「現代ビジネスさんに寄稿させていただきました。前回からさらに掘り下げ、日常的な感情である「嫌悪感 / …」EvoPsyのスレッド

2503892020-02-29 09:40:08

現代ビジネスさんに寄稿させていただきました。前回からさらに掘り下げ、日常的な感情である「嫌悪感 / キモい」が生む社会の亀裂を考える記事です。よろしくお願いします。 >「キモい」がいじめっ子と差別主義者の口グセになった「根深い原因」 @gendai_biz https://t.co/RcyRv7BgFg #現代ビジネス

2020-02-29 09:40:08

@gendai_biz 人間がだれかを「イジメたい」とか「差別したい」と思うならば、実態はどうあれ、「あいつらは病原菌やウイルスをもっている!」と叫ぶこと、すなわち防疫のために進化した"回避&排除"を実行する生物学的直観に訴えかけることが一番効果的な手法となる。

2020-02-29 13:07:51

@gendai_biz 生物が有している自然な心理のデザインを人為的にハッキングして、迫害やパニックやいじめを起こすことが可能な「知性」は、サピエンスという種に独特のものと言えるかもしれません。

2020-02-29 13:11:01

@gendai_biz イジメの加害者とサイコパス(精神病質者)の関連は度々指摘されているが、共感の研究者が指摘するように、情動的共感(例: 他者が感じている痛みを自分も感じること)と認知的共感(例: 他者が痛みを感じているだろうと読み取ること)は別物だ。

2020-02-29 13:14:07

サイコパスの犯罪者はあきらかに他人の心のロジックを理解して操作する力に長けており(Keysers & Gazzola 2014) 、であるからこそ彼らは「その人が痛みを感じるであろうこと」を鋭く見抜き、心理的な急所に"効果的な"攻撃を加えることができる。

2020-02-29 13:14:07

ただし、その際にサイコパスの人々にはエンパシー(=情動的共感, 他者と感情的な経験を共有すること)が伴わない。また、記事内でもふれたとおり、「キモい」という感情の喚起にはエンパシーを無効化する作用がある。端的に言えば、誰もがサイコパスになる。

2020-02-29 13:14:07

「キモい」の効果を悪用してイジメや差別や迫害を生みだす者たちは、人間の心のはたらきをよく理解しており、大衆心理を意図的に掌握・操作する術に優れている。

2020-02-29 13:15:03

イジメでは、被害者よりも加害者の方が社会的な能力(=ここでは、周囲を巻き込んで支持や協力を勝ちとり、悪を制裁する善人の側に立つ力)が高い場合も少なくない。

2020-02-29 13:15:04

それに対抗せんとするわれわれが努めるべきは、自分の心とはようするに自然選択によってデザインされた生物学的な装置であり、その "設計図" の様相を知る者からは容易にハッキングされてしまい得る、ということをしかと自覚すること。

2020-02-29 13:15:04

人間の脳では、デフォルトでは未だ先史時代とほぼ同じバージョンのソフトウェアが利用されている。しかし21世紀の科学的知見から得られた新しい情報をインプットすることで、「こういった類のウイルスには気をつけろ」と警戒を促すことができる。

2020-02-29 13:17:21

記事中でもふれたが、われわれが真に警戒すべきは、扇動者たちがわれわれの脳内に植えつけてやろうとたくらむ〈アイツらは "キモい" アラームの警戒対象である〉という"情報"の方だ。

2020-02-29 13:17:22

ことばは、他者の脳内に侵入し、ミームとして寄生し、その認知を乗っ取ってやろうというふうに機能する。われわれサピエンスは、ことばによる心理操作にこそ警戒すべき。

2020-02-29 13:17:22

そもそも進化心理学の定説によれば、他人の心のなかに都合よく情報を植え付けたり、宣伝することを可能にする為に(当初)進化したツールこそが言語なのだ。

2020-02-29 13:18:27

動物界のコミュニケーションというものは往々にして真実の情報だけを伝え合うものではなく、社会的な競争戦略が背景にある。われわれホモ・サピエンスもその例に漏れず、日常会話はどちらかと言えば情報交換ではなく社交(戦術)のために交わされている(その生物学的な目的性を意識することはないが)。

2020-02-29 13:19:23

現在のところ、ことばは、聞く側よりも話す側に有利なようにサイコロが細工されている。そのためことばを話す者は、自らを取り巻く世界を現実とは違った姿に描き、聞き手に信じさせることができる(これは神話、宗教、そして歴史家ハラリが「虚構」と呼ぶものすべてが人間社会で成立する理由)。

2020-02-29 13:19:59

その意味で、人間は幻想を拡大する。都合のいい筋書きで綴られた物語(ナラティブ)を社会に広める。「アイツらは"キモい"の警戒対象である」という物語が急速に社会に広まる。

2020-02-29 13:21:03

"気持ちがいい" 社会は、キモい人間の隠れた排除によって成立しているのかもしれない。

2020-02-29 13:22:35
シェア

進化心理学(EP)「遺伝子とは、無意識のうちに私たちを動かすものなのだと頭に入れておいてほしい」by ロバート=ライト.心の働きは母なる進化に設計されている.サピエンスの行動を隠された生物学的動機から解明する.▼note「エボサイマガジン」講談社「現代ビジネス」に寄稿。All tweets are hypotheses

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

個人的嫌悪を社会的排除へ接続する「キモい」という言葉…なぜ「キモい」の合唱は正義の響きさえ帯びるのかを解き明かすOreChang(@selfcomestomine)さんの論考。今回も圧巻です。【「キモい」がいじめっ子と差別主義者の口グセになった「根深い原因」】https://t.co/UfOlVThPRz

Rootport💰🧮💰 @rootport
1706192022-07-19 17:30:54

リン・ハント『人権を創造する』、めちゃくちゃ面白かった。「人権という概念はなぜ生まれたのか?」という問いに答えるためには「18世紀半ばになぜ身体刑や拷問が急減したのか?」という疑問に向き合わなければならず、ミシェル・フーコー『監獄の誕生』のアナザー・ストーリーみたいな感じになる。

#201812ns 「新・人類学 第1部 人間性の起源 意識を持つのは人間だけか」S.ブラックモア(英プリマス大学)。人間以外の動物でも苦痛を感じることを示唆する証拠が得られている。だが、彼らに意識があるかどうかに関する科学的見解は一致していない。

当時ニューギニア現地の ズグロモリモズですが1990年代に 世界初の毒鳥とわかりました。 科学者が捕獲中に負った傷を 舐めて消毒してたら 「こいつは刺激的だあぁ!」となって 羽を引っこ抜いて舐めたら 「こいつは毒に違いねぇ!」となって 発表しました。 なおフグの4倍の毒です。 調査員。

介護もそうだけど、俺たちは介護できないからと先に家を出た者、大変なのを分かっていて見て見ぬ振りをした者、勝手に押し付けた者は罪に問われず、逃げられなかった者が罪を一身に背負う事になる。 セックスで、自分が妊娠するという逃げられない状況に追い込まれるのは、女の側だけ。 男は逃げ得。 https://t.co/zSziUndMtz

『見込み客の”買う気スイッチ”をパチンとONにして、他者ではなく「あなたの商品が欲しい」と懇願される”心理プロセスマーケティング”』 を完全解説します 毎日リスト集客してるけど ◆収益に繋がらない ◆成長実感のない作業地獄が辛い ◆少額0→1突破後の道のりが不明 とお悩みの方は必見かと ↓

いや、ホモフォビアでもミソジニーでもただの嫌悪感情なんですよ。感情です、心の中です。それで「おまえは病気だから今すぐ美術館から出て行け」とか、内心の自由の侵害じゃないですか。 事前に被害が予測できるからと排撃していいとか、どんだけ恐怖国家をもとめているのだろうか https://t.co/10teMrxISL

ジークムント·フロイトは〝無意識の発見者〟と呼ばれる。彼は以下のように書いている:「心は進化の最も自然な結果であり、その大半は意識がなく、内面のもので、外には出ない。それが知られるようになったのは、意識という狭い窓のおかげだ」と。

「差別者」「ヘイター」などの、私の感覚からすると「かなり強い言葉」を気軽に使う「反差別」に人達の言動にずっと違和感を持っていたのですが、このTWで言及されてる現象が感覚的に完全に一致しています。 存在しないステレオタイプの構築と、それへの恐怖や憎悪、そして糾弾。現実感の欠落。 https://t.co/RXimtvZxxa

【5/17】連投ツイートです💪 今回は『不安のコントロールの仕方』のついて。 ビジネスを始めると、不安が沢山でてくると思います。 たとえば、 ・家族や友達にバカにされないか不安 ・本当に自分にできるか不安 ・売上が減ってきて不安 ・お客さんに満足していただけるか不安 (続く)

尾上正人 @9w9w9w92
002022-03-31 05:29:33

Lopreato, Joseph and Timothy Crippen.(1999→2002) Crisis in Sociology: The Need for Darwin, Transaction.

山川冬樹 @yamakawafuyuki
3378114362022-06-02 22:26:01

美大で指導していると作品で「人を傷つけたくない」とか、「不快感を感じさせたくない」と、自由な表現を自己検閲する学生が年々増えていて考えさせられてしまいます。

「凶器としてのリベラル」って概念が、今後はどんどん増えてきそうでムズイよね…って話をした。「攻撃的・他罰的な人も、相手を殴るときの武器としてリベラルの文法を採用する」という現象。リベラルが悪くなるんじゃなくて、悪い人もリベラルを採用するというカオス。

丹羽薫ちゃん @NIWA_KAORU
981522022-03-18 22:37:52

悪に対するしつこい好奇心 ~サルトルで読み解く社会学ジェンダー論の最大のバグとはなにか?~|丹羽薫ちゃん @NIWA_KAORU #note https://t.co/vf22NGacVD 社会学者が、キモオタを叩きたいけど、彼らの中のキモオタ像が20~30年前からアップデートされてないのは何故なのか――書きました。

Rootport 𝄇 @rootport
6082228762020-12-29 12:58:06

政治家が会食をやめられないのは、焚火を囲んで肉を焼いていた石器時代から「仲間とメシを食うこと」が関係構築の基本であり、権力の源泉だから。たとえば多くの宗教で食の禁忌があるのは、若者が異教徒と仲良くなり改宗するのを防ぐためだったのではないかと、進化心理学者S.ピンカーは言っている。

心療内科に通ってて、 「はぇーなるほど🤔」ってなったのが "毒親でも貧乏でも虐待でも何でも良いんですけど、幼少期なりに『何かしらの(世間的に見て)不幸』と思われる体験なり生活を耐えてきた人は、他人に対してキレやすい" って話。(続く)

この事例は、普通に「男性差別」ではありますが、過去に自分や周囲の人々が被害を受けたり、受けた話を聞いている場合において、一定の警戒や嫌悪の「感情」を覚えることまでは否定できないし、否定すべきでもない、というだけの話です。 https://t.co/qTPrzJDJqh

病理医ヤンデル @Dr_yandel
155963132022-07-15 11:07:07

これから、反ワクチン的な人びとの話を連ツイしようと思うのだが、冒頭で少し「重い」例をあげることをお許し頂きたい。これを例えに使うくらいには重い話だということであり、決して例示した内容を軽く考えているわけではない。

「ストレスとレジリエンス(回復力)を専門とする」🇺🇸米医師、戦時のトラウマを美化する危険性を指摘。戦時下の人々は極限の状態の中で「自分は大丈夫」と言い聞かせ、それに伴う脳内物質の大量分泌により鈍麻状態に陥るが、危険なのはその後で、抑え込んでいたトラウマが津波のように襲ってくると。 https://t.co/vr8Wa97Ydq

身体からの感覚は常に感じられるものだ。 ほとんどの感情、いや、ひょっとするとすべての感情の背後には、そういった体の中の感覚が存在していると言えるだろう。 身体から受ける最も基本的な感じは、体の状態をいろいろと反映している。