

1948年、広島の雨の日 Children wearing masks to protect themselves from radiation in the city of Hiroshima in 1948 after the US nuclear bombing of the city during World War II, STF/AFP https://t.co/2gDBmqNle7 https://t.co/RjvhNBszjo

2021-10-15 21:17:21

『写真週報』36号(1938年10月19日) 明治キャラメル おやおや涙が出てきたぞ。さては毒ガスだな。 毒ガスマスクをつけなくちゃ。 これはちょっとぼくに大きすぎるかな。 うへっ。怪物あるな。突撃っ! ぼくのことをおばけだと思ってみんな逃げちゃった。… https://t.co/YMxNJgeJap

『写真週報』創刊号(1938年2月16日)から最終号の374・375合併号(1945年7月11日)を確認。 女学校では1938年の時点で軍部のために傷病兵士の白衣や肩章など多数軍用品を縫製しておりマスク着用が見られます。国民学校では給食マスクが登場します。 https://t.co/SLpJIjYgKo https://t.co/NeRwjkSnMY

2021-10-16 18:38:20

朝日新聞「空襲1945」 https://t.co/6hLZk1USX4 1945年3月10日 陸軍記念日 https://t.co/CAqKa4KGOM 1943年7月 三重県 https://t.co/zaRb7mbE5e 1944年3月 名古屋市 庄内川 防空用の砂を採集 https://t.co/mKESq3GKBe 1945年3月 丸栄百貨店〔?〕 https://t.co/bxREDAihCK https://t.co/6F9QanA2j7

2021-10-31 20:19:32

朝日新聞「空襲1945」 https://t.co/w6xnXlLI3X 1942年 福井市 https://t.co/gpS7dUiKob 1938年4月 福井 防空展 https://t.co/U0LBOIBQzv 1936年9月20日 大阪市電気局九条工場工作班 https://t.co/NYW2b3v32g 1941年12月 大阪市 阪急乗り場 https://t.co/c0ZtPntY1T

2021-10-31 21:08:15

朝日新聞「空襲1945」 https://t.co/w6xnXlLI3X 1942年11月 大阪市淀川区成小路国民学校 https://t.co/dX1d349XzP 1936年9月 神戸市 https://t.co/NuK0Af5rce 1936年9月 兵庫県 セロハン蚊帳 防毒マスク https://t.co/zszfKd0mQK 1945年3月19日 神戸市羽坂通1丁目 https://t.co/rIQDKX8r3u

2021-10-31 21:13:17

朝日新聞「空襲1945」 https://t.co/w6xnXlLI3X 1945年3月 元町4丁目 風月堂 神戸 https://t.co/Yr2xPwL6a3 1936年9月ごろ 岡山県津山市 国防婦人会 https://t.co/6NFcG0xduR 1936年7月 高松高等女学校 https://t.co/xEB0E5vj5n 1943年3月 高松市 防火演習 https://t.co/crUEue7guw

2021-10-31 21:14:38

朝日新聞「空襲1945」 https://t.co/w6xnXlLI3X 1938年7月 四国 手作り防毒マスク https://t.co/FrZPhxBZmX 1944年3月 福岡県小倉市 富重安雄撮影 https://t.co/Q6bpNiRShr 1944年2月 福岡市 富重安雄撮影 https://t.co/wcYVn25KGM 300枚中27枚 https://t.co/6F9QanA2j7

2021-10-31 21:31:24

宗快「如法経現修作法」1236年 「諸衆同時覆面含香」T2730.84.0893c23 『大正新修大蔵経』84巻、892頁a段から896頁c段 T2730.84.892a–826c https://t.co/jbJFNbdlze Lowe 2017 Ritualized Writing, 46n https://t.co/EuEFtIqQvU https://t.co/70SFuVawFr

2021-11-03 16:29:17

『法然上人行状絵図』14世紀前半、第9巻第3図 如法経供養、1188年9月11日 『法然上人行状絵図2』1924 https://t.co/P6ZQfHJ11s https://t.co/70SFuVawFr

2021-11-03 18:58:49

岡田清編、山野峻峯斎画『厳島図会7』(『厳島実物図会2』)1842 「平家の諸卿経 巻書写の図」「平家納経」1164年9月 https://t.co/9Gvn84Mnpw https://t.co/ySWeCCxeYh https://t.co/75FATQCfNo 7頁 https://t.co/Vbw3QclUys

2021-11-03 19:11:19

山崎光子 1986「きまゝ頭巾とタナかぶり:江戸期の覆面と東北日本海沿岸の覆面」『生活文化史』9 https://t.co/GxpXF0s3Nd https://t.co/b5xi6IGCjf 山崎光子 1984「覆面頭巾ともこも:江戸の覆面と東北日本海沿岸の覆面」『生活文化史』5 守屋磐村、山崎編『覆面考料』1979 https://t.co/BrHIUZzLor

2021-11-03 19:32:58

「その御用の命あれば、これを御汲湯と称え、二七戸の湯戸の主人、各自覆面をあて、長柄の柄杓をもって、新調の檜桶ふ、大湯の熱泉を汲み入れ」斎藤要人 1897『熱海錦嚢』33 高柳友彦 2006 https://t.co/NI8xBvbNft 画:江崎孝坪(1904~1963)「七人の侍」衣装考証 https://t.co/dASVyMNqqZ

2021-11-05 22:28:49

『法然上人行状絵図』14世紀前半、第9巻第3図 如法経供養、1188年9月11日 小松茂美編『法然上人絵伝 上』1990年、80頁 「各自、口には白紙を切った口覆いを当てて、写経に不浄の息のかかるのを避けている。」 https://t.co/4MJhdAiUCC https://t.co/70SFuVawFr

2021-11-06 10:36:49

福原敏男 1993「神事芸能の細男(せいのう)について」『国立歴史民俗博物館研究報告』 https://t.co/srm8mInfHF 『年中行事絵巻』巻9「祇園御霊会」12世紀後半 『転害会図絵』1776写、中世 『栄華物語』24巻「若枝」1030ころ 「御霊会の細男の手のごいして、かほかくしたる」 https://t.co/8Tb97CfonJ

2021-11-07 13:24:48

『転害会図絵』1776写、文明以降中世(手向山八幡宮所蔵) 「東大寺八幡宮転害会図絵」 正日「細男」 https://t.co/pukb0hpPcG 三日「細男衆」「細男舞有之」 https://t.co/DC6iznswP0 https://t.co/ztHzT4YMv9 https://t.co/QbCTbi9NNZ

2021-11-07 13:38:34

『朝日新聞』1944年3月8日、3頁 「お炊事も私達で 模範給食、作る歓びに皆健康」 「楽しいお弁当をつくる学童たち==豊明校にて」 日本女子大学附属豊明初等学校 「頭には手拭い、マスクも凛々しく」「一心にお弁当箱をつめる」 1938年1月から保健食 1944年2月から女生徒も https://t.co/NeRwjkSnMY

『写真週報』321号(1944年5月17日) 「ヨイコの姉さんが給食の賄い」日本女子大附属豊昭〔明〕国民学校 https://t.co/UXppKAT40s

2021-11-09 21:16:40

「1952年 ガス制限下の学校給食」1952年12月4日 東京都文京区立昭和小学校 「炭鉱ストのあおりを受けガスの使用制限が行われ、給食もなるべく火を通さない献立となった」 朝日新聞フォトアーカイブ https://t.co/yPcvxY3FQf https://t.co/XuOvyUJLPc

2021-11-10 20:36:41

谷川徹三「マスクの社会学」『婦人公論』1938年3月号 「二三年前も駐日外交団の仮装舞踏会の写真を見たところ、日本の男の子と女の子とに扮したのはちゃんとマスクをつけていた」 「このマスクが現在の日本の文化の性質をいろいろな意味で象徴しているところがないでもない」 https://t.co/BrHIUZzLor

日本におけるマスク 1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」 宮武外骨 1925–1926『文明開化2 廣告篇』半狂堂、69頁にも掲載。原出典不明。 https://t.co/WRsLfy9qUl https://t.co/6cLmfa2Gfc

2021-11-18 20:23:59

谷川徹三「マスクの社会学」『婦人公論』1938年3月号、76–79頁 「現代のわれわれにマスクが必要であるとしても、それを必要とするのは文化的科学的日本の何かの欠陥を意味するものであることを、われわれは肝に銘じていなければならない。」79 https://t.co/y1CWDsCunx

谷川徹三「マスクの社会学」『婦人公論』1938年3月号 「二三年前も駐日外交団の仮装舞踏会の写真を見たところ、日本の男の子と女の子とに扮したのはちゃんとマスクをつけていた」 「このマスクが現在の日本の文化の性質をいろいろな意味で象徴しているところがないでもない」 https://t.co/BrHIUZzLor

2021-11-18 20:24:38

日本女子大学校附属豊明初等学校 楽しい学校のお食事 三橋美知子・橋本享子 『少女倶楽部』1944年6月号、24–27頁 「私たちはかっぽう着をまとい、手ぬぐいを頭にかぶりマスクをかけてお炊事場へ急ぎました。給食のお手伝いをする時間だからです。」 https://t.co/WEORtHsjrk https://t.co/NeRwjkSnMY

2021-11-18 20:25:20

『東京絵入新聞』1880年11月24日、4頁 「肺病またはのどの病いある人、常に風邪をひきやすき人、ぜんそく、痰、咳、あるいは寒きとき風雨をいとわず旅行する人、船中または諸製造所において薬気を吸入するか風塵〔ごみ〕の中にて業を営む人等」 本家 岳陽堂 平尾賛平製 https://t.co/mx1RdYAkd9

石井研堂「マスクの始」『増補改訂 明治事物起原 下』春陽堂、1944年、1175–1176頁。 「松本軍医総監」が登場しますが、松本良順(順)の著作ではマスクについての言及を見つけることができていないので、ほかの多くの広告と同じく名前を貸した程度ではないかと考えています。 https://t.co/W2l1vjL1KM

2021-11-18 20:25:55

斎藤要人「御汲湯」『熱海錦嚢』芹沢政吉、1897年、32–33頁 「この時〔1626年〕より、毎年数回、時を期して江戸城なる本丸西丸の両城に、この霊泉を取り寄せしめ、公浴の料にあて、熱海の湯戸等をして、献湯せしめたり。」32 https://t.co/aKXqHNawld

「その御用の命あれば、これを御汲湯と称え、二七戸の湯戸の主人、各自覆面をあて、長柄の柄杓をもって、新調の檜桶ふ、大湯の熱泉を汲み入れ」斎藤要人 1897『熱海錦嚢』33 高柳友彦 2006 https://t.co/NI8xBvbNft 画:江崎孝坪(1904~1963)「七人の侍」衣装考証 https://t.co/dASVyMNqqZ

2021-11-18 21:11:20

丹羽文雄「家庭の秘密」228『都新聞』1940年1月28日、8頁 「街を歩く人は、半分以上は、不格好なマスクをつけていた。が、日本髪で、洒落た広襟のコートをつけて、黒いマスクをかけている格好は、ひとごとながらあまりいい図ではなかった。」 https://t.co/hWLEJSe9T0

『写真週報』251号(1942年12月16日) 「ここに貯蓄の余裕あり 十二月の目標五十億円」 「今時、随分珍らしい、だがカメラが〓実に捉えた該当風景です。こんな人にアメリカに行ってもらいましょう」 https://t.co/2bgWEexjIP

2021-11-18 21:38:56

有本邦太郞「共同炊事所雜感」『科学画報』1938年7月号、148–151頁 「飯はいちいちこのように目方をはかって供給する」151頁 「最も特色のあるものは、岐阜市金城遊郭の金城組合共同炊事場と、岡山市専門店会の共同炊事組合であります。」150頁 https://t.co/BPAfov0Q7t

吾嬬栄養食共同炊事場の作業風景 出典=厚生省労働局労働課/協調会産業福利部編『工場食の改善と工場栄養食共同炊事場』(1938[昭和13年]) 須崎文代 2020「共同キッチンの先駆者たち」 https://t.co/U4Hk7BF7Xz

2021-11-18 22:36:36

『写真週報』122号(1940年6月26日) 荷見秋次郞「学校給食の話」 https://t.co/08oICBB2HP https://t.co/YMxNJgeJap

2021-11-21 12:58:46

加納諸平・神野易興編『紀伊国名所図会 後編 巻之一 若山補遺』平井五牸堂、1851年、ホ13裏、14表。 https://t.co/jByALP35Va https://t.co/XbiYYZaXmS

2021-11-21 17:58:16

「ペスト予防具」 衛生呼吸器 奥村済世館 「紡績、製薬、肺患、狩猟、伝染病流行の際、等に用いて奇効最も著し」 15~70銭 『大阪朝日新聞』1900年1月14日4頁 (「製菓」でなく「製薬」でした) https://t.co/b0NI8aoEUS

「ペスト予防具」 衛生呼吸器 奥村済世館 「紡績、製菓、肺患、狩猟、伝染病流行の際、等に用いて奇効最も著し」 15~70銭 『大阪朝日新聞』1900年1月14日4頁 川村グループのルーツ(川村義肢) https://t.co/B4hh47ADV9 三宅速はミクリッツのもとに留学 https://t.co/TrwEhnwZjz

2021-11-28 11:33:24

1946年7月18日 日本ニュース 戦後編 第27号 https://t.co/RBqAt1M9SD 「…世田谷の梅が丘国民学校です。農家からの厚意のトコイモ。父兄持ち寄りのわずかばかりのメリケン粉。学童が採ってきた雑草。それらを上級生が自分たちの手でお料理し、配給までも順番に秩序整然。」 https://t.co/Ms0rP41FnI

2021-11-30 20:09:39

NHKスペシャル「新・ドキュメント太平洋戦争 ~1941開戦 前編~」2021年12月4日 https://t.co/QPMM84O83X 34分ころ、38分ころ、46分ころ、2分ころ https://t.co/mwc0953sRC

2021-12-05 22:41:33

『東京朝日新聞』1920年1月21日、5頁 「流感治療用酸素を買う群衆―昨夜11時三十堀通り所見」 https://t.co/Z1KLagiEFP

『読売新聞』1920年1月20日、4頁 「マスクを作る若き婦人/戸板裁縫女学校の裁縫室にて」

2021-12-17 14:26:35

『福岡日日新聞』1918年11月8日 福岡県知事 谷口留五郎 「他人と談話をなすときは、かならず四尺以上を隔て、またはマスケ〔マスク〕(鼻口覆い)を用い…」 西日本新聞 2020年3月10日 https://t.co/pFWQI2R8if 速水融 2006 https://t.co/BCTxhblzat https://t.co/Gdxxnmnjkn

2021-12-17 17:42:35

豊明小学校 保健食1938年2月16日~、学校給食1944年4月~ 1944年2月1日「勤労愛母の会を助長し、母の労務を少しでもたすけるという趣旨のもとに、4年以上の児童が当番制で保健室、調理室で働くこととなり…」101 『日本女子大学附属豊明小学校沿革史 資料』1967年 https://t.co/XuOvyUsINc

『朝日新聞』1944年3月8日、3頁 「お炊事も私達で 模範給食、作る歓びに皆健康」 「楽しいお弁当をつくる学童たち==豊明校にて」 日本女子大学附属豊明初等学校 「頭には手拭い、マスクも凛々しく」「一心にお弁当箱をつめる」 1938年1月から保健食 1944年2月から女生徒も https://t.co/NeRwjkSnMY

2021-12-17 21:27:13

いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」、『郵便報知新聞』1879年2月14日、8頁 https://t.co/T7ich7IrIe

いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」1879年2月 https://t.co/WRsLfy9qUl https://t.co/BrHIUZzLor

2021-12-17 21:34:19

旧嵯峨御所大本山大覚寺「観月の夕べ」 Full Moon Festival 「嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった」 https://t.co/jUw0WlS0qK https://t.co/xCDq4xXGRl お供え物を運ぶ巫女が覆面を使用。 https://t.co/NygL8oHKke

2021-12-23 22:26:52

「うまれつき よわきはあれども 心から 身(み)をよわくする 人ぞかなしき」 虚弱 年人女史 大日本私立衛生会「衛生寿護禄(すごろく)」青木半右衛門編、石川恒和出版、1884年 https://t.co/ijxxaydWVd https://t.co/J8itsDb7cG https://t.co/uPWiA54qQ0

2022-02-19 19:03:33

太田孝之(こうし)編『育児保健図譜』保健衛生奨励会、1930年 「第50図 感冒流行の際の授乳の注意」 「昔は、感冒は万病の源と言い習わしたが、乳児の感冒も決して油断ができぬ。感冒流行の際はもちろん、乳児に接近する人々は特別に注意を払うこと最も緊要である。」 https://t.co/TyUYccwe4K

次の企画展でお披露目する資料からまず1つ。『育児保健図譜』という昭和5年の育児書に掲載された植物図です。なかなか淡い色使いがきれいなのですが、さてどんな #植物 でしょうか? 正解は次のツイで。 #文化遺産 #横浜歴博 #すくすく展 http://t.co/x6RoCcmprc

2022-03-06 16:28:25

太田孝之 1925『育児の実際』婦女界社 https://t.co/dBO8vEJ0o9 「乳児を直接に取り扱う母や、その他の家族に感冒にかかった人があるならば、哺乳させたり乳児を抱いたりする際には、マスクをかけることが大切です。」 https://t.co/3doAenU5qS

2022-03-06 17:19:28

安全呼吸器 盛林堂薬舗 佐野半兵衛 中濱東一郎 消毒自在 『人民』1902年1月1日 金属 覆布 浮塵 寒冷 呼吸器系病 織工 石工 炭砿 紡績 綿打 煙草 石灰 自他ともに病毒の吸入飛散を防ぐ 林丈二 2016『文明開化がやって来た』 https://t.co/NsPmshOsq6 https://t.co/hTEbRD3TR5

竹中成憲『通俗肺結核予防法』第6版、鳳文堂、1904年 https://t.co/SxbEWG4BQn 「もし求むるとせば中濱博士考案のものよし」 「バクテリア(すなわち肺病虫)」 https://t.co/3cRjoAG0Rp

2022-03-12 12:33:20