「非常に短い短期間のデータを外挿して、不正確な予測を出すのが地球温暖化説。3つ前の間氷期は、現在より4…」buveryのスレッド

1,1822,0882019-08-02 06:32:54

非常に短い短期間のデータを外挿して、不正確な予測を出すのが地球温暖化説。3つ前の間氷期は、現在より4℃高い。10万年単位の平均気温は現在より4℃低く、今は運よく高温期が続いているだけ。もともと地球の温度は激しく乱高下し、大きな氷河期周期が10万年。左が現在なことに注意。

2019-08-02 06:32:54

100万年ほどより前は、4万年周期の氷河期サイクルで、250万年ほど前まで続いている。氷河期サイクルは、250万年前に突然始まり、全体的には徐々に温度が低下、平均では現在より5℃ほど低くなっている。この図では、右が現在。

2019-08-02 06:32:56

温暖化説に反対する人は、極地研究の人が多い。それには、理由がある。例えば、よくある氷河の後退。氷河が後退しているのは事実。これを見ると驚くよね。地球温暖化だ、不都合な真実だ。

2019-08-02 06:32:57

ところが、もっと不都合な真実は、氷河の後退は1700年代から、つまり、人間がバカスカ炭酸ガスを出す前から起きているという事実。ロシアの探検家がアラスカの氷河を観察していたから記録が残っている。これを見ると、大規模な氷河の後退は1800年代で、1900年代ではない。

2019-08-02 06:32:59

温暖化で海面上昇するという説が温暖化の危機を煽るのに使われているが、氷河期の氷河はほとんど残っておらず、急激な海面上昇は終わり、ここ6000年ほどはほとんどわからない位、緩やかな上昇が続いている。右が現在。これだと、ここ数千年は一次近似でよく、年間2ミリ程度となる。

2019-08-02 06:33:00

グリーンランド氷床が溶けるなど騒いでいるが、そもそも氷河期の氷の量は、こんなものではない。一万八千年前の海面が一番下がった氷河期には、カナダ全土が氷の下だった。グリーンランドなど小さい話。

2019-08-02 06:33:02

常識には反するが、海水面は地球規模で見ると、一様には上昇していない。全地球観測が人工衛星でされてからでないと分からなかった。人の住んでいるところで海面上昇が大きいところは、フィリピンからオーストラリアの北部に限られる。残りは全て年2ミリ以下。米国ニューヨーク近辺などほぼゼロ。

2019-08-02 06:33:03

だから、温暖化でマンハッタンが水没するなどいうよくある話は、嘘です。よくこういう写真を恥ずかしげもなく出すな、としか思わない。年間2ミリは、百年で20センチ。これが、地域により様々だというなら、地域で対策を打てばよく、地球規模の対策は要らない。

2019-08-02 06:33:04

ちなみに、温暖化で島が消えてしまう!さらばツバルよ!という話が繰り返されるが、その理由は、全地球の海面上昇の図を見ると分かるように、ツバルが海面上昇の激しい地域にあるから。日本近辺は、実は海面上昇は大事じゃない。

2019-08-02 06:33:05

地球温暖化説は、1、炭酸ガスが温暖化ガスである、2、炭酸ガスは単調に増えている、3、だから地球の温度は上昇する、4、炭酸ガスは人類が炭化水素を燃やすから増えている、5、だから、炭化水素の消費を減らせば温暖化が止まる、6、その証拠はコンピュータモデル、という立て付けになっている。

2019-09-28 10:14:39

1、2は正しい。炭酸ガスの温暖化効果は実験で確認でき、炭酸ガス濃度はハワイのマウナロアでの長期測定で、季節変化を除けば単調に増えている。炭酸ガスは北半球の春から減り秋に最低になるので、北半球の植物による炭酸ガスの分解の効果の方が南半球より大きい。アマゾンの火事は大したことない。

2019-09-28 10:14:43

ところが、炭酸ガスは主要な温暖化ガスではない。太陽光の波長による温暖化効果のグラフを見ると、最も主要なのは水蒸気。その次が炭酸ガスで、オゾンと窒素酸化物が続く。実は全ての温暖化モデルは、炭酸ガスによる温度上昇で水が蒸発し、温暖化効果が何倍にもなるという前提で計算されている。

2019-09-28 10:14:45

水蒸気の挙動は簡単ではない。水蒸気が雲を作ると昼間は太陽光を遮断して冷却し、逆に夜間の雲は地上からの放射熱を閉じ込めて放射冷却を防ぐから、昼夜で違う。雪になって積もれば、太陽光を反射して冷却する。水の挙動、つまり天気は、ケイオティック、無茶苦茶に複雑なことは皆知っている。

2019-09-28 10:14:45

地球温暖化の根拠は、コンピュータで、遠い将来に温度が暴走するという主張に基づいている。実測データはいくつもある予測の最底辺を移行しているように見える。ただ、『たくさんある予測が互いに一致していない』ことがもっと大事。水の挙動はケイオティックだから、ちょっとの違いで将来予測が違う。

2019-09-28 10:14:51

これが引力の物理法則を使った計算だと、同じ将来予測でも、地球からロケットを飛ばして、月に当てるくらい精度が高い。火星や木星、土星にも到達できる。地球温暖化の将来予測は、水のケイオティックな挙動のせいで、高い精度はない。

2019-09-28 10:14:52

地球の温度とは何か。これは、簡単なようで難しい。実は、地球の温度には3系統あり、1、いわゆる温度計で測ったもの、地表温度。代表例は、HADCRUTやNOAA。2、人工衛星で全地球観測したもの、RSSやUAH。3、代理指標を使って観測したもの、代表例は、Vostok アイスコア。

2019-09-30 06:20:39

1の地表温度が一番馴染み深いもので、温度計が発明された17世紀からある。この地表温度には、明らかな欠点がある。まず、全地球観測されていないこと。当たり前だが、人の住んでいないところに観測点を置くのは難しい。だから、ジャングルや砂漠や極地、大洋の大部分には観測点が最初からない。

2019-09-30 06:20:40

人が住んでいるところは、人間活動や、舗装による都会のヒートアイランド現象で、比較的高温を示す。地球は戦後飛躍的に都会化したので、人のアクセスしやすい観測点で戦後高温化したのは当然。観測点は点なので、その点の特殊事情は逃れられない。

2019-09-30 06:20:41

また、温度は一日でも上下するが、一日のいつ測ったか、一様ではない。米国の観測所の例では、昔夕方測っていたものが、1980年代に朝に変わっている。こういう偏りには、対応した補正をするしかないが、測っていない過去の時点の温度を今から測る訳には行かないから、必ず推測値となる。

2019-09-30 06:20:42

ちなみに、地表観測は、観測点の不均一を補正するために、『標準時点からの差』で表す。これによって校正されていない温度計ごとの温度絶対値のバラツキを気にする必要はなくなる。標準時点からの『差=アノマリ』を全ての地表温度が使っていて、実は、温度グラフの縦軸絶対値には意味がない。

2019-09-30 06:20:42

私が、どこの年代の何度に戻すべきか、という質問をしたのは、『何度』という絶対値の地表温度は存在しないから。ちなみに、この『どの年代の』は、重要な問題になる。

2019-09-30 06:20:42

地表温度が本質的に凶悪なのは、絶対的な観測地点の不均一を補正するために、アルゴリズムを組んで、『均一化=ホモジェナイゼーション』を行っているから。データが足りないところを周りの点で推測している。例えばNOAAでは1915年頃から45年までを実データより低く、その後を高くしている。

2019-09-30 06:20:43

均一化アルゴリズムが正しいかどうかは、絶対に検証できない。だって、誰も測定していない地点の過去の温度など後から測定できないから。ポパー的には、反証できないものは科学ですらない。地表温度の再構成は、実データではなく、不確実性の高い、ないよりマシ程度の再構成に過ぎない。

2019-09-30 06:20:44

この『均一化』が、戦後の温度低下を消した元凶だ。1945年から、70年頃までは、再構成された地球温度は低下を続けていた。だから、氷河期説が出ていたわけだ。ところが、最近のNOAAによる再構成では、均一化アルゴリズムを変更し、この温度低下がなかったことになっている。

2019-09-30 06:20:45

NOAAの均一化アルゴリズムは最近より狂暴になって、5年前に言っていた地球温度と5年後の値が違って、より『温暖化』が進んでいる。『過去の地球の平均温度』など本当は変わるわけがない。w 要するに、これは、『検証できないアルゴリズムの温暖化』が進んだだけのこと。

2019-09-30 06:20:46

2、人工衛星による全地球測定は厳密には北緯80度から南緯80度までを観測する。これは、全地球の90%以上で、全地球観測と言ってよい。独立の衛星を使ったRSS とUAH があり、ほぼ同じデータを示していて、地表測定を使った再構成より遥かに信頼性は高い。

2019-09-30 06:20:47

人工衛星は1979年が最初なので、それ以前の全地球観測はない。グラフがそれ以前まであれば、必ず地表観測再構成のデータを使っている。UAHを見ると毎年最高温度を更新しているメディア報道は実データに反することが分かる。最近の高温は2016年、その前は1998年だった。

2019-09-30 06:20:48

このグラフの1999年以降を隠して見れば分かるが、前世紀末は、地球の温度が暴走するように見えた。アル ゴアの『不都合な真実』は、この急速な温度上昇の反映だ。しかし、ゼロ年代に気温は暴走せず、ドッチラケになってしまう。1998年を再び越えるのには、20年ほど待たなければいけなかった。

2019-09-30 06:20:49

70年代には再構成した『気温』は下がっていたので、『氷河期がくる』と言っていた。アル ゴアの時代は、逆に『上昇してるから、上昇が続く』と言ったまでだ。両方とも、極めて短期の地球の気温変化を外挿した。温暖化モデルは、もうちょっと複雑だが、本質は同じことをしている。

2019-09-30 06:20:50
シェア

6年ほどお付き合いのある、写真家の高井潤さんが、新設サイトでportfolioを公開されているので、紹介します。https://t.co/HBoKXKiLXz

ツイノートは、Twitterのスレッドをまとめるサービスです。まとめたいスレッドの最後のスレッドに「@twinotes まとめて」と返信するとまとめが作成されます

関連するスレッド

重い恒星の最期「II型超新星爆発」の直前に何が起こるのか、爆発の130日前からの観測データが連続的に揃っているという極めて貴重な状況が発生したよ!その超新星爆発「SN 2020tlf」の観測データから、爆発直前の恒星は決して穏やかではなく、劇的な活動があるとわかったよ!リプで解説するね!

mizuki_tohru @mizuki_tohru
2735152022-08-01 21:21:09

ロシアの偵察衛星は、解像度33センチのペルソナ(Персона:人)衛星のうち生きているのが1機、怪しいのが1機、後はロシア版ALOSのバー(Барс)Mが解像度1.1mで3機、デュアルユースで解像度2.1mのカノープス(Канопус)Vが6機という構成が現状です。

櫻井 庸明@KIT @TsuneakiSakurai
1565852022-06-25 18:22:34

ネタに対してマジレスするのも如何なものかとは思いつつ、あえて題材にしてみます。 これが間違っていることは直感でわかるとして、何故間違っているかを説明できるかどうかは重要であると思います。 -続く- https://t.co/SWc2xSL7bJ

ヒューマニエンス私的まとめ 衣服編 (5月18日放送8月26日再放送) ・服は他の動物と違う歴史を歩む原動力 ・コロモジラミから服が7万年前に開発されたと推定 ・針の発明が服を劇的に変化 ・服飾が身分と職業を示すものに ・服の色の心理効果 ・服がジェンダーを超える ・服が直面する環境問題

ᅟ ⁠ @5fLRVU7TTzNEwM7
0142022-04-29 21:32:09

#OxygenNotIncluded 期間が開いて何が何だか分かんなくなったので新しいワールド始める。 https://t.co/36ILJEJpnH

再現性の危機 https://t.co/zYNF8u8fzi >1500人の科学者を対象にした2016年の調査によれば…[4]。 化学: 90% (60%)  生命科学: 80% (60%)  物理学と工学: 70% (50%)  医学: 70% (60%)  地球科学と環境科学: 60% (40%) /メモ引用。

GFB @MC_sashiba
2196472022-10-29 20:39:03

話題のリンの物質循環の話。「山で溶けた養分が田んぼに供給される」という主旨の一文。これは合ってる部分とそうでもない部分がある。特にリンはそう。ちょっと長いけど農文協の『稲作大百科 総説/品質と食味』の「水田管理技術論 (2)イナ作と水④河川水中の栄養分」からリンに関する部分を引用。

ᅟ ⁠ @5fLRVU7TTzNEwM7
092022-01-04 18:15:41

#OxygenNotIncluded 前回のあらすじ:多段階ステップロケット作った。コロニーにツリー植えまくってめっちゃうまくいった。ロケット式無限液体プールの欠陥。イソレジンの活用したい。 今回はアルストロメリア(キャラ名)で水不足マップやるぞ!!!!!!! V-FRST-C-1143380009-0 https://t.co/sCBkxDYGyh

深野 祐也 @Alien_Evolve
321552022-09-23 08:01:06

ここ数年「環境再生型農業」がバズワードになってて、多くの巨大食品会社が多額の投資をしています。この概念は研究機関主導ではなく、生産者・企業・投資家主導のため、定量的なデータや厳密な検証よりも実践が先行してます。この現状をフェアにまとめたと思う論説があったので紹介します。

Rootport💰🍹🍑 @rootport
73724672022-10-29 14:14:58

現代人ですら東日本と西日本の電源周波数を統一できないし、改行の「Enter」「Alt + Enter」「Shift + Enter」を統一することもできないのに、紀元前221年に度量衡を統一した秦の始皇帝ヤバすぎるな。

分電でんこ @denkochan_plc
1594222022-09-29 23:20:11

続報です。国内のPWR陣営は、革新軽水炉開発で協業するという発表がなされましたが、三菱重工より開発する原子炉の概要が発表されました。SRZ-1200と名付けられています。 三菱重工、「革新軽水炉」開発へ…原子炉の一部を地下に建設し有事にも強く(読売新聞 #Yahooニュース https://t.co/GeLwGhdy1v

zuma @hiro_zuma
2124762022-09-13 15:14:36

ふぅとりあえず、ヤマザキ含む大手パン製造会社4社と食パンのグリホサート残留調査を行っている農民連食品分析センター、に聞いてきたぞぉ。ちなみにパン製造会社4社の内1社は直接社長に聞いたw

黒木玄 Gen Kuroki @genkuroki
5272022-07-28 11:41:13

#統計 https://t.co/jDabzRCSms 生態学におけるAICの誤用 : AICは正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない 粕谷 英一 2015 へのコメント そこで扱われている場合は、本質的に  有意水準15.7%の検定では、真のモデルを約15.7%で棄却する と同じです。続く https://t.co/KIDWuTJ2I0

ZplusC1Bst (M💉x 3) @ZplusC1Bst
25572022-06-19 20:07:16

Elun MuskによるStarbaseでのStarshipの解説2022年春編 with Tim Dodd @Erdayastronaut いつも通り長い! ・Ship24にはStarlink v2の放出ドアを設置済み Starshipの初回軌道打上ではStarlink v2の放出・軌道投入の可能性も ・高頻度再使用ロケットでは推力重量比が重要 1/n https://t.co/YoN1lB2rPn

Rootport💰🧮💰 @rootport
1706192022-07-19 17:30:54

リン・ハント『人権を創造する』、めちゃくちゃ面白かった。「人権という概念はなぜ生まれたのか?」という問いに答えるためには「18世紀半ばになぜ身体刑や拷問が急減したのか?」という疑問に向き合わなければならず、ミシェル・フーコー『監獄の誕生』のアナザー・ストーリーみたいな感じになる。

連投失礼。先程ツイートで紹介したカミル・ガリーヴさんの最新スレッド要約してみます。時間がかかると思いますが、海外のアナリストも考察できてない点があるという事で、ロシアのメンタリティを理解する上で有益だと思われるので。【】内は私の補足です。以下要約。 https://t.co/wNuQGUk5YY

仮蔵 @karizo2022
65512672022-05-08 13:17:03

5月9日戦勝記念日の「動員」どうなる?: 現時点で出ているコメントは下記の通り。 🇺🇸:可能性あり 🇷🇺:ばかげている 🇺🇦:どっちでも構わん そこで、今日は「動員」の背景にちらつくロシア国内の事情について、Kamil Galeev氏の考察をご紹介します。要約1つ&70連ツイ https://t.co/SHZEGypdtJ

Vorspiel @Vorspiel2
681202022-03-07 12:40:49

以下は https://t.co/PTCedNqc1Y を日本語訳したものです。日本語訳における誤りの責は筆者にあります。

仮蔵 @karizo2022
207542812022-03-29 17:00:29

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。 https://t.co/QoIVTTprJu

政治とは大規模な医療にほかならない。 ルドルフ・ウィルヒョー (ドイツの病理学者、政治家。細胞病理学の創始者。1821〜1902)