「さてぼちぼちやれる分はやってしまおうかイギリスのメシマズを語るにはまず大前提として、・18世紀半ば、…」めがざらのスレッド

6,7051.2万2020-01-20 21:26:50

さてぼちぼちやれる分はやってしまおうか イギリスのメシマズを語るにはまず大前提として、 ・18世紀半ば、産業革命以前のイギリスは、食文化豊かとは言えないまでも必ずしもメシマズではなかった ・我が国は食に関して極めて恵まれた風土であり、一概に比較するのは間違い というのを抑えておきたい https://t.co/J0Psl5Azau

この辺、あまりに面白いんで色々調べたんだけど、スマホから語れる分量じゃないのでおうち帰ったらまとめます 前にも長文ツイートしたけど見つかんねえや https://t.co/F44AKDAXSL

2020-01-20 21:26:50

イングランド島を含むあの辺のブリテン諸島郡は、くくりで言えば日本と同じく「農業国」である ただし、彼の国の土地自体はひどく痩せているというほどでもないものの、非常に冷涼な気候であり、その比率は、田畑よりも畜産の比重が極めて大きい (そも農産物は我が国が恵まれすぎているのです)

2020-01-20 21:32:45

もともと作物の種類がさほど豊富ではなく、特に葉物野菜の数は非常に少ない 代わりに、穀物、つまりムギ類が非常に育ちやすい土地柄です(米は亜熱帯性の作物なので除外) これにより、古来、あの一帯では穀物生産と畜産が盛んであったのはみなさんご存知かと思います

2020-01-20 21:36:03

さて 古来より畜産主体とは言え農業の盛んだったイギリス 地方部においては、素朴ではありますが、土地土地の特色ある田舎料理がそれなりに豊富に存在していました 例えば、牛肉を数種のハーブなどと煮込んだスープなどがありますし、原始的な各種のパイなどもありました

2020-01-20 21:42:17

元来、食材の豊かさがさほどではないとはいえ、それでも農業と人の生活がそこにある以上、相応に食文化は発達していたのです ハレの日にふるまわれる料理などもきちんと存在しており、この辺は近代の研究で復活したりもしてるようなので、 興味のある方は調べてみるのも一興かと思います

2020-01-20 21:46:42

さて それまで極めて牧歌的に発展してきた(ぶっちゃけて言えば欧州のド田舎だった)イギリスに、18世紀半ば、急激な発展の波が押し寄せるわけです 蒸気機関の発達による急速な産業の機械化と、それに伴う大規模な工場化―イギリスを一気に大国化させた要因の一つ、産業革命です ですが…

2020-01-20 21:48:55

これこそが、そもそもさほど豊かではなかったイギリスの食文化に致命的な大打撃を与え、いまに至るも「あの国は世界で一番飯が不味い」「美味いものを食いたければマク〇ナル〇に入れ」などと言われるほどの悪評を生んだ大きな要因となるのです

2020-01-20 21:50:13

急激な機械化による各種産業(主に紡績など)の高効率化によって、その生産速度と生産量は爆発的に上がりました それに伴って必要となってくるのは、そう、人手です しかし、当時の急激な業務拡大に伴う必要人数を、都市部だけで賄うのは不可能でした 当然、その分は地方の農村から引っ張りますね?

2020-01-20 21:53:26

当時の農村は現金収入に乏しく、物々交換もまだまだ主力という状態でした それは必ずしも悪くはなく、足りないものを補い合うことでコミュニティを持続させる文化があったわけです ―が。 良い生活をしたいのは人の常、金が欲しいのも人の常 そして、都会での生活に夢を見るのもまた、人の常でした

2020-01-20 21:55:54

当然ながら、「ロンドンで働くことができる」「現金収入になる」というのは当時の農村部において非常に魅力的であり、多くの若者が農村を離れ、ロンドンへと赴きます また、現金収入を望み、子供を送り出す親もいました 当時は児童労働に関する条約も労基法もクソもないですからね

2020-01-20 21:58:42

まずここで第一のダメージが発生します これにより過疎化した農村では働き手が減り、また、人口の減少によって祝祭なども縮小されていきます 加えて、料理を伝えるべき次の世代も村から消えてしまっているわけです (当時は女性も女工で働きに出ましたし)

2020-01-20 22:01:04

これによってまず、「農村部における伝統的な料理」の消失が次々と起こりました もちろん、完全に失伝したわけではないのですが、人が少なくなれば、当然ながら食も貧しくなっていくものです 多くの人が楽しむために、食文化は豊かになっていく一面がありますから

2020-01-20 22:03:24

さて、では夢を見て都会の工場へ働きに出た方々の境遇はと申しますと 端的に申し上げて クソ であったということは、多くを語る必要もないと思います 児童労働、長時間労働、劣悪な労働環境、安い賃金…並べればキリがありません ついでに、当時のロンドンは衛生環境も劣悪でしたし まあクソオブクソ

2020-01-20 22:06:25

で、そういう労働環境が何を生むかというと、これは現代社会にも通じるものですが、 「余裕のない労働環境は、食の貧困化を招く」のです 特に、今よりも遥かに労働者の人命が軽く、人権も何もない時代、その傾向は極めて顕著でした つまりはこうです

2020-01-20 22:08:33

まず、調理する環境が無い 労働者の寝泊まりする場所は、今で言うタコ部屋や木賃宿でももうちょっとマシなんじゃねえの、という代物でした 共同の炊事場すらほとんどの場合はありません これが農村部ですと、共同炊事場があったり、各家庭に台所があったりしましたし、調理器具の貸し借りもできました

2020-01-20 22:11:04

しかしこれが労働者となるとそうはいかない 鉄製の調理器具は高価で、個人で一そろいなどとても無理 仮に共同炊事場や調理器具があったとしても、今度は調理する時間が無いのです 当時の労働は、それこそ18時間や20時間、下手をすれば徹夜も当たり前でした 全ては経営者の裁量で行えた時代です

2020-01-20 22:13:22

加えて賃金も安いので、外食しようにもそんないいものは食えないわけですね さてそうするとどうなるか? 「とりあえず食えるものを食う」という状態になっていきます これがいわゆる 「イギリス人はふかした芋ばっかり食ってる」というあれの一因です つまり、「とりあえず窯と鍋があれば芋は食える」

2020-01-20 22:15:50

んでそれすらできない労働者は、屋台でベイクドポテト買って食ったりしてたわけです 当時のロンドンには元来、港湾労働者向けに屋台が種々ありまして、ここへ産業革命期の労働者が加わることで、その分野は大きな市場となりました 焼き芋のほかに、サンドイッチやスープ、ココアなどもあったようですね

2020-01-20 22:21:03

余談ですが、「テムズ川で取れたウナギやカキを売る店」もあったようです 当時のテムズ川およびその河口部は、ウナギとカキの一大漁場でした これが労働者の貴重なタンパク源になっていたことは想像がつきます …さて考えてみよう、当時のテムズ川の水質を ぼかあ絶対に食いたくないね、特にカキ!

2020-01-20 22:24:28

まあそれはさておき、農村部において容易に入手できた新鮮な野菜も、都会では高価です つまり、労働者たちは ・調理する機会(時間)が無い ・機会(時間)があっても器具が無い ・器具があっても食材が高くて買えない という極めて悪質なコンボにより、自炊文化を喪失していきます

2020-01-20 22:27:48

そしてもっと悪いことに、こういった層がロンドンにおける一般人の、かなり大きな割合を占めていたのが当時なのです 大きな人口を抱えながら、彼らの多くは自ら調理する、という技術を持たず、持っていてもそれを持て余し、失っていくばかりでした 勿論、パブなどで一定の料理は保たれていましたが…

2020-01-20 22:30:32

これが長期間にわたって続いた結果として、「そもそもまともに料理をしたことが無い」人間が大量に発生することとなります そんな彼らでも、うまく行けば結婚し、まともな借家に住むことができました―が 当然ながら 夫 婦 そ ろ っ て 料 理 が で き な い さてどうなるかと申しますと

2020-01-20 22:34:10

皆さんも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか 「イギリスでは、野菜を味付けせずに煮崩れる寸前まで煮込んで、グタグタになったものに塩コショウやビネガーで各自味付けをする」 という、我々日本人からすれば、極めて理解に苦しむ話を 恐らく、この頃にあれが始まったのです つまり…

2020-01-20 22:36:39

・夫婦そろって料理はできないが、もちろん毎日外食するほど金はない ・市場で野菜は買えるものの、当時の冷蔵技術は低く、また、衛生環境も劣悪であった となると、 「どう見ても火が通ってる状態まで煮込んでしまえば、多少傷んでいても食べられる」 という結論が導き出されたのではないでしょうか?

2020-01-20 22:40:03

事ここに至り、ついに「料理」ではなく、「とりあえず間違いなく食っても大丈夫なところまで火を通す」だけの代物へと成り果てるのです こうなるともう最悪で、これがある程度の範囲で一般化していってしまうわけです で、もっと不味いことにですね、これと同様のことが一部富裕層の中にも起こります

2020-01-20 22:44:00

産業革命で一山当てた、ジェントリですらない、いわゆる「成金」の方々は、上流階級に倣おうと使用人を雇います しかし、彼らは貴族や地主ほど裕福ではないので、雇える使用人は一人か二人、それも労働者です …しかし、使用人がいる以上、「家事は使用人に任せるもの」となります はい、ここで炊事

2020-01-20 22:46:03

「鍋に水入れて芋をふかして、平鍋でベーコン焼いとけ」 「 野 菜 は と り あ え ず 煮 て 火 を 通 し と け 」 そうなるよな、そりゃ! そうなるよ! だってそれしか知らねえもん、労働者階級の使用人!

2020-01-20 22:47:56

さて、ここで 「でもそれは労働者の話であって、イギリス全体に適用できないのでは?」 という疑問を持たれた方もいらっしゃると思います その通りです さて、では惨憺たる有様になった労働者のメシから、ちょっと視点を変えましょう 「当時のイギリスの食糧事情」 です

2020-01-20 22:50:41

さてはて、当時のテムズ川は船舶における物資輸送の要であり、ロンドンには生鮮食品を含む多数の荷が降ろされていました また、テムズ川とその河口部、そこから繋がる沿岸・外洋における漁業も極めて盛んでした 特にビリングスゲートは、当時から今に至るもロンドン最大の魚市場です

2020-01-20 22:57:43

イギリス、魚、と聞いて思い浮かべるもの、そう フィッシュアンドチップスですね? これを例にとって、「当時のイギリスにおける魚の扱い方」を簡単に説明します まず前提として、「当時でも、氷による冷蔵はある程度ですが確立していました」 勿論、その技術は現代とは比べるべくもありませんが

2020-01-20 23:02:08

氷井戸(Ice Well)と呼ばれる深い竪穴に、北方から運んできた氷雪を溜め込み、それを保冷剤として売っていたりしたのです またそもそも、イギリスは気候が冷涼であり、生鮮品はある程度長持ちしたでしょう 加えて、イギリス周辺海域は現代でもタラの良質な漁場であり、当時からこれは名産でした

2020-01-20 23:05:19

にもかかわらず、「本場のフィッシュアンドチップスは不味い」と言われるのはなぜか? これは、魚の扱い方と調理方法によるものが極めて大きな要因となっています まず油ですが、イギリスは畜産国で、牛の牧畜が非常に盛んです 身近な食用油として、古くからヘット、つまり牛脂がありました

2020-01-20 23:07:52

この牛脂、すき焼きや焼き肉で使う人はお分かりかと思いますが、独特の匂いがあります また、動物性油脂であるため、加熱・酸化するとその匂いがかなり強くなる傾向にあるのは想像できると思います 古くからのフィッシュアンドチップスは、このヘットを揚げ油に使っていることが多いです まずここで1点

2020-01-20 23:10:40

んで魚の扱いですが…どうも割と最近まで、イギリスの漁業には「活〆」という概念が存在していなかったようです 「血を抜くために傷なんかつけたらそこから傷む」「なんでわざわざ新鮮な魚を傷物にするんだ」という考え方だったらしいのですね しかし、実際には活〆の方が鮮度を保てるのはご承知の通り

2020-01-20 23:13:06

特にタラのような深海性の白身魚は、急速冷凍してしまうか、そうでなければ活〆でしっかり血抜きをしてしまわなければ、極めて傷みやすいものです まして、当時の鈍足の船で、精々氷に突っ込んだだけの保冷となれば、傷むのはまあ、必然でしょう 勘違いしてはいけないのは、「当時はそれが普通」でした

2020-01-20 23:16:11

さて、そうやって持ち帰ってきた魚は、ビリングスゲートに並び、そこから店や家庭に持ち帰って行かれるわけですが 当時の衛生管理は今より遥かに緩く、極めていい加減としか言いようのないものでした 朝に魚が上がったからと言って、市場の魚が今朝のものとは限らない、というようなこともあるほどです

2020-01-20 23:18:58

フィッシュアンドチップスの魚は伝統的にタラが主体である、とされています つまり、当時のそれは ・活〆されておらず ・いい加減な冷蔵技術で持ち帰り ・適当な管理で市場に並べられた ・そもそも傷みやすい ・鮮度不明の白身魚を使う という…もうこの時点で「おお…もう…」となる代物なわけですが

2020-01-20 23:25:00

ここに加えて、揚げ油が先ほどのヘットになるわけです これだけでも相当にアレなのですが、まだあるんだなこれが まず衣、水で溶いた小麦粉、以上!味はつけない!卵も入ってない! 次に魚、下味無し、以上! 次に油、ヘット!低温!以上! なんで低温の油で?と言いますと、恐らくこうです

2020-01-20 23:27:15

言ったように、当時のF&Cは、魚の鮮度が非ッ常に怪しいです ですが、大当たりなど出せばもちろん、店が一発でアウトです なのでちゃんと火を通す必要があるのですが、高温で一気にカラッと揚げると、中まで火が通らない可能性があります で、低温の油でじっくり揚げるディープフライになったのでは?と

2020-01-20 23:29:41

で、加熱面はまあこれで解決できるのです できるのですが…ディープフライドの特徴として、 「揚げ油が衣と食材にどっぷり浸み込む」というのがあります 油に長時間浸されるわけですから、当然のことなのですが… これがサラダ油とかなら、恐らくまだマシなんですよ(マシ、でしかないけど)

2020-01-20 23:32:16

「長時間加熱されて酸化した牛脂で、小麦粉の衣をじっくりと揚げ、中に入っているのは鮮度の怪しい白身魚(下味一切なし)」 という過程を経て完成した代物がどういうものになるのかは、まあなんというか お察しください

2020-01-20 23:35:12

鮮度が怪しいことにかけては野菜なども同様で、市場で買ってきた野菜がカビてる、みたいな話も往々にしてあったようです なので、前述の通り「とにかくしっかり加熱殺菌する」という傾向がある程度見られるのは仕方のないことなんでしょう また、これはちょっと話がズレますが、当時は水質もアレでした

2020-01-20 23:39:06

当時のロンドンというのは水質が非常に悪く、生水は高確率で大当たりする代物で、基本は煮沸消毒でした 清浄な水は高価で、労働者にはかなり手を出しにくいものだったため、水代わりに普及したのが酒です つまり「アルコール飲料は基本的にアルコール消毒済みやろ」と

2020-01-20 23:40:50

この結果としてポーターなどのビールが労働者階級に水代わりとして普及し、ついには「ジン横丁」なる代物まで生まれることになります 当然のことながら、当時のロンドンではアル中がそこらじゅうにゴロゴロしてました なにしろ真水より蒸留酒の方が安かったのでチカタナイネ

2020-01-20 23:45:24

さて話をもとへ戻しますと かくの如く、産業革命期の労働環境・衛生環境の劣悪さが「徹底的に火を通す」という方向性を生み出し、 それがイギリスの食事は不味い、という評価を呼ぶ大きな一端になっているのは疑いようのない事実です 他にもいくつか要因はあり、食材の乏しさなどもそうです

2020-01-20 23:48:58

先述の通り、イギリスの気候は日本ほど多種多様な農作物を育むことができません このため、イギリス料理において、野菜というのは極めて限られたものでした 半面、魚と肉類・穀類は非常に豊富にあり、またジャガイモも古くから利用されました 言ってしまえば、「食材レパートリーが乏しかった」のです

2020-01-20 23:54:54

このレパートリー不足を解決するには、単一欧州議定書による欧州連合…つまりはEUの成立を待たなければなりません これによって加盟国内の貿易が活発化したことにより、イギリスにも多量の野菜が安価に流入したことで、 イギリスの「茶色くてレパートリーに乏しい料理」は一気に拡張されます

2020-01-20 23:59:28

食材の乏しさは調理方法の単一化を招き、結果として、「どれもこれも似たようなもん」という評価を生みがちです 結果としてイギリス料理自体がある程度停滞してしまい、食文化豊かな国と比較して、相対的に「飯が不味い」という悪評を生んだことも恐らく事実でしょう

2020-01-21 00:02:09

総合すると、 ・産業革命期における、全国レベルでの農村過疎化による調理技術、伝統料理の失伝 ・当時の劣悪な衛生環境と労働環境における食事情の悪化 ・もともとの食材が乏しく、彩りとレパートリーに欠けていた などの要因が重なった18世紀半ばを以て、イギリスはメシマズ化したのだと思います

2020-01-21 00:06:25

ちなみにEU成立で食糧事情が一気に改善された結果、イギリス料理は20世紀末からかなりの改善と改良を見せつつあるようです まあこれでイギリスがEU離脱して、関税撤廃の経済圏から弾かれたらどうなるんだろうなって思いますが

2020-01-21 00:09:11

まだ小さい話はいろいろあるんですが、大概長いのでこの辺にしとこう もういい加減誰も読んでないだろうしな! 我ながら長すぎるわ

2020-01-21 00:18:38

ちなみに僕がこれらを調べ倒したのは10年近く前の話になってくるので、今ではもっとアップデートされた情報があるかもしれない、ということは付け加えておきます

2020-01-21 00:23:25
シェア

うちのねこがかわいい ハイスコアコウシーン

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

エリザ @elizabeth_munh
345488722022-07-03 11:41:36

お昼のTIPS。 19世紀以前、料理は過酷な仕事であり、しばしば命の危険が伴った。 料理をするには火を使わないとならないけど、木炭や石炭を使っていた時代は有毒ガスが発生し、しかも温まるのに時間がかかるし火加減の調整も利かなかった。料理人はしばしば厨房で失神して死んだ。

櫛 海月 @kusikurage
243033312022-03-25 21:04:09

さて、今日のお昼に食べた「天平の宴」ランチが大変大変素晴らしいものだったので、これから晩酌しながら詳細をレポートしていこうと思います。 名前の通り、天平期(奈良時代後期)の宴会料理を専門家の指導の下忠実に再現したもので、なんと40年近く前から行っている試みだそうです。 https://t.co/ZvWFqkTK8h

エリザ @elizabeth_munh
32810352022-09-21 21:09:00

マッチの発明はいつでしょう? 実は歴史は意外と新しく、19世紀。17世紀に発火温度の低い燐が発見されてから、簡易に火を起こせるマッチの発明まで実に2世紀もかけてるのね。火がなくては生活は成り立たないけど、簡易にそれを起こせるようになるのは案外、ごく最近だった。

Rootport 𝄇 @rootport
229364592022-01-13 11:11:27

Q. ファンタジー世界の〝物価〟はどう決めればいいですか? A. 諸説ありますが、「別の世界でも価格の変わらないものは何か?」を考えるといいと思います。ここでいう価格とは絶対的な価格ではなく、相対的な価格です。

tarou satou @tarousatou5
122021-12-12 19:07:30

悲惨な現状のすべてが 日本の人口問題に帰結する >「今後10年で1100万人減の現実」日本人は急速な人口減の深刻さをどうもわかっていない(東洋経済オンライン) #Yahooニュース https://t.co/jBksEBbXB1

【50年前とは別物になったかつお節】 1 今、大半の人が知らなくなってしまった、かつお節。 今あるものは、50年前とはまるで別物になってしまっている。 鰹節という名称 原料にカツオを使うこと 煮て燻製する事 枯節はカビをつける事 これは同じだけど、その詳細がまったく変わってしまっている ↓

砂鉄 @satetu4401
2278642022-07-16 17:44:57

現代の母親業の最も辛いところは、旧世代と違って家庭という組織の運営を任される点にある。伝統的に家庭運営は男性の仕事であり、妻は文句を言いながら媚びを売って働く「平社員」の立場だったが、男女平等になった影響で「社長」をやらされるようになってしまった

こゆみ2 @MbP3PO1HoMDcJJx
23972022-02-25 17:00:34

2022年2月25日GCRによる共和国復活 準備すること 軍事的な手段しかない Q ウクライナ危機 ロシアは米国とNATOに対し、「主要な要求は考慮されていない」と述べ、対策を講じなければ核ミサイル危機は避けられないと警告している。

後藤寿庵 @juangotoh
163048122021-05-02 01:55:58

近年の中国というのは、あれは共産主義でもなんでもなくて、資本主義を強力な国家政党が統制している状態なのだけど、これって、国家社会主義だよなあ。

諸隈元シュタイン @moroQma
212642021-03-26 22:09:28

この焼き芋が3個売れ残っており、半額シールが貼られた瞬間、俺を含めた男女3人が殺到 一番でかい芋を狙うオバさんと爺さんが取り合いを始め、余った芋に俺が手を伸ばすと、爺さんがでかい芋を諦め、代わりに2個掴みやがったから、1個奪い返した 何が言いたいかと言うと、それほど「鹿吉」の芋は美味い

HIROKI HONJO @sdkfz01
129234892020-04-18 15:30:23

【飛行機から自動車へ 航空技術者たちの戦後史】 1945年、日本は戦争に敗れました。それは、戦時下にあって世界水準の航空機をいくつも開発してきた航空技術者たちの努力が潰えたことを意味していました。 やがてGHQが航空機の製造を禁じると、彼らの多くが未だ揺籃期にあった自動車産業へ移ります。

烏賀陽 弘道 @hirougaya
5722138972022-08-13 16:22:58

①朝日新聞の現役社員らと面談。 今の編集幹部たちはSNSはじめネットでの炎上や抗議を過敏に恐れ、少しでも物議、異論を醸しそうな記事は「社内検閲担当」みたいな役職者が事前に原稿を目を皿にして調べ上げ、潰してしまうか無難に修正する、との由。

どうして日本の半導体は弱くなったのか。日米半導体協定に原因を置く方も多いですが、一番の要因だったのは【雇用形態】です。

スコットランドとウェールズと北アイルランドは、なんちゃってロックダウン54日め。 イングランドは非公式ロックダウン緩和から10日め、公式緩和4日め。緩和の根拠の一つは「R 再生産率」が0.5〜0.7になったからだったんだけど夕べ1.0を超えた模様。 緩和プラン見直す? それとも、Rの重視をやめる? https://t.co/KmYo96LFmx

ロシア軍のやらかしっぷりが話題ですが、あれは旧世代の指揮通信系統のまま更新されずに放置されてたので今回問題がまとめて表面化したのでは?という考察を以下のツリーに。 軍隊は基本「上からの命令は絶対」であり、命令に背く事も命令に無い事をするのもNGです↓

みつうろこ @m_uroko
35432017-07-22 16:40:45

これも てへぺろ☆(・ω<) で終わらせるであろう糞メディア。産経とて、あの1982年のレフチェンコ事件を皆んなが忘れてるなんて思うなよ( ̄ε ̄#)

高校野球の取材中、選手から性加害を受けた元朝日記者の牧内麻衣氏に賛同し、私も朝日記者の時監督から性加害を受けたことをツイートした。その後、今の高校スポーツには構造的な問題があると部活顧問の立場から話を聞いた。誰もが聞いたことがある全国的な強豪校の教諭だ。#教師のバトン #部活顧問

SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11
1984602022-07-13 15:16:32

うーん、なんかこう、ふと「虎ノ門事件」を思い出すな。 戦前、大正の頃に起きた大事件でね。 共産主義者の若者が、皇太子・・・後の昭和天皇を暗殺しようとした。 しかも、その犯人の父親ってのが、現役の衆議院代議士だったというガチで歴史にいろんな影響を与えた事件。

【翻訳】「ウクライナの軍事情勢について」:ジャック・ボー氏 The Military Situation In The Ukraine – The Postil Magazine https://t.co/oYOQX8XEnM

kakitubata @kakitubata14
17302021-04-13 08:00:11

吉見氏の批判文…かなりダメダメすぎて専門家がこれで大丈夫なのかなと日本の該当学問分野に不安しかなかったんですが…ダメすぎて逆に後でなかったことにされそうなので今月号の5月号は保存しようかと思ったくらい…主旨はともかく史料の扱いが壊滅的な気がするので今後山ほど指摘されると思う https://t.co/puXScN89Su